3Pしたがる男性心理10選!複数プレイ好きな男子の特徴や対処法まとめ

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

男子はみんな3Pに憧れを持っている?

引用: Pixabay

誰もが一度は経験してみたいスワッピング。

スワッピングの種類には「同室」「別室」「3P」「4P」「輪姦プレイ」など、一対一で行うプレイから不特定多数の男女が入り混じっての複数プレイなど多岐に渡って存在しております。

初心者から上級者まで幅広い方法がラインナップされているわけなのですが、初心者においてはパートナー同士がバラバラになって行う「同室」や「別室」プレイが手堅いといえるのかもしれません。

また、上級者になると「乱交」などといった複数プレイに移行していくのが通常であります。

この域に達すると逆に女子側がリードするといった事が多くなり、男子側が「ご奉仕」に徹する事の方が多い状況となるのでした。

「同室や別室」などのセックスを経てから複数プレイになだれ込むのが大体お決まりの流れでありますが、その辺についてはカップルや夫婦の嗜好により左右されるところなのでしょう。

「複数プレイはちょっと・・・」「乱交は気が引ける」などといった感情が双方のいずれかにちょっとでも湧けばアウトなのです。

しかし「3P」においては、割合女子側の同意も得られやすいプレイといえるのかもしれません。

また女性にもよるのですが、多くの方は「寝取ってもらいたい」という願望を持ち合わせているようです。

この辺においては、いたって男子と変わらぬ性癖を持っている事がおわかりになるのでしょう。

よって「男子が密かに憧れるプレイ」のトップにあげられている3Pである事はたしかなのでしたが、女子にとっても永遠の憧れのセックスである事には間違いなかったのでした。

つまりはこの世にセックスが嫌いな男と女は存在しないという事の証明でもあったのでしょう。

 

3Pとはどんなプレイ?


引用: Pixabay

「3Pセックス」とはどのようなプレイなのか?

男子のみならず、女子の願望でもあった3Pや複数プレイは一言でいうと「アブノーマルなセックス」になり、一度経験するとその快感から抜け出せなくなるといわれているほど刺激的なセックスプレイになります。

性的嗜好によって「男・女・男」もしくは「女・男・女」などという変則的なパターンも存在しております。

また、複数の男子に女子ひとりもあれば逆に複数の女子に対し男子ひとりが乗り込むといったケースもあるのです。

それが「輪姦プレイ」だったのです。この輪姦プレイを好んで行うのは割合的には「ご夫婦」が多く、長い結婚生活において「刺激的なセックス」を求めてしまうのも自然の法則みたいなものでもあったのでした。

 

なんで男子は3Pしたいの?


引用: Pixabay

3Pセックスを好む男性心理においては「刺激的だから」という感想を持たれる方がほとんどだったのです。

稀に「やっぱり彼女とふたりだけのセックスがいい」などとする男性心理を語る方もおられるようですが、ほぼほぼ「やってよかった」と満足するに至っているのが現状なのでした。

要は、愛する女子とロマンチックな元でセックスをしていたいと思う男子には不向きな3Pセックスでもあったわけでした。

兎にも角にも、愛する女子が他の男子に責められる様はパートナーにとってはまさに「ハーレム」。

他人棒に悶え狂う女子に嫉妬を感じつつも、気が付けばペニスは爆発寸前なのですから3Pセックスはアブノーマル以外のなにものでもなかったのわけでした。

通常は、自分ひとりで女子の乳首や陰部を虐めているわけなのですが、その行為を見ず知らずの男子が行う様は「究極の興奮」に値して当然なのでしょう。

男子には見せた事のない女子の「表情」が潤滑剤になっているのはいうまでもありませんでした。

 

3Pしたがる男性心理10選!

引用: Pixabay

では、これから3Pセックスをしたがる男性心理についてご紹介させていただきます。

男子から「3Pを迫られていて悩んでいる女子」には是非チェックしていただきたい内容となっております。

 

【1】マンネリ打破のため

Array

引用: Pixabay

3Pや複数プレイ、乱交セックスにおいての男性心理①「マンネリ打破のため」とは?

複数プレイをしたがる男性心理には、単純に女子との「マンネリを打破」する目的も含まれていたようでした。

実質、仲の良い夫婦やカップルにおいて避ける事ができない倦怠期

その事から「マンネリ打破」をしたいと思う夫婦やカップルがいる事は当然だったのでしょう。

 

【2】非日常的なプレイ実現のため

引用: Pixabay

3Pや複数プレイ、乱交セックスにおいての男性心理②「非日常的なプレイ実現のため」とは?

夢の「3P制覇」後にさらなる刺激を求め複数プレイや乱交セックスにチャレンジしたがるのも男性心理においては致し方がない事だったのでしょう。

愛する女子が寝取られるという事は、つまりは女子が別の男子とセックスをするという事。

しかし、実のところ男子においては自分自身が他の女子を寝取る事などについては正直「重要視などしていない」方がほとんどだったのです。

したがって、目の前で繰り広げられる非日常な世界に身を投じている愛する女子を眺める事が最高のご馳走でもあった男子なのでした。

 

【3】他人棒によがる彼女をみるため

Array

引用: Pixabay

3Pや複数プレイ、乱交セックスにおいての男性心理③「他人棒によがる彼女をみるため」とは?

男子は、愛する女子が見ず知らずの男子に寝取られる様を見て興奮が得たい・・・その事に趣を置いて3Pや複数プレイや乱交セックスに臨んでいる場合が多々ありました。

他の男子の舌が愛する女子の全身を這いずりまわり、指マンや手マンでイカされながら何度も潮を吹く様はパートナーにとって「究極のエロ」なのです。

「そそり立つ他人棒」を指し込まれる瞬間の女子の顔は艶めかしくさえもあり、男子はその顔を拝むためだけに必死に我慢汁を垂らしながら頑張っていたのでした。

 

【4】淫乱な彼女になってもらうため

引用: Pixabay

3Pや複数プレイ、乱交セックスにおいての男性心理④「淫乱な彼女になってもらうため」とは?

女子には当然色々なタイプがいらっしゃいます。

大胆なセックスを好む女子もいれば、声を押し殺しながら感じるシャイな女子もいるのでしょう。

しかし、実のところ男子の多くはAVに出てくるような「卑猥な女子」を求めていてエッチな言葉を平気で口にするくらいの女子が大好きなのでありました。

したがって、控えめな女子を大胆な淫乱女子にチェンジさせる目論見から「3P」などといった複数プレイを行おうとする男子が急増したわけなのです。

 

【5】激しい嫉妬に駆られたいため

引用: Pixabay

3Pや複数プレイ、乱交セックスにおいての男性心理⑤「激しい嫉妬に駆られたいため」とは?

愛する女子が他の男子のテクニックで昇天する・・・愛する女子がそのテクニックに酔いしれている・・・

その事により否応なく「どろどろとした嫉妬心」を引き出されるのは言うまでもなかったのでしょう。

スワッピングを経験した男子のほとんどは「他の男に感じる彼女に嫉妬しまった」「嫉妬はするのだけれどそれが妙に快感で・・」などと激しい嫉妬心を打ち明けていたのであります。

同時に、この「嫉妬」が増せば増すほど女子への愛情も深まっていく男子である事がわかったのでした。

 

【6】男としての自分を彼女に再確認させるため

引用: Pixabay

3Pや複数プレイ、乱交セックスにおいての男性心理⑥「男としての自分を再確認させるため」とは?

それは内心「自分と他の男子」を女子がどのように見るかが大変気になる部分でもあったようなのです。

3Pを提案したのは紛れもなく「自分」。

他の男子に抱かれる事も黙認したのもたしかに「自分」。

だけど男性心理は非常に繊細でして「よその男に感じてもいいけど、でも最後は俺だけを見て」というのが本当の気持ちでありました。

そもそも、男子にとって「浮気目的」で行う3Pではなく「お前には俺しかいないんだぞ」とアピールをしたいがためにそれらの淫行行為に及ぼうとしていたのであります。

 

【7】自身のセックステクを再確認するため

引用: Pixabay

3Pや複数プレイ、乱交セックスにおいての男性心理⑦「自分のセックステクを再確認するため」とは?

ある意味、愛する女子に「自分のセックステクを認めさせる」チャンスでもある3P。

他人棒に興奮する愛する女子に、最終的に「あなたが一番」といわせるのが男子のステイタスでもあったのでしょう。

男子にとって3Pは「自分の存在をアピールする」意味において3P立派な立役者でもあったのでした。

 

【8】乱交セックスで大胆になってみたいから

引用: Pixabay

3Pや複数プレイ、乱交セックスにおいての男性心理⑧「乱交セックスで大胆になってみたいから」とは?

男子のセックスのやり方には「スロー系」もしくは「オラオラ系」の二種類に分けられます。

パートナーがいずれの場合においても「日頃と違う感じでセックスをしてみたい」と思う事は自然は事だったのかもしれませんね。

そんなシーンを叶えさせてくれるのが非日常的な3Pになるのでしょう。

男子ふたりが仁王立ちして女子から施されるフェラチオに興奮はマックス。バックから交互に女子を責めれば気分はすっかり「男優」なのかもしれません。

 

【9】セックスの価値観を高めるため

引用: Pixabay

3Pや複数プレイ、乱交セックスにおいての男性心理⑨「セックスへの価値観を高めるため」とは?

ざっくりいいますとセックスに対し女子共々同じ価値観であるのは間違いないのでした。

ここの価値観に歪が生じるといわゆる「レス」に陥るわけなので、双方がセックスの価値観を高めれば「二人の関係」におのずと相乗効果が生まれるのはいうまでもないのでしょう。

男子にとって3Pは単に「性的欲求を満たす」ためのものではなく、愛する女子と非日常を共にしながら「セックスの悦びを共有」するためのものであったのでした。

 

【10】セックステクニックに磨きをかけるため

引用: Pixabay

3Pや複数プレイ、乱交セックスにおいての男性心理⑩「セックステクニックに磨きをかけるため」とは?

自分のセックステクニックを冷静に見る事も大事なのでしたが、それ以上に拘っているのが「洗練されたセックステクニック」を培う事にありました。

愛する女子を寝取られながら、その中で自分のセックステクニックを磨く事ができれば男子にとってまさに「渡りに船」なのでしょう。

また3Pを通じ「愛する女子を寝取った男子」と自分を差別化しながら「男としての自信」を培おうとしていたのかもしれませんね。

 

3P(複数プレイ)好きな男子の特徴は?

 

【1】ナルシスト

引用: Pixabay

3Pや複数プレイ、乱交セックスの好きな男子の特徴①「ナルシスト」とは?

この男子の特徴としてあげられるのが「自己陶酔」になります。

「なぜ、3Pという複数プレイに興味を持ってしまうのか?」・・・それは、男としての自分を非現実的世界観の中において冷静に見つめ直す事にあったからでした。

そのナルシストぶりは特に「女・男・女」の時に発揮されるのがさらなる特徴となります

女子と会う前の段階から「体」などを猛チェックは当たり前で、身体の緩みを見つければ「すぐさま筋トレに励む」姿はナルシスト以外のなにものでもないのでしょう。

「見かけ=抱かれたい男感」を醸しだそうとするナルシスト男子は、セックスにも非常に貪欲に取り組むのが最大の特徴なのでした。

 

【2】マゾっ気

引用: Pixabay

3Pや複数プレイ、乱交セックスの好きな男子の特徴②「マゾっ気」とは?

マゾっ気のある男子の特徴としてあげられるのが・・・

  • 異常なまでの気遣い
  • 甘ったれ
  • 過剰なまでに尽くしてくる
  • 何事においても打たれ強い
  • ストレスが多い

以上の5つになります。この5つの特徴に共通しているのが「生真面目・くそ真面目」でした。

「女・男・女」の3Pや複数プレイ・乱交プレイにおいても、お手合わせする女性により柔軟に対応することが可能になるのがこのマゾタイプの特徴といえるのでしょう。

Sの女性にはたまらないタイプの男子になるので、厳しく扱われれば扱われるほど興奮を見出す事が最大の特徴に。

このタイプが複数プレイにハマると「一生抜け出す事が出来なくなる」のでした。

 

【3】負けず嫌いなドS

引用: Pixabay

3Pや複数プレイ、乱交セックスの好きな男子の特徴③「負けず嫌い」とは?

「マゾ」に相反して「負けず嫌いなドS」体質の男子の特徴としてあげられるのが・・・

  • 女子に対して意外にも一途
  • 独占欲が強い
  • セックスは終始自分のペース
  • 羞恥心を煽るのは朝飯前

上記の4つがドS男子の特徴になります。

つまりはセックスの申し子のようなドS男子なので、いうまでもなくいろんなセックスに興味があるのでした。

そんなドS男子を彼に持った女子が強制的に3Pや複数プレイ、乱交プレイに賛同させられるのはわかりきった事なのでしょう。

基本「変態系」である事は間違いがないドS男子だったのです。

 

3P(複数プレイ)好きな男子の対処法を解説!

引用: Pixabay

では3P(複数プレイ)が好きな男子の特徴がわかったところで、次に女子がどのような対処をしていけばよいのか?それらの対処法についてを解説させていただきます。

 

【1】まずはじっくり話をきいてあげる

引用: Pixabay

3Pや複数プレイ、乱交セックスが好きな男子への対処法①「まずはじっくり話をきいてあげる」とは?

お付き合いしている男子が「3Pの要求」をしてきた場合は、したくない場合でもまずは話を聞いてあげる事が「柔軟に回避」するテクニックでもあるのでしょう。

3Pしたがる男子にとって「逸る気持ちを抑えられない」事は当然の事。

また、女子がしたい場合であれば問題ないのでしょうが「したくない場合」だと男子の気持ちを逆なでしてしまう可能性もあります。

なので「なぜ3Pしたいのか」尋ねながら話を聞くのが得策といえるのでしょう。

「焦らない」「焦らさない」が3P好きな男子への賢い対処法になるのでした。

 

【2】絶対に否定しない

引用: Pixabay

3Pや複数プレイ、乱交セックスが好きな男子への対処法②「絶対に否定しない」とは?

これにおいても「話を聞く事」に通じるのですが、まずは話をキチンと聞いてあげてどのような破廉恥な願望を聞かされても「否定しない」事です。

「恥ずかしい気持ちを押し殺して愛する女子に訴えを起こしていた」男子だとすればと当然「否定」されれば自尊心を傷つける結果になるのでしょう。

そうなれば女子に対しての「愛上面に影を落とす」事にもなりかねないのです。

なので「とにかく否定せずに話を聞き入れる」、これがふたりの平和を守るための最善策になるのはいうまでもないのでしょう。

 

【3】自分の気持ちを正直に伝える

引用: Pixabay

3Pや複数プレイ、乱交セックスが好きな男子への対処法③「自分の気持ちを正直に伝える」とは?

これにおいては3Pの「受け入れok」もしくは「絶対にNG」という見解により対処法が異なってくるのでしょう。

男子と共に3Pの世界に身を委ねてみようと思った女子においては・・・

  • ふたりでの約束ごとを徹底的に話し合って決める
  • 相手の選定
  • 相手との約束事

など話さなければいけない事はいっぱいあるのでしょう。

その対処がしっかりとなされれば快適な3Pが実現するのでしょうが、キチンとルールを決めずに闇雲に行えば泣く目に遭うのは受け身の女子なのです。

他人棒を受け入れるという事になれば「性病対策」もとらなければなりません。

相手のスワッピング経歴にもメスを入れる必要も出てくるのです。

不特定多数の異性と交わりがある男子なら絶対に避けるべきで、まずはいきなり3Pプレイに移るのではなく「事前にメールでやりとり」を行って「人となり」を分析してから実行に移られる事をおすすめいたします。

「メールされどメール・・・」、そんなメールでも信頼を培う事は十分できるのでしょう。

また、「ただ、やりたいだけの男子」の特徴としてあげられるのは・・・

  • 短文メール
  • 返信が遅い
  • エロに特化した内容
  • 写真データの要求

以上が重要な見極めポイントになります。

なので、3P受け入れokの女子においては焦らずゆっくりと男子と共に計画を進めていただければ幸いでございます。

次に「絶対受け入れNG」の女子の場合においては、男子の自尊心を傷つけないよう適度に「ヨイショ」しながら「ゆるりとスルー」する方向で動かれる事をおすすめいたします。

勿論、気持ちを伝えながらになるのでしょう。

3Pしないかわりに「別の刺激方法」を女子から提案すればその「意外性にドギマギ」する男子なのかも?!

また、ふたりだけで行う「野外セックス」などがオススメなのでした。

いろいろなシチューエーションで野外セックスを堪能して、男子の頭の中から「3P願望」が消え去るようにしてしまえばいいだけなのです。

「イヤイヤ」してばかりでは適切な対処法だとはいえないのです。思い切って臨機応変に男子をイジるくらいが丁度良いのかもしれませんね!

 

3Pは男のロマン?

引用: Pixabay

今回は「3Pをしたがる男子」のついて解説させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

3Pに、複数プレイ・乱交プレイにおいては男性が「現役」である限り一度は経験してみたいプレイなのはたしかだったのでしょう。

したがって3Pが「男のロマン」である事には間違いなかったのでした。

また、「3Pを行う年代層」は右肩あがりで「熟年カップル」においては需要度が非常に高かった「3P=スワッピング」。

夫婦やカップルには必ず付きものである「倦怠期」なのですが、スワッピングを行った事により「危機」を乗り越えた夫婦やカップルの存在があったのは紛れもない事実でした。

ただし「3P=スワッピング」において以下のような「要注意点」がございます。

それは「相手への感情移入」でした。

「浮気に走ってしまう」もしくは「浮気に走られる」危険性をはらんでいるため「ふたりの深い絆」が要になる3Pである事には間違いがなかったのでした。

勿論、常識の範疇で「性的欲求」を満たすために刺激的な事にチャレンジする事はおかしな事ではないのです。

きちんとしたモラルのもとで行うプレイであれば大いに楽しむべきなのかもしれません。

次に気をつけていただきたいのが「相手へ3Pの強要」でした。

無理強いさせて行えばどちらが提案したにしても結果として「わだかまりや歪み」が生まれてくるのな仕方がない事なのです。

いずれにせよ「第三者と交わる」事を常に念頭に置き、あらゆる危険予測行いながら落ち着いて実行にという対処がなされれば楽しいプレイに持ち込む事が可能になるのでしょう。

また、女子においては「受け身」である事をキチンと自覚し、男子には聡明な対処法をお願いできればそれに超した事はないのでした。

読者の皆様においては「安心安全で素敵なセックスライフ」になられますよう心よりお祈り申し上げます。

人気の記事