韓国起源説を一覧にして紹介!「なぜ?」韓国人から世界の反応は?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

韓国起源説とは?

引用: Pixabay

みなさんは韓国起源説をご存じでしょうか?

韓国起源説とは、別名「韓国起源論」とも呼ばれ、大韓民国(韓国)の国民である個人や団体が韓国以外の他国の文化の起源が韓国にあることが始まると言われる俗称です。韓国起源説と調べてみると、数多くの文化が韓国起源説として定義されており、韓国起源説が山のように存在していることがよくわかります。

なぜ、韓国起源説とはいったいどのような論説が唱えられたものなのでしょうか。そして、各他国の文化が韓国起源説として唱えられている際の世界の反応はどのようなものなのでしょうか。

ここから、様々な韓国起源説の一覧を一挙にご紹介していきます。こうした韓国起源説を韓国の国民のみならず、世界の反応はどのように感じ取っているのでしょうか。

 

韓国起源説の概要まとめ

引用: Pixabay

韓国起源説が誕生した原因や理由に関しては、そもそも韓国起源説の対象となった文化があります。それが日本と中国の文化と言われています。

そもそも韓国起源説の一覧の文化をたどってみると、メソポタミア文明・インカ文明や西洋文明・生態系などなど、韓国起源説のジャンルは多岐にわたっていることがわかります。その対象も、一覧から現代の科学・日化学的な文化のみならず、日本の元号・菓子や漫画など現代の文化なども対象として挙げられているのです。

なぜこのような文化が誕生したのか。こうした韓国起源説の多岐にわたるジャンルについては、他国ではあまりみられることのない現象だと言われています。その原因は、「韓国の劣等感が原因」とも発している専門家もいます。

韓国が半島で古来より小国だったこと、何より属国だったこともあり、国としての自信がなかったことからこうした韓国起源説がハジマタと言われているのです。
これらの仮説から、韓国起源説についてを要約してみます。

 

【1】 小中華思想


引用: Pixabay

上記でもお伝えした通り、韓国起源説の由来の一つとして、韓国起源説の対象として日本や中国の「ウンカ」が対象となっています。

その文化の起源として、中国の属国だったころが歴史をさかのぼっていくと韓国の歴史としてあることから、劣等感を持った国=小中華思想が誕生したものと言われています。

 

【2】 公教育


引用: Pixabay

これらの文化は現代でも定着しており、なんと韓国の国内では「国籍ある教育」という名のもとで国家が韓国起源説を推進しているというのです。

要約すると、どの文化ももともとは韓国が起源となり誕生したもので、現代の日本の文化はすべて韓国から始まったものであると謳っています。

現代でも外交問題となっている反日運動も、こうした一連の教育によって推進されているといわれても単語んではありません。

 

【3】 民族性

Array

引用: Pixabay

上記でも簡単にご紹介させていただきましたが、そもそも韓国起源説は起源として民族性から発生したものだということがわかります。

それらの社会事情の要因として、民族という名の「人種」に近しいものだと定義されており、実際に韓国起源説の一覧を確認してみると定義があいまいであること・理論が弱いことなどが挙げられ、どれもでたらめな理論であると言われています。

こうした韓国起源説に対して「恥ずかしい」と思う方も少なくはありません。
では、ここから韓国起源説として挙げられる様々な文化をご紹介していきます。

 

韓国起源説を一覧にして紹介!

 

【1】 武芸

引用: Pixabay

日本の武芸と言えば、剣道をはじめとする剣術であり、その剣を扱っているのは侍です。そしてそれらの風流を武士道と言われていますが、これらは韓国起源説として定義されています。

特に剣道は韓国起源説としてネット上で注目されるものとなり、韓国がネット上で剣道韓国起源説を公開し流出させていったことにより全日本剣道連盟に問い合わせが殺到する事態となりました。

もちろん、韓国が文化ではないことから、これらの一覧として挙げられる韓国起源説の文化は全日本剣道連盟によりホームページ上で否定されています。

 

【2】 日本刀

Array

引用: Pixabay

日本刀も日本の文化ですが、韓国起源説として定義されている文化の一つです。

韓国の刀剣職人が「日本刀はまさにこの剣術を我が国から盗み出して伝承している」と証言し始める始末。しかし、定義が浅くしまいには「韓国刀の減刑を取り戻すために」と、日本に学びに行くという何とも恥ずかしい結末となりました。

もちろん、この文化も何の根拠もなく、そもそも韓国で使用されている刀は鉄鉱石から作られたものであり、日本刀とは製造が違うとのことでした。

 

【3】 忍者

引用: Pixabay

忍者の文化も日本になじみのある文ですが、この文化も韓国起源説として定義されているのです。

韓国起源説の由来は、韓国系移民がイタリアで運営する「スルサ道場」が由来となり、その「スルサ」が柔道の由来であるなどの主張をしています。

もちろん、この文化も定義が浅く、実際は忍者という文化そのものが日本で発祥したものである定義が深いことがわかります。

 

【4】 折り紙

引用: Pixabay

折り紙も、韓国起源説の文化として主張されています。

一部の在米韓国人が「折り紙はもともと韓国で作り出されたものだ」という主張が始まったことがきっかけです。その主張は植民地であったことから始まると主張されており、そもそも日本の折り紙との文化とは違うものであるということも言われています。

しかし、韓国起源説の定義よりも信ぴょう性があるのが日本のような多種多様な対象物を作って遊ぶ文化は存在していないことがわかり、韓国が発祥であるという根拠はどこにもないといいます。

 

【5】 花札

引用: Pixabay

韓流ファンのフランスの若者によって、花札が「韓国ドラマに出てくる韓国のオリジナルカードゲーム」であると紹介するなど、韓国起源説の文化として挙げられています。

しかし、花札は安土桃山時代にポルトガルの宣教師によって日本に伝わったゲームであり、韓国には日本統治時代に伝わっているのです。なぜこのような主張をしたのかと思いますが、恥ずかしいという気持ち以前に韓流ファンである方の主張としては本心で主張をしていたのではないかとも思われます。

 

【6】 豆腐やソバ

引用: Pixabay

豆腐やソバも、韓国起源説として挙げられています。韓国起源説によれば、メミルククスを真似てソバが誕生し、トゥブを真似て豆腐ができたといいます。

しかし、豆腐は奈良時代に遣唐使によって日本に伝えられた食文化であることが歴史上わかります。そして、そばは中国から日本に伝えられたものですが、そばを加工する蕎麦切りという文化の起源は明確ではないそうです。

ですが、韓国起源説はこうした歴史をたどる以前に歴史が不透明な進化した蕎麦を起源であると定義していることから、韓国起源説としての定義がさらに不透明なこととなってるのです。

 

【7】 日本酒

引用: Pixabay

日本酒も韓国起源説の論説として挙げられています。

その理由は、慶州の法酒が日本酒の先祖のようなものと定義した日本人研究者が語ったことから始まり、近年ではマッコリが日本酒のルーツだといっています。

しかし、日本酒の本来のルーツはどぶろくです。そのため発酵方法や歴史的背景も異なるため、期限としては明確ではありません。

 

【8】 寿司・刺身

引用: Pixabay

韓国起源説の食文化として、まさかと思う人もいらっしゃいますが寿司や刺身も挙げられています。

ロサンゼルスで寿司屋を営んでいる韓国人が、寿司と刺身は中国と韓国に由来するもので日本には寿司が食文化であると主張する権利がないといいます。そのルーツは第二次世界大戦後に寿司を食べ始めたのが日本であり、中国と韓国は数千年間寿司と刺身を食べ続けてきたという歴史的背景を主張するのです。

しかし、日本は浮世絵が流行した江戸時代にはすでに寿司を食していた文化があることがわかります。大して中国と韓国には寿司や刺身の歴史的文化を主張するものがありません。

 

【9】 長崎ちゃんぽん

引用: Pixabay

これも面白い韓国起源説の文化ですが、長崎ちゃんぽんも韓国起源説として上られています。

釜山近郊の中華料理店で、中国の面料理人が韓国に持ち込んだ独特な食べ物が長崎ちゃんぽんで、そもそも「ちゃんぽん」という由来は日帝統治下にあった際に付けられた名前であるという主張があります。

しかし、歴史的背景としては、明治32年に長崎の中華料理店で働いていた中国人により発明されたものであるという定義があります。

 

【10】 日本

引用: Pixabay

そして、この韓国起源説論だけは見逃してはいけないのが「日本」という言葉がそもそも韓国起源説であるという主張です。本心で行っているのかわかりませんが、なんとも恥ずかしい論説です。

そもそも日本の語源が韓国語の「イルボン」から始まり「ニホン」として定義されたと言われていて、そのほかにも朝鮮半島に存在していた部族国家「ウガヤ」が「ヤマト」であり、その部族国家が日本にわたり「ナラ」を作ったという主張です。

しかし、この期限はもちろんですが明確な定義がありません。

 

韓国起源説に対して韓国人の反応は?

引用: Pixabay

さて、ここまで韓国起源説の一覧についてご紹介してきましたがいかがでしょうか。特に有名な韓国起源説を一覧として定義してきましたが、まだまだ山のように韓国起源説は存在します。

そんな韓国起源説を見て、なぜ恥ずかしいと思わないのかと韓国の人に問いたい気持ちはわかりますが、世界の反応ではなく、実際に韓国の方はどのような反応をしているのでしょうか?

 

【1】 否定せず肯定する意見が多い

引用: Pixabay

そもそもここでご紹介したのは日本文化の韓国起源説の一覧です。ということはもちろんですが、日本以外の他国の文化でも韓国起源説を謳っているものも数多く存在します。

それらの文化を恥ずかしいと思わず、韓国の国民の意見で多くみられるのは「肯定的な意見」ばかりです。なぜこうなってしまうのかと恥ずかしいという気持ちよりも、このような韓国起源説を祖国の文化としてとらえているようにも見受けられます。

 

【2】 国によっては「冗談」だという始末

引用: Pixabay

他国で見られる光景の中には、特に大国相手に韓国起源説を定義した際に憤慨を食らった際の言葉としてよく見受けられたのが「冗談が通じない」などの「冗談」で終わらせようとする意見です。

世界の反応を見る限りはかなり憤りを露にしている意見が多く、世界の反応を察することなくなぜこのような「冗談」で済まそうとするのかと非常に理解しがたい意見ですが、恥ずかしいという気持ちよりも、完全に信じ切っているような意見ばかりです。

 

【3】 文化だけではなく文化人を起源とする理論を展開する

引用: Pixabay

他国から怒りを買っているのはほかでもなく、文化のみならず対人に対して韓国起源説を謳っている意見も多く、もはや信じがたい状態としか言いようがありません。

それでも肯定的なのは、やはり韓国人特有の文化なのでしょうか。

 

韓国起源説に対して世界の反応は?

引用: Pixabay

それに対して、韓国以外の他国の意見、世界の反応はどのようなものが多くあげられるのでしょうか。

なぜ韓国起源説は世界に注目されているのかについては、韓国起源説が世界の文化を起源として勝手に定義しているため、山ほどあるからでしょう。それに対しての世界の反応がこちらの一覧になります。

 

【1】 意外と放置

引用: Pixabay

韓国起源説は近年始まったものではなく、長きにわたり重複している不思議な文化です。

そのため、他国からの怒りを買う以前に、韓国人が定義している韓国起源説に関心すら持たない国がほとんどであると見受けられます。

 

【2】 しつこさから怒りを買う

引用: Pixabay

しかし、韓国人の方もあきらめが悪いため、特に近年ではインターネット上で韓国起源説を定義して反感を食らうなんてこともよくある話です。

もちろん、文化の元となる発祥の国からは怒りを買い、炎上騒ぎになることもあります。

 

【3】 少数だが面白可笑しくコメディーのように楽しむ人もいる

引用: Pixabay

韓国起源説の歴史的背景や明白な理論が浅いことから、恥ずかしいのではないかというよりも「面白いコメディーのようだ」と楽しむ人も中にはいるようです。

もちろん、韓国起源説を信用する人はほとんどいませんが、関心を持たれているという意味では良いことなのかもしれません。

 

韓国起源説は今後どうなる?

ここまで韓国起源説について一覧にしてご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。

世界の反応から韓国の反応まで、様々な意見のもと韓国起源説に多少なりと関心を持つ方も多いと思いますが、今後韓国起源説はどうなってしまうのでしょうか。

文化を主張する韓国起源説ですが、そもそも一覧をたどってみても根拠が浅く、明白なものとして立証するのが難しいものばかりです。

そのためいくら韓国起源説を主張し続けていたとしても、この意見が届くことは困難を極めるのではないかと考えられ、次第に文化として消えていくのではないかと推察されます。

なぜこのような韓国起源説を信じ切っているのかと不安になるほどです。

あまりにも国を挙げて主張を繰り返すことによって、他国からの印象を悪くしがちの為、外交問題に発展する可能性も示唆されます。

なぜ続けてしまうのかと思うくらい、非常によろしくない結果となるため、できれば早急にやめていただきたいぐらいです。外交問題に発展する前に、世界の反応をしっかりと察することを覚えなければならないと痛感します。

なぜ他国の文化を韓国起源説として定義する以前に、もっと大切なことを見落としていることがよくわかります。それが韓国本来の素敵な文化です。

それらの文化をもっと大切にし、他国に広めていくことをなぜしないのかという疑問も抱く人が多いと思います。それらを大切にできない理由は韓国本来の特徴としか言えず、もっと自国の文化をアピールすることが必要ではないかと推察されます。

韓国起源説が定着し、印象の悪い韓国ですが自国の文化はとてもいいものばかりです。そしてすべての人がこうした文化を推奨しているわけではないので、韓国人を一概に悪いという定義も韓国起源説と同じ定義づけだと考えられます。

こうならないためにも、韓国を理解することをおすすめします。

人気の記事