平安時代の性事情30選!夜の営みのやり方や風俗事情を徹底解説!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

平安時代の性事情はどんな感じだったの?

引用: Pixabay

平安時代での浮気や夜の営みといった性事情に関する逸話は、紫式部の『源氏物語』など当時の書物に数多く残されています。

当時の男女は明るい時間や場所で堂々と会える事が少なかったので、出会った時の直感を頼りに「とりあえずセックスしてみる」というやり方や夜の営みから性事情における信頼関係を築いていったようです。

このように出会いのやり方が限られている以上、セックスは平安時代の性事情で大きな意味を持っていたのかもしれません。この記事では夜の営みや浮気など平安時代の性事情に関する事を5段階に分けて解説します。風俗など平安時代の文化についても触れるので、目を通してみて下さい。

 

平安時代の性事情を解説!

引用: girlydrop

ここからは夜の営みや浮気など、平安時代の性事情を詳しく解説していきます。

平安時代の恋愛は主に恋文や和歌の交換からスタートしますが、時には夜の営みや浮気に関する事もあるので驚くかもしれません。このやり方から性事情としてどのように結びつくのか見ていきましょう。

 

平安時代の性事情5選①【付き合う〜初夜編】

 

平安時代の性事情【初夜】①夜這いは日常茶飯事


引用: Pixabay

夜這いとはセックスや浮気など夜の営みを目的とし、相手の寝ている場所に現れる行為の事です。

このやり方は日本だと大正時代まで続いており、風俗も少なかった平安時代では立派な風習とされていました。夜の営みなど、性事情による出会いがごく限られていた平安時代だからこそ、夜這いや浮気は成立したやり方だという声もあります。

平安時代だと庶民も貴族も当然のように夜這いや浮気を行っていました。当時は結婚するまで複数の異性と関係を持つ事、つまり浮気は珍しくなく、できちゃった結婚が性事情での一般的なやり方だったようです。夜這いが当時の性事情における夜の営みとして定着していたやり方という事もあり、近くで両親が寝ていてもお構いなしに続けていました。

 

平安時代の性事情【初夜】②恋のキッカケは噂


引用: girlydrop

平安時代の性事情だと貴族の女性は直接顔を見せる事がほぼなく、男性の顔を見て一目惚れという機会も夜の営み以外でありませんでした。そのため家柄や教養などの噂で気になった相手に恋文や夜這いでアプローチするのが主なやり方だったようです。

話をする機会があってものれん越しなので顔がよくわからず、男性が気になる女性の情報を集めるところからスタートするのが当時の性事情では一般的でした。情報が限られていた平安時代では、夜の営みで得られる情報を重要視していたのかもしれません。

 

平安時代の性事情【初夜】③恋文や和歌で愛を育む

Array

引用: girlydrop

平安時代の性事情だと貴族の女性は表に出る事があまりなく、初夜までに顔を見せられる相手は婚約者など限られた人だけでした。

そのため男性は塀から女性の顔を覗いたり、噂を基に恋文を書いて送って夜の営みに応じるのが主なやり方でした。現代で言うと会った事もない女性とSNSでメッセージを交換し、どんな人なのか想像してドキドキする感じに近いです。

 

平安時代の性事情【初夜】④赤い服は禁止

引用: Pixabay

平安時代の性事情では縁起が良いという理由から、赤い服が大流行していました。

しかし一方で火の色と呼ばれ、深紅は人を惑わす色という事でいつしか禁止されてしまったようです。その後は桜色や紅梅など赤に近い色が採用され、貴族達の装束として広く用いられました。

 

平安時代の性事情【初夜】⑤キスは変態プレイ

Array

引用: Pixabay

キスは平安時代の性事情だと「くちすい(口吸い)」と言い、当時は変態プレイとして扱われていました。

現代とはやり方が違い、キスからセックスに突入するという流れではなく、即挿入という流れだったようです。

 

平安時代の性事情10選②【夫婦の営み編】

 

平安時代の性事情【夫婦生活】①一夫多妻制が常識

引用: Pixabay

平安時代は現在と性事情が違い、結婚も一夫多妻制が常識という考えであり、妻となる女性は正妻と妾の2種類に分けられていました。

いわば浮気が合法的に認められていた事になります。男性は養う女性が多い程高い能力の持ち主と見られ、正妻になれる女性は容姿に関係なく家柄や知性が重要視されていたようです。

平安時代の性事情だと男性は15歳、女性は13歳から結婚できる事が法律で認められていました。晩婚化が進んでいる現在とは真逆の性事情と言えるでしょう。また中期以降は低年齢化が進み、10歳にも満たない子供同士が結婚するというケースもあったようです。

平安時代の性事情は結婚に対し、かなりスピーディーな考えを持っていたと言えます。

 

平安時代の性事情【夫婦生活】②結婚は身体の相性次第

引用: Pixabay

平安時代の性事情では身体の相性次第で結婚できるかが決まっており、セックスの相性が悪ければ夜這いに行く事もなかったようです。突然男性が懇意にしていた女性の元を訪れなくなり、他の女性の元に行くというのが当時の性事情における常識でした。

平安時代の性事情では身体の相性が悪ければ、夜の営みはもちろん結婚生活も続かないと考えられていたようです。それだけセックスを結婚の動機として重視していたのかもしれません。当時の和歌でもその切ない心情が詠まれているものが多く、女性の性事情に関する心情が伝わってきます。

 

平安時代の性事情【夫婦生活】③結婚の鍵は3日連続でセックスできるか

引用: Pixabay

平安時代の性事情では3日連続でセックスできるかどうかが、結婚の鍵とされていました。

つまり飽きずにセックスできる事が男女両方に求められ、3日目に「三日の餅」というものを夫婦が食べて結婚が成立します。現代と比べると非常にハイペースな展開ですが、当時の性事情ではそれだけ出会いや夜の営みによる継続を重視していたと言えるでしょう。

 

平安時代の性事情【夫婦生活】④通い婚が基本

引用: Pixabay

平安時代の夫婦生活は男性が女性の元を訪れる通い婚が基本とされていました。

正妻は夫と同じ邸宅に住む事を許されていましたが、妾は同居が許されないばかりか、夫に会える日も占いによって決められていたようです。現在の性事情でも別居婚という形で残っており、主に週末に会う事が多い事から「週末婚」と呼ばれています。

 

平安時代の性事情【夫婦生活】⑤妻の身分が低いと同居可

引用: Pixabay

平安時代では名実共に夫婦になると、夫が妻の家に通うようになります。

子供が生まれたり夫が出世して自分の家を建てると同居が可能になる一方、妻に身寄りがないなど身分が極端に低い場合は一早く同居を認めるケースがありました。

ただし同居できるとはいえ、邸内は正室と側室に分けられており、妾が生活できるのは側室に限られていたようです。

 

平安時代の性事情【夫婦生活】⑥浮気や不倫は当たり前

引用: Pixabay

現代ではタブーとされる浮気や不倫も、平安時代の性事情では当たり前のように行われていました。

当時は一夫多妻制が常識とされていたので、男性の心変わりも激しかったのでしょう。それは女性にとっても同じ事で、夜に出会える男性と次々関係を持つケースも残っています。仮に浮気や不倫がバレても現在程叩かれる事はなかったかもしれません。

 

平安時代の性事情【夫婦生活】⑦嫉妬していた例は非常に多い

引用: Pixabay

女性にとっては夫に「自分と子供達を一番大切にして欲しい」と思うのが普通の感覚ですが、一夫多妻制が当たり前の平安時代の女性も例外ではありません。

夫の浮気や不倫が原因で正妻や妾に嫉妬していたという例は、当時から数多く残されています。藤原道長の妾である明子もその1人であり、性事情での相当な量の嫉妬を夫や他の妻達に溜め込んだ事が『蜻蛉日記』に記されています。

 

平安時代の性事情【夫婦生活】⑧離婚に関する法律があった

引用: Pixabay

平安時代の性事情では夜這いから3日のスピード結婚が認められていましたが、離婚に関しては「三不去七去」という法律が定められ、それに従って判断する必要がありました。

それぞれ7つの離婚許可条件と3つの不許可条件がまとめられており、1つでも三不去に該当する条件があると離婚できなかったようです。

 

平安時代の性事情【夫婦生活】⑨経験豊富な女性の方がモテた

引用: Pixabay

日本では女性に処女性を求める傾向がありますが、平安時代の性事情ではその逆を行っていたようです。

平安時代の性事情ではより多くの男性と関係を持てる恋愛上手、つまりセックスの経験が豊富な女性がモテたと言われています。一方で家庭的な妻はあまり好まれず、「身なりが疎かになる」という理由で夫は大層ガッカリしていたようです。

 

平安時代の性事情【夫婦生活】⑩フリーセックスを楽しむイベント

引用: Pixabay

平安時代など古代の日本の性事情には、「歌垣」というフリーセックスを楽しむためのイベントがありました。当時は風俗も少なく、庶民の間では多くの異性と知り合える貴重な機会でもあったので、性事情の中で好意的に受け入れられていたようです。

春や秋にその年の豊作を祈願・感謝するのが歌垣の源流であり、そのアフターパーティーでフリーセックスを楽しむ場としても使われるようになりました。歌垣に来るのは主に若い男女であり、セックスこそが豊作に通じるパワーと考えられていたのかもしれません。

 

平安時代の性事情5選③【名家の営み編】

 

平安時代の性事情【名家】①自由に恋愛を楽しむ貴族は多かった

引用: Pixabay

平安時代では自由に恋愛を楽しむ貴族が多く、結婚後も浮気を繰り返すケースは当時の性事情で珍しくなかったようです。

女性の間でも自由恋愛が広まっていましたが、最終的には天皇や貴族など有力な権力者と結ばれる事が最も重要とされていました。この結婚に熱心な親も多く、平安時代では教養がある女性が好まれていた事もあり、読み書きも教えていたケースもあります。

 

平安時代の性事情【名家】②同性愛も珍しくなかった

引用: Pixabay

平安時代末期の性事情では、貴族の間で同性愛になるケースが多かったです。

有名なのが藤原頼長であり、彼の日記『台記』に詳しい記述があります。頼長は摂関家の血を引く一方男色家としても有名であり、『台記』には男色行為を意味する濫吹という言葉が頻繁に登場します。

ただし当時は男色行為と政治には密接な繋がりがあり、性事情というだけで片付けられるものではありませんでした。これは院政期においても重要なテーマの1つです。この日記からは平安時代末期の不安定な貴族社会と、自身も時代に恵まれなかった事に苦悩する頼長の姿も感じられます。

 

平安時代の性事情【名家】③平安時代のモテ男とされた雅男

引用: Pixabay

平安時代の性事情では色白でほっそりした顔、更にくっきりとした目鼻立ちが特徴の雅男がモテると言われていました。

この雅男には『源氏物語』で有名な光源氏がそのまま当てはまり、教養があり家柄がいい事からも平安時代のモテ男として条件にピッタリです。

 

平安時代の性事情【名家】④細目でふくよかな女性がモテる

引用: Pixabay

一方で女性は細目でおちょぼ口、体型はふくよかな方がモテたようです。

また髪も重視しており、特に艶やかで長い黒髪は非常に美しいとされていました。当時からカツラを着けている女性がいる程、髪の美しさは現在まで重要視する要素として語り継がれてきたのかもしれません。

他にも教養がある事など、現在にも通じる平安時代のモテ要素は多いでしょう。

 

平安時代の性事情【名家】⑤高貴な人がポルノ本を作る事も

引用: Pixabay

平安時代の性事情として庶民から貴族までポルノ本が流行っていましたが、中には高貴な人がポルノ本を作る場合もありました。

平安時代末期に後白河法皇が作った『小柴垣草紙』はその1つであり、斎宮という高貴な巫女が滝口の武士とセックスするシーンがあります。高貴な人を普通に作っている辺り、平安時代の性事情に対する大らかさを感じるかもしれません。

 

平安時代の性事情5選④【風俗編】

 

平安時代の性事情【風俗】①売春宿に身売りもよくある事

引用: Pixabay

格差社会は現在の日本でも囁かれている言葉ですが、その比は平安時代と比較になりません。

平安時代は貧富の差が激しく、身売りもこの時代からよくあったようです。物々交換ができない場合は身体で支払う事もあり、風俗嬢として売春宿に身売りされる事も珍しくありませんでした。

風俗としての買収宿の利用も、既にこの時代からあったと言われています。

 

平安時代の性事情【風俗】②船舶の出入りが多い場所が中心

引用: Pixabay

平安時代の性事情によると、風俗は船舶の出入りが多い場所で行うのが中心でした。

そのような場所に風俗店を築いてから旅人を客として迎え、歌や踊りをしながら性も売るという考えから日本の風俗は発展していったようです。当時の性事情からは風俗など文化の発展も書物として多く残っています。

 

平安時代の性事情【風俗】③『万葉集』に詳しい記述がある

引用: Pixabay

平安時代の性事情や風俗を表す書物の1つとして、『万葉集』に詳しい記述があります。

日本最古の歌集と言われる『万葉集』には性や風俗に関する歌もあり、その1つである「遊行女婦」という歌は宿場や港で客を楽しませた遊女の事です。平安時代の性事情や風俗を知る上では貴重な資料と言えるかもしれません。

 

平安時代の性事情【風俗】④遊女の歌を鑑賞する『更級日記』

引用: Pixabay

平安時代中期に書かれた『更級日記』でも、当時の性事情や風俗について触れるシーンがあります。

この本は作者である菅原孝標女の回想録であり、幼い頃に訪れた足柄山麓の宿で遊女の歌を鑑賞するという内容です。

孝標女は旅の道中でふとこの歌を思い出し、「美濃の国の美しさも、あの時聞いた遊女達の歌の足元には及ばない」と、独りあの時の喜びを恋しく感じていました。

 

平安時代の性事情【風俗】⑤貴族のパーティーに遊女が押しかける事も

引用: Pixabay

平安時代では貴族のパーティーに突如遊女達が風俗として押しかける事がありました。

現在で言うコンパニオンに近いかもしれません。当時の性事情には売春という概念があったかも疑わしく、貴族の相手をするのは珍しくなかったようです。夜の営みはもちろん、歌や踊りなどの芸事にも長けていたので、そのやり方から遊女達の地位は意外と高かったと見られています。

 

平安時代の性事情5選⑤【一人で営む編】

 

平安時代の性事情【一人エッチ】①性指南のマニュアルが豊富

引用: Pixabay

現代と比べると平安時代は性事情や風俗の考え方が大らかだったので、恋文や性指南に関するやり方を記した本も豊富でした。

日記など文学物もその1つであり、『和泉式部日記』は浮気や不倫のマニュアルとしても有名です。作者の和泉式部が経験した許されぬ恋を日記という形で赤裸々に書いており、派手な男性遍歴や欲望を貫く姿勢から多くの読者からの共感を得ました。

 

平安時代の性事情【一人エッチ】②『医心方』というセックス本

引用: Pixabay

平安時代に書かれた医心方』は日本最古の医学書とされる一方、セックスのやり方に関する記述も多い事からHOW TO セックス本としても有名です。内科・外科・婦人科・小児科など細かい記述から全30巻に及びますが、特に28巻ではセックスのやり方などが細かく書かれています。

「正常位の場合、女性は下半身を浮かせるべき」などやり方について具体的な説明があり、文書でしか記録する手段がなかった当時では詳しい実践本です。スローセックスと通じる部分や男女ごとのオーガズムの違いなど、今に読んでも気付かされる部分は多いかもしれません。

 

平安時代の性事情【一人エッチ】③女性はテクニック磨きに必死!

引用: Pixabay

平安時代の性事情だと、女性は一度男性に飽きられるとすぐ他の女性に乗り換えられてしまうので、自分磨きやセックスのテクニック磨きに余念がありませんでした。

飽きられない事はもちろん、夜這いに来てもらうために男性の研究も熱心に行っていたようです。特に男性のどこを触れば喜んでもらえるのかなど、夜の営みに関するやり方は積極的に学んでいました。

 

平安時代の性事情【一人エッチ】④モテる女性はアピールが上手?

引用: Pixabay

男性からすればいつ浮気するかわからないので心配という声もありますが、平安時代だと経験豊富な女性の方がモテた理由として、セックスアピールの上手さが挙げられています。

特に貴族の間では女性らしさを重視し、家庭的な妻より常に多くの男性と遊んでいる妻の方が好まれていました。

 

平安時代の性事情【一人エッチ】⑤見た目を磨き色っぽい歌を詠む

引用: Pixabay

平安時代は母系社会だったので、母親が亡くなった後は娘に土地が相続されるなど、女性の財産権は強かったようです。

平安時代の女性は常に男性を引き寄せるべく見た目を磨きつつ、色っぽい歌を詠む事を大切な営みとしていました。女性に求められる資質は社会や時代の流れによって変化し、平安時代の性事情ではこのタイプが最も理想的な女性と言えるのかもしれません。

 

平安時代の性事情まとめ!

引用: Pixabay

平安時代は貴族の優雅な雰囲気が強いですが、性事情に関しては意外と奔放なイメージが強いです。現在ではタブーとされていますが、当時としては合法だった夜這いなど、時代における性事情の違いを感じさせる要素もあります。

現在では家柄や教養はあまり重視されていないので、顔を合わせる前から相手の事がわかるようになったという意味では付き合いやすくなったのかもしれません。性事情に関して異なる要素は多いものの、手本にできる部分であれば平安時代のモテ要素も参考にしてみましょう!

人気の記事