筒塩侑子を殺した?容疑者勝田州彦の経歴&犯行動機まとめ【岡山女児殺害事件】

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

筒塩侑子さんが巻き込まれた悲劇【岡山女児殺害事件】

引用: Pixabay

事件が発生したのは2004年9月3日。

学校から帰宅した筒塩侑子さんの姉が、自宅1階で血まみれになって倒れている筒塩侑子さんを発見。パートに出ていた母親に電話し、急遽帰宅した母親が警察と消防に通報。

筒塩侑子さんは搬送された病院で死亡が確認されました。

 

【1】事件の捜査は難航


引用: Pixabay

白昼堂々行われた通り魔的な犯行でした。

しかし、殺害が行われたのが自宅の室内、自宅周辺は閑静な住宅街ということもあり目撃者が少なく、さらに物証も残っていなかったことから捜査は難航を極めました。

 

【2】当時のワイドショーは筒塩侑子さん一色に


引用: Pixabay

まだ9歳のかわいい少女が襲われた惨殺事件。

しかも被害者である筒塩侑子さんの写真が報道で出されると、「こんなかわいい女の子が…」と日本中の注目を集めました。テレビのワイドショーでは連日関連情報を報道。

マスコミの力と警察の必死の捜査で事件は解決するかと思われましたが、捜査はなかなか進まず、犯人が分からないまま筒塩侑子さんが殺害されてから時だけが流れ続けました。

 

【3】14年後急展開で容疑者確保

Array

引用: Pixabay

捜査は進まないまま14年の月日が流れ、事件当時あれほど騒いでいたマスコミもこの事件を取り上げることはなくなった頃、事件は急展開を迎えます。

2018年5月29日。警察は別件ですでに収監中であった勝田州彦を殺人容疑で逮捕。事件は一気に解決に向かいます。

当時警察は捜査範囲を徐々に広げ、その中で岡山県津山市から100km以上離れた兵庫県加古川市の勝田州彦に行き当たります。しかも獄中で勝田州彦が、犯行を仄めかすような発言をしていたとの噂も。警

察の執念の捜査が、勝田州彦に辿り着いた大きな要因でしょう。

 

容疑者・勝田州彦の生い立ち&経歴

引用: Pixabay

逮捕当時、岡山刑務所で受刑中であった勝田州彦

この勝田州彦はそもそもなぜ岡山刑務所に収監されていたのでしょう? 捜査が広範囲になると同時に浮上してきた勝田州彦という人物の生い立ちや経歴に迫ってみましょう。

 

【1】両親の職業に驚愕

引用: Pixabay

勝田州彦を語る上でもっとも驚きの事実が、両親の職業でしょう。

勝田州彦は父親が元警察官、母親も警察関係者という家庭で育ちました。そんな家庭で育ちながら、勝田州彦は数々の凶悪事件を繰り返します。

通常では信じられない話ですが、岡山女児殺害事件とは別の事件の裁判で、勝田州彦はむしろ両親のせいで犯行を犯すようになったと供述しています。

 

【2】高校卒業後は職業を転々と

Array

引用: Pixabay

勝田州彦は地元の中学、高校を卒業すると自衛隊に入隊。自ら志願しての入隊か、厳しい両親が入るように勧めたのかは不明ですが、この当時までは周囲に迷惑をかけるようなことはなかったようです。

しかし自衛隊に入隊するも長続きはせず、半年余りで除隊。その後郵便局や運送会社など職を転々とし、犯罪を犯すようになった頃は加古川の実家で引きこもりのような生活をしていたようです。

 

【3】厳格な両親による厳しい躾といじめ

引用: Pixabay

勝田州彦の裁判の記録や当時の報道を見ると、勝田州彦は両親の厳しい躾や、中学校時代に受けたイジメが自身の性格形成に大きな影響を与えたと言っています。

また、一部新聞報道では、母親は勝田州彦に対し非常に甘かったとの報道も。

冷静に考えれば、高校卒業後定職に就かずフラフラしている男を引きこもらせていたのですから、両親が厳しかったというのは信ぴょう性に欠ける言葉といえるでしょう。

勝田州彦本人にとっては「厳しい躾」だったかもしれませんが、世間一般で考えればむしろ甘い両親という印象が拭えません。そう考えると「中学時代にイジメに遭っていた」という発言もどうなのか?と思ってしまいます。

 

【4】勝田州彦の異常性癖

引用: Pixabay

理由はどうあれ、勝田州彦は捻くれた性癖の持ち主として成長してしまいます。

その性癖が「未成年の少女が腹部から流血しているのを見ると興奮する」、「少女の白いシャツの腹部に血が滲むのを見ると興奮する」という、常人には全く理解できないもの。

勝田州彦は他者を傷つける以前、10代の頃には自身の腹部を傷つけ、流れ出る血を見ながら自慰行為に耽るようになっていたと証言しています。

勝田被告の精神鑑定を担当した医師は法廷で、他人に身体的心理的な苦痛を与えることに性的興奮を抱く「性的サディズム障害」と、子供に対して性的興奮を抱く「ペドフィリア」(小児性愛障害)が複合した「サディズム型ペドフィリア」と説明した。
犯行に至る誘因の一つとして、勝田被告が自傷行為で入院したことを挙げ、「自傷行為ができず、性的な快感が得られない抑圧された状況の中で犯行への衝動性が高まっていったのではないか」と分析した。

産経WESTより(2016年7月28日付け)

これは筒塩侑子さん殺害事件とは別の事件の裁判で、精神鑑定を受けた時の精神科医の診断結果です。勝田州彦は2つの異常性癖が重なった、超異常性癖だったことが分かります。

 

【5】異常な性的嗜好と趣味の因果関係

引用: Pixabay

勝田州彦に関して調べていると、「趣味は美少女アニメ観賞」、「自宅から多数の美少女SM物のアニメ作品を押収」などの情報が散見されます。

ここで勘違いしていただきたくないのが、アニメと性的嗜好の因果関係です。

事件捜査とは直接関係がないため明らかにされていませんが、「異常な性的嗜好があったからそういったアニメに惹かれた」のか、「アニメの影響で異常な性的嗜好に目覚めた」のかが重要なポイント。

前者であればアニメに責任はありませんし、後者であればアニメに関してより規制を強める必要があるということになります。

 

【6】最初に起こした事件 2000年

引用: Pixabay

最初に起こした事件と書きましたが、正確には最初に発覚し逮捕された事件になります。事件があったのは2000年。複数の小学生女児の腹部をげんこつで殴る、下腹部を触るなどの犯行を行い、強制わいせつ罪、暴行罪などで逮捕されています。

この事件に関しては、量刑などについて調べたものの、詳細はどこにも掲載されておらず、以下の可能性が考えられます。

  • 精神鑑定で「責任能力なし」と判断され不起訴、もしくは無罪
  • 執行猶予付きの有罪判決
  • 実刑判決

実刑判決であれば恐らく懲役何年だったかの情報は出ているはずで、これは考えにくいでしょう。

強制わいせつ罪にしても暴行罪にしても、初犯の場合執行猶予がつくケースが多いので、上の2つのどちらかと考えるのが妥当でしょう。

 

【7】2度目の犯罪歴 2009年

引用: Pixabay

勝田州彦が2度目に逮捕されたのが2009年。

もし勝田州彦が本当に筒塩侑子さんを殺害しているとなると、時系列上筒塩侑子さんの事件が2件目になりますが、筒塩侑子さん殺害容疑に関してはまだ確定していない(2019年7月現在)ので、2009年の事件を2度目の犯罪歴とします。

この事件は、5人の小学生女児に対し、げんこつで腹を殴るだけではなく、刃物やドライバーなどで腹部を斬りつけるという蛮行を行ったもの。刃物で斬りつけられた女児は、全治1か月の大けがを負いました。

この事件ではもちろん実刑判決となった勝田州彦。懲役4年の判決を受け刑務所に収監され服役しています。

 

【8】3度目の犯罪歴 2015年

引用: Pixabay

2度目の犯行で服役した勝田州彦が、何年に釈放されたのかは定かではありませんが、釈放後恐らく2年以内に次の犯行に手を染めています。

しかも3度目の犯行はさらに凶悪度が上がり、刃物で女子中学生を殺害目的で襲ったのです。

被害者の女子中学生は、一命こそとりとめたものの重傷。勝田州彦は「暴行傷害」ではなく「殺人未遂」で起訴され、懲役10年の実刑判決を受けています。

 

【9】収監中に再逮捕 2018年

引用: Pixabay

そして2018年。

筒塩侑子さん殺害容疑で警察が取り調べを行ったところ、犯行を自供し再逮捕されています。

 

筒塩侑子さんに対する鬼畜犯行まとめ

引用: Pixabay

ここからは、筒塩侑子さんが殺害された岡山女児殺害事件の詳細についてまとめていきましょう。

 

【1】筒塩侑子さん殺害事件の経緯

引用: Pixabay

警察から発表された情報と目撃情報を合わせて、筒塩侑子さん殺害事件の経緯を時系列でみてみましょう。

  • 13時45分頃 筒塩侑子さんの母親がパートの仕事に向かう。
  • 13時55分 筒塩侑子さんの母親が職場に到着し、タイムカードを押す。
  • 14時前 宅配業者が筒塩侑子さん宅の玄関にメール便を届けている。(ドアは開いていた
  • 14時00分頃 訪問販売員が、筒塩侑子さん宅の玄関のドアを開け、中に声をかけている。
  • 14時40分頃 筒塩侑子さんが通う小学校の「帰りの会」が終わる。
  • 14時47分頃 筒塩侑子さんの目撃情報アリ(自宅まで700m)
  • 14時50~55分頃 筒塩侑子さんが美容室の前を通過(自宅まで500m)
  • 15時5分頃 筒塩侑子さんの目撃情報アリ(自宅まで200m)
  • 15時10分 – 20分頃  筒塩侑子さんが帰宅したであろう時刻
  • 15時35分頃 筒塩侑子さんの姉が帰宅し、筒塩侑子さんの遺体を発見。母親に電話をする。
  • 15時47分頃 筒塩侑子さんの母親が119番通報をする。
  • 15時53分頃 救急隊が筒塩侑子さん宅に到着。病院へ搬送され、死亡が確認された。

 

【2】犯行が行われたのはわずか30分の間

引用: Pixabay

最後に筒塩侑子さんが目撃されたのが15時5分頃。

そして被害に遭った筒塩侑子さんが発見されたのが15時35分頃。犯人はこのわずか30分の間に、筒塩侑子さんの自宅で凶行に及んだことになります。

 

【3】犯行現場は自宅1階の洋間

引用: Pixabay

犯行が行われたのは自宅1階の洋間。洋間に置いてあるテーブルの脇に、うつぶせの状態で倒れている筒塩侑子さんが発見されました。

検死の結果死因は窒息死もしくは失血死。体には複数の刺し傷があり、ひとつは内臓まで到達していました。

またまぶたの裏に「溢血点(いっけつてん)」と呼ばれる窒息死の時に表れる症状が見つかったものの、首を絞めた跡や鼻口を塞いだ跡は見当たらず、どのように窒息に至らしめたのかは不明という判断がなされました。

 

【4】事件発覚時の状況

引用: Pixabay

事件当日、宅配業者の証言によると玄関は開いており、14時前の時点で家には誰もいなかったことが分かっています。

血痕が発見されたのは死体発見現場となった洋間と、その隣にある居間のみ。筒塩侑子さんの遺体に残された刺し傷はすべて正面からのものでしたが、抵抗した痕はどこにも残っていなかったそうです。

また、筒塩侑子さんの遺体の下には、当日届けられたメール便があり、筒塩侑子さんは帰宅してメール便を持って室内に入ったと考えられています。

さらに後の捜査で、筒塩侑子さんは毎日帰宅すると、部屋が暑いと言って1階の窓を開けるのが日常だったそうですが、犯行時家のすべての窓が締まっており、施錠されていました。

 

【5】疑われた親族

引用: Pixabay

事件発見後の捜査段階では、筒塩侑子さんの姉や母親が疑われたこともあります。

理由は遺体に抵抗した痕が見られなかったことと、刺し傷が正面からの物であったこと。さらに玄関の鍵が開いていたことも疑われた理由のようです。

事件当時、岡山県津山市の筒塩侑子さんが住んでいた地域では空き巣が多発しており、回覧板などで戸締りをするよう住民に呼びかけられていたとか。そんな時期に、窓は全部施錠してあるのに、玄関の鍵が開いていたことが不自然であるという主張があったそうです。

この遺体の状況から、犯人は筒塩侑子さんの顔見知り、特に警戒心を持たない家族なのでは? といった無責任な憶測も流れ、玄関だけが施錠されていなかったという不自然さがそれに輪をかけたのかもしれません。

かわいい娘(妹)を殺された上に、犯人ではないかとの疑いまで持たれてしまった母親とお姉さんに対しては、強い同情の念しかありません。特に筒塩侑子さんの母親は、玄関を施錠せずに出かけた張本人です。

今でも悔やんでも悔やみきれない思いがあると推察されます。

 

【6】捜査段階で浮かび上がった犯人像

引用: Pixabay

犯行後、地元岡山県津山市の筒塩さん宅周辺では、警察関係者が「肩からポシェットを下げた若い男」の似顔絵を持ち、目撃情報を調べているとの情報が流れました。

さらに近隣住民からは「ぼさぼさの髪の毛の若い不審な男」の目撃情報もあり、事件解決に時間はかからないかと思われました。しかし、それ以上の有力な情報はなく、事件は長期化することになります。

 

筒塩侑子さんの両親の現在

引用: Pixabay

かわいい娘を無残にも殺され、14年間まったく捜査が進展しなかったという、非常に辛い経験をした筒塩侑子さんのご両親は、現在どんな心境なのでしょうか?

 

【1】大病を患った父

引用: Pixabay

2018年、勝田州彦が逮捕されたとき、筒塩侑子さんの母親は担当弁護士を通じて手記を発表しています。その手記の中で、筒塩侑子さんの父親は大病の経験があることが分かりました。

侑は主人が突然病に倒れ、長期入院を余儀なくされ、これから先どうやって生きていけばいいのかという不安の中、生まれてきました。(中略)

侑は、体の不自由な主人や、忙しい私を心配してか、小さい時からわがままを言わず、家のお手伝いをよくしてくれる、とても心優しい子に育ってくれました。

朝日新聞デジタル(2018年6月5日付)

 

【2】事件の真相解明を望む

引用: Pixabay

勝田州彦逮捕時に寄せた手記の最後に、取材の自粛を申し出ているように、以降母親を始め家族に目立った言動はありません。

ただし、勝田州彦の裁判が始まった時に筒塩侑子さんお母親は「事件の真相解明を求めます」というコメントをされており、今もまだ大きな喪失感とショックの中で家族が寄り添って生きていることが伺えます。

 

勝田州彦の現在は?

引用: Pixabay

別件での収監中に犯行を自供し再逮捕された勝田州彦。現在は係争中ということになります。

居場所に関しては、そもそも勝田州彦は岡山刑務所に収監されており、岡山女児殺害事件も岡山県警の管轄ですから、岡山県警の留置場に移されているか、もしくは岡山刑務所にとどまっているかのどちらかということになるでしょう。

 

【1】取り調べに自供した勝田州彦

引用: Pixabay

そもそも筒塩侑子さん殺害事件の容疑者として、勝田州彦が逮捕されたのは自供をしたからです。

もちろん容疑者としてリストに上がり、その勝田州彦について警察が捜査、取り調べを行ったのがきっかけではありますが、最終的には自供が大きなポイントになりました。

 

【2】勝田州彦の自供内容

引用: Pixabay

取り調べに対する勝田州彦の供述からポイントになりそうな項目をまとめてみましょう。

  • 鳥取砂丘に向かう途中に岡山県津山市にたまたま立ち寄った。
  • 下校する筒塩侑子さんをみてかわいいと思い犯行を思いついた。
  • 筒塩侑子さんの苦しむ顔が見たくて首を絞めた。
  • 刺してはいない。

当初はこのように殺意は否定しつつ、絞殺したことを認める反面、刃物を使って刺したことは否定していた勝田州彦。しかしのちの取り調べで刺したことも認め、刃物は海に捨てたと供述しています。

 

【3】勝田州彦の母親のコメントに非難が集中

引用: Pixabay

2018年、勝田州彦が筒塩侑子さん殺害に関して自供をしたとき、メディアは勝田州彦の実家に殺到。両親からのコメント取りを行いました。

その時のやり取りが、あまりにも被害者である筒塩侑子さんやその親族に対して配慮がないと非難を集めました。

記者の「勝田州彦が供述を始めている」という問いに母親は「え? 聞いていません」とコメント。さらに「警察から連絡は来たか?」という質問には、「来ていません。そんなん言ってもらっても分かりませんから」、「私、もうドキドキしてしまって…そんなこと言われて…」とコメントを残しています。

確かに警察から連絡が来ていなければ驚くのも無理はないですが、母親も父親も、仮にも警察官及び警察関係者です。息子である勝田州彦が自供している以上、それなりに被害者である筒塩侑子さんやその母親、そして親族に慮った発言があって然るべきでしょう。

この発言を見ても、「両親が厳しかった」という勝田州彦の言葉に信ぴょう性はなく、少なくとも母親は息子がかわいいと甘やかしていた親と思われます。

 

【4】法廷の場で突如犯行を全面否定

引用: Pixabay

勝田州彦の供述をもとに、警察が捜索したものの凶器の刃物は見つからず、裁判を迎えました。この裁判で勝田州彦は驚きの発言をします。

私は筒塩侑子さんを殺害していません

勝田州彦によると、筒塩侑子さん殺害の件が有罪になった場合、死刑は免れないと弁護士から聞かされ動揺し、「素直に自白すれば情状酌量で死刑を免れるかもしれない」と考え自白をしたとのこと。

しかし、実際は無実であると突如法廷で自供を翻し、全面否定の姿勢をとっています。

 

【5】勝田州彦が犯人だった場合の矛盾点①

引用: Pixabay

本人の性癖や、犯行の手口などから考えると、勝田州彦が犯人である可能性は非常に高いといえます。

しかし、同時に勝田州彦が犯人だとすると矛盾が生じるポイントもあり、そんなポイントを考えてみたいと思います。

まず不思議なのは「窒息させている」こと。勝田州彦は異常性癖の持ち主ですが、それは「少女が血を流しているのを見ると興奮する」というもの。だとすれば窒息させる必要はありません。

 

【6】過去の犯行では首を絞める行為は見当たらず

引用: Pixabay

過去の勝田州彦の犯罪を見ても、首を絞めるなどの行為は見当たらず、むしろ執拗に腹部を刺し続けるなど、流血に対して非常に強い衝動があったことは間違いありません。

なぜ筒塩侑子さんに限って窒息という方法をとったのかが不明です。

 

【7】勝田州彦が犯人だった場合の矛盾点②

引用: Pixabay

勝田州彦の証言から推測するに、犯行は突発的なものであり、用意周到に準備された計画的犯行ではないということになります。

そう考えると、突発的な犯行で、物証を全く残さずに犯行が行えるでしょうか?警察側や検察側から勝田州彦のDNAや指紋が検出されたような報告はありません。もし検出されていれば、14年もかからずに犯人に辿り着いているはずです。

 

【8】そもそも家が無人だと知っているはずがない

引用: Pixabay

また、犯行が突発的であれば、筒塩侑子さんの自宅が事件当時無人であったことも知らないわけです。小学生の帰宅時ということを考えれば、自宅に誰かいると考えるのが自然

また勝田州彦は自分の存在をアピールしたい「快楽殺人者」ではありません。自身の性的嗜好から女児を襲っていたわけで、できれば誰にも見られず犯行を行いたいと考えているはずです。

そして犯行後逃げているわけですから、やはり犯行は誰にも見られたくなかったはず。しかしこの事件に関しては、誰かがいる確率が非常に高い筒塩侑子さんの自宅で犯行に及ぶというのは不自然に感じます。

 

【9】勝田州彦が犯人だった場合の矛盾点③

引用: Pixabay

亡くなった筒塩侑子さんのご遺体には、抵抗した跡が見られません。

打撲やひっかき傷も見当たらず、刺し傷は体の正面からのものでした。勝田州彦が犯人だとすると、なぜ筒塩侑子さんは一切抵抗をしなかったのか?これも疑問が残るポイントです。

 

【岡山女児殺害事件】と勝田州彦のまとめ

引用: Pixabay

この事件に関しては、いまだに分からないことが多すぎると言わざるを得ません。

もちろん勝田州彦には真っ黒に近い印象を持ちますが、それでもこれまでの証言からすると不自然な部分が多いのも事実です。

  • 犯行に使った凶器はどこに捨てたのか?
  • なぜ筒塩侑子さんを狙ったのか?
  • 筒塩侑子さんと面識はあったのか?
  • 犯行当時、自宅に人がいないことを知っていたのか?
  • どのようにして筒塩侑子さんを窒息させたのか?
  • 性的欲求を満たすための犯行だとすると、なぜ犯行現場で欲求を満たさなかったのか?
  • なぜ自供を覆したのか?
  • 筒塩侑子さんに抵抗した跡がなかったのはなぜなのか?

ちょっと考えただけでこれだけの不明点があります。これらの他にも多数ある不明点に、明確な答えが出ることが最重要と言っていいでしょう。

この事件の裁判は、2019年7月現在今だに係争中ということで、今後も裁判の推移を見守っていきたいと思います。そして我々見ている人間の思いは、筒塩侑子さんの母親が残したコメント同様、「事件の真相を解明してもらいたい」この一点です。

本当に恐ろしいのは、勝田州彦が犯人ではなかった場合。この場合、筒塩侑子さんを惨殺した殺人鬼が、今ものうのうとどこかで生活をしている可能性が出てきます。そしてさらなる犠牲者が出てしまう可能性もあるということになります。

二度とこのような惨劇が起こらないよう、警察及び検察関係者には徹底した捜査をし、誰もが納得いくような証拠、証言を揃え、岡山女児殺人事件の全貌を明らかにしていただきたいと思います。

人気の記事