芸能人の意外な副業30選!あの女優や俳優も稼ぐサイドビジネスとは?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

芸能人の意外な副業を紹介!

引用: Pixabay

ひたすら長期間の不況から抜け出せていない日本ですが、懐具合が寒くてもサラリーマンは色々と制約があって、そんなに副業に精を出すことが出来ません。

副業はサイドビジネスともいい、本業の傍らでやる仕事のことを言います。

その副業で色んなことをしている人が多いのは、芸能人の皆さんです。自由業かつ自営業ともいえる芸能人は、安泰できる金額を稼ごうと一生懸命に努力している人が多いのです。

今回はそんな、有名芸能人たちの意外な副業を紹介していきます。あの芸能人は、一体どんなサイドビジネスで稼いでいるのでしょうか。

 

副業する芸能人が増えているワケは?


引用: Pixabay

芸能人で副業をする人が多いのは、税対策のためもあります。

例えば会社を自分で作ってしまえば、企業税となるので税金が安くなりますし、人気がなくなれば一気に終わってしまう芸能人という職業のため、将来の安定のために副業を始めてみる、という方も多いでしょう。

名前が売れれば他のことでもやりやすくなりますので、子供の頃からの夢だった、ということを始める人もいます。

 

副業する芸能人のタイプとは?


引用: Pixabay

一言で芸能人とはいっても、お笑い芸人からモデル・女優・俳優など、様々な職業があります。芸能人はタイプ別にサイドビジネスのタイプもある程度は決められます。

例えばモデルであれば、自分で服をプロデュースしたり香水を開発したり化粧品会社を作ってみたりなどですが、男性芸能人であればオンラインサロンやブログ、飲食店などの経営が多いです。

では、どんな有名芸能人がどんなタイプの副業をしているのか、次で順番に紹介していきましょう。

 

芸能人の副業5選【経営編】

引用: Pixabay

芸能人、特に俳優やお笑い芸人などは、飲食店を経営することが多くなっています。そのほか、ジムや不動産など自分が得意とする分野です。

更には企業を経営している人もいますので、紹介していきましょう。

 

【芸能人の副業・経営編1】山田孝之

Array

 

この投稿をInstagramで見る

 

山田孝之 むーんぽた(@moonpota_21)がシェアした投稿

映画「ウシジマくん」やドラマ「世界の中心で愛を叫ぶ」、他にも数々の映画・ドラマ・CMで活躍し、芸能界きっての演技派として有名な俳優・山田孝之さんは経営者というもう一つの顔を持っています。

2017年に「ミーアンドスターズ」という会社を共同で設立し、取締役に就任しています。業務内容は、「影響力を持つインフルエンサーが世の中に流通していないプレミアムなものや体験をライブ動画を通じて届ける」です。

まだ新しい会社でもあり、本人の口からその副業でいくら稼げているのかなどの情報は出ていませんが、コンセプトも面白く注目を集めているそうですので、収入も期待できそうです。

 

【芸能人の副業・経営編2】伊勢谷友介

 

この投稿をInstagramで見る

 

伊勢谷友介(@iseya_yusuke)がシェアした投稿

俳優の伊勢谷友介さんは映画監督としても成功をおさめていますが、彼は副業で「リバース・プロジェクト」という会社のCEOをしています。

この会社のコンセプトは「人類が地球に生き残るためにはどうするか」であり、人間の衣食住に関わる3つのプロジェクトを進行しているそうです。例えば廃棄予定のデニムなどをデザインしなおして市場によみがえらせる、などがあります。

これによる収入はわかりませんが、2009年に株式会社として正式に始動しておりもう10年も経ちますので、存続しているということはそれなりに年商もあるのでしょう。

 

【芸能人の副業・経営編3】柴咲コウ

Array

 

この投稿をInstagramで見る

 

柴咲コウ (@ko_shibasaki)がシェアした投稿

女優・歌手として活動をされる柴咲コウさんも、会社のCEOという副業を持っています。会社は「レトロワグラース」という名前のベンチャー企業で、何と資本金1.7億円だったそうです。

衣食住全ての観点から、人々の暮らしに寄り添える真に良いものを世の中へ発信すること、というコンセプトであり、環境・健康・美容に配慮した商品開発をしています。

この副業による柴咲コウさんの年収などは、判明していません。

 

【芸能人の副業・経営編4】たむらけんじ

 

この投稿をInstagramで見る

 

たむらけんじ(@tamuradojou)がシェアした投稿

芸能人としてやっている副業が日本一有名だともいわれているのが、お笑い芸人のたむらけんじさんです。

2006年に義母が経営していた焼き肉屋を引き継いで、それからは経営がうまくいって炭火焼たむらのチェーン店が5店舗、カレーパンの専門店、そして車販売などもやっています。

最盛期の年商は6億円ともいわれていて、焼肉の食中毒が起きた2011年には一時経営もピンチに陥ったようですが、色んな事業を展開することで乗り切り、現在は安定した売り上げがあるそうです。

 

【芸能人の副業・経営編5】ヒロミ

 

この投稿をInstagramで見る

 

yasuyuki ishii(@ysyk_barmyarmy)がシェアした投稿

松本伊代さんの夫でしばらくは専業主婦をしていたヒロミさんも芸能人としてカムバックし、現在は数々の番組に引っ張りだことなっていますが、彼はジムの経営という副業がありました。

再ブレイクするまでは「スタジオ51.5」を経営し、大成功をおさめていました。ピーク時の年商は3億円といわれ、カーヴィーダンスで有名になった樫木裕美さんもジムのトレーナーだったそうです。

現在、一部のジムを閉鎖していますが、芸能人としてのカムバックがあったからでしょう。

 

芸能人の副業5選【株式投資編】

引用: Pixabay

サラリーマンの中でも多い副業といえば、株式投資でしょう。起業するほど手間もかからず、手持ちの資金で自分の勉強でうまくやることも出来るため、人気のサイドビジネスとなっています。

では、芸能人で株式投資での副業が有名な人は、誰がいるでしょうか。

 

【芸能人の副業・株式投資編1】天野ひろゆき

 

この投稿をInstagramで見る

 

RIKO(@riko405riko)がシェアした投稿

天野ひろゆきさんはお笑いコンビ「きゃい~ん」の一人ですが、芸能活動以外の副業で儲けている芸能人で意外なのは?というアンケートで1位に輝いたことがある人です。

お笑いと料理が得意なのは有名ですが、実は天野さんは資産運用の能力もあるそうです。内容としては、主に株式投資と不動産投資です。

初めてマンションを買ったのは26歳の時で、現在は3部屋を所有していて10億円を超える資産を保有している、と言われています。

仕事中も携帯で株の売買を行うなど、株式投資は彼にとって日常の一部となっているのでしょう。

 

【芸能人の副業・株式投資編2】井村俊哉

 

この投稿をInstagramで見る

 

enen28(@enen_2828)がシェアした投稿

お笑い芸人の井村俊哉さんも、株式投資では既に副業というよりプロである芸能人です。何と100万円の資金を5年で8000万円まで増やしたそうです。

お笑い芸人になる時に下積み時代は食えないしアルバイトも中々出来ないから株式をしろ、と書いてあるのを読んで鵜呑みしたのが株式投資の始まりだったそうで、現在は何千万の資金を運用しています。

ちなみに芸人としての月収は2万円だそうですが、現在も芸人はやめておらず活動を頑張っています。

 

【芸能人の副業・株式投資編3】杉原杏璃

 

この投稿をInstagramで見る

 

ANRI SUGIHARA(@anri.sugihara.anri)がシェアした投稿

杉原杏璃さんはグラビアモデルが本業、株式投資が副業という芸能人です。杉原さんの投資歴は10年以上で、東京で家を即金で買えるほどの稼ぎがあるそうです。

杉原さんは儲けようと思ってサイドビジネスを始めたわけではなく、仕事で関係者と食事にいくと株式投資や政治の話ばかりであり、その時に「わからないよね」と言われたのがきっかけだったそうです。

話がわかるようになりたい、と思ったものもあるし、悔しかったのでしょう。コンスタントに稼いでおり、2014年には儲けで住宅を購入して母親にプレゼントされています。

 

【芸能人の副業・株式投資編4】ボビー・オロゴン

 

この投稿をInstagramで見る

 

木下 隆行(@tko.kinoshita)がシェアした投稿

ナイジェリア出身の外国人タレントとして人気があるボビー・オロゴンさんも株式投資の副業をされています。

株式投資とFXをやっていて、2012年からのアベノミクスではかなり稼いだと言っています。具体的な金額は公開していませんが、自宅の他に別荘も3軒もっています。

彼は父が貿易会社を経営しているため、子供の頃から世界経済や投資の知識について勉強していました。

 

【芸能人の副業・株式投資編5】中田英寿

 

この投稿をInstagramで見る

 

超ワールドサッカー(@ultrasoccerjp)がシェアした投稿

日本サッカーの星だった中田英寿さんも、厳密には芸能人ではありませんが、副業として株式投資で稼いでいる1人です。

サッカー選手は29歳で引退し、その後は株式投資と日本酒専門のバーなどの経営で稼いでいます。株式では年間800万円ほどの配当金収入があるそうです。

サッカー選手としての年俸は2億5000万円だったそうですが、CMや企業広告などもいれると同じくらいの年収になっているのではないか、と推測できます。

 

芸能人の副業5選【ブログ編】

引用: girlydrop

現在はママタレもかなり数が増えていますが、多くのママタレやモデルたち芸能人は個人のブログを開設し、その広告収入で稼いでいます。

では、ブログを副業としている芸能人を紹介していきましょう。

 

【芸能人の副業・ブログ編1】矢口真里

 

この投稿をInstagramで見る

 

矢口真里 Mari Yaguchi(@mariyaguchi_official)がシェアした投稿

矢口真里さんは以前からテレビ出演だけではなく、アメーバブログにて稼いでいました。

家にいるだけでも毎月平均27万円の広告収入があったそうで、芸能活動を休止した後もブログ収入で何もせずとも稼げていたそうです。

 

【芸能人の副業・ブログ編2】辻希美

 

この投稿をInstagramで見る

 

辻希美tsujinozomi_official(@tsujinozomi_official)がシェアした投稿

ママタレとして最も成功していると思われるのが、元モーニング娘。の辻希美さんです。

子供4人との日常をアメーバブログにアップし、人気は急上昇、広告収入は月約500万だといっていますので、年収にして5000万円以上は稼いでいることになります。

炎上することも多いですが、その度にブログのPVは上がりますので、サイドビジネスの稼ぎは大きくなっていくのでしょう。

 

【芸能人の副業・ブログ編3】市川海老蔵

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ebizo Ichikawa 十一代目 市川海老蔵(@ebizoichikawa.ebizoichikawa)がシェアした投稿

歌舞伎役者の市川海老蔵さんも、アメーバブログで副業として稼ぐ芸能人の1人です。

彼は「梨園のパパラッチという異名を持っていますが、サイドビジネスとしてのブログの広告収入で、月に数百万以上を稼いでいると言われています。

 

【芸能人の副業・ブログ編4】渡部建

 

この投稿をInstagramで見る

 

アンジャッシュ 渡部 建(@watabeken)がシェアした投稿

渡部建さんはお笑いコンビ「アンジャッシュ」の1人ですが、彼は有料会員ブログを運営しており、情報発信だけでなくファンにとっての充実したサービスを展開しています。

月額料金は1000円以上と高いのですが、一般人が入れないような店を渡部さんが貸し切ってオフ会をしたり、1人ずつにお店の紹介やおすすめの商品を教えたりなど、サービスが魅力ということで入会希望が多いのだそうです。

具体的にこの副業でいくら稼いでいるのかは、わかりませんでした。

 

【芸能人の副業・ブログ編5】住谷杏奈

 

この投稿をInstagramで見る

 

住谷杏奈/ANNA SUMITANI(@annasumitani)がシェアした投稿

住谷杏奈さんはお笑い芸人レイザーラモンHGの妻、そしてタレントです。

彼女もブログが副業の芸能人であり、ブログをサイドビジネスにして多い時には月収1800万円だったと語っています。

広告収入で、ブログを1記事アップすれば100万円が手にはいったそうです。

 

芸能人の副業5選【ファッション編】

引用: girlydrop

女性芸能人やモデルなどが副業として選ぶのは、やはり女性ならではのファッション部門であることが多いです。

子供が出来たので子供が着る服が気になって、という芸能人も多く、アパレル展開をサイドビジネスとしている人はたくさんいます。

 

【芸能人の副業・ファッション編1】神田うの

 

この投稿をInstagramで見る

 

Uno Kanda(@unokandaofficial)がシェアした投稿

タレントの神田うのさんは子供服などをデザインし、プロデュースしています。他にもパンストやウェディングドレス事業もしており、年商では100億円レベルだそうです。

もはやそれが副業とは思えないほどに成功しているそうですが、夫も企業経営者ですので世帯年収は億を超えているでしょう。

 

【芸能人の副業・ファッション編2】木下優樹菜

 

この投稿をInstagramで見る

 

yuuukiiinaaa(@yuuukiiinaaa)がシェアした投稿

お笑い芸人の夫を持ち、ヤンキーおバカキャラを売り出して人気となったタレント、木下優樹菜さんもファッションブランドをプロデュースしています。

彼女は「シンプルな生き方」をキーワードにした「Maison de Reefur」をプロデュース、他にもインスタグラムで商品を紹介するなどのサイドビジネスもやっています。

稼ぎとしてはアパレルのプロデュースよりもインスタグラマーとしての方が大きいでしょう。サイドビジネスが本業を超えているいい例かもしれません。

 

【芸能人の副業・ファッション編3】辺見えみり

 

この投稿をInstagramで見る

 

Emiri Henmi(@emiri_hemmi)がシェアした投稿

女優で歌手の辺見えみりさんも、サイドビジネスとしてアパレル関係をしています。

ロサンゼルス出身のパリに住む29歳の女性がコンセプトの「Plage」というブランドを、プロデュースしているのです。稼ぎがどれくらいかは分かりませんが、ネットでは彼女の店はいつ行っても客がいない、などと言われています。

 

【芸能人の副業・ファッション編4】hitomi

あまり知られていませんが、シンガーソングライターのhitomiさんもファッションプロデュースをしてサイドビジネスとしています。

これによる年収は分かっていませんが、現在は歌手としての売り上げよりは多いかもしれません。

 

【芸能人の副業・ファッション編5】渡辺直美

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡辺直美(@watanabenaomi703)がシェアした投稿

お笑いタレント・物まね芸人・歌手、そしてインスタグラマーでもある渡辺直美さんも、色んな副業をしています。

「プニュズ」というブランドをプロデュースしており、フリーサイズから6Lまでサイズを展開していて、デザインも可愛いと非常に好評です。

インスタグラマーでもありますので、ただのピン芸人であったころに比べると年収は莫大になっていると予想されます。

 

芸能人も副業する時代!

引用: girlydrop

芸能人になるにあたって、下積み時代の生活費が厳しいからとサイドビジネスを始めたのは井村俊哉さんのみで、後は芸能人になってから色んな知り合いが出来、自分のやりたいことも明確になったため始めたら成功した、という人が多かったです。

今回は紹介出来ませんでしたが、中には本業であった整体を売り出そうとして、有名になるためにまずは芸人となったという「楽しんご」さんのような人もいます。

多くは飲食店やアパレルブランドのプロデュースをしていますが、芸能人は浮き沈みの激しい職業でもありますので、将来の安定のためにもサイドビジネスを始める人が多いのでしょう。

芸能人も副業をする時代です。皆さんも不況だからと嘆いてばかりいず、自らお金を稼げる方法を探していきましょう。

人気の記事