川崎市登戸の通り魔殺人事件!犯人岩崎隆一やカリタス学園の詳細は?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

川崎市登戸で通り魔殺人事件が発生!

引用: Pixabay

2019年5月28日の朝7時40分ごろ、神奈川県川崎市の登戸駅からおよそ400m離れたところで悲劇は起きました。

突然、刃物を2本両手に持った男が登校途中の児童たちを殺傷するという事件が起きたのです。

今回の記事では、この事件の犯人である岩崎隆一についての経歴や事件の概要、また被害にあった方・学校についてを詳しくまとめていいます。

 

川崎市登戸無差別殺傷事件の概要

引用: Pixabay

それではさっそく、川崎市登戸で発生した無差別殺傷事件の概要を見ていきましょう。

 

複数の人を刺していく岩崎隆一


引用: Pixabay

2019年の5月28日の朝、小学校へ行くためにスクールバスを待っていたカリタス学園の生徒たちや付き添いの教師・保護者が、両手に刺身包丁を持った男に次々と刺されていきました。

この男=犯人は、岩崎隆一という名前の男であることがわかっています。犯人である岩崎隆一の経歴や詳細については、後ほど詳しく述べていきます。

岩崎隆一は、登戸第一公園付近にあるコンビニエンスストア前で2人の大人を持っていた刺身包丁で刺しました。この時被害にあって亡くなったのが外務省でミャンマー語のスペシャリストとして活躍していた小山智史さん(39) になります。

小山智史さん(39)は、岩崎隆一によって背中を数回刺され亡くなったと見られています。

その後、岩崎隆一は登校しようとカリタス小学校専用のスクールバスを待っていた児童たちの元に駆け寄り、バスに乗ろうとしていた小学生たちを次々と刺していきました。

岩崎隆一は「ぶっ殺してやる」と言いながら子供達の元へ向かっていたと言います。子供達を狙う際、首を狙っていた岩崎隆一。

この時に被害に遭い、亡くなってしまった2人目がカリタス学園に通っていた小学校6年生の栗林華子さん(11) になります。

スクールバスの運転手に「何をやってるんだ!」と言われた岩崎隆一はその場から逃げようとしましたが、まもなく警察が到着しました。

 

岩崎隆一は犯行直後に自殺


引用: Pixabay

警察が到着するやいなや岩崎隆一は自らの首も包丁で刺し、血の池ができるほど大量の血を流し倒れてしまいました。自らの首や肩付近を切り刻んでいたようで、発見された時にはすでに心肺停止の状態になっていました。

自らの自殺のためにカリタス学園の生徒や保護者を巻き添えにした事件と見られています。一方で、カリタス学園を狙った、計画的な犯行という見方もあります。

ですが、加害者である岩崎隆一は亡くなってしまったため、真実は闇のままです。

 

亡くなった被害者の詳細

Array

引用: Pixabay

今回の川崎市登戸殺人事件において被害に遭って亡くなられた2名についてをまとめていきます。

1人目の被害者である栗林華子さんはカリタス学園小学校に通っていた小学6年生で、まだ11歳でした。

栗林華子さんは明るく、元気いっぱいな性格でした。

東京都多摩市に住んでおり、登戸からは15kmほど離れているため、登戸駅を使って電車通学をしていたと見られています。

栗林華子さんの両親は、「失ったものの大きさに悲しみが止まらない。添えられた献花の多さに、いかに娘がみなさんから愛されていたかを感じる。」といった旨のコメントを出されています。

2人目の被害者である小山智史さんは39歳と若いながら、外務省でエリートとして働いていた素晴らしい方でした。

ミャンマー語のスペシャリストとして様々な日本とミャンマーを繋ぐ仕事をされており、ミャンマーの最高顧問を務めるアウン=サン=スーチー氏が来日された際には、小山智史さんは通訳として活躍された輝かしい経歴を持っていました。

若く、未来がある2名を殺害したうえ、他にも重軽傷を負った被害者の方はたくさんいます。

 

カリタス学園とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

sugarさん(@sugar_7111)がシェアした投稿

今回の事件で被害に遭ったカリタス学園とは、一体どのような学校であるかを紹介していきます。

カリタス学園とは、幼稚園・小学校・中学校・高校から成るカトリック系の学園であり、神奈川県川崎市多摩区中野島に所在しています。2017年まではカリタス女子短期大学もありました。

カリタスとは「CARITS」=愛を表しており、名前の通り生徒のことを考えて生徒のための学校作りをしていたと、実際に通われている生徒の保護者が述べていました。

カリタス学園バス停は登戸第一公園という所の近くにあり、電車通学をしてくる子供達などのために、学校まで児童を送り迎えしていました。今回の川崎登戸事件では、ここで犯行が行われました。

カリタス学園のは事件当日の夜に記者会見を開いていました。

理事長である斎藤哲郎さんは今回の事件について、「何とも言えない蛮行によって、落ち度のない子供たちが被害に遭ったことは怒りのやり場もなく、痛恨の極み。」と述べていました。

また、好調である内藤貞子さんは、亡くなった栗林華子さんについて述べており、「毎朝、校門の前に立って『おはよう』と声を掛けると、『おはようございます』と返してくれる子供だった。」と述べており、「今日も元気のいいあいさつを聞けると思っていた。」と無念の思いを述べていました。

犯行現場にて児童たちの引率をしていた倭文覚(しとり・さとる)教頭は、児童を6名バスに乗せたところで、列の後ろの方で叫び声が聞こえたという事件当時の証言をしました。

また教頭の証言では、「岩崎隆一は犯行後包丁らしきものを持ちながら、無言で振り回しながら走っていく姿が見えた」ことがわかっています。

岩崎隆一はカリタス学園になんの恨みがあったのかわかっていません。

しかし、カリタス学園の登校時間・場所をわかったうえでの狙った犯行であり、殺害には新品の刺身包丁を使っていたということから、何かしらの思惑があり計画されたものであるとも考えられます。

 

カリタス学園の評判

カリタス学園に通う生徒や保護者の方からの評判は、

  • 「穏やかで心地の良い学校。」
  • 「人と人との交流を大切にした最高の学校。」
  • 「クラスで参加するイベントが多く、絆が生まれる。」
  • 「先生方が優しい。」
  • 「素直な生徒が多い。」

などといった良い評判が多く見受けられます。

 

カリタス学園の偏差値と実績は?

Array

カリタス学園中学高等学校の偏差値は52前後となっています。

2018年度のカリタス学園高等学校の主な進学実績は

  • 東北大学:1名
  • お茶の水女子大学:1名
  • 埼玉大学:1名
  • 東京外国語大学:1名
  • 東京学芸大学:1名
  • 慶應義塾大学:9名
  • 早稲田大学:5名
  • 上智大学:14名
  • 明治大学:8名
  • 青山学院大学:11名
  • 立教大学:9名
  • 中央大学:12名
  • 法政大学:5名

となっており、進学校として有名でした。

 

岩崎隆一の生い立ち・経歴

引用: Pixabay

ここからは岩崎隆一についてを詳しくまとめていきます。

 

岩崎隆一のプロフィール

引用: Pixabay

岩崎隆一は神奈川県川崎市麻生区に住んでおり、2019年5月現在の年齢が51歳の男性になります。

職業は現在まだ明らかになっていません。川崎市が行った記者会見では「岩崎隆一は長期間職に就かず、引きこもり状態であった。」と言っています。しかし、岩崎隆一本人は「食事も洗濯も自分でやっているのに、引きこもりとはなんだ。」と事件前実際に言っていたようです。

岩崎隆一は職に就いていなかったため、叔父と叔母からお小遣いをもらって暮らしていたという情報もありました。

岩崎隆一の最寄駅は「読売ランド前駅」というところで、ここから事件があったところまでは「読売ランド前駅」→「生田駅」→「向ヶ丘遊園駅」→「登戸駅」という順番になっています。

防犯カメラなどの映像から、岩崎隆一は「読売ランド駅」から「登戸駅」までは電車を利用して来たと見られています。

 

岩崎隆一の幼少期

引用: Pixabay

岩崎隆一は幼い頃に、今一緒に暮らしている80代の親族夫婦(叔父と叔母)によって引き取られたという証言がありました。

幼い頃に一緒に暮らしていた兄弟も、実の兄弟ではなく、いとこ関係にあった兄と姉のようです。

岩崎隆一の中学校時代と高校時代の同級生が岩崎隆一についてこう述べていました。

  • 大人しい印象
  • クラスでは目立たなかった
  • 卒業後の同窓会には出席していない
  • よく先生に叱られていた。中学を卒業してからはどうなったのか知らない。
  • 昔はキレやすい性格で、よく暴れていた。
  • 頻繁に暴れる問題児だった。
  • 同級生からは、常にからかわれるような存在であった。
  • 鉛筆で友達を刺したこともある。
  • 怒りやすい。
  • 夜中に出歩き何をしているかわからない。

このことから、岩崎隆一は中学生の時から何かしらの問題があったようにも思われます。

 

犯行当時の様子

引用: Pixabay

岩崎隆一は犯行当時、黒の半そでTシャツに黒のジーパンという上下黒の服装をしていました。そして、髪の毛は刈り上げておりました。

また、岩崎隆一が犯行に使った2本の刺身包丁の他に、岩崎隆一が所持していたバッグのようなものをの中には、刃が長めの柳葉包丁のような刃物も2本入っていたことは、警察が岩崎隆一の所持品を確認した時に判明しました。

 

親族の無責任さも話題

引用: Pixabay

「週刊ポスト」の記者によって、岩崎隆一と一緒に住む親族夫婦がインタビューされた時の話です。

親族夫婦は岩崎隆一や今回の事件について聞かれた際、

「(自宅には)いるような、いないような。」

「事件のことなんて何もわかりません」

「(岩崎隆一は)ほとんどいないよ。今はいない。」

といった返答をしていたようです。

岩崎隆一が子供の頃から50年ほど一緒に暮らしていたにも関わらずこの対応。親族でありながら無責任な対応が見受けられるため、岩崎隆一と親族夫婦はうまくいっていなかったのかもしれません。

また岩崎隆一が幼少期の時、一緒に暮らしていたいとこの兄と叔母と3人で理髪店に行った時の話です。

叔母は兄に関しては「きれいにしてあげて。」ということを理髪師に言っていましたが、岩崎隆一に関しては「丸刈りでいい。」と言うなど、幼い頃から家族間で差別もされていました。

 

世間の反応

引用: Pixabay

今回の川崎市登戸殺人事件に対する世間の反応とは、一体どのようなものなのでしょうか?

 

岩崎隆一は在日?!

事件が起きた後、「岩崎隆一は在日である」という書き込みが多く見られました。

容疑者の名前がはっきりとはしていない状況の時からこのような書き込みが多く見られたのです。Twitterには「犯人は在日らしい。」「川崎って在日多いから、犯人も在日かも…?」「在日朝鮮人による無差別殺傷である。」といった書き込みがありました。

なぜこういった書き込みが広まったかというと、あるブログサイトに書かれたものからでした。


実際、岩崎隆一が在日であるという証拠はどこにもないですし、そのサイトも「在日かも…?」という風にしか記載はしておらず、岩崎隆一が在日であるかどうかはわかっていません。

 

岩崎隆一は知的障害者だった?!

これも、Twitterなどでたびたび見受けられます。

実際、こういった悲惨かつ残虐な事件を起こしていますし、小学校や中学校・高校の時の岩崎隆一の不可解な行動から知的障害者であるといった話が広まっているようです。

ですが、こちらに関しても真偽はわかっていません。

 

岩崎隆一は「無敵の人」?!

またネット上で、岩崎隆一は「無敵の人」という話も広まっていました。


「無敵の人」とはインターネット上においてよく使われる言葉であり、お金も社会的信用もないために、犯罪を犯して逮捕されても失うものが何もない人のことを指す言葉になります。

2chの創設者であるひろゆきさんが自身のブログで使い始めたことをきっかけに、主にネット上で広まった言葉になります。

こちらに関しても、岩崎隆一が「無敵の人」であったのか真相は定かではありません。

 

死ぬなら1人で?

「どうして関係ない人を巻き込んで自殺するのか。」「死ぬなら勝手に1人でやってくれ。」といった意見が多く見られました。

確かに、なんの罪もない他人を巻き込んで自殺するのは非常に残虐なことです。事件に巻き込まれた方の気持ちやその家族の方たちの気持ちを考えると、こういう風に思うのももっともなことでしょう。

しかし一方で、『1人にさせない方向性に向かうべきだ』という意見も見られました。

「死ぬなら1人で。」と言い放して孤独に追いやったりするのではなく、こういった事件を起こす前に孤独から脱出させるべきだという意見になります。

岩崎隆一は残虐な事件を起こしました。ですがその背景には 、幼少期の頃からの疎外感や愛情不足など本来は補われるべきものが不足していたのです。

こういった人を今後出さないために、人を突き放すのはやめようという考えも世間の反応にはありました。

 

川崎市登戸通り魔殺人事件のまとめ

引用: Pixabay

ここまで川崎市登戸の通り魔殺人事件についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

全く関係のない他人を巻き込み、岩崎隆一自らも命を落とすと言う残虐な事件でした。犯人である岩崎隆一も亡くなったため、事件を起こした理由・真相は闇のままです。

岩崎隆一には幼少期の頃から、愛情を持って接してもらえなかったり差別をされたりとかわいそうな一面もありました。大人になってからも引きこもり状態にあり、家族という存在もないに等しいものでした。

現在の日本には『8050問題』というものがあります。これは、40〜64歳の推計61万人が「自宅に半年以上閉じこもっている」という中高年の引きこもり問題になります。親の高齢化によって、介護などを理由に中高年の引きこもりが始まってしまうのです。

こういった引きこもりの方や、親の愛情不足の子供達が今後このような事件を起こさないよう「孤独にさせない社会づくり」が必要でしょう。

『無関係な人が巻き込まれてしまう事件』であったり、最近多く見られる『子供達が巻き込まれてしまう事件』が少しでも減らせるように私たちができることとは一体なんなのでしょうか?他人事とは思わず、きちんと考えていくことが大切でしょう。

川崎市登戸通り魔殺人事件は、今後何か新しい気づきがあるかもしれません。今後の発展にも注目です。

人気の記事