ゆとり世代の特徴20選!仕事の言い訳&恋愛傾向総まとめ

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ゆとり世代とは?

引用: PAKUTASO

「これだからゆとりは・・・」という言葉も、よく耳にするようになる時代になりました。

ゆとり世代の人々が社会に出る年齢になったからともいわれます。しかし、ゆとり世代は良い印象を持つ人もいれば、上記の言葉通り悪い印象を持つ人もいるのです。

では、ゆとり世代とはどのような特徴の人たちのことを言うのでしょうか?そもそも、ゆとり世代とはどのような年齢の人たちが当てはまるのでしょうか。

ここからはゆとり世代の特徴から年代までをわかりやすく解説していきます。

 

ゆとり世代の概要まとめ

引用: PAKUTASO

ゆとり世代と呼ばれる人たちは、主に1987年から2004年の間で学校教育を受けてきた人たちが当てはまると言われます。

この年代の範囲は、学習指導要領で「ゆとり」を持つカリキュラムを推進したことから始まります。特に義務教育である小中学校の学習指導要領に記載され、個性や特徴を重視した教育が施された反面、教材が激減するなどして学習の知識の見解が乏しいともいわれています。

そのため、ゆとり世代と呼ばれる人を悪い印象で持っている人は、旧学習方法で学んできた世代から「知識や常識を学ばなかった」などという悪い印象を持たれているともいわれているのです。

反面、良いイメージとしては個性が尊重され、自由な教育を受けてきたことであり、個性的な行動や思考を持つ人が多いともいわれています。

 

ゆとり世代の特徴20選①【私生活編】

引用: PAKUTASO

ここからはゆとり世代がどのような特徴を持っているかを各分野に振り分けてご紹介していきたいと思います。

ゆとり世代がどのような私生活を送っているのか、私生活にどのような考え方を持っているのかなどを個性的な特徴を交えてご紹介していきます。

ゆとり世代の私生活はどのような特徴があるのでしょうか。

 

【1】 自分の時間を大切にする


引用: PAKUTASO

第一にゆとり世代の特徴として、自分の時間を大切にする傾向があります。

私生活において優先するべき時間の使い方にこだわるのがゆとり世代の特徴ともいえます。自分の休暇をどのように使うかと考えるとき、ゆとり世代の特徴は主に「自分の」時間を有意義に使う方法を考えます。

時に突発的に友人や先輩からお誘いがあったとしても、その日にやりたいことがあれば優先順位を変えずに断るということもあります。

 

【2】 こだわりを強く持つ


引用: PAKUTASO

私生活においてこだわりを持つ傾向があります。

こだわりはどの特徴でも当てはまりますが、私生活においては部屋のインテリアから食事するものまで自分のこだわりを持ち、生活をする人が多いです。

「自分はこうありたい」と、個性を尊重する傾向がある分、自分に対するこだわり方は個人差もありますがストイックな面も見受けられます。

 

【3】 趣味を多く持つ

Array

引用: PAKUTASO

ゆとり世代によくみられる私生活の過ごし方として、趣味を楽しむ人が多く見られます。

ゆとりをもった学習方法を学んだゆとり世代の人たちは、多趣味であったり、一つの趣味に没頭する人が多いです。
趣味を持つことは、ゆとりを持った時間を確立する傾向から生まれています。趣味を持つことで仕事以外の生活を楽しむことが良く見られるのです。

ゆとり世代が趣味を持つ理由はもう一つあります。それは自分自身に向上心を持たせることを好むことにあります。向上心を持つ自分が輝いて見えることから、自分磨きをするために趣味に没頭する人が多いのです。

最近ではボルダリングやマラソン、ヨガなど、スポーツで体を動かして美しいボディを手に入れたり、自宅のインターネット上で、SNSを駆使して活動を公表したりすることで輝く自分を手に入れるための努力を楽しみます。

こうした特徴をみると、自分に対しては没頭し、ストイックになることができるのです。

 

【4】 人と交流する場を自由に設ける

引用: PAKUTASO

また、人と交流する時間を設けやすいのもゆとり世代の特徴です。

最近ではイベントなどでSNSを通じて交流する人が増加しています。ゆとり世代の人たちは、SNSに精通している人も多く、手軽に人との交流を自由に設けることができるのです。

反面、人との交流の場を自分の気まぐれでキャンセルしてしまう人もいます。自分自身の自由度がある分、他人を巻き込んでトラブルになることもあります。

 

【5】意外と健康志向の人が多い

Array

引用: PAKUTASO

上記でご紹介したこだわりや趣味と少し似ている特徴がありますが、その中でも健康志向の人が多い特徴を持っています。

趣味でスポーツに励んだり、食育に目覚めたり、健康食を意識したり、自分を成長させることが、ゆとり世代の特徴です。

健康志向が多い理由は、事実を静観する特徴もあるといえます。自分の健康を重視することで、自分を労り向上心を持って生きることができ、自分を大切にしていくのです。

その分、他人には無関心な部分がありますが、健康面では他人に自分が健康になった知識や方法を伝授することは好意をもって活動することができます。

 

ゆとり世代の特徴20選②【仕事編】

引用: Pixabay

次に、【仕事編】。ゆとり世代の人たちの特徴は仕事面でも多く表れます。

特に職場環境では関わる人達の年齢層も幅広く、ゆとり世代の特徴がはっきりとわかる場所です。ゆとり世代以外の世代の人たちと交流する場では、ゆとり世代にかかわらずほかの世代の人たちの特徴が交わって、はっきりとわかってしまうのです。

さて、ゆとり世代にどのような特徴が見えてくるのでしょうか。ここから細かくご紹介していきます。

 

【1】 ルールは守る

引用: PAKUTASO

まず、ゆとり世代の特徴は、ルールを守る人が多いことが挙げられます。

一般的にゆとり世代はマイペースなイメージが強いですが、ルールや規則に関しては破ることをしない人が多いです。

ゆとり世代の人はトラブルや争いごとを好まない平和主義者が多いことが特徴で、巻き込まれないためにも、あらかじめ決められたルールは順守します。

仮に、ルール違反を犯してしまうと、トラブルに対処するための解消法がわからない人が多く、大事になってしまうこともあるのです。

仕事上では決められたルールに従うことが得意な反面、突発的なことには適応できない傾向があります。

 

【2】 打たれ弱い傾向

引用: PAKUTASO

もう一つ、ゆとり世代で最も言われている特徴が打たれ弱いことです。

上記で簡単にご紹介したトラブルの対処法が苦手な人が多く、すぐに会社を辞めてしまったり逃げだしてしまう人が多いです。

たとえ小さなトラブルでも、すぐに言い訳を考えて保身に走ったり、その場で仕事のミスを指摘されると謝らずに逃げ出したりと根性を見せない傾向があります。

「根性がない!」「言い訳ばかり!」と、ほかの世代に言われてしまうきっかけは仕事という環境が最も多いでしょう。その理由はこれらの特徴から生まれるものです。

しかし、言い訳ばかり話すということは、まさしくゆとり世代の特徴を描いているものとも言えます。それは自分という軸をブレさせないことにあります。

自分が思っていることが正しいことや、自分がやったことが正しいと感じるときに叱責を受けると、ゆとり世代は反論してしまいます。その姿を見て「言い訳ばかり」と判断する人もいますし、すぐに反論する姿に「もうちょっと我慢しようよ」と感じる人もいるでしょう。

根性がないといわれたり、言い訳ばかりしかしないというのは、自分の思いや考えを捨てずに向き合っているゆとり世代の「自分を捨てない特徴」にあります。

悪いイメージに見える特徴ですが、どうしてこうなってしまうのかと考えてみると、意外な答えが出てしまうのもゆとり世代の特徴なのです。

 

【3】 業務時間をしっかり守る

引用: Pixabay

本来、業務に従事しているなら当たり前な「定時退社」ですが、ほかの世代の人である年齢層が高い人たちは残業あっての就業時間と考える人が多いです。

そのことから、定時退社は「ありえない」と思う人も多いのですが、ゆとり世代は業務時間をきっちり管理して定時退社する人が多いです。

そのためほかの世代の人たちには「ありえない」と思われてしまいます。周りの意見を無視して定時退社する人が多く見られ、職場では悪い印象を持ってしまうきっかけになってしまうのです。

本来であればゆとり世代の特徴として喜ばしいことですが、反面ほかの世代の人たちの印象は決して良いとは言い切れません。

特に今のゆとり世代の人たちは社会に出てまだ若い世代の年齢です。別の世代の人との交流と言えば、上司に当たる年齢が年上の人との交流が多いでしょう。上司の世代では職種によってばらつきがありますが、残業することや長時間勤務は当たり前の時代でした。

このような経験から、自分が経験してきた時代と今の時代との向き合い方を、別の世代の人たちはゆとり世代と接しながら学んでいく人が多いようです。

 

【4】 休憩の在り方にこだわる

引用: PAKUTASO

こちらもゆとり世代の特徴として仕事先で言われているのが「休憩時間の取り方」です。

本来であれば休憩時間もしっかりととらなければなりません。休憩をとることは法律上決められていることです。

しかし、仕事内容によっては休憩をとれないことが多い職種もあります。ほかの職員が休憩時間を削ってでも仕事をこなしているのに、その中でもゆとり世代の人たちは成栗構わず休憩時間を設けてしまいます。

休憩をしっかりととることは良いことですが、仕事上ほかの職員の配慮に欠けた行動をしてしまうという意味で悪い印象を与えがちなのです。

 

【5】 合理的思考

引用: PAKUTASO

ゆとり世代の人たちは、上記でご紹介した通り仕事に対して消極的であったり根性が欠如していたり、トラブルには言い訳をするなど悪い印象ばかりのようですが、これらはすべて「合理的主義」から成り立っているとも言えます。

ゆとり世代の人たちは現実的に物事を考える特徴があります。そのため、その場で起きた出来事や目の前にある課題を現実的に見定め、判断する傾向があります。

簡単に退職を選択するのも「これ以上続けるのは難しいと思ったから。」トラブルに巻き込まれて言い訳をするのも「自分を守ることが良いと思ったから。」そういう思考になります。

この合理的思考は業務でも発揮されます。課題を現実的に判断して解決する決断能力は優れものでしょう。

その思考で「やめる」か「やめないか」までを現実的に判断する能力は自由性もあり、大いに仕事に力を発揮できます。

 

ゆとり世代の特徴20選③【恋愛編】

引用: Pixabay

最後にご紹介するのは【恋愛編】。ゆとり世代の恋愛とはどのような特徴があるのでしょうか。

同年代でも年齢差でも、ゆとり世代の恋愛の特徴は個性的であるといえます。

その中でも10選ご紹介していきます。

 

【1】 彼氏・彼女を作ろうとしても「基本は自分」

引用: Pixabay

まず、ゆとり世代の人が付き合いを始める前の過程を考えると、自分が第一主義の特徴を持っていることから、恋愛が生活基準の第一優先順位にはなりません。

特にゆとり世代の特徴は恋愛を将来的に重要なものと認識している人が少ないことです。もちろん、「彼氏・彼女が欲しい」というゆとり世代もおおいでしょう。

ですが、彼氏・彼女を作るまでの工程が非常に困難な道のりで、自分の時間を割いてまで恋愛をしようと意気込む人は多くないのが特徴です。

大体の傾向としては、自然に出会ってお付き合いをするというもの。そのため年齢を重ねるごとに敵年齢になったゆとり世代の人が将来に不安を抱き、焦って婚活をし始めるのですが、どうしても趣味や自分の時間を優先してしまいがちなのです。

 

【2】 一度興味を持った人にぞっこんする

引用: PAKUTASO

しかし、一度好きになってしまうと、ぞっこんしてしまうのがゆとり世代の特徴です。

ゆとり世代は自分中心主義の人が多いですが、一度はまってしまうものがあるとぞっこんしてしまう傾向があります。これは恋愛にとても当てはまります。

とても大好きな彼氏・彼女ができて、自分の時間を好きな人のためにささげたいと思うのがゆとり世代の特徴です。こうした恋愛の特徴として一つの特徴が覆されます。それは「現実主義」であること。

恋愛に限っては、盲目になってしまうこともあるのがゆとり世代の特徴です。

私生活編と仕事編では自分主義な特徴の多かったゆとり世代ですが、反対に恋愛に対しての特徴は好きな人も含めて大切にしたいと願う人が多く見られます。つまり、ゆとり世代は恋愛というものに非常に大きな価値を置いているということです。

もちろん、合理的主義であったりと考え方や価値観は変わりませんが、恋愛というジャンルに関しては特徴の違いも大きく生じていくのです。

 

【3】 デートは「割り勘派」が多い

引用: Pixabay

ゆとり世代の特徴として食事に行くときに割り勘を選択するカップルが多い傾向があります。

一般的にはデートの費用を男性が支払うことが良く聞かれる話です。ですが、ゆとり世代のカップルはデート代を割り勘で支払う特徴を持った人が多いのです。

これは今まで男性が多く稼いでいたというジンクスを払拭する特徴ともいえます。
近年では、女性も社会で大いに能力を発揮する時代になりました。そのため、女性も経済量力に裕福さがあり、男性と対等な立場でデートを楽しむという特徴ではないかと推測されます。

偏見を無視した特徴ともいえるべきゆとり世代の割り勘性は、今後の時代を担う大きな懸け橋となるでしょう。

 

【4】会う頻度が異様に多い

引用: Pixabay

昔は、お付き合いをすることも、デートを重ねることも自分の親に内緒で限られた回数を重ねて・・・というところでしょうか。

しかしゆとり世代は恋愛も自由で、「会いたいときに会う」というスタンスを持ち合わせている人が多いです。
その頻度も多く、月に〇回ではなく、週に〇回、多い時には一週間まるっと会っているなんてことも珍しくはありません。

ゆとり世代の恋愛は昔と比べるなら自由度も高く、昔はなかった連絡手段であるスマートフォンで簡単に連絡が取りあえます。そのため集合場所も、会う時間もすぐに打ち合わせができます。

便利さが効果を生んだのか、比例するように会う回数も多くなっていく。ゆとり世代の恋愛は自由でかつ、愛を育むきっかけも多いのが特徴です。

反面、会いすぎて冷めやすくなってしまうことも特徴として挙げられます。

そのことから恋愛に対する価値観も下がってしまい、一度付き合っても簡単に分かれてしまうなど、長続きせず、お付き合いをした経験人数も多いのがゆとり世代の恋愛の特徴ともいえるでしょう。

 

【5】「付き合う」と「結婚」の間に「同棲」が多い

引用: Pixabay

上記でご紹介した、付き合いに自由さがあるということは、「一緒に住む」ことも恋愛の自由につながるでしょう。

ゆとり世代の恋愛の特徴として昔と大きく違うことは、「同棲」する選択肢があるということなのです。
昔なら、結婚前の男女が同棲することは両親の反対もありかなわない夢だったでしょう。

しかし、ゆとり世代の恋愛の特徴としては「同棲」が付き合うことと結婚までの間に組み込まれているのです。では、なぜ同棲する選択があるのか。

それは理由が2つ挙げられます。1つは「結婚までの恋愛はどんな形を持っても自由である価値観が増えつつあること」もう一つは「結婚を失敗しないための現実的な判断から成るもの」であると考えられます。

まず1つ目は、恋愛に対する価値観が自由であることが大きな理由です。ゆとり世代の恋愛の形が自由であること、昔と比べて恋愛という形に縛りがなくなったことから同棲をするという価値観が生まれ特徴として表れ始めたと考えられます。

では2つ目。特にゆとり世代の特徴を大いに表しているともいえますが、現実的に物事を判断するゆとり世代は、結婚を失敗しないためにはどうするべきかと考えたとき、一度生活を共にして一緒に住めるかどうかの判断材料を得てからでも遅くないと考えるのです。

そのため、別の世代の人たちは「同棲する」ことにかなり高いハードルをもって考えます。同棲することは100パーセント結婚することだと思う人も少なくはないでしょう。

しかし、ゆとり世代の人たちはあくまで同棲を判断材料として見ているため、同棲が上手くいかない場合には同棲を解消するという選択も容易に決断できるのです。

恋愛の自由、そして現実的な判断からなる「同棲」という新たな文化は、彼氏・彼女の価値観を大きく変える判断材料にもなるのです。

 

【6】 何かと共有したがる

引用: PAKUTASO

ゆとり世代の特徴の中には、自身の恋愛を大切に思う人達が多くいます。それはゆとり世代の人たちが恋愛に対する価値観の評価を高く持っていることにつながるのです。

そのため、恋愛をしてお付き合いをして、彼氏・彼女として同じ時間を過ごしていくことは一日一秒大切に思う人が多いのです。そのことから、持っているものから一緒に過ごす時間など、共通しているものすべてを共有したいと思い様々な工夫を凝らす特徴があります。

根性を見せないことや言い訳ばかりで保身に走ってしまいそうで恋愛に情熱を注げないようなイメージを持っている方も多いでしょう。しかし、ゆとり世代の特徴は、自分に降りかかる特別なことや物に対しては熱を注ぐ特徴を持ち合わせている方が多いです。

特に恋愛観の特徴としてよく見られるのは「ペアルック」であったり「週に1日以上」は同じ時間を過ごすなど、共有することを望む傾向があります。

思い出を作るという形では、自分のことに夢中になり、自分の好きになった人に夢中になれる時間を過ごすことで自分に対するメリットも多く、ゆとり世代にとっては共有したいと願う特徴があるのです。

 

【7】意外と運命には惹かれやすい

引用: PAKUTASO

現実的な判断を持つゆとり世代ですが、唯一恋愛に関しては非現実的なものに惹かれる特徴を持っています。
その理由は、ゆとり世代の教育的活動の一環にあると考えられます。ゆとり世代時代の学習方法では個性を豊かにするための活動が多く育まれていきました。

そのため、恋愛に対しての道徳観は夢物語のようで現実に起こり得るものだという考え方を、ゆとり世代の人たちはもっています。

一見現実的な史観を持つ特徴ある世代ですが、恋愛に対しては自分の現実に通ずる「理想」を掲げる人が多いです。自分の描く理想に会った恋愛の形を深く望み、それは現実的に起こりうるものだと想像することで、いつか来るべくしてくる運命を見定めているのです。

以外にも恋愛に関しては非現実的のように見えますが、自分の理想からはみ出さないことを見据えた恋愛観であれば、たとえ運命を期待していたとしても現実的な史観であると判断せざるを得ません。

 

【8】別れても友達でいる人が多い

引用: PAKUTASO

ゆとり世代の特徴として、意外にも恋愛上分かれてしまった彼氏と彼女という関係が、友人関係となって以前の友人関係に戻ったり新しい友人関係を築くという特徴が多く見られます。

ゆとり世代の中にも分かれてしまったら彼氏・彼女という関係を解消して他人となる人も多いですが、意外にもゆとり世代の恋愛観というものはあっさり解消して友人となり、新しいスタートを切る人達が多いようです。

意外と恋愛にクールな人たちが多いのかと言えば、確かにそう判断できることもあります。簡単に分かれることができ、簡単に友人に戻ることができることを可能にしているため、恋愛に対して無責任ではないかと思う人もいるでしょう。

そのため、ゆとり世代の特徴として問題になっている特徴が、友人グループの中に元カレ・元カノと今カレ・今カノが入り混じっているという、なんとも居心地の悪いグループが完成してしまうのです。

もちろん、トラブルも多く今・元どうしが激突することもよくある話です。恋愛に対しては簡単に分かれたり付き合ったりとドライな付き合い方をしますが、ゆとり世代の特徴は恋愛を引きずる人が多いこともあります。

このように軽々しく付き合う・別れるを繰り返してしまうと、気づけばグループ内が泥沼化なんてこともあります。

まるでドラマを見ているような・・・。という人もいますが、実際に起きているゆとり世代の問題となり、現実的には起きてほしくない事件でしょう。

恋愛に対しては、行動後の現実的判断ができないことがゆとり世代の特徴と言えます。

 

【9】ポエムに惹かれる

引用: Pixabay

意外にも、恋愛を学ぶためにゆとり世代は文献を引用して恋愛を語ったり想ったりすることがあります。特に引用されているものがポエムです。

ポエムは書籍から引用している人もいますが、ほとんどの人は好きな歌手の歌を引用したり、有名な歌詞を聞き入ったりします。

恋愛に対しての理想は高く、上記でもご紹介した通り希望は大いにあります。ポエムを引用することによって恋愛に対する評価や熱望性が高くなっていくのです。

もちろん、理想を掲げるためだけにポエムを引用するだけではありません。付き合っている彼氏・彼女と別れてしまったときに悲しみを扶翼するように歌詞を引用します。聞き入ることによって現実から目を背け、自分を慰めるのです。

この特徴もまた、現実的思考を持ったゆとり世代の特徴とは離れているように見えます。ここまでご紹介した特徴を見てみると、ゆとり世代は恋愛の特徴はやや非現実的な思考を持つ人が多いのかもしれません。

 

【10】イベントや記念日を大切にする

引用: PAKUTASO

恋愛観の理想を秘めているゆとり世代の特徴は、恋愛に対しての各種イベントを大切にすることです。

イベントといっても想像をはるかに絶するほど細かい内容が、ゆとり世代の中の恋愛的な常識としてあります。

一見、恋愛のイベントと聞くと、「付き合って○○カ月記念日」や、「付き合った日の記念日」など、各種節目を想像する人が多いでしょう。

ですが、ゆとり世代の人たちは恋愛に対してのイベントを大切に想う人達が多く、「○○カ月記念日」ではなく「○○日記念日」であったり、「付き合った日の記念日」だけではなく「○○に初めて行った日記念日」など、一年で何日記念日があるのかと思うほど記念日が充実しています。

恋愛への価値観を高く持つゆとり世代の人たちは多いです。このことから、お付き合いを始める彼氏・彼女はイベントをしっかりと押さえておくため、スケジュールを抑えることを忘れません。

長く付き合っていくことによってこうした忙しさも軽減するカップルもいるようですが、付き合っていくことによってこうしたイベントが増えていくカップルもいます。

大変そうだとか、嫌気がさしそうと思う人もいると思いますが、自分を思いやるだけではなく、自分の想い人を大切に想う気持ちが行動に出るということは、とても素敵な特徴だと感じます。

 

ゆとり世代はマイペース?

引用: PAKUTASO

ここまでゆとり世代の様々な角度から見た特徴をご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。

私生活については、特にこだわりが強い特徴が多かったことがわかります。私生活はゆとり世代のこだわりを強く表現することができる環境であることから、同じように私生活を送っている人たちは見習うべき点は多いでしょう。

また、反対に自分を大切にしすぎて、他人との交流をもう少しするとよいかなとも感じます。そうしたきっかけは個々のコミュニケーション能力によって変わってくるとおもいますが、機会があることで、ゆとり世代のコミュニケーションを円滑にするための手立てになるでしょう。

仕事に関しても同様で、他人に介入しないことが大きな特徴として挙げられます。また、仕事環境の中で特にゆとり世代の人たちは、「根性がない」「ミスをしても失敗ばかり」と言われがちで、ゆとり世代のデメリットな部分が浮き彫りになってしまう環境なのです。

そうした問題を解決したいと思う別の世代の人たちもいます。ゆとり世代の人たちも好きで問題を起こしたいと思う人はいません。

時に人の意見を無視してしまうこともありますが、そういう世代の特徴だと理解することで接し方も変わってくると感じます。

反対に、恋愛に関しては価値観がまるで真逆とも言えるべき特徴が多いでしょう。どちらかというと、特徴というよりは時代に沿った彼氏・彼女の恋愛観を記しているとも言えます。

ほかの世代が理解しがたい恋愛に対する考え方がゆとり世代はあります。この特徴は自分の想い人を思いやる考え方だと感じ、ゆとり世代の彼氏・彼女は充実した恋愛を送っているのかなとも感じるのです。

これらを踏まえると、ゆとり世代の特徴を大まかに言うなら「マイペース」であると総括できます。

どの分野においても自分という主軸を捨てないで、生きる姿は、素晴らしいことだとも思う反面、現代社会においては人との付き合い方に妥協しなければならないこともあるため、自分を妥協する部分は求めたいとも感じるでしょう。

そんなゆとり世代の人たちも、時代に合わせて徐々に理解をされていくと感じます。このご時世自分たち以外の世代との付き合い方は当たり前の話です。

ゆとり世代との付き合い方に悩まれている方々は、ここでご紹介した特徴を理解した上で接してみると、受け入れることができます。ぜひ、参考にしてみてください。

人気の記事