キムボルム(韓国)の現在!パシュート置き去り事件で土下座したその後は?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

キムボルム(韓国)とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

KINGさん(@axel_k_foley)がシェアした投稿

みなさんは、韓国のスピードスケート選手である、キムボルムという選手をご存知でしょうか?

パシュート置き去り騒動を起こしてしまい、その後のマススタートの銀メダル取得後、氷上で土下座で謝罪する事態に発展しました。

2018年の2月、韓国開催の平昌オリンピックにてキムボルムは、パシュート置き去り騒動を起こしてしまい、韓国国内で非難を浴び、韓国代表資格の剥奪を求める嘆願署名が殺到する事態を引き起こしてしました。

今回の記事では、キムボルムの経歴、キムボルムが起こしたパシュート置き去り騒動、それに伴う韓国での反応、キムボルムの対応、現在のキムボルム、入院状況についてもまとめていきます。

2018年の2月、平昌オリンピックにてパシュート置き去り騒動が話題にキムボルム選手ですが、早速、経歴をまとめていきます。主な経歴は下記の通りになります。

  • 氏名:キムボルム
  • 生年月日:1993年2月6日
  • 年齢:26歳(2019年6月22日現在)
  • 国籍:韓国
  • 出身地:大邱
  • 仕事:スピードスケート選手

キムボルム選手は、韓国で絶大な人気があった選手で、韓国では、「スポードスケート界の妖精」「アイドル顔負けの美貌」「氷上の女神」などと認知されておりました。

美貌からインスタグラム が人気で非常にフォロワーも多く、韓国国内で期待のホープでした。

 

キムボルム選手の輝かしい経歴


引用: Pixabay

キムボルムは、元々はショートトラックの選手でしたが、スピードスケートへ転向すると、才能は開花されました。

アジア冬季競技大会、世界距離別選手権、オリンピックでも数々の成績を獲得しております。

<アジア冬季競技大会>

大会種目メダルの種類
2017札幌5000m
2011 アスタナ/アルマイト3000m
2017札幌チームパシュート
2017札幌マススタート

 

<世界距離別選手権>

大会種目メダルの種類
2013ソチマススタート
2016 コロムナマススタート
2017江陵マススタート

 

<オリンピック>

大会種目メダルの種類
2018 平昌マススタート

 

ただ、キムボルムの輝かしい経歴も平昌オリンピックにてパシュート置き去り騒動を起こしてしまい、人生は暗転してしまいます。

パシュート置き去り騒動を機に不安障害になってしまい、現在は、入院中の噂があります。

 

キムボルム(韓国)がパシュートで炎上した理由とは?

引用: Pixabay

キムボルム選手がパシュート置き去り騒動を説明していきます。その前に、パシュートの説明をしておきます。パシュートはご存知でしょうか?

韓国開催の平昌オリンピックの団体パシュート部門で、日本勢(高木美帆選手、佐藤綾乃選手、高木菜那選手、菊池彩花選手)が金メダルを獲得したことが、日本でも大きく取り上げられ話題になりました。

 

パシュートとは


パシュートとは、スピードスケートの団体競技のことで、2チームで対戦します。

マラソンのように、3チームが横一線でスタートするのではなく、それぞれのチームがコースの反対側に位置どりスタートします。男子は400mを8週、女子は400mを6週と定められております。

1チーム3名編成で、3人目の選手がゴールラインにた達した時点がゴールされております。

そのため、チームでの協力が不可欠で、各選手が体力をキープしたまま、最終コーナーにいかに突入できるかが、キーポイントになります。

縦一線に並び、先頭を入れ替えながら滑走していきます。その方が、風を避けることでき、体力温存になるからです。

ただし、最低でもチーム全員が1周は先頭で滑走しなければならないというルールがあります。そのため、チームメンバーの体力を消耗を抑えながら、スピードを維持できるかなど、戦略的な要素、チームとしての駆け引きがあります。

このようにパシュートとは、チームスポーツであると言えます。最後横一線でゴールすることが一般的です。

 

キムボルム選手が引き起こしたパシュート置き去り騒動

Array

引用: Pixabay

では、一体キムボルム選手が引き起こしたパシュート置き去り騒動はどのようなことでしょうか?

2018年の2月、平昌オリンピックにてチームパシュートの準決勝、オランダ戦で事件は起こります。キムボルム選手は、パクジウ選手とのノソニョン選手と出場しておりました。

最後のゴールでノソニョン選手を引き離して、キムボルム選手とパクジウ選手がゴールしてしまいました。ノソニョン選手が呆然としうなだれる中、別場所でインタービューを受けていた、キムボルム選手が思いがけない言葉を発します。

「パシュートは最後にゴールした選手の記録が採用されるので、良い記録が出なかった」などと、暗にノソニョン選手を非難したセリフ、チームスポーツであるパシュートにふさわしくないセリフをキムボルムは吐いてしまいます。

パシュートは、チームワーク・コミュニケーションが必要なスポーツであり、チームワークからかけ離れた言葉、まるでいじめのような態度に世間を賑わしてしまいます。

 

キムボルムに対する韓国での反応は?


キムボルム選手が引き起こしたパシュート置き去り騒動は、韓国国内で大きく取り上げられました。韓国出身の選手であるキムボルム選手は、母国である韓国国内から非難が殺到したとのことでした。

韓国内の世論の高まりはとどまることを知らず、キムボルムの韓国代表資格の剥奪を求める嘆願署名が殺到する事態を引き起こしてしまいます。その数なんと、60万以上の署名が集まったとのことです。

団体競技であるパシュートで本来必要な和の精神がなく、キムボルム選手の傍若無人の態度に韓国中からバッシングが発生しました。

キムボルム選手をサポートする企業にまで、波及することになり、スポンサー企業の一つであった、韓国のアウトドアブランドは、契約更新しないと言及するまでに発展してしまいました。

 

キムボルム(韓国)は土下座で謝罪!

 

この投稿をInstagramで見る

 

天吉sasさん(@sas.tenkichi)がシェアした投稿

キムボルム選手が引き起こしたパシュート置き去り騒動により、キムボルム選手は2度の謝罪を行なっております。

 

キムボルム選手の記者会見で謝罪

引用: Pixabay

キムボルム選手が引き起こしたパシュート置き去り騒動でインタビューで問題な発言を行った、キムボルム選手は翌日に監督とともに記者会見を開きました。

キムボルム選手はときおり涙を流しながら発言しており、チームメイトへの配慮がなかったこと、反省していることを説明しておりました。

しかし、記者会見で世間のほとぼりは冷めませんでした。本当に反省している様子を世間が受け止められなかったり、置き去りにされたノソニョン選手からの反論が出てきてしまったのです。

一向に騒動が収束する気配を見せませんでした。

 

キムボルム選手の土下座謝罪

Array

引用: Pixabay

結果としてキムボルム選手は、引き起こしたパシュート置き去り騒動だけでなく、記者会見の謝罪を通じてもさらに火に油を注いでしまいました。

ただ、キムボルム選手は、平昌オリンピックのマススタートへの出場は残されておりました。

マススタートとは、4周ごとの通過順位とゴール時の順位に応じた合計得点で競う競技になります。1〜3位はゴール時の順位通りになるが、4位以下は通過ポイントも重要となり、勝ち抜くための戦力が必要になります。

各国から最大2人、平昌オリンピックでは24人が同時に出走可能になります。

パシュート置き去り騒動を引き起こした張本人ということで、会場の反応は冷ややかでしたが、キムボルム選手は見事、銀メダルを獲得しました。

ただ、銀メダルを獲得したキムボルム選手の顔に笑顔や充実感はなく、氷上に韓国の旗を下に置き、土下座しました。この土下座は、母国の韓国の人々に対する謝罪の行動だったのことでした。

銀メダルを獲得したのにも関わらず、このような土下座での謝罪を行ってしまう、キムボルムの精神状態はよほど追い込まれていたのでしょう。

表彰式の祭典でも、金メダルの髙木菜那選手、銅メダルのイレーネ・スハウテン選手が笑顔を見せる中、キムボルムの硬い表情のまま笑顔がないのが印象的でした。

キムボルム選手の悲痛な表情とその想像を絶するプレッシャーの中で獲得した銀メダルに、韓国では発生していたバッシングに少し変化があり、労わりの言葉も上がってくるようになりました。

 

キムボルム(韓国)の現在は?

引用: Pixabay

引き起こしたパシュート置き去り騒動の中、バッシングされながらも平昌オリンピックのマススタートで銀メダルを獲得した、キムボルム選手ですが、この騒動を機に不安障害になってしまいました。

不安障害とは、精神疾患の中で不安を主症状とする疾患群をまとめた名称です。

パニック障害、恐怖症、強迫性障害、外傷後ストレス障害、急性ストレス障害、全般性不安障害、一般身体疾患による不安障害、物質誘発性不安障害、特定不能の不安障害が挙げられます。

キムボルム選手の患っている不安障害がどこの分類されるかは現在不明ですが、精神的に参っていることは感じ取れます。

母国の韓国代表として並々ならぬ思いを持ちスピードスケート選手に打ち込んできた、キムボルム選手ですが、エスカレートするバッシングを受けて心を壊してしましました。

現在、精神的な治療を求めて入院したことも報じられております。

 

天国と地獄

引用: Pixabay

もともとキムボルム選手は、韓国で絶大な人気があった選手であり、韓国では、「スポードスケート界の妖精」「アイドル顔負けの美貌」「氷上の女神」などと認知されておりました。

そのため、インスタグラム が人気で非常にフォロワーも多かったです。

しかし、キムボルム選手が引き起こしたパシュート置き去り騒動で人生は一変します。インタビューによる発言、謝罪会見などの不手際などで度重なるバッシングにより、キムボルム選手のインスタグラムを閉鎖されたそうです。さらなる炎上を恐れ、現在、アカウントを削除されたのでしょう。

キムボルム選手がパシュート置き去り騒動前までは、ポジティブなコメントやメッセージが届いていたのでしょうが、パシュート置き去り騒動後、相当な数のバッシングが直接届いていたかと思うと、アカウント削除は極めて妥当な行動のように感じます。

 

不安障害の症状

引用: Pixabay

パシュート置き去り騒動後、キムボルム選手は不安障害になってしまいました。

エスカレートするバッシングを受けて心と体のバランスを壊してしまい、現在、精神的な治療を求めて入院したことも報じられております。

そのため、心のバランスを取り戻すためにインスタグラムのアカウントを削除し、社会との接点を極力少なくされたのでしょう。ただ、回復に至ったのか、それとも、まだ治療中なのか、詳細な情報は現在、一切明らかになっておりません。

20代のキムボルム選手にとって、パシュート置き去り騒動のやまないバッシングは相当な心労になったでしょうし、張り詰めていた緊張がオリンピック閉会とともに崩れてしまったのではないのでしょうか。

しっかりと治療に専念し、社会の雑念に惑わされず、体とこころのバランスを取り戻して欲しいですね。

 

キムボルム(韓国)の今後はどうなる?

引用: Pixabay

パシュート置き去り騒動後、現在、不安障害になってしまったキムボルム選手ですが、今後のキャリアはどのようになるのでしょうか?

現在、キムボルム選手は不安障害になってしまい、エスカレートするバッシングを受けて心と体のバランスを壊してしまい、精神的な治療を求めて入院したことも報じられております。

しかし、キムボルムはまだ現在、20代のアスリートであり、才能溢れるスピードスケート選手です。

確かに、パシュート置き去り騒動で起こしてしまった発言、トラブルは取り返しがつかないで過去は変えることができません。ただ、過去のトラブルと真摯に向き合い、自分ができることを一歩一歩行動するしかありません。

インスタグラムなどのSNSの再開をされていないので、現在の動向はわかりませんが、キムボルム選手にはいち早く不安障害を解決してもらい、元気な姿でオリンピック・世界選手権に戻ってくることを楽しみにしております。

 

2022年 北京オリンピックの活躍を期待

引用: Pixabay

2018年、平昌オリンピックにてパシュート置き去り騒動後、現在、不安障害になってしまったキムボルム選手ですが、まだまだ現在26歳の選手で、次回の北京オリンピックまでまだまだ時間があります。

< 2022年北京オリンピックの概要>

  • 北京オリンピック
  • 時期:2022年2月4日〜2月20日の17日間
  • 会場:北京および河北省を予定

もちろん、 2022年北京オリンピックでもスピードスケートが開催されます。マススタート、パシュートも実施されます。

まず第一に、キムボルム選手には現在の体調を回復させ社会復帰することが前提ですが、パシュートで出場し、今度のチームワークを前面に競技に向き合うことを期待しております。

もちろん、その中で金メダルを獲得できれば、韓国中の手のひら返しがあるかと思います。もちろん、平昌オリンピックにてパシュート置き去り騒動のバッシングではなく、ポジティブな称賛、カムバックという形で。

現在のキムボルム選手の状況が不明のため、不安障害の状況が回復に至ったのか、それともまだ治療中なのか、わかりかねますが、元気な姿でスピードスケートの競技に復活されることを心待ちにしております。

キムボルムは、年齢的にも技術的にも2022年の北京オリンピックに問題なく間に合います。

次回は、氷上で土下座ではなく、笑顔で終われるように、表彰式で感激を表現できるようになることを祈っております。

人気の記事