校長レジェンド高島雄平の現在!児童売春12660人斬り伝説エピソードまとめ!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

校長レジェンド高島雄平とは?


2015年に世間を騒がせた、元校長先生がフィリピンで児童買春行為をして逮捕された事件をご存知ですか?

この事件が騒がれるようになったのは、単純な児童買春行為をしていたからではありません。元校長先生でも、性欲はあるので一人や二人ならここまで大きく報道されることはなかったでしょう。

横浜市立中学の元校長先生はフィリピンで一体何をしていたのでしょうか?そして現在のレジェンド高島雄平の様子はどうなっているのでしょうか?

几帳面な変態紳士とも言える、性のレジェンド校長 高島雄平の詳しい情報に迫ります。

 

横浜市立中学の校長レジェンド高島雄平


引用: Pixabay

日本人男性が東南アジアで買春行為を働くのは、珍しいことではありません。しかし今回の事件では教職者、しかも学校のトップである横浜市立中学の校長先生が、普段接しているような児童と買春行為をしていたことが問題になっています。

エリート教職員だったと言われ、上昇志向が強い人という証言も出てきました。退職時には横浜市立中学の校長先生を務めて退職しているので、確実に出世の階段を登って行ったようです。

横浜市立中学の教諭が児童買春をしているというニュースが入ってきたときは世間を気持ち悪がらせました。

 

校長レジェンド高島雄平と言われる理由


引用: Pixabay

ネットで高島雄平がレジェンド校長と言われるようになった理由は、約30年近くの間に1万2660人以上の女性を抱いていたことです。しかも、行為を一つ一つ写真に収めて記録をしていたという几帳面っぷりも世間を驚かせました。

よーーく考えてみてください。一年は365日。抱いた人数は12,660人。

毎日抱いたとしても35年かかるんです。

しかも性欲が衰え始めると言われる30代以降からフィリピンでの児童買春行為は始まっています。確かにレジェンド校長ですね。

 

校長レジェンド高島雄平の経歴まとめ!

引用: Pixabay

ここからは、校長レジェンド高島雄平の経歴をご紹介していきます。

華々しい経歴の裏では、性欲にまみれたおじさんであるという事実がどこか哀愁を漂わせています。

 

レジェンドの経歴【1】1988年にフィリピンの教職員になる

Array

引用: Pixabay

現在の文部科学省の前身である、文部省の在外教育施設派遣試験に合格した高島雄平はフィリピン マニラの日本人学校の教職員として派遣されます。

この在外教育施設派遣試験は各都道府県からの推薦が必要で、優秀な教職員でないと推薦を受けることができないと言われています。現在は希望者も減ってきていて、難関試験とは言い難くなってきているようですが、当時は伝説的な難関試験だったようです。

当然、現地での日本人学校の先生は優秀な人たちが集まってくるので、研究熱心で教育熱心な上昇志向の高い人たちが集まってくる環境になるでしょう。レジェンド校長高島雄平にもプレッシャーがあったことが伺えます。

しかし、フィリピン赴任時代の高島雄平の教え子は、厳しい指導の中にも愛がある先生だったとコメントを残していました。人間にはいろいろな面があるということをこの事件は教えてくれているようです。

 

レジェンドの経歴【2】2008年横浜市立中学の校長になる

引用: Pixabay

3年間のフィリピン赴任を終えた後は、帰国します。帰国後は横浜市立中学で教職員生活がスタートしました。当初は教諭でしたが、横浜市立中学で着実に副校長、校長の役職を歴任します。

当時、教職時代を知る高島雄平の関係者は、気さくな先生だったとの証言が出てきました。しかし、高島雄平の教え子(女性)はジトーっと女子生徒のことを見つめていて気持ち悪かったという証言もあります。

人の印象は、受け手によってだいぶ変わりますから何とも言えませんが、さまざまな評価があったことは事実です。しかし、フィリピン赴任時代から横浜市立中学の校長時代まで、大体が良い評判でした。

しかし、しっかりと教育業をこなすかたわらで、横浜市立中学の教諭、副校長、校長歴任時代も「マングローブの植林に行く」と周囲には伝えて頻繁にフィリピンに通っていたようです。

 

レジェンドの経歴【3】2015年校長レジェンド高島雄平の誕生(逮捕)

Array

引用: Pixabay

2011年に横浜市立中学の校長職を退職をします。当時受け取った退職金は3,000万円でした。

頻繁にフィリピンに通っていたことで、フィリピンの警察から日本の警察に通報があったと言われています。この通報でレジェンド校長高島雄平は児童買春行為で日本の警察に逮捕されることになるのです。

 

校長レジェンドの児童売春伝説エピソード

引用: Pixabay

ここからは、レジェンド校長高島雄平の伝説的な児童買春行為の数々をご紹介します。

これを読むと、批判よりも驚きの感情に変わってきますよ。

 

レジェンド【1】校長高島雄平の几帳面な児童買春

引用: Pixabay

警察側も驚いたと言われるのが、レジェンド校長高島雄平の児童買春行為の記録の数々です。全ての児童買春行為に対して記録をつけていたと言われています。

写真の枚数は1万枚以上になり、アルバムの数は400冊を超えていました。

しかもアルバムの中身も綺麗に整えられていたと言います。性行為をした女性に番号をつけ、洋服を着た正面写真から性行為の写真まで記録していたそうです。中には、他の女性に性行為の様子を撮影させたものもありました。

元々記録するのが好きな性格なようで、外食した際にも記録するのが趣味だったそうです。

 

レジェンド【2】校長高島雄平の児童買春ペース

引用: Pixabay

校長レジェンド高島雄平は、フィリピンに赴任した時期もありましたが帰国して横浜市立中学の教員として働いています。そのため毎日児童買春できるわけではありません。

横浜市立中学が長期休暇に入るタイミングでレジェンド高島雄平はフィリピンに渡航していました。その渡航回数はのべ60回を超えています。

つまり校長レジェンド高島雄平は、フィリピンに旅行した際の限定された時間のなかで児童買春行為をしていたのです。

校長レジェンド高島雄平と言われるのは、短期間で大量の女性を抱いていたということが数ある理由のうちの一つです。一日に30~40人の女性を相手にしていたと、レジェンド校長高島雄平は証言しています。

なぜレジェンド校長高島雄平は、年もとっているはずなのに1日に何人もの女性たちを相手することができたのでしょうか?レジェンド校長高島雄平には加藤鷹疑惑があるのです。

 

レジェンド【3】校長高島雄平は加藤鷹!?

引用: Pixabay

1日に何人もの女性たちを相手をするというのは、男にとっては夢のような話かもしれませんね。しかしそれが一日中、そしてフィリピン滞在中毎日だったら、さすがに大半の男性は罰ゲームのように感じるでしょう。

レジェンド校長高島雄平の凄さはここにあります。

巷で囁かれているのが、レジェンド校長高島雄平は加藤鷹のように射精しなくてもイケるような技術を持っているのでは?ということです。射精してしまったら使い物にならないので、射精しなくても気持ちよくなれる技術を習得したと言われています。

射精せずにイケるようになっても、1日30人~40人は体力を相当使いそうですけどね…

この行為を60代になっても続けていた、高島雄平のモチベーションはどこから来ていたのでしょうか。

 

レジェンド【4】高島雄平はレジェンド級の超絶技巧士?

引用: Pixabay

レジェンド高島雄平の性交の内容は、現在も様々な情報が飛び交っています。

一方では淡泊な性交であったとの話があります。しかしもう一方ではレジェンド級の超絶技巧の持ち主だったという内容の話が出ているのです。

どの話も噂の域を出ませんが、レジェンド高島雄平は舌技が凄くて、レジェンド高島雄平の舐め技で初めてイッたという女の子の声もあります。どうやら、金銭面で女の子を満足させるだけでなく、肉体面でも女の子を満足させていたようです。

家庭持ちのおじさんが、毎日毎日、性的行為に明け暮れて若い女の子を満足させていただなんて、男の欲望の際限のなさに絶句しますが、これが買春にハマる日本のおじさんの現状なのでしょう。

しかし高島雄平の性行為の内容に関しては正反対の話もあるので、どこまで本当なのかはわかりません。どっちにしろレジェンド級の性欲であることだけは間違いなさそうです。

 

レジェンド【4】太客の校長高島雄平はいくら使った?

引用: Pixabay

実はレジェンド校長高島雄平と言われるゆえんは他にもあったのです。

レジェンド校長高島雄平はブローカーに内緒で女の子に相場の3倍近くを支払っていました。

児童買春行為を始めた頃はフィリピンの物価は現在よりも大幅に低かったでしょう。いつから相場の3倍近くを女の子に支払っていたかは不明ですが、12,660人もの女の子を買っています。

児童買春で使ったお金は3,000万円以上にのぼり、どうやってそのお金を捻出していたのかも気になるところです。一説には投資していた先が当たって大儲けしたとの噂もあります。レジェンド校長高島雄平の自宅は父親から譲ってもらったとの情報もあり、どうやら上手く工面していたようです。

それにしてもこの大金を長期休暇のたびに使っていても文句を言わなかったご家族は、当時どんな心境で高島雄平のことを見送っていたのでしょう。

 

レジェンド【5】太客の校長高島雄平の児童買春事情

引用: Pixabay

フィリピンでは毎日規則正しい生活を送っていたようです。もちろん毎日規則正しく性行為をしていたという意味ですが。

毎日15時頃まで数人と性行為をして、休憩をとったあと再び17時まで性行為をしていたそうです。まるで仕事みたいに規則正しく性行為をしていますね。

レジェンド高島雄平の几帳面な性格がフィリピンでの児童買春生活にも表れているエピソードです。

アルバム作成用にカメラの三脚も部屋に用意されていて、完全に性行為をするためだけの部屋だったと言われています。

 

レジェンド【6】少額のODAばりの児童買春はボランティア気分だった?

引用: Pixabay

毎日数十人の女性を相手にするわけですから、いくら物価が安いフィリピンでも一度の渡航で相当な金額を使うことになります。上記でもお伝えしましたが、児童買春につぎ込んだ額はおよそ3,000万以上と言われています。

これは少額のODA(政府開発援助)の予算とほぼ同額です。

実際にレジェンド校長高島雄平を相手した娼婦によると、札束が入っていた封筒を用意していたと証言が出ていました。

レジェンド校長高島雄平は、以前貧困に対しての意見を求められたときに「援助をしても貧困層の末端には行き渡らない。末端への編所が大事である」と答えていたようです。

そのころからフィリピンで児童買春行為をしていたことから、性欲だけでなく貧困層への課題としての意識もあったと見られています。

驚いたことに、レジェンド校長高島雄平のおかげで学校に通えた子も存在しているのです。ODAばりに日本の外貨が、性行為と引き換えにフィリピンで困っている女性を助けていたということになります。

 

レジェンド【6】横浜市立中学校長高島雄平の意識の高さ

引用: Pixabay

レジェンド校長高島雄平は、性病のための薬を女の子に渡して飲むように促していたようです。

ちゃんと服用しているか、チェックもしていたと言われています。薬の横流ししていたのが判明した際には、叱りつけたという話も出てきました。

そして買春斡旋業者には、いつか学校を作りたいとの相談もしていたようです。

ここまでくると、そこら辺の日本の変態おっさんがちょいとフィリピンで買春して帰国してくるよりも、よっぽどフィリピンの女性に貢献しているように見えます。

もはやこれはレジェンド校長高島雄平なりの貧困に窮する女性のための救済プロジェクトですね。

性行為さえなければ、現在は立派な活動として認められていただろうに。そして横浜市立中学からいそいそと逃げ出す必要もなかったはずなのですが。

 

校長レジェンド高島雄平の逮捕後〜判決まとめ

引用: Pixabay

レジェンド校長高島雄平のひとりODAは突如終わりを迎えます。

フィリピンの警察から日本の警察に連絡があったようです。連絡があってから1年近く入念な捜査をしてからの逮捕でした。

ここからは、逮捕後から判決までのレジェンド校長高島雄平について見ていきましょう。

 

校長レジェンド退職金の返還求められる

引用: Pixabay

レジェンド校長高島雄平が逮捕されて、事件の詳細が世間に公表されてからは大騒ぎだったようです。特に横浜市立中学の校長先生だったことから、横浜市の教育委員会は退職金3,000万の返金を求めたことがニュースになりました。

横浜市立中学の校長先生が海外で買春行為、しかも児童買春もしていたことは教育者としては、あるまじき行為です。

本当に返還されたのかは続報がないので分かりかねますが、逆に続報がないということは、ゴネずにしっかりと退職金3,000万円を返還したのでしょう。

 

横浜市立中学校長職のプレッシャー?

引用: Pixabay

裁判では、レジェンド校長高島雄平がフィリピンで児童買春行為に至った経緯も明らかにされました。フィリピン赴任中に買春してみた当初は、安く性欲を発散出来て「これは良い!」と思ったのがきっかけだったようです。

元々、性欲が強かったレジェンド校長高島雄平はそこからフィリピンの児童買春にのめり込んでいったと推測できます。

役職がついた頃からは「仕事のプレッシャーや倫理観のタガが外れる開放感が良かった」とも答えています。誰にでも仕事のプレッシャーや、がんじがらめにされた倫理観は持ち合わせているのではないでしょうか?残念ながら、レジェンド校長高島雄平のストレスのはけ口となったのは、フィリピンでの児童買春だったようです。

横浜市立中学で教鞭をとっていた頃の学校名も、現在もガッツリとネットに載っています。横浜市立中学に通っている学生や教諭にも迷惑をかけているので、児童買春行為の代償は計り知れません。

 

フィリピン貧困に対してのレジェンド校長の考え

引用: Pixabay

フィリピンの母娘が買春行為に手を染めて、母親が娘にも自分と同じ道を歩ませてしまったと高島雄平に罪の意識を告白した際には「あなたのせいではない」と慰めていたというエピソードが存在します。しかし、そのときにちゃっかり母親と娘二人とも抱いてるんです。

これがレジェンド校長高島雄平なりの仕事としての援助のつもりだったのかもしれません。

児童買春という単語が独り歩きしていますが、実際に未成年だったのは抱いた人の1割とレジェンド校長高島雄平自身が証言しています。tしかし高島雄平の1割は1200人です。1割だと少なく聞こえますが、実際は相当な人数の未成年者を抱いていることになります。

全体の1割ですから、ほとんどは成人女性を抱いていたようです。しかし一方で妊娠線が苦手で、妊娠経験がない人が良かったという、嘘か真か分からないような話もありました。

とはいえ、アルバムには幅広い年代の女性がいたらしいので、見境なく抱いていたようです。

 

レジェンド高島雄平の児童買春のライフプラン

引用: Pixabay

高島雄平は、定年退職の65歳で買春はやめて、自分で見返すためにとっておいたアルバムは70歳で破棄しようと考えていたと裁判で述べています。

実は高島雄平は、在職中に横浜市立中学へ捜査の手が及んだことを知り、一年前倒しして退職していたのです。在職していた横浜市立中学に迷惑がかからないようにする為なのか、自身の保身の為なのかは判断つきかねますが、実は横浜市立中学の校長職は全うできていなかったのです。

70歳で破棄しようと考えていたと高島雄平は言っていましたが、それと同時に「あまりにも膨大な量だったので警察に処分してもらえてありがたい」とも述べていました。

 

校長レジェンド高島雄平の家族の反応

引用: Pixabay

ここで気になるのは、エリート街道を歩いてきたレジェンド校長高島雄平の家族の反応です。この事件では、高島雄平のご家族が一番の被害者でしょう。

高島雄平には、二人の息子と一人の娘がいます。どちらも既に成人しているようです。彼らもまさか、自分の父親がフィリピンでマングローブの植林していると思っていたら、実は毎日数十人の女性を性行為をしていただなんて信じたくもなかったはずです。

事件が発覚した当時は、テレビ局からの取材に息子さんが答えていました。自分の父親がフィリピンで性的欲求を爆発させていたことは知らないとインタビューに答えていたようです。事件前の家庭内での父親はとても良い父親だったとも答えていました。

一番の被害者は横浜市立中学の元校長だった父・夫から現在は性犯罪者になってしまった、家族です。このインタビューには、視聴者からもモラルのかけらもないと批判されていました。

長期休暇になるたびに、家族を放り出してフィリピンで性行為に勤しんでいた高島雄平の行動は、現在もそして永遠に家族を苦しめることになるでしょう。

レジェンド校長高島雄平と奥さんは裁判の公判時には、離婚はしていません。しかし家族間の絆は壊れてしまったようで、現在は高島雄平と家族との会話はないようです。

 

レジェンド高島雄平の反省の弁

引用: Pixabay

元横浜市立中学の校長という華々しい経歴も、日本中に性欲の塊として報道されてしまった高島雄平ですが、やはり根っこは真面目なのでしょう。現在は反省しているようです。

裁判では、逮捕直後は若い子をテレビで見るのも嫌だったと述べていました。若い子への買春で捕まってしまったのだから見るのは嫌になるでしょう。本来なら保護されるべきの子を経済格差を利用して、性欲のはけ口にしていたことはレジェンド高島雄平も自覚していたと言います。

罪の重さも自覚していて、現在は恥ずかしさのあまり友人・知人とも全く関わらない生活になっているようです。

しかし、フィリピン女性への謝罪の言葉は見られませんでした。そして現在はお金もないし、外見的な魅力もないので再犯することはないですと語っていた横浜市立中学の元校長の高島雄平。

問題はそこじゃないだろと突っ込みたくなりますが、高島雄平自身は、買春行為ではお金も渡しているのでフィリピン女性とはwin-winの関係だと認識していたのかもしれません。

的外れな反省の弁を述べていた横浜市立中学の元校長 高島雄平の判決はどうだったのでしょうか?

 

校長レジェンド高島雄平の児童買春の判決は?

引用: Pixabay

レジェンド校長高島雄平は児童買春・ポルノ禁止法違反などの罪に問われた裁判にかけられました。裁判官は懲役2年・執行猶予4年(求刑懲役2年)の判決を言い渡しています。

執行猶予がついたことで、レジェンド校長高島雄平は刑務所行きを免れています。

横浜市立中学の元校長 高島雄平は、逃走の恐れがないということで在宅起訴からの裁判になっていました。前科もなかったので、執行猶予がついたのでしょう。

直近では池袋の高齢者が引き起こした交通事故がありましたが、こちらも拘置所には入れられていません。このことが激しい批判を浴びましたが、別に上級国民だからというわけではないのです。

あまりにも凄惨な事故だったために、感情に引っ張られた人も多いのでしょう。しかし、あまりにも感情に引っ張られた主張をするのは、大人がやることではありません。

…話がずれました。戻しましょう。

実はこの事件、大量の証拠(性行為を記録したアルバム)があるのにもかかわらず、フィリピンで高島雄平を相手した女性からの証言や告発がとれなくて、警察側が頭を抱えたという話があるのです。

そのため罪に問えたのは、明らかに未成年の女児数人との児童買春(アルバム製造)だけだったと言われています。実際の児童買春行為は罪に問えていないようです。

 

校長レジェンド高島雄平のフィリピンでの評判は?

引用: Pixabay

なぜフィリピンでレジェンド校長高島雄平の悪行の証言や告発がとれなかったのでしょうか?

ここからは、レジェンド校長高島雄平のフィリピンでの評判について見ていきましょう。

 

フィリピンレジェンド【1】校長高島雄平は英雄?

引用: PAKUTASO

フィリピンで、レジェンド校長高島雄平についての証言や告発がとれなかったのは、高島雄平の評判がすこぶる良かったという意見があります。確かに恨まれていたら、いくらでも悪い証言や告発は出てくるでしょう。

しかしレジェンド校長高島雄平は、現地の人にとってはお金をもたらしてくれる太客です。そもそも現地の人たちが、高島雄平のことを悪く言う必要がないのです。むしろ太客を失って困るのはフィリピンの人たちなのですから。

現にフィリピンに取材に行くと現在も「高島雄平に戻ってきて欲しい」という声があがるようです。

この戻ってきて欲しいという声には「お客」としての意味ももちろんあるでしょう。しかし、フィリピンの貧困にある意味向き合ってきたレジェンド校長高島雄平です。「お客」といよりも「あしながおじさん」としての意味も含まれていたと推測されます。

 

フィリピンレジェンド【2】校長高島雄平は紳士的で有名

引用: Pixabay

買春したての頃の高島雄平は、そこらへんのオジサンと似たように自分の性欲優先で、粗暴な性行為をしていたという話があります。しかしそれも最初だけの話で、フィリピンでは紳士的で女の子にも人気のあるお客として知られていました。

初めてお客と寝るような子は、ブローカーが進んでレジェンド校長高島雄平につけていたと言われています。実はレジェンド校長高島雄平は、女の子が嫌がるようなことは一切しない紳士的なお客様だったのです。

日本では断罪されているレジェンド校長高島雄平ですが、フィリピンでは金銭的にも、対応的にも、理想的なお客様として慕われてきたので警察にも口を割らなかったと言われています。

 

フィリピンレジェンド【3】年齢70の老婆も紳士的に抱く

引用: Pixabay

妊娠線ができていない若い子が好きという、経産婦全員を敵に回しそうな失礼な好みを披露したレジェンド校長高島雄平ですが、買春行為には義務感もあったのでしょう。70代の老婆もしっかり抱いているという驚愕の事実が判明しています。

お金を出して、70代の娼婦を買うというのは完全にボランティア活動の意識だったと推測されますが、ちゃんと70代の老婆も女性として抱いたのは紳士的です。

どういった事情で高齢娼婦を抱いたのかは不明とはいえ、普通の日本人男性には出来ない行為ですよね。

こういった経緯もあり、一部では現在の光源氏とも言われています。

 

フィリピンレジェンド【4】校長高島雄平はやはり教職員だった

引用: Pixabay

横浜市立中学の校長を務めていた、高島雄平。

フィリピン赴任時代も生徒から厚い信頼を得ていました。当時から夜出歩いているという噂があったものの、きちんと校長先生になれたのはしっかりと仕事をこなしていたからです。

日本に帰国してからも、春・夏・冬と長期休暇の度にフィリピンに訪れていたレジェンド校長高島雄平ですが、ちゃんと前回に薬を渡した子には、ちゃんと服用しているかのアフターフォローもしているし、学費の援助もしていました。

レジェンド校長高島雄平が性欲おばけであったことは間違いありませんが、フィリピンに滞在中も現地の子の生活を案じていたことはこのエピソードからもよく分かります。

しかし性交と引き換えだったということが、横浜市立中学の元校長なのに、常識的な大人なのになぜ?と首を傾げてしまいます。

やはり性的欲求を発散しに行くのが大きな目的だったのでしょう。性欲さえなければ現在は聖人となっていたのではないでしょうか。

 

校長レジェンド高島雄平の現在!

引用: Pixabay

レジェンド校長高島雄平は現在、何を思って過ごしているのでしょうか。

レジェンド校長高島雄平の現在の様子を見てみましょう。

 

校長レジェンド高島雄平 現在はひきこもり?

引用: Pixabay

レジェンド校長高島雄平は、事件発覚前から住んでいた横浜市内の豪邸に現在も変わらず住んでいます。

現在は年金生活をしているため、金銭面で厳しいところもあるのでしょう。しかし現在は近所との交流はほぼ無いようです。

裁判の公判では、「夜は全く飲めないはずのお酒をひっかけないと寝付けない」とレジェンド校長高島雄平は述べていました。相当心労が溜まっているのでしょう。

フィリピンで豪遊していた頃のレジェンド校長高島雄平の面影はなく、現在は近所付き合いもせずに、自宅に引きこもっている日々だと言われています。

 

現在のフィリピンの児童買春とレジェンド校長

引用: Pixabay

フィリピンでは、レジェンド校長高島雄平として人気のある人物となっています。しかし高島雄平がやっていたことは犯罪です。

罪滅ぼしの為に、貧困女性を援助する気になったのか、彼女たちと接していくうちに貧困問題に目を向けるようになったのか、それはレジェンド校長高島雄平にしかわかりません。

フィリピンで12660人もの女性を買春し、しかも教職者であるのにも関わらず、児童買春行為にまで手を染めてしまったレジェンド校長高島雄平には、現在も、そしてこれからも罪の意識は持ってもらいたいものです。

 

現在のレジェンド校長高島雄平の評価

引用: Pixabay

しかしレジェンド校長高島雄平は、私たち日本人にフィリピンの貧困問題について切り口は違えど問題提起をした人物でもあります。

そこらへんのエロ親父が、フィリピン滞在中に女性を買春するよりもよっぽどフィリピンの貧困女性に貢献したことは事実です。しかも校長職という、本業がありながらの行為なので相当な熱意がないと長年続けられなかったでしょう。

横浜市立中学のレジェンド校長高島雄平が異常な性欲の持ち主だったという事実で片付けられるのは勿体ない事件でもあります。

世間では異常性欲の持ち主という結論で、現在は片付けられてしまいましたが、ネットを見てみるとレジェンド校長高島雄平への称賛も数多く見られます。称賛している人のほとんどが男性なのは、この事件の受け取り方が性差によって大きく変わることが伺えます。

もちろん犯罪を犯しているので、一概に英雄視するのは間違っています。未成年を性の対象としていたことは気持ち悪いこと、この上ありません。

しかしこれまでの記事を読んでみると、慰安旅行で数回児童買春しているエロ親父は野放しで、レジェンド校長高島雄平がただの変態オジサンとして世間に認知されてしまったことには、少し同情してしまいませんか?

世間をざわつかせて、この事件を知った男性からはおもちゃにされ、女性からは気持ち悪がられた横浜市立中学元校長の性犯罪。

裁判が終結した現在でも、思い出したかのように語られる事件の代表格でもあります。

あまりにも抱いた数が多すぎるので、セックス依存症なのでは?とも言われています。現在は大人しく過ごしているようですが、いつか貧困問題の解決のために性行為なしで働いてほしいものです。

人気の記事