荒川区にある和菓子屋の冷蔵庫から女子大生の遺体発見!父親が犯人?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

荒川区和菓子屋で女子大生の遺体が冷蔵庫に!

2019年の7月7日未明に、東京都の荒川区にある和菓子屋さんの冷蔵庫の中から、18歳の女子大生の遺体が発見されるという事件が起きました。

一体誰に殺害されてしまったのでしょうか?そして、どうして冷蔵庫から発見されたのでしょうか?

今回の記事では、荒川区の和菓子屋さんで女子大生の遺体が発見された事件について、殺害されてしまった女子大生は誰なのか、また誰がこの女子大生を殺害したのか、事件の詳細についてを紹介していきます。

 

話題の和菓子店とはどこにある?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ℳ♡さん(@m_doll.pink)がシェアした投稿

今回、女子大生を 殺害し冷蔵庫の中に遺体を隠すという事件が起こったのは、東京都荒川区東尾久4丁目にある和菓子屋「木津屋」だということが、警察からの発表によりわかりました。

この和菓子屋「木津屋」にある大きさが約『縦73㎝・幅約140㎝・高さ約85㎝』の業務用冷蔵庫から、女子大生の遺体が発見されたのです。殺害された女子大生は、冷蔵庫の中で屈んだ状態でしまわれていたと言います。

また、警視庁からによると、女子大生の遺体が発見されたのは2019年7月7日の午前0時50分ごろでした。

 

殺害された女子大生の詳細

 

この投稿をInstagramで見る

 

ℳ♡さん(@m_doll.pink)がシェアした投稿

警察からの発表があり、殺害されて 和菓子屋「木津屋」の冷蔵庫から遺体が発見された女子大生がわかりました。

彼女の名前は、木津いぶきさん18歳でした。木津いぶきさんは、荒川区東尾久8丁目に住む女子大生であり、和菓子屋「木津屋」のオーナーの娘でした。

うえの写真に載せている女の子が、殺害された木津いぶきさんです。木津いぶきさんの小学校の卒業アルバムの写真が報道にて流れました。

木津いぶきさんは、冷蔵庫の中で体育座りをした状態で発見されており、首元には何かで締められたような跡がついていたそうです。

おそらく、犯人によって絞殺されたあと、遺体を隠すために業務用冷蔵庫に入れられてしまったのでしょう。

さて、一体この事件の犯人は誰なのでしょうか?見ていきましょう。

 

荒川区の和菓子屋殺人事件の犯人は被害者の父親?!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ℳ♡さん(@m_doll.pink)がシェアした投稿

今回の荒川区にある和菓子屋で冷蔵庫から女子大生の遺体が発見された事件の犯人は、被害者である木津いぶきさんの父親(40代)であり、和菓子屋「木津屋」のオーナーではないかと言われています。

そもそも、今回の事件が公に出た発端としては、被害者である木津いぶきさんの弟が、「父親が自殺しようとしている」などのことを警察に通報したことによって発覚しました。

犯人とされている父親は、「店で娘を切った。自分も手首を切って川に沈んで死ぬ。」という電話を自宅に残していました。事件が発覚した当初父親は、行方不明になっているとされていました。

しかし、7日の午前4時45分ごろに埼玉県さいたま市岩槻区の河川敷で、木に首をつって死亡しているのが発見されました。近くには、父親が日頃から使っていたバイクも発見されていたため、本人と見て間違いないようです。

娘である木津いぶきさんを殺害した父親は、その罪悪感や重圧に耐えきれなくなって自らも自殺したのではないかという見方をされています。

しかし、父親の遺書などは残っていないため父親が犯人であると断定されたわけではありませんが、これらのことからも父親が犯人である可能性も高いのでしょう。

なぜ父親が木津いぶきさんを殺害するに至ったのか、犯行動機や真相も今現在ではまだわかっていません。

 

現在の和菓子屋はどうなっている?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ℳ♡さん(@m_doll.pink)がシェアした投稿

現在、荒川区にある和菓子屋「木津屋」はシャッターが閉まっており、そのシャッターには写真のような張り紙がされています。

このような事件が起きたので、お店が閉まるのは当然のことでしょう。

オーナーである父親も死亡し、殺人というレッテルがお店自体にも貼られてしまい、また事件があった生で警察や報道者が殺到しているため、今後もお店が再開する見込みもないかもしれません。

 

近所に住む人の反応は?

殺人事件があった和菓子屋「木津屋」の近所に住む方がコメントをされていました。

『家族仲はよかったと思っていた。(犯人だと思われている)父親はすごく真面目な人で、朝早くからお店に来て夜遅くまで働いていた。』

他にも、『(犯人だと思われている)父親は、近所との付き合いをすることはあまりなかったが、トラブルなどの話は聞いていなかった。それに、うちの妻が数日前に木津屋で買い物をしたときは、父親の様子はふだんと変わったところはなかった。娘さんと父親が路上で話しているところを見たことがあるから、事件のことを知ってびっくりしている。』とのことでした。

一見仲が良い家族であり、父親も真面目できちんとしている印象を持っていられたそうです。そんな家族が、どうしてこのような殺人事件を起こすまでに至ってしまったのでしょうか…。

 

荒川区の和菓子店『木津屋』の今後はどうなる?!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ℳ♡さん(@m_doll.pink)がシェアした投稿

2019年の7月7日に起きた、荒川区の和菓子店「木津屋」で起きた事件について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

父親が娘である木津いぶきさん(18)を殺害し、遺体を冷蔵庫に隠すという無慈悲な事件が起きました。木津一家は父・母・娘・息子の4人家族ですが、そのうちの父と娘の2人も亡くなられました。

犯人であるとされている父親も、自殺をしてしまい7日の朝方に遺体で発見されたため、今回の事件が起こった理由、また父親が娘を殺害した理由などを知っている人はいなくなってしまいました。

残された母と息子さんが、今後何かしらの情報を出してくるかもしれませんが、悲しみや絶望に暮れられていることだと思われますので、そっとしておくべきでしょう。

事件は起きたばかりです。そのため、まだ詳しいことが何もわかっていません。警察の捜査が進められるにつれて、犯人の名前や情報、殺害の動機など詳しいことがわかってくることでしょう。

みなさんも、今後の事件の動向に要注目です。

人気の記事