パリ人肉事件がポケモンXYに登場!ミアレシティの幽霊や謎が不気味!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

パリ人肉事件がポケモンXYに登場?

引用: Pixabay

パリ人肉事件と聞いて、ゾッとする方は多いと思います。

パリ人肉事件とは佐川一政が犯人の事件ですが、あのおぞましいパリ人肉事件がなんとポケモンXYのゲームの中に登場していたと言われているのです。

ポケモンXYには、パリ人肉事件で佐川一政によって殺されたオランダ人女性の幽霊が出てくる?

今回は、パリ人肉事件・佐川一政とポケモンXYのミアレシティの幽霊の関係について紹介していきます。

 

パリ人肉事件とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ユウカク遊郭さん(@yuukaku_tokyo_edo)がシェアした投稿

パリ人肉事件とは、1981年6月にフランス・パリで起きた事件です

パリの大学院に留学中だった当時32歳の佐川一政が、自宅へオランダ人女子留学生ルネさんを招き背後から銃で撃って殺害したのです。

佐川一政がやったことはそれだけにとどまらず、佐川一政はなんと遺体の一部を食べたのです。

そのため、この事件はパリ人肉事件と呼ばれるようになりました。

その後、佐川一政は残った遺体をスーツケースにつめブローニュの森の池に捨てようとしたところを目撃され逃亡します。目撃者が遺体を発見し警察に通報し、佐川一政は通報の2日後に逮捕されました。

佐川一政はその後、パリ人肉事件の真実を語ります。手紙の中で『彼女を殺したのは食べるためで彼女がとてもおいしそうだったからです』と殺した理由を明かしていました。

『人を食べるために殺した』というパリ人肉事件は、日本人である佐川一政が起こしたということもあって日本中の関心を集めました。

佐川一政はその後、ルネさん殺害時は心神喪失状態だったとして保安処分となりました。

そのため、佐川一政は精神病院に入院したのち帰国し日本で暮らしており、パリ人肉事件の詳細を告白した『霧の中』という小説も出版しました。

佐川一政の父親は、佐川一政がパリ人肉事件を起こしたため会社を退職し、佐川一政の母親は病気になってしまったと言います。

パリ人肉事件の犯人である佐川一政をマスコミは有名人として扱い、佐川一政は小説家になります。

1989年に東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の容疑者として宮崎勤が逮捕された時には、佐川一政は「猟奇犯罪の理解者」としてマスコミに引っ張りだことなり月刊誌や夕刊紙に連載を持つなど忙しい日々を送っていました。

印税収入だけで100万円を超えた月もあったと言います。

しかし、2001年までにほとんどの仕事が途絶えてしまったため、パリ人肉事件の犯人である佐川一政は生活に困って闇金に手を出してしまいます。

もちろん、佐川一政も就職をしようとし、500通もの履歴書を書いたことがあったようです。しかし、やはり会社側もパリ人肉事件の犯人・佐川一政を雇うのはリスクだと判断するようで、一度も会社から採用はされなかったようです。

2013年11月に佐川一政は脳梗塞で倒れて救急搬送され、歩行困難となりました。

2015年には、佐川一政は実弟の介護を受け、年金と生活保護で暮らしていることが報道されています。

 

パリ人肉事件がポケモンXY登場!

引用: Pixabay

そんな佐川一政が起こしたおぞましきパリ人肉事件が、多くの子供たちが遊ぶポケモンXYのゲームに登場していたと言われています。

ポケモンXYをプレイしたことがある方であれば、『ひょっとしてゲーム内のあの場面がパリ人肉事件をモチーフにしていたのでは?』とピンと来るかと思います。

ここからは佐川一政が起こしたパリ人肉事件がどのようにポケモンXYのゲームの中に登場していたのか見ていきたいと思います。

 

ポケモンXYの舞台はフランス


引用: Pixabay

ポケモンXYの舞台はカロス地方という場所で、フランスの土地をモチーフにしていると言われています。

カロス地方の形をよく見ると、確かにフランスの形にそっくりです。

ポケモンゲームの〇〇地方は実際に存在する場所をモチーフに作られていると言われており、ポケモンXYではフランスがモチーフになったということでしょう。

そして、このカロス地方のミアレシティは中心街という設定になっており、フランスのパリを指しているとも言われています。

そんなパリをモチーフとしている場所・ミアレシティで、佐川一政が起こしたパリ人肉事件が組み込まれていると話題になったのです。

 

時刻表の裏に謎の言葉『助けを待つ』


引用: Pixabay

ポケモンXYのゲームの中で、ミアレシティのミアレステーションの時刻表の裏に謎の言葉が書かれています。

その言葉がかなり意味深なのです。『助けを 求む いつもの 場所で 待つ』

この言葉は、ミアレシティに出てくる幽霊に関係があり、パリ人肉事件の被害者となったオランダ人女性・ルネさんの無念を表していると指摘する方もいました。

 

時刻表のそばにいる男の子『このあたりにあると思うんだけど』

Array

引用: Pixabay

そして、ミアレシティのミアレステーションの時刻表のそばにいる男の子も意味深な言葉を呟きます。

それが『…この あたりに あると 思うんだけど』という言葉です。

一体何がこの辺りにあるのか、ということはまったく分からずにずっと明かされませんが、何か気味が悪く感じる言葉です。

噂では、パリ人肉事件を起こした佐川一政が遺体の一部を捨てたため、『ミアレシティがパリ人肉事件と関係がある』ということを暗示させるためにこの男の子にこういった意味深な言葉を呟かせていると言われています。

 

ミアレシティの雑居ビルに幽霊が現れる『あなたは違う…』

引用: Pixabay

そして、ミアレシティの雑居ビルには幽霊が現れます。

ポケモンXYの主人公がミアレシティの雑居ビルの2階にエレベータで行くと、雑居ビルの照明が2度切れる感じになり暗くなります。その後、主人公のそばを歩いて行く謎の女が『あなたは 違う…』という言葉を残して去っていくのです。

この時、BGMもまったくない状態になって幽霊が現れるため、何も知らずにポケモンXYをプレーしていた人は本当に怖い思いをします。

この女性の幽霊をなぜ幽霊と断言できるかというと、この女性は移動する時にまったく脚を動かしていないからです。

片脚のみを上げて宙に浮いているかのように移動しその後消えてしまうことや、意味深な演出から幽霊と断言できるでしょう。

さらに、この女性(幽霊)の正体はポケモンXYを進めていっても明かされることはありません。

そういった謎の多い登場人物(幽霊)のため、ポケモンXYをクリアした後も『あのミアレシティの女性って結局なんだったんだろう?』と思っているプレーヤーは多いようです。

そして、ミアレシティの女性について気になったプレーヤーがネットなどで検索し、あの女性が幽霊だったということや佐川一政が起こしたパリ人肉事件が関係している可能性があるということを知ってゾッとするのです。

 

シュールリッシュ4階の登場人物の発言がおかしい

Array

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pokemon👍さん(@pokemonxv)がシェアした投稿

そして、ミアレシティのシュールリッシュ4階の登場人物の発言もおかしいと話題になっていました。

ミアレシティにあるシュールリッシュ4階ではオカルトマニアが『…ダマレ …エレベータ ノ …オトガ キコエヌ』と言い、女性が『やだなー! 花瓶の 水が 花の味 とか わかんないです』と意味不明な発言をします。

さらに、左下部屋の男性は『ボクと マリルを おいて キミは 一体 どこへ…』と誰かを失ってしまったような発言をすることが分かっています。

これだけミアレシティにヤバい人達が集まっていることを思うと、ポケモンXYの制作者たちが何かを伝えたいとしか思えなくなってきます。

実際に、これだけ恐ろしい設定にしてあるのだから佐川一政やパリ人肉事件がミアレシティに関係していない方がおかしいという指摘もありました。

 

ミアレシティの怖い家のイベント

引用: Pixabay

ミアレシティには『怖い家』というところがあり、公式も『怖い家』がミアレシティに現れる幽霊に関係しているということを認める発言をしています。

そして、怖い家にいるおじさんは一度だけ怖い話をしてくれるのですが、その中に『おまえじゃない!』という言葉が出てくるのです。

ミアレシティの雑居ビルに出てくる幽霊が言っていた『あなたは 違う…』という言葉と被りますね。

そして、この怖い家にいるおじさんは一度だけ怖い話をした後は話しかけると、こんなことを話してくれます。

『さあね……
真実は いわぬが 花……
お墓まで 持っていくものです……』

つまり、怖い家のおじさんは真実を話していないということが分かります。

これは、パリ人肉事件を起こしながらも刑事罰を受けていない佐川一政のことを暗示しているのでは、という指摘がありました。

さらに、この怖い家がある場所がパリ人肉事件で佐川一政が遺体を捨てた『ブローニュの森』にあたるのではないか、という噂もありました。

ということで、怖い話をしてくれる怖い家にいるおじさんは、パリ人肉事件を起こした佐川一政がモチーフなのではと思う方もいるようですね。

 

ポケモンXYの闇が深い【パリ人肉事件】

引用: Pixabay

パリ人肉事件とポケモンXYの関係について話してきましたが、いかがだったでしょうか。

ポケモンは過去の作品でも原爆の話を取り入れていると噂されていたりしており、現実世界の話を取り込むことでも有名です。

そのため、フランスをモチーフとしたポケモンXYでは佐川一政が犯人のパリ人肉事件の話を取り入れたのでは、という話をかなり多くの人が信じています。

ポケモンXYのゲームの中では幽霊と思わしき女性が犯人を探しているようなそぶりを見せていました。

これは、パリ人肉事件で佐川一政がオランダ人女性を殺害したのにも関わらず特に刑罰を受けていないことが関係しているのではとも言われています。

過去には『パリ人肉事件の犯人である佐川一政は決して精神病ではなく、人格障害者だ。そのため刑事責任を問われるべきだ』として、パリ人肉事件の犯人の佐川一政を逮捕して再び裁判にかける動きが日本警察の中でありました。

しかし、フランス警察が『不起訴処分になった者(佐川一政)の捜査資料を引き渡すことはできない』として拒否したため、パリ人肉事件を起こした佐川一政は刑罰に処せられることはありませんでした。

そのため、パリ人肉事件で佐川一政に殺害されたオランダ人女性の無念を、ポケモンXYの中に登場する幽霊と思わしき女性の無念さと被らせているという話もありました。

ポケモンXYの製作者のなかに、フランスを舞台とすることが決まった段階で日本人の佐川一政が起こしてしまったパリ人肉事件を取り込もうと発案した人物がいたのではという噂もありました。

ただ、ポケモンXYはミアレシティに出てくる幽霊の話を公式でしながら、『あの幽霊は佐川一政が起こしたパリ人肉事件と関係がある』ということは一言も言っていません。

こういったことからも、より噂が噂を呼ぶ状況になっているのですが、ひょっとしたらポケモンXYの製作者はこのように噂にすることで佐川一政が起こした凶悪な犯罪・パリ人肉事件を風化させないようにしているのかもしれません。

ポケモンXYのゲームをプレイしている人たちは若い人が多いため、佐川一政が起こしたパリ人肉事件のことを知らない人が多いです。パリ人肉事件が起きた時には、まだ生まれていなかったという子も多いでしょう。

ポケモンXYをプレイしていて幽霊のことが気になり、ネットなどで検索して初めてパリ人肉事件や佐川一政のことを知ったという方も多いと思います。

これこそが、ポケモンXY製作者の狙いなのかもしれません。

パリ人肉事件の犯人・佐川一政は裁判にかけられることなく、刑に処せられることはありませんでした。しかし、パリ人肉事件が社会に与えた影響は大きかったため、佐川一政は履歴書を500通以上書いても会社に就職することはできませんでした。

たった一度だけ、ある語学学校が『パリ人肉事件の犯人として有名な佐川一政が本名で応募してくる根性』を気に入り採用を決定したこともあったようですが、職員の猛反対を受けて不採用になってしまったようです。

佐川一政は就職することもできず、小説を書いてもどこの出版社からも取り上げられないため、お金に困る日々を送っています。

すべては佐川一政が悪いことなので自業自得と言えますが、パリ人肉事件のような凶悪事件を起こしながらも佐川一政が現在年金と生活保護で暮らしていることに憤りを覚える方は多いです。

パリ人肉事件の犯人である佐川一政が今後処罰されることはないと思いますが、我々がパリ人肉事件を風化させず佐川一政によって殺されてしまったオランダ人女性のことを思うことが重要なのではないでしょうか。

佐川一政と実の弟はいま、二人で暮らしています。そんな二人の暮らしを追ったドキュメンタリー映画『カニバ/パリ人肉事件38年目の真実』が2019年7月12日から全国公開されます。パリ人肉事件を起こしてしまった佐川一政のことを弟の佐川純さんがどのように思っているのかなどが、映画内で明かされています。

パリ人肉事件が起きてから2019年で38年が経ちましたが、パリ人肉事件の被害者であるオランダ人女子留学生ルネさんが天国で眠っていることを願ってやみません。

そして、私たちもパリ人肉事件のような凶悪事件が二度と起きないように、出来ることを探していきたいですね。

人気の記事