三郷市逮捕監禁致傷事件の概要!神作譲(小倉譲)は再犯で逮捕?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

三郷市逮捕監禁致傷事件とは?

引用: Pixabay

三郷市逮捕監禁致傷事件をご存知でしょうか。

三郷市逮捕監禁致傷事件は、1989年に起きた凶悪事件「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の犯行に関わった「神作譲(小倉譲)」による事件です。神作譲(小倉譲)は、出所後の2004年5月19日に、とある男性を暴行・監禁し、負傷させたとされている事件です。

三郷市逮捕監禁致傷事件は、現在もインターネットで話題になる「コンクリ事件」という、日本犯罪史上に残る凶悪犯罪を起こした神作譲(小倉譲)が、懲りずに再犯を起こした逮捕監禁・傷害事件です。

この記事では、三郷市逮捕監禁致傷事件・犯行内容や、三郷市逮捕監禁致傷事件・犯人の神作譲(小倉譲)について、三郷市逮捕監禁致傷事件を引き起こした神作譲(小倉譲)の前科、再犯であることなど、詳細をご紹介します。

 

三郷市逮捕監禁致傷事件の犯行内容まとめ!

引用: Pixabay

まず、三郷市逮捕監禁致傷事件がどのような事件かをご紹介します。

女子高生コンクリート詰め事件という前科を持つ神作譲(小倉譲)が、三郷市逮捕監禁致傷事件という再犯に至った経緯をまとめました。

 

【1】神作譲(小倉譲)出所後


引用: Pixabay

「三郷市逮捕監禁致傷事件」の犯人である神作譲(小倉譲)は、1989年に起きた凶悪事件「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の準主犯格です。コンクリ事件は、女子高生を拉致・監禁した上に殺害し、死体をコンクリートに詰めて遺棄するという残忍な事件でした。

コンクリ事件当時、17歳だった神作譲(小倉譲)は、コンクリ事件で監禁・強姦・殺人・死体遺棄などの罪状に問われ、1990年7月19日東京地方裁判所で、求刑・懲役13年を言い渡され、少年刑務所を経て8年間服役していました。

服役中、簿記や情報処理の資格を取得した神作譲(小倉譲)ですが、他の受刑者と揉めることも多くあり、仮釈放が認められず、1999年に満期出所した流れです。

出所後、神作譲から「小倉譲」と名字を変えて社会復帰しパソコンのオペレーターや派遣会社などに勤務しました。しかし、会社に凶悪犯罪者であることがバレて白眼視されたり、家族と疎遠になったりして、長続きしなかったと言います。

神作譲(小倉譲)は2002年ごろから働かず、2003年には暴力団に加入しています。こちらも長続きせず、三郷市逮捕監禁致傷事件を起こす前には暴力団を脱退していたようです。

 

【2】神作譲(小倉譲)の言動


引用: Pixabay

定職に就けなかった神作譲(小倉譲)は、もともと居住していた東京都足立区や、埼玉県三郷市に舞い戻りました。そこでは母親と同居しながら、コンピュータ会社でアルバイトして生活していました。

このころ、暴力団の組長が経営する花屋で、花屋店員として勤務する被害者男性と知り合っています。

三郷市逮捕監禁致傷事件・神作譲(小倉譲)の母親は市内でスナックを経営していました。このスナックで彼は過去に起こしたコンクリ事件を自慢するような話をしていたと言います。

三郷市逮捕監禁致傷事件の前にも、被害者男性に対し「少年で10年懲役に行った」「女を監禁したら死んでいた」といった残虐な内容を笑いながら話していたそうです。

また、神作譲(小倉譲)は「俺は警察を騙せる、検事を丸めこめる、ノウハウや知識がある。再犯してもすぐ出られる」と話していたそうです。実際のところは8年服役して仮出所も認められていないので、神作譲(小倉譲)がそう思い込んで自我を保っているか、自分を大きく見せるために誇張しただけに過ぎない話ではあります。

しかし、このような話しぶりを聞いた被害者男性は、神作譲(小倉譲)がとても怖い存在となってしまったようです。

 

【3】被害者男性を襲撃

Array

引用: Pixabay

三郷市逮捕監禁致傷事件・神作譲(小倉譲)は、かねてから被害者男性に「俺の女を取った」などと濡れ衣を着せていました。この神作譲(小倉譲)の思い違いが、三郷市逮捕監禁致傷事件という再犯のきっかけになってしまいます。

三郷市逮捕監禁致傷事件が起きたのは、2004年5月19日の深夜。足立区の路上で、被害者と同居していた知人男性に因縁を付けて殴る蹴るなどしました。

そして次に、被害者男性をバットで脅迫し、車のトランクに押し込みました。40分ほど車を走らせた場所にある神作譲(小倉譲)の母親が経営するスナックに連れていきました。

三郷市逮捕監禁致傷事件で、神作譲(小倉譲)はこのスナックに被害者男性を4時間ほど監禁し「俺の女を取ったな。殺す。俺は、人を殺したことがある。」と言って脅迫しました。神作譲(小倉譲)は、被害者男性を開放する朝になるまでずっと、殴る蹴るなどの暴行を加えました。

三郷市逮捕監禁致傷事件で被害者男性は、顔や体に全治約10日間のケガを負いました。

 

【4】再犯後に逮捕

引用: Pixabay

三郷市逮捕監禁致傷事件で、神作譲(小倉譲)は「今回はこんなもんで済んだが、これからは更にエスカレートしていく」と捨て台詞のような脅迫を言って、被害者男性を解放しました。

三郷市逮捕監禁致傷事件は、神作譲(小倉譲)の勝手な思い込みによる再犯事件となってしまいました。謂れのない因縁でリンチ被害に遭った被害者男性は「次は殺されると思った。そのため警察に届けを出した」と語っています。

通報を受け、2004年6月4日、監禁致傷容疑で逮捕されました。取り調べに対し、神作譲(小倉譲)は容疑を認めて、「ちょっとやりすぎた」と供述したそうで、再犯への反省があまりなかったとされています。

 

犯人の神作譲(小倉譲)は前科持ち?

引用: Pixabay

ここまで三郷市逮捕監禁致傷事件の詳細についてご紹介しました。

上述の通り、三郷市逮捕監禁致傷事件を起こした神作譲(かみさくじょう・1971年5月11日生まれ)は、「女子高生コンクリート詰め事件」を起こして逮捕された前科持ちで、三郷市逮捕監禁致傷事件はコンクリ事件の出所後におこした再犯事件です。

神作譲は、もともとの名前は「小倉譲」でした。グループ犯罪のコンクリ事件で唯一、本名が公開された人物でもあります。神作譲(小倉譲)の特徴は、180cm以上の長身と、半分そりおとした眉、細くキツいツリ目です。

高校の部活で、試合中にケガしたことをきっかけに退部してから、不良少年となった神作譲(小倉譲)。暴力行為で退学になり、アルバイトを転々としていました。

その後、のちに女子高生コンクリート詰め事件を起こす少年たち(宮野・湊・渡邉)と出会い、ヤクザの下っ端となりました。少年たちの扱いは、組の下部組織の更に下っ端で、ヤクザ事務所のトイレ掃除や、洗車、買い物、ヤクザの外出の手伝い程度だったようです。

その時知り合った少年らと起こしたのが「女子高生コンクリート詰め事件」です。女子高生を拉致・監禁し、非道な強姦を繰り返した後に殺害。最後はコンクリート詰めにして遺棄したという、日本の犯罪史上でも歴史に残る凶悪事件です。

コンクリ事件で、神作譲(小倉譲)は「準主犯格」という扱いで裁かれました。コンクリ事件では懲役13年が求刑されています。

三郷市逮捕監禁致傷事件という再犯に際し、コンクリ事件と同様の【拉致・監禁】行為を行なっている神作譲(小倉譲)は、反省の色がないと見られても仕方がないでしょう。

また、コンクリ事件の出所後の神作譲(小倉譲)について、かつての不良仲間たちも「刑務所に行ったのに全然懲りてねえ」とあきれていたようで、三郷市逮捕監禁致傷事件という再犯を起こす予兆は見られたようです。

コンクリ事件の出所後、コンピューター会社に勤務していた時も、勤務態度は非常に悪かったと言われています。名字を変えて社会復帰させてもらっているくらいですから、真面目な態度で働いていれば、職場に前科がバレることもないように思えます。しかし素行の悪さは少年時代と変わらなかったため、会社に悪評が広まり退職。三郷市逮捕監禁致傷事件という再犯の契機となってしまいました。

更に、神作譲(小倉譲)は、コンクリ事件を通報したと思いこんでいる相手がいました。そのため一方的に逆恨みの感情を持っていたとされています。反省の色は全くありませんので再犯事件が起きてもおかしくなかったようです。

三郷市逮捕監禁致傷事件のような再犯を引き起こすに至ったのは、神作譲(小倉譲)の過去への反省のなさが原因かもしれません。それを裏付ける『神作語録』というものがありますので、ご紹介します。

・(三郷市逮捕監禁致傷事件で)人を殺したことがある。お前も本当に殺すぞ!

・10年間懲役を受けて、警察・検事を丸め込むノウハウがある。何が(再犯)あっても、すぐ出て来られる。

・(前科について)楽しかった

・(前科について)本当の主犯は俺だ。

このような発言で周囲を恐怖に陥れていたようです。三郷市逮捕監禁致傷事件のような再犯が起きて、当然の人格かもしれません。現在もこの調子で反省の色がない可能性もあります。

 

犯人の神作譲(小倉譲)は精神崩壊していた?

引用: Pixabay

三郷市逮捕監禁致傷事件を再犯した神作譲(小倉譲)。出所後、神作譲(小倉譲)は母親と同居することとなりますが、その様子を知る人からは「精神崩壊していた」とも言われているようです。

神作譲(小倉譲)はコンクリ事件の服役中に、すでに拘禁反応のような状態が見られたようです。そして出所後に母親と同居していたときの様子を、知り合いのホステスはこう語っています。

・現在も昼間に「ギャー」、「ウー」などと叫ぶことがある。感情を抑えられなくなっているのかもしれない。

・「おふくろが俺の前にいると殴ってしまう」と言っていた。

・母親は現在思いつめた様子である。

・現在を見ると、死刑になったほうが楽だったかもしれないと思う。

これを語ったホステスは、テレビで三郷市逮捕監禁致傷事件について見て、初めて「女子高生コンクリート詰め事件」を起こしたのが神作譲(小倉譲)で、現在勤めているスナックが、三郷市逮捕監禁致傷事件・神作譲(小倉譲)の母親のスナックであることを知ったと言います。神作譲(小倉譲)の母親からは「(三郷市逮捕監禁致傷事件、コンクリ事件が)バレちゃったね。もうどうしていいかわからない」というメールが届いたそうです。

三郷市逮捕監禁致傷事件が発覚後の現在、神作譲(小倉譲)の母親は、店に来ず、家も不在とのことです。三郷市逮捕監禁致傷事件という再犯事件によって、神作譲(小倉譲)本人だけでなく、母親も精神的な問題を抱えてしまったように見えます。

 

犯人の神作譲(小倉譲)の逮捕&判決まとめ!

引用: Pixabay

三郷市逮捕監禁致傷事件は、通報による発覚後の2004年6月4日、神作譲(小倉譲)は逮捕・監禁致傷容疑で、警視庁竹の塚警察署に逮捕されました。

三郷市逮捕監禁致傷事件で、検察側は神作譲(小倉譲)被告に対して、懲役7年を求刑しました。検察側は「(コンクリ事件)出所後、更正する機会を生かしていない。再犯に及んだことは、犯罪性向の根深さをうかがわせる。再犯のおそれは極めて大きい」と指摘しています。

それに対し、2005年3月1日、東京地裁は三郷市逮捕監禁致傷事件・神作譲(小倉譲)に懲役4年の判決を下しました。神作譲(小倉譲)は判決を不服として東京高裁に控訴しましたが、2005年5月13日に控訴を取り下げて、懲役4年の刑が確定しています。

三郷市逮捕監禁致傷事件の裁判は、傍聴券の23枚に対して、120人以上が抽選に参加したと言われています。神作譲(小倉譲)は、三郷市逮捕監禁致傷事件の公判で「人殺ししたと言っていない」と、検察を一部否定しました。法廷に入る際は裁判長・弁護士に頭を下げるなどして、礼儀正しさをアピールしていました。

三郷市逮捕監禁致傷事件で、神作譲(小倉譲)は2005年に懲役4年を言い渡されています。2019年現在、服役を終えて出所している可能性が高いです。現在はきちんと反省していることを願います。

 

三郷市逮捕監禁致傷事件の被害者男性は失踪?

引用: Pixabay

三郷市逮捕監禁致傷事件の判決についてご紹介しましたが、この裁判が行なわれている期間に、三郷市逮捕監禁致傷事件の被害者男性は「失踪」しています。

三郷市逮捕監禁致傷事件の被害者男性が失踪した理由として考えられるのが【復讐を恐れてノイローゼになったから】と言われています。被害者男性(証人)が失踪するというのは、あまり聞いたことがありませんね。被害者の蒸発は異例だと言われていますから、三郷市逮捕監禁致傷事件を再犯した神作譲(小倉譲)が、どれだけ凶悪な人間性か伺えます。

三郷市逮捕監禁致傷事件の服役を終え、現在は出所していると見られる神作譲(小倉譲)。現在は過去を反省して過ごしていることを願うばかりです。

そして、被害者男性が現在どちらで過ごされているのか、現在どのようになっているのかは分かりかねますが、現在の被害者男性のお幸せを祈るばかりです。

 

三郷市逮捕監禁致傷事件。本当の更生は不可能?

引用: Pixabay

この記事では、三郷市逮捕監禁致傷事件についてと、犯人・神作譲(小倉譲)について、三郷市逮捕監禁致傷事件の判決や、三郷市逮捕監禁致傷事件で被害者男性が失踪したことなど、詳しくご紹介しました。

犯罪史上類を見ないほどの凶悪事件「女子高生コンクリート事件」の準主犯格でありながら、出所後も反省の色がなく、再び「三郷市逮捕監禁致傷事件」という拉致・監禁事件を再犯した神作譲(小倉譲)。

このような性格は簡単に変えることはできないのでしょうか。しかしせっかく更生の機会を与えられているのですから、そうではないと信じたいですね。二度と三郷市逮捕監禁致傷事件のような再犯を起こすことがないよう、また、現在は過去の罪を反省して生活していることを願うばかりです。

裁判中に失踪してしまった被害者男性については、神作譲(小倉譲)の勝手で一方的な思い込みで、多大な恐怖を背負ってしまったのでしょう。この事件で失ったものを考えると、被害者男性には同情するばかりです。現在は平穏に過ごされていることを願っています。

人気の記事