田中実(俳優)自殺の真相は?残された妻と娘の現在は?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

田中実(俳優)とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

むーさんさん(@maggie.john.1987)がシェアした投稿

1990年、NHK朝の連続テレビ小説「凛々と」で男性での主役を務めた俳優の田中実さん、その後も「温泉へ行こう」「ウルトラマンメビウス」に出演しどちらも代表作となりました。

その後も刑事ドラマや時代劇にお芝居と俳優としての活動は多岐に渡っていました。

順調に仕事を続けていたように思われていたのですが、2011年に自宅で亡くなっているのが見つかりました。

死因は自殺と見られており自らの手で命を絶ったのです。

原因ははっきりとしたことは分かっていません、亡くなった当日も家族には仕事があると言っており時間になっても現場に現れないことを不審に思ったマネージャーにより発見されました。

前日も変わった様子は無く普通に話していたと周りの関係者は話していました。

1993年には一般の女性と結婚しており1男1女の子供にも恵まれていました。

田中実さんの身には一体何があったのでしょう?

一部噂ではある女優との不倫が原因だったり、膨大な借金を苦に自殺したんじゃないのかという指摘もあります。

 

田中実(俳優)の経歴まとめ!

引用: Pixabay

今回は田中実さんの経歴や事件の真相について調べていきます。

 

【1】生い立


引用: Pixabay

田中実さんは1966年の10月27日に東京都大田区池上で生まれました。

両親は焼き鳥屋「鳥よし」を経営していましたが、父親が亡くなってからは閉店しているみたいです。

地元の学校に入学しており、大田区立蓮沼中学校、東京都立雪谷高等学校の卒業生であることがわかっています。

 

【2】無名塾に入る


引用: Pixabay

田中実さんは高校3年生時に進路に迷っていたことから、世田谷にある俳優「仲代達矢」さんが主宰する俳優を養成する私塾「無名塾」に学校卒業後入塾します。

無名塾では入塾のために実技試験を受ける必要があり、田中実さんが学生時代に演劇やお芝居の経験があったのかは分かりませんが、もし落ちてもどこかへ就職すればいいと軽い気持ちで試験を受けたそうです。

そんな軽い気持ちでしたが試験時に仲代達矢さんに会ったことで、本格的にお芝居を習いたいと気持ちが芽生え、それが実り無事試験に合格して入塾を果たしました。

無名塾

1977年に俳優の仲代達矢さんとその妻である宮崎恭子さんの家に俳優の卵たちが自主稽古に来たり、演技の相談に頻繁に出入りしていたことがきっかけで、無名塾と旗揚げし全国から俳優志望者を募ることになりました。

中代達矢さんが自ら稽古をつけてくれ塾最大の魅力は『入塾費・授業料・施設教材費』が無料という点です。そのため応募者がとても多く数千人の応募に対し合格するのはわずか数名と言われており、「劇団の東大」との異名をとっています。

田中実さんが入塾した当時は毎年1月に応募あったそうですが、現在は不定期で新入塾生を募集しており数年に1度のペースで募集がかかるようです。

劇団の東大と言われるぐらいで現在活躍する俳優さんの中にも無名塾出身の方は多いんです。役所広司さん、真木よう子さん、滝藤賢一さんなどが実は無名塾に入塾して芝居を勉強していました。

無名塾は入るのは厳しいし入塾した後も厳しいことで有名なんだそうです、毎日週6日で稽古が行われ朝は近所の掃除から始まり10キロの距離をランニングして発声練習、稽古、自主練習とハードな毎日なようです。

せっかく合格できてもその厳しさからやめてしまう人も多いんだとか調べてみると俳優の遠藤憲一さんも無名塾に合格しましたがその厳しさからわずか10日で辞めてしまったそうです。その後にしっかりと活躍しているのでやはり才能がある方なんですね。

 

【3】俳優デビュー

Array

田中実さんは無名塾に入塾後、1987年に日本テレビの大型刑事ドラマ『ジャングル』の若手刑事役に抜擢されテレビでのデビューを果たしました。

作品内で一番の若手刑事になり、実直・真面目で優しく未熟な面がありそれが元で失敗も多い人物を演じました。

 

【4】出演していた主な作品

引用: Pixabay

田中実さんを代表する作品を紹介していきます。

凛々と

1990年4月2日から9月29日まで放送されたNHK連続テレビ小説第44作です、放送開局65周年記念作でもありました。田中実さんはこの作品で主役を演じました。

今でも連続テレビ小説は放送されておりほとんどが主人公は女性ヒロインですが、この作品では田中実さんが男性主人公を務めました。

長い連続テレビ小説の歴史の中で男性が主役を務めた作品はこれを含めて2作品しかありません。

この作品は平均視聴率は33.9%、最高視聴率は39.5%を記録し1990年のドラマ視聴率ランキング堂々の1位を記録しています。現在では考えられないような数字で驚いてしまいます。

ちなみにこの年の視聴率ランキングの2位は前作の連続テレビ小説がランクインしており、平均視聴率が30パーセントを超えていたのはこれらのみでした。

刑事貴族2

日本テレビで毎週金曜に放送されていた刑事ドラマです。3まで作られており第1作では舘ひろしさん、郷ひろみさんが主役を務め、2からはコメディなどを交えた路線変更が図られ水谷豊さんが主演を務めていました。

田中実さんは2からレギュラー出演しており、3も続投出演しており全話の話に登場します。

温泉へ行こう

田中実さんと言えば「温泉へ行こうシリーズ」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

1999年から2005年にTBS系列で放送されていた昼のドラマになります、全部で5シリーズに加えスペシャルドラマも放送され人気の高さを伺えます。

主人公の見習い女将の勤める旅館の支配人武藤健司を演じました。シリーズが進むごとに主人公と仲を深め結婚することになります。

ウルトラマンメビウス

それまで刑事ドラマや昼ドラマに出演していましたが、2006年にウルトラマンメビウスにも出演したことで若年層からも認知度を高めました

ウルトラマンに変身する主人公が所属する地球防衛部隊「CREW GUYS」の隊長を演じました。

CREW GUYSの隊長として攻撃戦闘機に乗り込みウルトラマンと共に戦いました。

法医学教室の事件ファイル33

テレビ朝日系列で放送されている大人気テレビドラマです、連続ドラマ2作を経て2時間ドラマとして現在も不定期で放送されています。主演は名取裕子さんが務めています。

スペシャルドラマの33作品目に出演予定だったのですが、残念ながらこの作品撮影中に自殺を図り、田中実さんの最後の俳優としての仕事になってしまいました。

出演部分は全て代役を立てての取り直しになっており、田中実さんの出演部分はお蔵入りになっています。

 

田中実(俳優)が自殺!

引用: Pixabay

2011年4月25日午後3過ぎに大田区の自宅マンションで窓の格子にかけたマフラーで首をつり、床に座るような姿勢でいるのを母親とマネジャーに発見されました。

すでに意識不明で心肺停止状態でしたがマネジャーが人工呼吸をし、母親が119番通報。母親と、仕事先から駆け付けた妻が救急車に同乗し、近くの病院に運ばれたが午後4時20分、死亡が確認されました

警察によると死因は自殺と見られ田中実さんは自らの手で命を絶ちました。

当日もドラマの撮影が入っており普段なら30分以上前には現場に到着しているのに、時間を過ぎても現れなかったため不審に思ったマネージャーが家族と連絡を取り発見に至りました。

マネージャーは前日も電話で喋っており、普段と変わった様子は見られなかったと言うことです。当日の朝も家族には仕事があると言っており誰も自殺するとは思っていませんでした

 

田中実(俳優)が自殺した原因は?

引用: Pixabay

誰にも相談することなく突如自殺を図った田中実さんの身には何が起こっていたのでしょうか。はっきりとした理由は本人しか分かりませんがいくつか噂を紹介します。

 

うつ病だった?

Array

引用: Pixabay

精神的に弱っておりうつ病だったのではないかという指摘があります。事実突然自殺を図る人の多くはうつ病を患っておりまた外からは分からないことも多いそうです。

それを象徴するかのようなブログが事件の2週間前に更新されており、そこでは

空を見上げて
考える時は
何か良い事ありそうな気分
下を向いて
考える時は
どこか気持ちが沈んでるような…
考えるから人間だって
言っていたのは誰だっけ
考えるのは大好き
空を見上げて考えたい
空を見上げて考え続けたい

と書かれておりこれを最後に更新が止まっています。

何か思い詰めるかのような印象を持ちます。

震災が関係?

田中実さんが自殺を図ったのは2011年の4月になり、その1ヶ月前には未曾有の東日本大震災が起こりました。震災から1ヶ月過ぎても避難を余儀なくされている人も多くまた津波で家を失ったり原発で住んでいた場所を奪われた人が連日連夜報道されていました。

テレビは報道番組一色になっており、全国で毎日報道がされていました。

田中実さんはこれらの震災や報道を受けて精神的に病んでしまったのかも知れません。

もしくは震災で誰か親戚や知り合いを亡くしたのかも知れません。テレビでは津波が押し寄せる様子や原発が水素爆発する瞬間などショッキングな映像も多く使われ直接的な関係が無かったとしても誰でも何かしらこたえるものがあったのではないでしょうか。

不安定な収入?

田中実さんがデビューし活躍していた1990年代などはバブル景気も重なりテレビ全盛期の時代でした。ドラマ制作の予算もふんだんにあり派手な演出も目白押しでしたが、現在では特番でのドラマも少なくなり俳優の活躍の場も昔に比べて減ってきています。

田中実さんは自身の俳優業の収入が減っていくことを危惧して悩んでいたのではとも言われています。

朝ドラの主役を務めていただけに田中実さんのギャランティーは高額に設定されておりドラマにキャスティングされる機会が少なくなっていたとも言われています。

収入が少ないのが原因なのかは分かりませんが自殺当日は奥さんは早朝からパートに出かけていたそうです。このことから夫婦2人で働かないと成り立たない生活をしていたのかも知れません。

学生のお子さんが2人いたので保険金などでお金を作ってあげようとしていたのでしょうか。

 

女優が小説で不倫示唆?

大人気シリーズ「温泉へ行こう」で共演していた女優 矢部美穂さんと不倫をしていたのではと言われています。

実際に週刊誌にスクープされたとかでは無いのですが、矢部美穂さんが執筆した自伝的小説『蒼い告白』に出てくる不倫をする男性が田中実さんにそっくりだと話題なんです。

作者の矢部美穂さん自身はフィクションも交えてあると言っており真偽はどうなのか分かりません。

これがバレるのを恐れて自殺してしまったのではと言う指摘です。ですがこの本の出版は自殺をする8年も前になり今更関係を恐れて自殺までしてしまうのは結びつけて考え過ぎと思われます。

 

多額の借金を抱えていた?

引用: Pixabay

田中実さんとお芝居を共演していた役者さんに「古尾谷雅人」さんという方がいます。

この方も2003年に自殺で亡くなっているのですがその原因が多額の借金です。

表向きな家のローンや税金などで膨れ上がった借金と報道されていますが、実際は芸能人専門の高利貸しから借金をしておりそれが元で莫大な負債を抱えたと言われています。

芸能界専門の高利貸しを生業とする詐欺師が同じように田中実さんに接触し借金を作らせていたのではないかと一部で噂されています。

現在ではお金を貸したとされる人物は逮捕されていますが、本人の口からは次々と大物芸能人の名前が出るなど多くの人に高金利でお金を貸し借金を作らせていたと見られています。

こう言ったことは週刊誌レベルでしか報道されておらず表向きは報道することは一種のタブーのように見られています。

 

田中実(俳優)の妻・娘の現在は?

引用: Pixabay

田中実さんは1993年に一般の女性と結婚しており1男1女2人の子供がいました。

周りから夫婦仲が良く円満な家庭と噂されていたのですが、高校生の長男と中学生の長女を残して命を絶ってしまいました。

家族も突然のことで子供達は葬儀の際に棺を前に泣き崩れていたそうです。

現在は子供は2人とも成人しており社会人として働いていると考えられます。

自宅の近所には田中実さんのお母さんが住んでいましたが現在はどうしているのかは分かりませんでした。

 

田中実(俳優)自殺の真相

引用: Pixabay

家族にも恵まれていたにも関わらず自らの手で命を絶ってしまた俳優の田中実さん。突然のことに仕事の関係者や家族でさえも異変は分からなかったと言います。

自殺を示唆するかのような文をブログで綴っていたりと何か心に闇を抱えていたのでしょうか?今となっては誰にも分かりません。

事務所の話では半年先までドラマの仕事が数本決まっていたそうです。演じる役柄と同じように実直で真面目な性格だったらしく悪い意味でも素直だったのかも知れません。

演技を学んでいた無名塾はストイックに演技を教えるのも特徴であり自分を追い込んでしまったのでしょうか。

芸能人に限らないですが周囲が気づかずに本人がある日突然自殺を図ることは珍しいことでは無いそうです。

自殺の真相は闇の中に埋もれてしまいました。

人気の記事