イルミナティ(秘密結社)とは?ユダヤの恐るべき悪魔計画とは?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

イルミナティ(秘密結社)を知っていますか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

@weareallfakesがシェアした投稿

皆さんはイルミナティと呼ばれている秘密結社のことをご存知でしょうか?

イルミナティ(秘密結社)はあのトム・ハンクス主演の大ヒット映画「天使と悪魔」など、様々な作品に出てきたりもしているのでそこで知ったという人は多いかもしれませんし、そうした作品中でのイメージが強いかもしれませんね。

しかしそんなイルミナティ(秘密結社)が…実ははるか昔に作られた実在の組織だったということは皆さん知っていたでしょうか?歴史の裏で暗躍し世界を動かしてきた、影の権力者と言われるほど恐ろしい組織だったということはご存知だったでしょうか?

しかもイルミナティ(秘密結社)は今現在も裏で活動を続けていて、世界・人類を支配するためのある計画を進めている…という風にも言われています。アメリカ同時多発テロ事件など、実際近年起きてきた様々な出来事にも関わりがあったのではないかとされていて

なんと日本で起きた様々な出来事にもイルミナティ(秘密結社)が関わっていたのではないかという噂まであったりするんですよ。実は来年開催されることが予定されていて大盛り上がりとなっているあの東京オリンピックでも何か起きるのではないか…という話も浮上していたりするんです。

そこで今回はこの記事でもそんなイルミナティ(秘密結社)についてもっと詳しくご紹介。そもそもイルミナティ(秘密結社)はどんな組織でどんな歴史があるのか?というのを見ていくと共に、東京オリンピックのように今現在噂となっているイルミナティの様々な謎について追及をしていきます。

こんな恐ろしい組織が自分達が住んでいるこの日本にも関わっていたなんて…考えただけで恐ろしくなってしまいますし、東京オリンピックでも本当に何か起こるのか?とどうしても気になってきてしまいますからね。皆さんの中にもきっと色々知りたくなったという方は多いはず。

そんな皆さんがイルミナティ(秘密結社)についてもっとしっかり知れるようになるためにも、この記事できちんとイルミナティ(秘密結社)のことをご紹介させていただきますよ。

ですので興味がある方はぜひ最後までじっくり読んでいって、イルミナティ(秘密結社)に関する情報を得ていってみてください。

 

秘密結社に関する記事はこちら!


フリーメイソン「666」悪魔の数字に隠された恐るべき意味とは?

 

イルミナティ(秘密結社)とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

kazuki@xeroさん(@kazuki1103xero)がシェアした投稿

それではまずはイルミナティ(秘密結社)の基本的な情報についてご紹介していきましょう。

イルミナティ(秘密結社)がどんな組織でこれまでどんな歴史があったのか。一体どんな目的があって作られた組織で、実際どんな計画や活動があったのか。など、イルミナティ(秘密結社)についての様々な概要についてまとめさせていただきますよ。

ですのでまずはこちらでイルミナティ(秘密結社)についてしっかり知って、映画などとは違うどれほど恐ろしい組織かというのを理解していってみてください。

 

【01】イルミナティ(秘密結社)とはどんな組織か


引用: Pixabay

冒頭でもお話したように、イルミナティ(秘密組織)ははるか昔に作られた歴史上実際に存在していた組織になります。1776年にアダム・ヴァイスハウプトという人物によって設立され、18世紀後半南ドイツやオーストリアを中心に広まるようになりました。

ちなみにどんな組織だったのかというと…イルミナティ(秘密結社)はルシファー(悪魔)を崇拝する組織とされていました。イルミナティという言葉もラテン語で堕天使の代名詞であるサタン・ルシファーに由来していて、「光掲げる者」という意味を持つ言葉になります。

そのため組織の目的も「追放された悪魔を地球に呼び戻す」というのが掲げれていたようです。そして悪魔が戻れるような世界を作るために、自分達が世界や人類を支配するというのが具体的な目標となっていったようですよ。

 

【02】イルミナティ(秘密結社)の更なる目標

Array

引用: Pixabay

またイルミナティ(秘密結社)は悪魔が戻れるような世界を作るために全てを支配する、という目標を実現化するためにさらに「一部の優秀な人間が世界の全てを支配するべきだ」という風にも考えるようにもなりました。

イルミナティ(秘密結社)で集めた優秀な人間が政治や経済を支配し、それを世界全体で統一させ、世界中の人々の行動や思想を完全に自分達が管理しようと考えたのです。そしてそれを組織のメインの目標とし、そのための活動も始めるようになっていったのです。

実際にイルミナティ(秘密結社)は優秀な人材を探し組織にもどんどん所属させていきました。文学・教育・美術・科学・財政・産業と6つの分野における聡明な人物を見つけてはどんどんイルミナティ(秘密結社)へと集めるようになっていったのです。

全盛期にはなんと2000人もの人材を集まり、かなり大規模な組織に成長したとも言われています。

 

【03】イルミナティ(秘密結社)の始まりとは

引用: Pixabay

そんなイルミナティ(秘密結社)は先程もお話したように1776年にアダム・ヴァイスハウプトという人物によって設立されました。

厳密には1776年5月1日に設立。当時アダム・ヴァイスハウプトはバイエルン選帝候領(現在のドイツ南部)のインゴシュタット大学で法学部の教授をしていて、私的サークルのようなものを開き学生を集めていたのですが、その集まりがイルミナティ(秘密結社)のはじまりとなったわけです。

しかし当初は先程お話したような目的があった組織というわけではなく、純粋に宗教に縛られることなく自由に学問を探求するというのを目的としていた健全な組織だったようです。

しかし時間が経つにつれて組織の中に悪魔崇拝の意志が生まれるようになり、それが段々と広まり組織を侵食していってしまったようで…お話したような「悪魔を戻す世界を作るため全てを支配する」という目的も生まれるようになり、危険思想の組織を持つ組織へと段々と変化していってしまったようなんですね。

 

【04】危険思想へと変化していってしまったイルミナティ(秘密結社)

Array

引用: Pixabay

では、どうして当初健全だったイルミナティ(秘密結社)にそんな悪魔崇拝の意志が生まれるようになってしまったのでしょうか?その影響を与えた大きな人物はイルミナティ(秘密結社)の共同設立者でもあるヤコブ・フランクではないかとも言われています。

ヤコブ・フランクはポーランド生まれのユダヤ人で、ユダヤ教の指導者もしていましたが、元々他のユダヤ人とは少し違う考え方を持つような人物でした。普通はユダヤ教でも「神は救世主を必ず送ってくれる」という風に信じるものなのに、

ヤコブ・フランクの場合はそのユダヤ教の思想を捻じ曲げ「この世を破壊すれば救世主を復活できる」という風に実に危険的な考えを持つようになりました。そしてそのために自らが動こうともしていたのです。

そうした彼の危険的な思考がイルミナティ(秘密結社)にも影響を与え、同じように捻じ曲がったユダヤ的思考、危険思想を持つような組織へと変えていってしまい、悪魔崇拝や世界を支配という考え方を持たせるようにしていってしまったのではないかと考えられているんですね。

実際イルミナティ(秘密結社)も悪魔の復活を願っていたわけですから、救世主復活を願うユダヤ教の思考とやはり少し似たところが見られますしね。

ちなみにヤコブ・フランクはその危険な考え方のせいで正統派ユダヤ教から破門されてしまうのですが、その後自身の信者を集めユダヤ教とキリスト教を融合したフランキリストと呼ばれる集団を作ったり、その集団を「改革派ユダヤ教」という名称にして活動するようになったりし一大勢力を築くようにもなります。

ですから人を動かす力や影響力もやはりかなりあったと言えるのです。なので実際にイルミナティ(秘密結社)が彼から受けた影響も非常に大きかったのかもしれません。

 

【05】わずか10年で解散に追い込まれるように

引用: Pixabay

そうして段々と危険思想を持つ組織へと変わっていき、実際にそのための活動も目立つようになっていってしまったイルミナティ(秘密結社)。しかし彼らの活動期間はそこまで長くはもたず…結局1785年には解散することになってしまいます。

危険性の出てきたイルミナティ(秘密結社)を国も危険な組織だと判断し、やがて弾圧するようになっていってしまったのです。そしてその国からの弾圧によってイルミナティ(秘密結社)は結局そのまま解散へと追い込まれてしまうことに…

全盛期は2000人ものメンバーがいた大規模な組織だったというのに、設立からわずか10年ほどで崩壊という形になってしまったわけなんですね。

ちなみにこの時イルミナティ(秘密結社)は国だけではなく、他の様々な勢力からも危険だと感じ圧力をかけられていたとされています。例えばその中の1つがユダヤ教やキリスト教など宗教的な勢力です。

先程のヤコブ・フランク同様、イルミナティ(秘密結社)もやはり「全てを支配して悪魔が戻れるような世界を作る」という危険な考え方を持っていて、ユダヤやキリストの本来の教義に背くような姿勢を見せていたわけですから、

そんなイルミナティ(秘密結社)をうとましく思ったユダヤ教・キリスト教の勢力が背後で圧力をかけていたのではないか、という話もあるのです。実際イルミナティ(秘密結社)は「偽ユダヤ」という風に卑下されたりもしていますし、確かにその可能性もあったのかもしれません。

ハッキリした真実は分かりませんが…いずれにしても危険思想を持つ組織へと変わってしまったことで国や多くの勢力から目を付けられるようになってしまい、早々と解散にまで追い込まれることになってしまったということですね。

 

【06】解散後も活動していたという噂が

引用: Pixabay

ただ…そんなイルミナティ(秘密結社)、10年で解散してしまったというのはあくまで表向きな話だけで…実は解散後もずっと活動を続けていた、という噂も多く聞かれたりします。

お話したようにイルミナティ(秘密結社)は1785年に国やユダヤ教・キリスト教など多くの勢力から圧力を受け解散に追い込まれたとされているのですが

実際はその圧力を逃れるためにあのフリーメイソンに入り込み、その中で活動を続けていた、という風に言われてもいるのです。

ちなみにフリーメイソンもイルミナティ(秘密結社)同様、よく映画など様々な作品に登場してくるので聞いたことがあるという人は多いかもしれませんが…フリーメイソンもまた別の秘密結社になってきます。しかしイルミナティ(秘密結社)とは違い、メンバー同士の親睦を目的とした友愛結社だと言われています。

そんなフリーメイソンもはるか昔、16世紀後半から17世紀初頭にはもう既に作られていて、イルミナティと同じ時期に様々な活動もしていました。なのでアダム・ヴァイスハウプトをはじめとするイルミナティのメンバーは良い隠れ蓑だと思いフリーメイソンに逃げ込んだのではないか、という風にされているのです。

そしてアダム・ヴァイスハウプトはフリーメイソンの中でも最高位まで登りつめ、フリーメイソン内でもイルミナティ(秘密結社)を再び組織し、

フリーメイソンの陰で様々な暗躍を続けていた、イルミナティ(秘密結社)は解散したと思わせて実はその後も長年活動を続けてきた、とこういう説も出てきているんですね。

 

【07】悪魔計画を進めていたという噂も

引用: Pixabay

また、そうしてフリーメイソンの陰で実は活動を続けてきたと噂されるようになったイルミナティ(秘密結社)にはもう1つある恐ろしい噂も浮上するようになりました。

それが、悪魔計画を進めていたのではないか、という噂。

悪魔計画とはイルミナティ(秘密結社)が元々掲げていた「悪魔を地球に呼び戻すために世界・人類全てを支配する」という目標を達成するために組織内で考えた計画とされているものです。

具体的には「人口の削減」「民衆の洗脳」「人工災害を起こす」といったような活動をする計画なんだとか。そうした活動を行うことによって世界・人類をイルミナティ(秘密結社)の理想通りのものに変化させていく。こういう風な恐ろしい計画をイルミナティ(秘密結社)が考えていたとされていたのですが、

解散後、イルミナティ(秘密結社)がまだフリーメイソンの裏で暗躍しているという噂が出てきたことで、「それならその悪魔計画も実際に行っているのではないか?」と多くの人の間でまたこうした新たな噂として話題になるようになったわけなんですね。

ちなみに後ほどまた詳しくお話しますが…実は2019年になった今でもイルミナティ(秘密結社)はまだ活動を続けているという噂があり、この悪魔計画もまだ進めてられているなんていう話も聞かれたりします。

近年起こった様々な出来事も実はその悪魔計画によるものなのではないかと考えられたりしているんです。もちろんあくまで噂ですし、実際どうなのかというところはハッキリしていないのですが…

そのためイルミナティ(秘密結社)は2019年現在でもまだこうして多くの人の間で話題になっているわけですし、他にも様々な噂などが浮上していたりするわけです。

結局昔も現在もイルミナティ(秘密結社)には謎が多く…それにより多くの人が恐怖を感じてしまっているということなんですね。以上がイルミナティ(秘密結社)の大体の概要になってきます。

 

イルミナティ(秘密結社)の謎まとめ!

引用: Pixabay

さて、概要を見てみてもそうしてまだまだ真相がハッキリしないところや、謎も多いとされているイルミナティ(秘密結社)ですが…

実はイルミナティ(秘密結社)については2019年現在でも何かと噂になっていて、「真相はどうなのか?」と謎となっているものが色々あったりするのです。

例えば先程もお話したように、実はイルミナティ(秘密結社)は今でもまだ活動を続けていて、近年世界中で起こった様々な出来事にも関わっている…なんて噂もあったりします。その出来事の中には日本で起きたものも含まれているとか。

また日本で言うと、来年2020年に開催が予定されている東京オリンピックでもイルミナティ(秘密結社)によって何か起こるのではないか?なんていう怖い噂も聞かれたりするんです。…そんなことを聞いてしまうと日本人である私達だって余計にイルミナティ(秘密結社)のことが気になってしまいますよね。

ということで続いてはそんな今現在色々噂となっているイルミナティ(秘密結社)の謎についても追及していきたいと思います。実際どんな噂・謎が出ているのか、詳細はどうなっているのか、そこのところを詳しくまとめさせていただきますよ。

お話したような東京オリンピックの謎などについてももちろんきちんとまとめていくので、気になる方はぜひこちらもしっかりチェックするようにしてみてください。

 

【01】イルミナティ(秘密結社)は現在も活動を続けている

引用: Pixabay

イルミナティ(秘密結社)に関する謎で今最も話題になっているものといえば、やはりコレ。「イルミナティ(秘密結社)は2019年現在も活動を続けている可能性がある?」という謎です。

先程概要のところでもお話したように、イルミナティ(秘密結社)は国やユダヤ教・キリスト教の弾圧によって解散に追い込まれたものの、フリーメイソンに逃れ活動を続けてきたと噂されてきました。その後も特に解散したとか弾圧したとかいう話は聞きません。

そのため「その活動はその後200年以上も続けられてきて、2019年になった今でもまだイルミナティ(秘密結社)は残っているのではないか?」という説も出るようになったわけです。そしてお話したように現在も悪魔計画を進めているのでは、という噂なども出るように。

この後詳しくお話しますが…近年世界中で起きた様々な出来事も実はイルミナティ(秘密結社)の活動によるものという風に言われるようになったりしているんですね。

しかし今現在はイルミナティ(秘密結社)に関する詳しい情報もなく結局真相も分からずじまいなまま…ずっと謎のままになってしまっているというわけなんです。

 

【02】近年起こった様々な出来事もイルミナティ(秘密結社)によるもの

引用: Pixabay

またお話したように、イルミナティ(秘密結社)に関する噂の中には「近年起こった様々な出来事も実はイルミナティ(秘密結社)によるものなのではないか」と言われているものもあったりします。

先程ご紹介した悪魔計画を実行し世界・人類を支配していくために、イルミナティ(秘密結社)がそうして様々な出来事を起こしていき、少しずつ世界を変えていっているのではないか?とこういう噂が立てられるようになってきたんですね。

例えばあの、アメリカ同時多発テロ事件。あの恐ろしく衝撃的な事件も実はイルミナティ(秘密結社)が起こしたものと言われたりしています。

またイルミナティ(秘密結社)の悪魔計画の中には「人工災害を起こす」という計画があるともお話しましたが…近年起きている様々な地震などもその計画の1つではないかとされています。

というのも実はイルミナティ(秘密結社)には実際に人工地震を起こす機械があるなんていう噂もあり、それで地震を引き起こしているのではないかという風にも考えられているのです。日本で近年起きた東日本大震災や熊本の地震などもイルミナティ(秘密結社)によるものではないか、と考えられたりもしているんですよ。

もちろんこれらもあくまで噂というだけであって、イルミナティ(秘密結社)が関わった証拠なども何もないので、結局真相が分からず大きな謎とされてしまっているんですが。

 

【03】イルミナティカードの存在

引用: Pixabay

またイルミナティ(秘密結社)といえば、予言のカードとして話題になっている「イルミナティカード」の存在もあるのですが…皆さんはご存知でしょうか?

イルミナティカードとは1982年にスティーブ・ジャクソン・ゲームズ社が発売した、イルミナティ(秘密結社)をテーマに作られたカードゲームのことなんですが、

実はこのカード本当に不思議なことに…カードに描かれているイラストがこれまで何度も実際の出来事として起こっていて、未来を的確に予言するカードとして大きな話題になっているものなんです。

例えば先程お話したアメリカ同時多発テロ事件もそう。2001年9月11日に実際にあの事件は起こりましたが、1982年に発売されたイルミナティカードの中には世界貿易センタービルにそっくりなビルが破壊されるという内容のイラストが描かれたカードも既に存在していたのです。

また日本で起こった東日本大震災。実はあの出来事もそう。あの震災は2011年に起こりましたが、既に発売されていたイルミナティカードの中には沿岸の街が巨大な津波に襲われるという内容のイラストのカードも存在していたのです。

他にもイラク戦争やトランプ大統領の就任などを表したようなイラストのカードも実際に確認されていますが…とにかくこうしてカードに描かれているイラストが実際に世界中で様々な出来事として起こったことで、イルミナティカードは未来を予言するカードなのではないかと注目されるようになったわけです。

そしてそこから「どうして予言ができるのか?」「イルミナティ(秘密結社)が何か関わっているのではないか?」という噂も立つようになり、現在も真相が解明されないまま大きな謎となってしまっているわけなんです。

これは実際に出来事として起きているわけですし、何度も起きていることですから偶然とも言い難いですし…確かに真相が気になりますしちょっと恐ろしい謎ですもんね。

何か大きな力=イルミナティ(秘密結社)があるのではないかと思わず考えてしまうのも納得という感じですよね。

 

【04】2020年東京オリンピックでも何かが起こる可能性が

引用: Pixabay

ちなみに先程「2020年東京オリンピックでもイルミナティ(秘密結社)によって何かが起こる可能性がある」という噂があるというお話もさせていただきましたが、これもイルミナティカードによって生まれるようになった噂になります。

というのも実は…イルミナティカードの中には東京オリンピックで何かが起こると予言しているようなイラストが描かれているカードも確認されていて、災害やテロ事件などが起こるのではないかと大きな話題になっているのです。

そのカードというのがCombined Disastersと呼ばれるカードになります。イラストの内容は、倒壊する街の中で人々が逃げ惑う様子を描いたものになっているのですが

その逃げ惑っている人々の着ている服の色が五輪のシンボルの色と同じ色、また人々の後ろで倒壊している建物が銀座にある和光の時計塔に似ていることから、東京オリンピックでの様子を予言したものなのではないかと考えられるようになったのです。

そしてそこから、イルミナティ(秘密結社)がオリンピックで何か起こすのではないか、という噂にまで発展するようになったんですね。

もちろん先程もお話したように、イルミナティカードに関しても真相はまだ分かっておらずあくまで噂というところもあるので、実際に東京オリンピックで何かが起こるのかどうかというのもハッキリとは分かりません。もしかしたら何も起こらない可能性だってあります。

しかしこれまで何度もイルミナティカードに描かれたことが現実化しているという実際の例もあるわけですから、本当に何かが起こるのではないかという可能性だって否定はできないわけですし、「どうなるなんだろう…」と実際恐れている人も多くなっているのです。

一体来年2020年はどうなるのでしょう…私達日本人にとっては今1番気になる謎になってきてしまいますね。

 

イルミナティ(秘密結社)の謎を解説!

引用: Pixabay

ちなみにこのイルミナティ(秘密結社)に関する謎の真相、そこについてはやはり…「ハッキリとは分からない」と言わざるをえなくなってしまいます。

やはり2019年現在になってもイルミナティ(秘密結社)に関してはまだまだ分からないことばかりです。むしろ表立って活動していた頃からもう200年以上も経ってしまっているわけですから、その頃に比べると情報もかなり少なくなってしまっていて…ちゃんとした真実を知るというのはかなり難しくなってしまっています。

ですのでどうしても噂ばかりになってしまい、ハッキリとした真相をお伝えするというのもできなくなってしまうんですね。

ただ…たとえ噂でも、イルミナティ(秘密結社)が今現在も存在している、という話は度々聞かれるので、実際存在しているという可能性も非常に高いと言えるのかもしれません。ネット上では「間違いなく存在している」とハッキリ発言している人も見られたりしますし、

あのエリザベス女王やブッシュ一族もイルミナティ(秘密結社)の一員、なんてリアルな噂もよく聞かれたりしますからね。それはやはり実際に今でも存在しているから、そうした噂が浮上してきているということなのではないでしょうか。

もし今でも存在している可能性が高いとしたら、近年起きた様々な出来事に実際に関わっているという可能性だって濃厚になってきますしね。

またイルミナティカードについての謎ですが…これも実はイルミナティ(秘密結社)がカードのとおりに出来事を起こしていっているだけ、なんていうこともよく聞かれたりします。

つまり予言ではないということです。イルミナティ(秘密結社)が世界中に恐怖を植え付けるためにそうしてイラストに沿って出来事を起こし、予言だと思わせるようにしているのではないか、とこういう説があるのです。

確かにカードの予言通りに出来事が起こるなんていうのは不思議すぎますし、その説の方が現実的で実際に有り得そうとも言えます。そうなるとイルミナティ(秘密結社)が今でも存在しているという話もより信憑性が高まってきますしね。

要するに…イルミナティ(秘密結社)が今でも本当にいるかどうかというのはハッキリとは分からないわけですが、実在していると考えた方がそうして他の様々な噂や謎についても辻褄が合うようになってきますし、現実的に考えられることも多くなってくるわけです。

ですのでお話したように…イルミナティ(秘密結社)がいる可能性は非常に高い。そうなると近年の様々な出来事に関わった可能性も高い。イルミナティカードに描かれた出来事も先にイルミナティ(秘密結社)が起こしていただけのこと。

ハッキリした真相というわけではありませんが、この予想が限りなくイルミナティ(秘密結社)の謎の真相に近いものと言えるのではないでしょうか。

 

まだまだ謎多きイルミナティ(秘密結社)

引用: Pixabay

今回はイルミナティ(秘密結社)についてご紹介をしてきましたが、いかがだったでしょうか?

お話したようにイルミナティ(秘密結社)については現在情報が少なくまだまだ謎も多くなってしまっているので、ハッキリと真相をお話できない部分もあったりしたのですが…それでも色々知れたことや参考にできたことなどもあったのではないでしょうか?

結局昔も現在もイルミナティ(秘密結社)は謎だらけのまま。謎が全く解明されず真実が分からないから恐ろしいというところもあったりするんですね。

もちろんイルミナティ(秘密結社)は悪魔崇拝という危険思想を持った組織だったということで、実際も恐ろしい組織だったということは間違いないのですが…その事実に加え、真相が分からずこうして様々な噂が浮上してしまったことで人々にとって余計に怖い存在になってしまったんですね。

果たして本当に彼らは2019年現在の今も存在し続けているのでしょうか?近年の様々な出来事にも本当に関わっていたのでしょうか?真相が分からないのでそこのところも余計に気になってくるところです。

また来年、2020年東京オリンピックも本当に何か起きるのかというところも私達日本人にとっては非常に気になってくるところですね。

実際にイルミナティ(秘密結社)がいるのか何か起こるのかは分かりませんが…できれば何も起きずに無事にオリンピックが終わるよう、みんなで祈りつつその行方を見守ることにしましょう。

今後機会があればイルミナティ(秘密結社)の様子にも注目するようにしてみてください。

人気の記事