MKウルトラ計画をわかりやすく解説!CIAの極悪非道の実験内容まとめ!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

MKウルトラ計画を知っていますか?

引用: Pixabay

皆さんは、MKウルトラ計画という言葉をご存知でしょうか。

MKウルトラ計画とは、わかりやすく言えば、アメリカが洗脳方法を研究し、実際に人体実験を行った計画を指します。まるで作話のようですが、本当にMKウルトラ計画が存在していたことが実証されているのです。

MKウルトラ計画が大きく注目されているポイントは、非人道的な内容であり多くの被験者が死亡したことです。MKウルトラ計画は現在、イルミナティに引き継がれ、多くの芸能人や音楽活動を行うアーティストを洗脳しているといわれています。

MKウルトラ計画は、なぜ始まったのでしょう。そして、MKウルトラ計画の意味や、現在でもMKウルトラ計画が存在しているとの噂について、わかりやすく調べてみました。

 

都市伝説の関連記事はこちらから!


ベルメスの顔とは?wiki風にわかりやすく解説!顔画像&写真を特別公開!

「宇宙の終焉」の真相まとめ!3つのシナリオを個別に解説!

 

MKウルトラ計画の概要【閲覧注意】

引用: Pixabay

MKウルトラ計画は、現在では都市伝説として日本人にも語り継がれています。

MKウルトラ計画とは一体どのような計画だったのでしょうか?MKウルトラ計画の概要について、わかりやすくまとめてみました。

 

【1】MKウルトラ計画とは


引用: Pixabay

MKウルトラ計画をわかりやすく言うなら、「洗脳方法の研究」となります。MKウルトラ計画は、アメリカが洗脳を戦争に応用しようと考えたことが始まりです。

MKウルトラ計画は洗脳方法を研究する為に、1950年から1960年までアメリカとカナダで非人道的な恐ろしい人体実験を行っていました。

MKウルトラ計画の名前は、諸説あるようです。MKウルトラ計画の「MK」は、人体実験の被害者名だったとの説があります。他にも、「MK」はCIAの科学技術部を表すコードであり、ウルトラは第二次世界大戦中に用いられていた隠語の「最重要機密」を表していると見解を示す人もいます。

 

【2】洗脳に注目した理由

Array

引用: Pixabay

MK計画の誕生の裏には、朝鮮戦争が関係しているといわれています。

1950年から1953年に起こった朝鮮戦争では、中国がアメリカ兵の捕虜に対して洗脳を行っていたといわれています。アメリカは、この洗脳に注目していたのです。

しかし、朝鮮戦争でアメリカ軍の捕虜に対して行ていた洗脳を分かりやすくいえば、「言葉と行動を一致させる方法」でした。

中国が行った洗脳方法をわかりやすく説明すると、捕虜に「アメリカのダメだと思うところ」を書くよう促します。捕虜となっているアメリ兵は、中国側の言う通りにアメリカのダメなところを書きます。

書く内容は、簡単で構わないのです。ここから、捕虜と対話して「なぜそう思うのか?」「何が今のアメリカに足りないのか?」などのダメな部分を掘り下げていくのです。

この意見を他の捕虜に聞かせ、メディアでも流します。そうすることで、アメリカはアメリカ兵からも評価の低いダメな国なんだとの意識を刷り込ませていったのです。

このような洗脳方法は、わかりやすくいえば「サブリミナル効果」を用いたものであり、確実に全員が洗脳されるとは言い切れません。また、中国もこれを洗脳だと思っていたかは不明です。

 

【3】MKウルトラ計画の目的

引用: Pixabay

アメリカは確実性があり、ターゲットを絞って洗脳を行いたいと考えていました。MK計画の目的はわかりやすくいえば、大きく2つありました。

MKウルトラ計画の目的の1つ目は、軍人が戦争で戦うだけの目的で動くようになることです。今までの記憶を全て忘れて、戦うことに集中させる目的がありました。わかりやすくいえば、操り人形にしたかったのでしょう。

MKウルトラ計画の2つ目の目的は、スパイに自供させる為に洗脳を使いたかったのです。第二次世界大戦中、ソ連をはじめとし、多くの国でスパイ活動が盛んに行われており、アメリカもスパイ対策に躍起になっていました。分かりやすくいえば、MKウルトラ計画を成功させてスパイから国の情報を守ろうとしていたのです。

 

【4】MKウルトラ計画の実行犯たち

Array

MKウルトラ計画を持ち出したのは、元CIAの長官だったアレン・ダレスでした。アレン・ダレスがMKウルトラ計画を思いついたきっかけは、当時L・ウィルソン・グリーン博士の報告書「向精神性科学物質戦・戦争の新概念」を目にしたことでした。

アレン・ダレスがMKウルトラ計画を考案している中、アメリカ第34代大統領にドワイド・デビット・アイゼンハワーが就任しました。ドワイド・デビット・アイゼンハワー大統領は、アレン・ダレスに絶対なる信頼を寄せていたのです。

アレン・ダレスは、親交の深いドワイド・デビット・アイゼンハワーが大統領になったことで、MKウルトラ計画が実行できる環境が整いました。アレン・ダレスは、CIAで一番薬品に関する知識が深い人物シドニー・ゴッドリーブに命令し、MK計画を進行させました。

MKウルトラ計画の研究者のトップには、L・ウィルソン・グリーン博士に加えて、カナダとアメリカで精神学を学んでいたドナルド・ユーイン・キャメロン医師にMKウルトラ計画の研究を一任しました。

L・ウィルソン・グリーン博士は、世界的に有名な精神科医でした。世界精神科医学会の立ち上げを行った人物です。L・ウィルソン・グリーン博士は、ナチス・ドイツの軍事裁判(ニュルンベルク裁判)にてヒトラーの側近であった人物の精神鑑定を行い、責任能力を認める鑑定をした重要人物でもありました。

L・ウィルソン・グリーン博士は、1953年にナチス・ドイツで発見された人体実験の資料を基に、「サイキック・ドライビング」という精神操作を用いた洗脳に関する論文を発表しました。この論文の発表に注目したCIAは、正式にL・ウィルソン・グリーン博士に資金提供を開始したのです。

 

【5】MKウルトラ計画の規模

引用: Pixabay

MKウルトラ計画は、初めは小規模で進められていましたが、次第に規模を拡大させていきます。MKウルトラ計画は、最終的に185名もの民間研究員が携わっており、74カ所もの病院・研究所・大学・刑務所で非人道的な人体実験を行っていたのです。

この人体実験には、莫大な国家予算が使われていたことと、数万人もの国民がMKウルトラ計画への参加を知らされずに、勝手に被験者とされて犠牲になっていたことが明らかになっています。

 

【6】MKウルトラ計画の終幕

引用: Pixabay

1977年8月2日、多くの国民に拷問のような人体実験を行い、数万人ともいわれる犠牲者を出してきたMKウルトラ計画は、内部告発にて「ニューヨーク・タイムズ」が全貌をスクープしました。これを機に、約250名もの被験者やその家族が訴訟を起こします。

しかし、CIAはMKウルトラ計画について「何も知らなかった、個人が勝手にやっていたこと」とコメントし、当時のMKウルトラ計画の責任者だけが追及を受けて、最後までCIAの関与は否定したのです。

1973年にCIA長官だったリチャード・ヘルムズがMKウルトラ計画に関連する書類を全て破棄したと証言しており、CIAが中心となって行っていた研究との事実が確認できなかったのです。

しかし、被験者となった人たちの証言や残されていた極わずかな資料によって、MKウルトラ計画の非人道的な内容が判明し、「悪魔の実験」と呼ばれるようになりました。

 

MKウルトラ計画の発端はナチス?

引用: Pixabay

MKウルトラ計画は、もともとナチス・ドイツの人体実験が発端になっています。

なぜアメリカ軍は、ナチスドイツの人体実験に手をつけたのでしょうか。ナチス・ドイツの人体実験がアメリカの手に渡った経緯を、ご説明します。

 

【1】ナチス・ドイツに関する資料発見

引用: Pixabay

1945年4月15日、第二次世界大戦も終盤に差し掛かったころ、アメリカ軍はドイツのバイエルン州まで攻撃を広げました。

その時に、「悪魔の穴」と呼ばれる洞窟を発見したのです。「悪魔の穴」をわかりやすくいえば、恐ろしい資料が保存されていた洞窟です。「悪魔の穴」には、ナチス・ドイツに関する重要書類の他、ナチス・ドイツが行っていた人体実験の書類が隠されていたのです。

当時、ナチス・ドイツは世界一の医学の発展を誇る国でした。そのナチス・ドイツで行われていた人体実験の研究データは、アメリカにとっては貴重な資料だったのです。

 

【2】ナチス・ドイツの人体実験

引用: Pixabay

ナチス・ドイツは、1933年にヒトラー内閣が誕生してから、多くの恐ろしい人体実験を行っていたことが判明しています。

ヒトラー内閣は、さまざまな人体実験を行う為に「強制収容所」という名の実験場を40カ所近く建設しました。強制収容所に監修されていたのは、ユダヤ人やポーランド人が主だったといわれています。ナチス・ドイツは、1939年から1945年の間、強制収容所に監修されていた約110万人に恐怖の人体実験を行いました。

強制収容所での有名な人体実験に、双子を用いた実験があります。双子それぞれに目から化学薬品を注入し、目の色の変化を実験したり、切断した体の一部を取り換えて上手く可動できるのかを実験していました。

また、双子を使った「縫合双生児」という実験まで行っていたのです。「縫合双生児」とは、わかりやすくいえば、一つの臓器で双子は生きることが可能なのかを検証する実験でした。1人の臓器を取り出して2人の背中を縫い合わせ、生存が可能かを実験したのです。

また、他にも麻酔を使わずに骨や神経や筋肉の移植実験、人間がどこまで寒さに耐えられるかを実験、マラリアに感染させ死亡後に免疫調査を行う、毒ガスの治療法を研究する為に毒ガスの散布を行っていました。ナチス・ドイツが行っていた人体実験をわかりやすくいえば、人体実験と称した拷問だったのです。

 

【3】ドイツ人の連行

引用: Pixabay

ナチス・ドイツの人体実験に関する膨大なデータをアメリカ軍が発見したことで、わかりやすくいえば、アメリカはナチス・ドイツと同じような道を辿ることになるのです。

ナチス・ドイツの人体実験に関する資料を持ち帰ったアメリカ軍は、CIAの指揮下の元、洗脳の人体実験を開始することになりました。

まずCIAは、優秀な研究者や技術者を集める為、「ペーパークリップ作戦」を実行します。ペーパークリップ作戦をわかりやすくいえば、戦地で兵士として戦っていた優秀なドイツ人の研究者や技術者を集めて、アメリカに連行する計画でした。

そして、1950年に元CIA長官であるアレン・ダレスの指揮の元、MKウルトラ計画が実行されることになりました。

 

CIAの極悪非道の実験内容とは?【MKウルトラ計画】

引用: Pixabay

CIAを中心として行われていたMKウルトラ計画は、被験者にMKウルトラ計画の説明や参加の承諾を得ずに行われていたことが分かっています。

MKウルトラ計画は20年にも渡り水面下で行われてきた実験でした。MKウルトラ計画の被験者を確保する為に、病院・研究所・大学・刑務所と規模を拡大していきました。時に、MKウルトラ計画は一般市民も勝手に被験者とされていたことが分かっています。

ここでは、非人道的で残忍なMKウルトラ計画がどのような内容だったのかを、まとめてみました。

 

【1】拷問

引用: Pixabay

MKウルトラ計画をわかりやすくいえば、人格をリセットして新しい人格を植え付けることでした。人格をリセッさせる為に、MKウルトラ計画は非人道的な拷問を行い被験者たちを精神崩壊へ導きました。

拷問の内容をわかりやすくいえば、水槽に沈める、一切の睡眠を与えない、叱責を与え続ける、性的虐待、殺人を見せるなど、非常に過激な内容だったのです。MKウルトラ計画では、これらの拷問を被験者に何カ月も繰り替えし行いました。

MKウルトラ計画の被験者には、子供も多く含まれていました。MKウルトラ計画では、7歳未満の子供に対して性的暴行を繰り返し行っていたことが明らかになっています。MKウルトラ計画の裏では、小児性愛者である異常な大人たちの犠牲となった子供が多く存在していたのです。

 

【2】薬物投与

引用: Pixabay

MKウルトラ計画では、さまざまな薬物が使われていました。マリファナやコカインも使用されていましたが、その中でも一番用いられていたのは、LSDというとても強い幻覚剤だったのです。この幻覚剤を投与することで、スパイの自供を得ることが目的でした。

ところが、あまりにも幻覚作用が強すぎて、供述内容の信憑性に疑問が生まれました。MKウルトラ計画は、LSDの効果を立証する為に、本人の同意なくCIAの職員に投与実験を行いました。投与されたCIAの職員は幻覚作用から自殺してしまいます。

CIA内でも極秘に行われていたMKウルトラ計画が、他のCIAの職員に知れることを恐れ、今度は一般市民を対象に被験者を広げていったのです。

薬物を70日以上に渡り投与され続けた被験者たちの多くは、薬物中毒にて死亡しています。また、生き残った被験者も、人格崩壊や廃人となり日常生活に大きな弊害を生んだのです。

 

【3】電気ショック

引用: Pixabay

MKウルトラ計画では、電気ショックも使われていました。

電気ショックをわかりやすく説明すると、こめかみ部分に電気ショックを与え続けることで、脳に「てんかん発作」のような症状を引き起こさせます。この電気ショックを100回以上繰り返し行うことで、次第に記憶を忘れていくように仕向けたのです。

しかし、電気ショックは脳が受けるダメージが大きいことから、記憶喪失だけでなく言葉・感情・日常動作も全て忘れてしまう被験者を多く出てしまいました。また、脳がとても敏感に反応する状態になってしまい、少しの物音や接触で過剰反応を引き起こしてしまうのです。

また、電気ショックを与え続けられた人は、感情のコントロールが不可能となり、突然大声を出したり、訳の分からない言葉を連呼する言動が観られていました。電気ショックを受けていた被験者の家族は、これらの言動は精神疾患の症状だと勘違いしており、人体実験の被験者にされていることに20年も気がつかなかったのです。

 

【4】サイキック・ドライビング

引用: Pixabay

サイキック・ドライビングをわかりやすくいうと、精神の操作です。

ナチス・ドイツも使用していた洗脳方法になります。何日も繰り返し同じスピーチを吹き込んだテープを聞かせます。このテープの声も、さまざまなパターンで実験しています。自身の声や他人の声、複数の人間の声を重ね合わせたり声質を変えるなど、どの声が一番洗脳されるのかを試していたのです。

サイキック・ドライビング実験では、ヘルメット型のヘッドフォンを使用し、絶対に自分で外せないようになっていました。

サイキック・ドライビング実験を受けていた被験者たちは、実験後にも「殺せと命令する声が聞こえる」など幻聴に悩まされています。MKウルトラ計画にて、人格を支配されてしまったことが分かっています。

 

【5】放射線人体実験

引用: Pixabay

MKウルトラ計画でも、特に非人道的で恐ろしい実験が放射線人体実験です。放射線人体実験では「ウラン235」を直接注射したり、放射能汚染した食事を与え続けたり、放射線を照射したりと、さまざまな放射線人体実験を行ったのです。

しかし、放射線人体実験の真の目的は明らかになっていません。洗脳が目的ではなく、放射線によってどのような障害が起こるのか、また放射線を浴びた母体から産まれる子供についての人体実験だったといわれています。実際に、妊婦に放射線を照射していたことも分かっています。

また、放射線人体実験の被験者は、貧困・虚弱者・知的障害者・囚人などに絞り込まれて実験が行われていました。放射線の照射実験では、ほぼ被験者が死亡しています。

この放射線人体実験は、あまりにも残酷な内容から真実ではないと見る人もいました。しかし、1995年に大統領直属の審問委員会に取り上げられ、被験者となった人が出廷し証言したことで、真実だったことが証明されたのです。

放射線人体実験の目的は、「核実験」だったとも噂されています。戦争で核を使用する為に、アメリカは研究を重ねていたともいわれているのです。

 

MKウルトラ計画は現在も進行中?

引用: Pixabay

現在、MKウルトラ計画を引き継いでいると噂されているのが、イルミナティです。

イルミナティは、悪魔崇拝者の集りとされています。イルミナティは消滅したとされていましたが、実は現在もアメリカではイルミナティが存続しているとの証言があります。

アメリカの芸能人や音楽活動を行うアーティストは、イルミナティと契約しなくては売れないといわれているのです。イルミナティと契約した芸能人や歌手は、メディアを通し悪魔崇拝の洗脳を広げているとの噂が存在しています。

ここでは、現在イルミナティの洗脳を受けていると噂のある芸能人や音楽活動を行うアーティストを、ご紹介します。

 

【1】レディ・ガガ

 

この投稿をInstagramで見る

 

cherryさん(@chie.hayashi.522)がシェアした投稿

現在、世界中で圧倒的な人気を誇っているレディ・ガガですが、彼女はイルミナティのメンバーであると公言した芸能人の1人です。それは、レディ・ガガに密着したドキュメント番組での告白でした。

レディ・ガガが、まだ駆け出しだった頃、クラブで知り合った男性にイルミナティとの契約の話を持ち掛けられました。イルミナティと契約したら、絶対に音楽業界でも芸能人としても成功すると言われたのです。

それは、音楽や芸能人としての活動を通して悪魔崇拝の洗脳を広げるということだったのです。レディ・ガガは、上手くいかない音楽活動や芸能人としての道に悩んでいた為、イルミナティと契約を結びました。

イルミナティと契約した直後に、レディ・ガガは音楽活動で成功します。現在、レディ・ガガは音楽活動を行うアーティストとして、また芸能人として頂点に上り詰めました。

レディ・ガガの音楽にはどこか不安感を煽るような不気味さを感じたり、アルバムのジャケットやミュージックビデオには、イルミナティであることを表すサインが多く組み込まれています。世界中の人が、いつの間にかイルミナティの洗脳を受けているのです。

しかしレディ・ガガは、次第に悪魔崇拝を自身の音楽や芸能人としての活動で広めることに後悔するようになったのです。また、イルミナティからの洗脳によって、レディ・ガガは感情をコントロールできなくなり、情緒不安定な状態に陥っていきます。

現在、レディ・ガガはイルミナティとの契約を絶つために、戦っているといわれています。レディ・ガガがイルミナティとの契約解消することを決心した時に線維筋痛症を発症し、全身の痛みに襲われたのです。それは、悪魔が彼女の体を支配して乗っ取ろうとする現れだといわれています。レディ・ガガが悪魔との契約を解消できる日がくるのでしょうか。

 

【2】ブリトニー・スピアーズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

さとかさん(@satuuka)がシェアした投稿

ブリトニー・スピアーズもレディ・ガガと同様に、イルミナティと契約したことによってイルミナティの洗脳を受けているといわれています。

ブリトニー・スピアーズも音楽活動で成功を収めた芸能人です。ブリトニー・スピアーズは、デビューして直ぐに爆発的ヒットを飛ばし、音楽界に突如現れた彗星のようでした。全世界のティーンエイジャーに支持される音楽を発信し続けてきたブリトニー・スピアーズは、芸能人として成功したのです。

しかし、度々奇行をスクープされ世界中の注目を浴びました。芸能人として、音楽活動やモデルの仕事が順調の最中、丸刈り事件が発生しました。ブリトニー・スピアーズは突然美容室に乗り込み、自身で丸刈りにしたのです。他にも、パパラッチの車に傘の先端で襲撃したり、多重人格者であるような発言を繰り返したりと、お騒がせ芸能人となってしまいました。

その度に、薬物の使用が疑われ、矯正施設に入れられています。ブリトニー・スピアーズの一連の騒動は、イルミナティの洗脳で人格が崩壊しコントロールが効かなくなった状態だったといわれています。矯正施設に入ることで再度イルミナティの洗脳を受け、芸能人として復帰しているといわれています。

現在は、子供たちと穏やかに生活してるブリトニー・スピアーズですが、また人格崩壊が現れる時が来るかもしれません。

 

【3】ケイティ・ペリー

 

この投稿をInstagramで見る

 

mignon編集部さん(@mignoncomi)がシェアした投稿

世界的な歌姫の代表ともいわれているケイティ・ペリーですが、彼女もまたイルミナティと契約した為、芸能人として音楽業界で成功した人物といわれています。

ケイティ・ペリーの元カレがユダヤ系のキリスト教信者であり、イルミナティから彼女を洗脳するよう指示を受けていたといわれています。

ケイティ・ペリーは両親と不仲であることを公言していますが、両親は熱心なキリスト教信者です。ケイティ・ペリーがイルミナティと契約したことで、家族仲に亀裂が入ったといわれています。

ケイティ・ペリーのミュージックビデオにも、イルミナティを象徴するシンボルが大きく映っており、音楽を通して悪魔崇拝の洗脳を全世界に向けて行っていると見られています。

しかし、最近ではケイティ・ペリーも「これまでの自分とは決別したい」との発言をしていることから、イルミナティとの決別が囁かれています。

 

【4】メル・ギブソン

 

この投稿をInstagramで見る

 

雅巳さん(@ya.si158)がシェアした投稿

ハリウッドの有名俳優であるメル・ギブソンが「芸能人は子供の血を飲んでいる。芸能人は若い子供の血を飲むことで、エネルギーを得られると信じている。芸能人のこうした風習は何十年もの間、受け継がれてきた」と告白したのです。

メル・ギブソンの告白は、全世界を震撼させました。しかし、昔からハリウッドではイルミナティの洗礼を受けなければ、芸能人として成功しないとの噂も絶えずありました。

アメリカの芸能人は、イルミナティと契約しないと売れないといわれています。イルミナティとの契約に関して告白した芸能人は他にも多数存在しているのです。

イルミナティとの契約を告白した芸能人たちは、その後も芸能人として生きていける人は少なく、告白した芸能人の大半は干されています。もちろん、メル・ギブソンもハリウッドから干されてしまいました。

アメリカの芸能人や音楽活動を行っているアーティストの多くが、イルミナティの洗脳によって苦しめられており、芸能人の人格崩壊や感情コントロールに支障をきたす状況が問題視されています。芸能人や音楽活動をするアーティストにとって、売れることはイルミナティの洗脳から一生逃げられないことを意味しているのかもしれません。

 

人類は洗脳された猿なのか【MKウルトラ計画】

引用: Pixabay

MKウルトラ計画は、アメリカが洗脳方法を生み出す為に、多くの市民が人体実験の犠牲となった研究計画でした。MKウルトラ計画の内容は、拷問・薬物投与・電気ショックから、終いには放射線人体実験を行うといった非人道的な人体実験を行っていました。

MKウルトラ計画は資料の殆どが破棄されており、未だ全貌が明らかになっていません。現在でも、MKウルトラ計画の被験者にされたことで、大きな後遺症と戦っている人たちがいます。

MKウルトラ計画の洗脳方法は、現在イルミナティによって引き継がれていると噂されています。世界中に影響を及ぼす芸能人や音楽活動を行うミュージシャンは、イルミナティと契約することで成功を収めるといわれています。

しかし、芸能人や音楽活動を行うミュージシャンは成功の代償に、自身も悪魔崇拝の洗脳を受けなければならないことや、悪魔崇拝の洗脳をメディアを通して発信しなくてはならないのです。

イルミナティの洗脳に苦しんでいる芸能人や音楽活動を行うアーティストが多く存在しています。今のMKウルトラ計画の被験者は、世界中の人間なのかもしれません。

人気の記事