国際結婚は大変?おすすめの国や出会い方まとめ!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

国際結婚とは?

引用: Pixabay

国際結婚とは読んで字のごとく「国籍を異する」者同士の結婚(婚姻)であります。

日本における国際結婚の割合ですが、1970年に僅か0.54%であったものが、1980年代以降一気に急増。2005年には5~6%までアップしていたことが平成19年の厚生労働省による人口動態統計調査により明らかになりました。

また、2010年度の厚生労働省人口動態統計年報によると結婚総数(婚姻件数)の約4.3%が国際結婚であることがわかったのです。この数値においては1980年代の0.9%と比較すると大幅に増加していることは一目瞭然だったのでしょう。

ただし、ビザ取得目的である「偽装結婚・結婚詐欺」の摘発が増えてしまったことから2000年代半ばまで急増の一途を辿っていた国際結婚数は徐々に減少し始めていくこととなったのです。

 

日本人の結婚相手の傾向とは?

 

女性は「非アジア諸国」男性は「アジア圏内」が主流


引用: Pixabay

日本人女性の国際結婚では「非アジア諸国」、特に欧米諸国の男性が多く、逆に日本人男性の国際結婚相手には順に「東アジア・東南アジア・東欧諸国」となっております。

「法務省在留外国人統計」から見た2007年時点の「日本人の配偶者を持つ在留資格者」の国の内訳は・・・

  • ロシア(2.059人)
  • ルーマニア(1.177人)
  • ウクライナ(595人)

以上の総勢3カ国(3.831人)の方々が「配偶者ビザ滞在」である事がわかったのです。また、後に「永住ビザ」に切り替える方は実に多くいらっしゃり2007年時点で切り替えた方々の内訳は・・・

  • ロシア(1.177人)
  • ルーマニア(323人)
  • ウクライナ(234人)

以上の総勢(1.734人)なり「在留資格者」と「一般永住者」を合わせると計(5.000人)越えに。また「日本在住の東欧諸国出身者」の割合は女性が高い傾向にあったのです。

 

47都道府県・男女別~国際結婚分布率ランキング

引用: Pixabay

では次に男女別国際結婚分布率ランキング(2012年)をご覧ください。この分布率から日本人の女性や男性の国際結婚の傾向が一目瞭然だったのです。

 

【1】女性編


引用: Pixabay

  • 沖縄県(3.56%)
  • 東京都(1.84%)
  • 大阪府(1.47%)
  • 神奈川県(1.37%)
  • 京都府(1.18%)
  • 兵庫県(1.11%)
  • 愛知県(1.03%)
  • 青森県(0.94%)
  • 千葉県(0.93%)
  • 山口県(0.92%)
  • 埼玉県(0.89%)
  • 三重県(0.79%)
  • 群馬県(0.78%)
  • 長崎県(0.77%)
  • 長野県(0.73%)
  • 茨城県(0.67%)
  • 静岡県(0.66%)
  • 岐阜県・福岡県(0.62%)
  • 山梨県(0.54%)
  • 栃木県・奈良県(0.53%)
  • 広島県(0.52%)
  • 岡山県・滋賀県(0.51%)
  • 北海道(0.41%)
  • 佐賀県(0.40%)
  • 大分県(0.39%)
  • 島根県(0.35%)
  • 和歌山県(0.34%)
  • 富山県(0.33%)
  • 秋田県・石川県(0.32%)
  • 宮城県・宮崎県(0.30%)
  • 香川県(0.29%)
  • 福井県(0.28%)
  • 熊本県(0.27%)
  • 山形県・高知県・新潟県(0.25%)
  • 福島県・徳島県(0.24%)
  • 岩手県・愛媛県(0.20%)
  • 鹿児島県(0.19%)
  • 鳥取県(0.18%)

このランキングから、女性の国際結婚率が高いのは「三大都市圏と沖縄に集中」していることがおわかりになるのでしょう。また、これらの地域には在日アメリカ人が多く日本人女性が国際結婚しやすい環境でもあったわけなのです。

~ロマンチックな欧米人にハートをロックオン~

「女性がなぜ欧米人と国際結婚したがるのか?」その理由についてですが、英語圏である安心感と日本となじみ深い国ということが大きな理由だったのです。また日本人男性にはない特徴が日本人女性を魅了していたものと思われます。

  • 愛を言葉で表現
  • 愛のスキンシップを欠かさない
  • レディファーストである
  • ルックスが抜群
  • ナイスガイ
  • 大らか

以上のように「外国人特有の愛情表現や国民性」に心を奪われる日本女性が多くいらっしゃったことがおわかりになられたのでしょう。逆に日本人男性においては・・・

  • ありがとうをいえない
  • スキンシップを面倒くさがる
  • 男が一番
  • 気配り目配りが足らない
  • ワンマン

などといった不満を持つ日本人女性が多かったのも事実だったのです。では、次に男性ランキングを見てまいりましょう。

 

【2】男性編

Array

引用: Pixabay

  • 岐阜県(3.98%)
  • 愛知県(3.86%)
  • 長野県(3.77%)
  • 千葉県(3.71%)
  • 東京都(3.51%)
  • 富山県(3.41%)
  • 山梨県・栃木県(3.36%)
  • 群馬県(3.27%)
  • 埼玉県(3.05%)
  • 茨城県(2.85%)
  • 静岡県(2.85%)
  • 福井県(2.83%)
  • 大阪府(2.78%)
  • 三重県(2.74%)
  • 岡山県(2.24%)
  • 滋賀県(2.22%)
  • 兵庫県・京都府(2.15%)
  • 山形県(1.99%)
  • 広島県(1.97%)
  • 鳥取県(1.92%)
  • 和歌山県(1.91%)
  • 福島県(1.82%)
  • 新潟県(1.70%)
  • 徳島県(1.69%)
  • 山口県(1.57%)
  • 宮城県(1.49%)
  • 奈良県(1.48%)
  • 石川県(1.40%)
  • 愛媛県(1.38%)
  • 福岡県・熊本県(1.31%)
  • 香川県(1.27%)
  • 島根県(1.22%)
  • 岩手県(1.21%)
  • 大分県(1.20%)
  • 高知県(1.11%)
  • 佐賀県・秋田県(1.00%)
  • 長崎県(0.93%)
  • 宮崎県(0.81%)
  • 青森県・沖縄県・鹿児島県(0.79%)
  • 北海道(0.59%)

男性においてはこれらのランキングから「本州中央部」での国際結婚率が高いことがおわかりになられたかと思います。これらの地域は「在日フィリピン人・中国人・ブラジル人」が多い場所になり、おのずと日本人男性がこれらの国々の女性と出会う環境下にあったわけでした。

また実際のところ「国際結婚するなら英語圏の女性がいい」という日本人男性がアメリカ人女性との国際結婚を希望する事に関してはいたって女性と変わらないところだったのかもしれません。

 

国際結婚国内統計から見る「国際結婚の内訳」

引用: Pixabay

では、これから国際結婚国内統計を見てまいりましょう。

また、この統計調査結果には、海外で挙式を行ったカップルの数は含まれていないことからこの調査結果が日本人の国際結婚の正確な目安にならないということをご了承ください。

 

【平成28年度国際結婚国内統計~女性編】

引用: Pixabay

日本で婚姻届を提出した日本人女性の国際結婚相手の内訳は以下のようになっております。

  • 1位 韓国・朝鮮人(26%)
  • 2位 アメリカ人(17%)
  • 3位 中国人(13%)
  • 4位 ブラジル人(5%)
  • 5位 イギリス人(3.9%)
  • 6位 フィリピン人(2.4%)
  • 7位 その他(34%)

現在、もめにもめている韓国がトップとなっております。冷めきった日韓関係ですが、実際のところは「男女間」においてそのような隔たりは一切関係なかったといえるのでしょう。

また、日本人女性が韓国人や朝鮮人男性との国際結婚が多い理由ですが、2016年時点にて日本国内には「在留資格・一般永住権」を持つ中国人と韓国・朝鮮人が約50%を占めていた背景が影響していたものと思われます。

 

【男性編】

Array

引用: Pixabay

次に日本人男性の国際結婚国内統計の内訳は以下になります。

  • 1位 中国人(37%)
  • 2位 フィリピン人(23%)
  • 3位 韓国・朝鮮人(14%)
  • 4位 タイ人(6.4%)
  • 5位 アメリカ人(1.7%)
  • 6位 ブラジル人(1.5%)
  • 7位 ベトナム人(1.2%)
  • 8位 その他(17%)

過去に「結婚したい外国人ランキングで最下位」だった中国人女性が全体の3分の1以上を占めてトップに君臨するという結果となっております。結局のところ日本人男性は英語圏内の欧米人女性との結婚に憧れる一方で、同じアジア人女性に落ち着く図となったわけなのです。

日本人の男性においては男尊女卑の習慣が今だにあることから「男を立てて一歩引いて後を付いてくる」ようなアジア人女性に魅了されることはいたしかたがないことなのかもしれませんね。

 

日本人にオススメなわけとは?~統計結果から見た男女の相性【女性編】

引用: Pixabay

では、これから統計結果をもとに各国の男性との日本人女性の相性について見てまいりましょう。まずはさきに「女性編」をご紹介させていただきます。統計結果上位の1位〜5位までを解説させていただきます。

 

【1】韓国

引用: Pixabay

韓国人男性は非常にロマンチストで好きな女性にはトコトン尽くす傾向にあります。また、好きな女性のためにこっそりとサプライズを用意するイキな計らいをすることが多い韓国人男性。日本人女性にとって国際結婚を意識してしまうのは当然なのでした。

だだし、韓国人男性の愛情は「強烈な傾向にある」ため最初は戸惑ってしまう日本人女性なのでしょうが「男性から一途に愛されたい!」という女性には最高なパートナーとなるのかもしれません。

 

【2】アメリカ

引用: Pixabay

アメリカ人男性はすごくさみしがり屋。毎日一緒にいる妻や彼女なのにちょっと離れただけでも「出先からメールしてみたり電話入れてみたり」と本当に甘えん坊な方が多いのです。そのようなアメリカ人男性に日本人女性がメロメロになるのはいうまでもないのでしょう。

家の中でも手つなぎをしてくる情熱的なアメリカ人男性に乙女心を猛プッシュされるのは間違いないのかもしれません。

 

【3】中国

引用: Pixabay

中国男性は常に女性への敬意を忘れないという特徴があります。そのことから女性への対応は実に紳士的で「女性に優しく接する」ことが身に付いている中国男性。

一方で、大変しっかりとした一面を持っていてある意味頑固な部分も持ち合わせているのですが「向上心も非常に高く目標に向けて真っ直ぐに突き進む」姿は日本人女性にとっても非常に頼もしい男性になるのでしょう。

 

【4】ブラジル

引用: Pixabay

とにかくイケメンが多いとされるブラジル男性。そのうえ明るくて友人がいっぱいいるフレンドリーなブラジル男性にときめいたという日本人女性はいっぱいいらっしゃるのでしょう。

家族も非常に大切にするブラジル男性は恋愛においても大変ロマンチストで、デートの際にも女性に目配りや気配りできる繊細さを持ち合わせる優秀な男性だったのです。

 

【5】イギリス

引用: Pixabay

英国人男性が好きになる女性のタイプは、しっかりと自分の意見を持ち、キチンと男性に伝えられる表現力豊かな女性を非常に好むようでした。

さらには自分と同じような教養高きインテリジェンスを大変好ましく思う傾向にあり「小切れ良く話をする頭の良い女性」には目のないイギリス人男性だったのです。

 

日本人にオススメなわけとは?~統計結果から見た男女の相性【男性編】

引用: Pixabay

では、次に統計結果をもとに「各国の女性と日本人男性の相性」について見てまいりましょう。

同じく統計結果上位の1位〜5位までを解説させていただきます。

 

【1】中国人

引用: Pixabay

堅実な中国人女性は、日本の教育制度にも大変関心が高いとされております。また、自国の家庭水準が高くない点において中国人女性にとって日本人男性との国際結婚は最高の憧れ。

日本人男性と国際結婚することにより自身の子どもに豊かな教育を受けされたいと思う気持ちが非常に強くいうなれば「良妻賢母」の要素を多く含んだ素晴らしい中国人女性だったのです。

日本人男性にとっても決して損する相手ではないといえるのでしょう。また中国人女性から「紳士的で責任感があって洗練されているイメージ」を持たれていた日本人男性とのことでした。

 

【2】フィリピン

引用: Pixabay

家庭的なフィリピン女性は、大変褒め上手で男性を持ち上げる能力に長けた、まさに日本男性にピッタリな女性だったのです。

大黒柱への尊敬・尊重心が高く妻の鏡といっても過言ではなかったのでしよう。夫への「おもてなし精神」に厚く至れり尽くせりなフィリピン女性は「家庭を一番に考える」日本人男性には最高な女性といえるのでしょう。

 

【3】韓国

引用: Pixabay

強い愛情から好きな女性を縛ってしまいがちな韓国人男性と相反して「日本人男性は束縛もなく互いを尊重し合える相手」と韓国女性に大変人気のあった日本人男性だったのです。

日本人女性においては「口数少ない夫や彼氏」に業を煮やす方は多いのですが、韓国人男性の強力な男尊女卑の精神に疲れ果てる韓国人女性からすると物静かな日本人男性が「誠実」に見えて仕方がなかったのでしょう。

 

【4】タイ

引用: Pixabay

タイ人女性は家族をとても大事にして、双方の親を敬う心優しい女性が多いとされています。仏教の教えにもあるように年配者を敬う気持ちが非常に強いタイ人女性なのでした。

母性本能も強く夫には身を粉にして尽くすタイ人女性は、一方で非常に嫉妬深い面もあるようなので「家庭第一」に考える日本人男性であれば最高に頼もしい存在といえるのかもしれません。

 

【5】アメリカ

引用: Pixabay

人目をはばからずに人前でも大胆にハグやキスをしてくるアメリカ人女性に「一度はお付き合いをしてみたい」と思った日本人男性は多いのでしょう。奥ゆかしい日本人女性に対し、物足りなさを感じる男性は少なからずいらっしゃるのかもしれません。

優柔不断な傾向にある日本人男性にっては「社交的で大胆なアメリカ人女性」はある意味改革的な存在である事には間違いないのでしょう。

 

夢の国際結婚~出会い方のコツとは?

引用: Pixabay

このような相手と理想的な国際結婚をするためには、まずは出会いが最低条件となってくるのでしょう。これから国際結婚を狙う男女にその出会い方のコツをピンポイントに解説させていただきます。

 

【1】外国人がいそうなBAR

引用: PAKUTASO

出会い方のコツ~その1「外国人がいそうなBAR」

これは国際結婚を狙っている男女なら常識の常識なのでしょう。そこは便利なネットを検索して外国人が経営しているお店やお客様に外国人が多い店を探せば容易い事なのかもしれません。そのお店の常連になればおのずと他のお客さんとも交流が深まりチャンスがいっぱい訪れてくるからでした。

 

【2】語学教室

引用: Pixabay

出会い方のコツ~その2「語学教室」

このような場所だと自然な感じで外人さんと触れ合えることができるのでしょう。イケメン講師や美女講師がいることは珍しくはなく、生徒になってグッと距離感を縮めるのも手なのかもしれません。

女性なら少し「あざとい」くらいがちょうどよいといえるのでしょう。男性ですとやはり「紳士的な対応」をする方が手堅いといえるのかもしれません。

 

【3】フィットネスジム

引用: Pixabay

出会い方のコツ~その3「フィットネスジム」

日によっては半数以上が外国人で埋め尽くしているフィットネスジムは珍しくないようでした。

いろいろなプログラムを合わせながら汗を流すと滞在時間が長くなる事は勿論のこと、会話が弾んでより親しくお近付きになれるのでしょう。一緒に汗をかきながら「仲間意識を高める」ことで距離感もずいぶん縮まるので是非おためしあれ!

 

【4】米軍基地関連の催しもの

引用: Pixabay

出会い方のコツ~その4「米軍基地関連の催しもの」

日本各地に配置されている米軍基地。基地によってはイベント開催を行ったり米軍の軍人らとパーティを行うところもあるようです。

米軍という性質上「女性限定」となるのですが、中には女性兵士や女性士官もいらっしゃるので男性にもささやかながらチャンスがあるといえるのかもしれません。

 

【5】婚活アプリ

引用: Pixabay

出会い方のコツ~その5「婚活アプリ」

国際結婚を狙うなら一番楽チンに外国人と出会えるのが「婚活アプリ」でした。

外国人が日本の結婚相談所に出入りすることはあまりないようなので、そんな時に便利なのがこのアイテムだったのです。参考までに、アメリカ生まれの世界最大級といわれている「マッチドットコム」を利用すれば手軽にお相手探しが可能になるのでしょう。

さらにステップアップを狙うなら「USドットコム」で各国版を使うとより色々な国の男女と交流を図ることが可能に!

 

実は離婚率の高い国際結婚〜原因と対処法とは?

引用: Pixabay

各種出会い方を参考にして外国人制覇をしたとしても・・・やはり国際結婚にも避けられない「離婚」が存在するのはいうまでもないのでしょう。

そこで「国際結婚の離婚に発展する原因とその対処法」について解説させていただきます。是非参考にしていただければ幸いでございます。

 

【1】価値観

引用: Pixabay

国際結婚・離婚率アップの原因~その1「価値観」

この価値観においては「国際結婚するしない」は関らず、どのカップルや夫婦にも共通することなのでしょう。ただ国際結婚の中枢を担う「文化という大きな隔たり」が離婚率をアップさせることは間違いなかったのでした。

対処法としては互いの価値観に寄り添えるよう歩み寄りの姿勢を見せていく以外方法はないのかもしれません。

 

【2】食文化

引用: Pixabay

国際結婚・離婚率アップの原因~その2「食文化」

やはり食は重要になり、本来なら笑顔で食卓を囲うところを「食文化の相違」から笑顔が失われ果ては様々な食い違いへと発展する可能性はありと考えた方が無難なのかもしれません。

育った国が違うので双方が「受け入れられるもの・受け入れられないもの」があって当然なのですが、どうせなら互いの食文化を快く受け入ることができればそれに越したことはないのでしょう。

勿論、そのことが一番の対処法となるのはいうまでもなかったのです。

 

【3】仕事

引用: Pixabay

国際結婚・離婚率アップの原因~その3「仕事」

「働き方・仕事への気構えなどの相違」により双方に隔たりが生れることは当然のことだといえるのでしょう。これらの要因の積み重ねが国際結婚の離婚率アップに繋がっているのは確かだったのです。

つまりは、双方の仕事への思い入れの相違から離婚問題に発展することはよくあることだったのです。対処法としては双方がお互いの仕事を十分に理解する・・これに尽きるのではないでしょうか。相手を敬う心がすべてを救うのです。

 

【4】家庭運営や子育て

引用: Pixabay

国際結婚・離婚率アップの原因~その4「家庭運営や子育て」

国により教育システムが異なることから子どもの教育方針で意見対立する国際結婚カップルは非常に多かったようです。意見しあえばしあうほど離婚率アップは必至といえるのでしょう。

対処法としてはまずは「ふたりの愛しい子どもである」ことを親がしっかりと自覚し、子育てとは誰のためにあるのかという原点に戻ることができれば離婚率はグッと下がるのかもしれません。

 

【5】セックス

引用: girlydrop

国際結婚・離婚率アップの原因~その5「セックス」

国際結婚した相手国によれば「セックス抜きで夫婦の人生は語れない」とセックスを重要視することは大いにあることなのでしょう。逆にセックスに対してオープンな考えでない方が多い日本人とでは濃厚なセックスを好む外国人とそりが合わない可能性もあるのかもしれません。

なので、対処法としては「あうんの呼吸」で相手の性に柔軟に対応することが早道といえるのかもしれません。夫婦喧嘩してもセックスしたら元どおりになるという話はよくあることです。それについても「国境」などは一切無関係なのです。

 

【6】金銭感覚

引用: Pixabay

国際結婚・離婚率アップの原因~その6「金銭感覚」

国際結婚といえど結婚すれば将来を見据えて「貯蓄」に励むのはどの国の人も同じなのでしょう。しかしお金の価値観が違うことから国際結婚後「金銭問題」が発端となり離婚率があがることは珍しいことではありませんでした。

夫婦といえど「絶対に割り勘」などといった主張をする外国人の感覚に古風な日本人がついていけないのは仕方ないのでしょう。

対処法としてはきちんと相手と「将来設計」を見据えた話し合いを持てるか持てないかにかかっているのです。なので現実逃避ばかりするのではなく相手と向き合うことで見えてくるものはいっぱいあるのですからくじけずに「前進あるのみ」なのです。

 

【7】コミュニケーション

引用: Pixabay

国際結婚・離婚率アップの原因~その7「コミュニケーション」

国際結婚したカップルの離婚率アップの原因に大きな幅を占めていたのが「言語」でのコミュニケーション問題でした。つまりは言葉の壁だったのです。意思疎通を図りたくても相手の言葉を100%理解してあげられないことからコミュニケーション不足に至ってしまう大きな原因。

その悪循環が継続する事によって「離婚という負のスパイラル」に陥ってしまった国際結婚カップルは多くいらっしゃったものと思われます。

対処法としては「まずは相手の母国語に歩み寄る」以外方法はないのかもしれません。音声翻訳アプリなどの画期的な機能を用いてザックリと相手の言ってることを理解するのも手なのですから焦る必要はないのかもしれません。

 

国際結婚エピソード【男女別】

引用: girlydrop

ではこれから国際結婚のエピソードについてご紹介させていただきます。

 

【1】女性編

引用: girlydrop

  • 相手が日本の言葉や文化をまったく理解しようとしないし自分の価値観ばかり押しつけてきてたからさっさと別れちゃいました。(東京・N美)
  • アメリカ人の夫は超ヤキモチ焼きでほとほと愛想尽きかけています。でもせっかく国境をこえ愛を育んできたのですからもう少し頑張ってみようと思います。(福岡・K子)
  • 韓国人の夫は本当に大の拘束魔。私のことを全て知っていないと気が済まない人なんです。お出かけしてても常に連絡報告しないと直ぐ機嫌悪くなっちゃって。でも「愛してる」の言葉についダマされちゃって(笑)なんだかんだいってラブラブ?(広島・Y美)
  • 英会話学校に通っていた時の講師が今の旦那です。当時、講師だった旦那から交際を申し込まれ、それ以降は私の「自宅」が英会話教室に。授業の合間には「愛の授業」を受けたりと超ラブラブ!結婚後も「当初と全然変わらない優しい旦那」に超大満足しています。(札幌・S香)
  • イギリス人の夫と息投合してからあっという間のスピード国際結婚でした。これから国際結婚を希望する方へアドバイスさせていただくとすれば「言葉の壁」があることだけはしっかりと理解しておいた方がいいかと思います。私たちは結婚後、その言葉の壁にぶち当たってしまってからは喧嘩ばかりで・・・で最終的に離婚に。なので絶対に国際結婚を甘く考えてないようにしてください。(京都・T江)

 

【2】男性編

引用: Pixabay

  • ロシア人の妻と出会ったのは妻が務めていた日本のロシアパブでした。初めて見た時はあまりの美しさに思わず息を飲んだ私。その後私なりに頑張って猛プッシュした結果「快くOK」をくれた妻でした。それから2年の時を経て私たちは国際結婚することに。性に奔放な妻は毎晩セックステクを駆使しながら私を奮い立たせてくれております。勿論、家事能力も抜群でいう事なしなんですよ。世界一幸せな男です!(神奈川・T夫)
  • 僕が海外留学していた時に知り合ったアメリカ人の妻は、とにかく気性が激しく僕のすることなすことに全てチェックを入れる恐妻でした。日本で暮らすようになった妻は、僕が「本格的じゃなくていいから日本料理っぽいのつくれないかな?たまには食べたてみたいな」と軽く言った言葉に激怒した妻は「もうサヨナラね!」と離婚を突き付けて母国に帰って行きました。もう国際結婚はこりごりですよ(笑)(東京・K助)
  • 友人の紹介で知り合ったフィリピンの妻。正直最初は抵抗あったんだけど交際を重ねるたび彼女の愛情深いところに心打たれるようになってね。出会いから半年後に僕からプロポーズしたんだけどその時の妻の満面な笑顔が今でも忘れられません。現在2人の子どもに恵まれていますが良妻賢母な妻は「あなたの幸せがわたしの幸せ」とまでいってくれてて、妻と結婚して本当によかったです!(名古屋・H樹)
  • タイ人の妻と現在離婚調停中です。国際結婚って本当に難しいよね。だって文化や物事に対しての価値観が全く違うわけだからそりゃ喧嘩が耐えなくて当然だよ。自分的にはやっぱり「日本人女性が一番なのかな」とも思ったわけだけど他の人はどう思っているんだろう。(長野・S治)
  • 私と妻は同じ職場で知り合い国際結婚に至りました。同じ職場であることから妻は私の仕事への理解が深くすごく感謝しております。日本文化にも溶け込もうと妻なりに努力している姿を見て「俺も頑張らなきゃ」と振るい立たされる毎日なんです。本当に互いに成長し合える相手だと思っています。切磋琢磨しながら共に成長できる妻との出会いに心から感謝!(東京・M也)

 

国際結婚〜おすすめの国や出会い方まとめ!

引用: Pixabay

「国際結婚がしてみたい」と思う日本人男性や日本人女性は数多くいらっしゃるかと思います。

「異国の人との出会い方にはどのよう方法があるの?」「外人さんはどのような場所にいるの?」「国際結婚の離婚率ってすごく高そうなんだけど・・・」などなど疑問はいっぱいあったのでしょう。

また、国際結婚にあたっては「言葉や文化の相違」は回避できないことはもうおわかりになられたかと思いますが、元々が真っ赤な他人なうえ異国間同士の国際結婚ゆえの苦しみが「隔たり」ということになるのでしょう。

でも、ネガティブに考えていてばかりでは決して建設的ではないことはこの記事からお分かりになられたのかと思います。やはり「思いやり」や「譲り合う心」は非常に重要な要素であることには間違いなかったのでした。

なので「かけがえのない絆」を築いていくためには、お互いの中にポジティブ要素をとれ入れていくことが必要になるのはいうまでもなかったのです。

勿論、いかなる努力をしても「離婚」に至ってしまう方もいらっしゃいます。しかし、その場合においては「ご縁がなかった」ものとしと、気持ちを消化しながらリセットしていくしかないのでしょう。

でも、せっかく出会った相手なのですからできれば「離婚」などは避けていただきたいものであります。理由は、国際結婚はたしかに大変な部分はありますが「だからこそ乗り越えることに大きな喜び」を見出せるからでした。そのような努力があってこそ「深い絆」がふたりの中に刻みこまれるのですから。

また「平成28年度の国際結婚国内統計調査」をもとにオススメな国をご紹介させていただいたのですがそれはあくまでも参考としておいて下さい。「偶発的」「故意的」双方に関わらず、目の前に現れた異性は全て「運命の人?と考えるくらいが刺激的でなによりなのです。

最後に、この記事の出会い方を参考にされた読者の皆様すべての方が「素敵な外国人」と出会われるよう切に願っております。

人気の記事