ラインの話題作りのポイント10選!きっかけや上手い変え方とは?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ラインの話題作りはどうしたらいい?

引用: Pixabay

今や、定番の連絡ツールであるライン。最近では、小学生や中学生からご高齢の方まで、幅広い年齢層の方が利用しています。

そんな定番の連絡ツールであるラインですが、誰だって気になる異性とは少しでも長くラインを続けたいと思うはず。今回の記事では、気になる異性と少しでも長く続くラインの話題作りやきっかけ、話の変え方をご紹介していきます。

片思い中の好きな人に積極的にアタックするなら、やはりラインでの連絡・話題作りは当たり前です。少しでも長くラインを続けられるように、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

ラインの話題作りのポイント10選①

引用: Pixabay

それでは、早速話題作りのポイントをお話していきます。前半にご紹介するのは、気になる異性が共通のコミュニティにいる場合です。

普段からよく顔を合わせる仲だとラインを送るのはなかなか難しいです。特に、気になる異性が、「同じクラスの彼」、「となりの課の彼女」である場合などには、ラインではなく直接の会話が主なコミュニケーションになってきますので、ラインのきっかけや話題作りが非常に難しいでしょう。

ですが、そんな状況でも自然にラインを送る方法は確実にあります。ぜひ参考にしてください。

 

【1】予定を確認する 


引用: Pixabay

一番有効で、気軽に送れるのが、確認のラインです。

学生さんなら、「明日の課題ってなんだっけ?」と送るだけで、怪しまれることなく自然なラインが送れます。社会人の方でも、社内イベントやオフィスへの忘れ物の連絡など、なにかと理由をつけてラインを送ってみましょう。

予定確認のラインだと、相手も返信に悩むことがないので、スムーズにテンポよくラインができます。相手にストレスを与えない心地よいラインは、自分の好感度も上がります。

また、少し不自然になってしまっても、問題はありません。同性の友達ではなく、わざわざ自分に聞いてくれたことで、「自分を頼りにしてくれている」、「自分を仲の良い人だと認識してくれている」と相手に思わせることができ、相手との距離を縮めることができます。

また、「好意があるから、他の友人ではなく、わざわざ自分に連絡をしてくれたのかも」「確認は、ラインするきっかけだったのかな」と捉える人もいます。好意があることを遠回しに伝えるのにも、有効かもしれません。

 

【2】共通の友人のウワサ話をする


引用: Pixabay

誰もが好きなウワサ話。

人のウワサが嫌いな人はいませんので、ひとつの話題作りのきっかけになります。「○○さんと△△さんが先月から付き合っているらしいよ」などは、誰もが興味をひく話題です。

もしそういった会話のネタをもっているようであれば、これをきっかけに、思いっきって送ってみましょう。秘密を二人だけで共有しているような感覚を味わうことで、二人だけの世界を作り出すことができ、確実に距離が縮まります。

ただ、ウワサ話をする際は、誰も傷つかないウワサ話にするように気を付けましょう。悪口ととれるような発言は絶対にNGです。

悪口を言う人は、相手の目に魅力的に映りませんので、返って相手との距離を遠ざけてしまう場合があります。

気をひくために、話を盛って話してしまうのもNGです。後々厄介になり、2人の関係にヒビが入ってしまう可能性もあるので、あくまで、世間話レベルのウワサにするように、話題作りには注意しましょう。

 

【3】共通の趣味の話

Array

引用: Pixabay

長続きするラインの話題作りとして最も効果的なのが、共通の趣味の話です。多い話題作りとしてあがるのは、マンガやゲームなどでしょうか。

気になる異性と自分の間に何か共通の趣味がある場合は、それをきっかけにラインしてみましょう。

例えば、漫画の貸し借りをラインでお願いすることで、リアルでの関係でも距離を縮めることができます。感想を共有するなど、好きなものの話をする時間は誰だって楽しいはずです。

一緒に話す時間が楽しいと相手との距離は必ず縮まりますし、自分に対して好意的な印象を持たせやすいです。自分の無理のない範囲で、相手の趣味の話をできるだけ深く話すことができるようにしてみましょう。

また、「○○を教えて」というお願い事も良いです。「このゲームのこのステージの攻略方法がわからないから教えて」など、言われて嫌な思いをする人はいないでしょう。

特に、自分の得意分野で頼られることは、男女問わず嬉しいものです。

 

【4】悩みを打ち明ける・相談する

引用: Pixabay

少しハードルは高いですが、距離が縮まりやすいのが、悩みを相談することです。人間関係など、一緒のコミュニティにいるからころ、似たような悩みがあったり、境遇が似ていたりするのではないでしょうか。

日頃の些細な悩みや最近困っていることを、思い切って相談してみましょう。特に、日頃からキチンとしている人の見せる悩みは、誰の目にもギャップで魅力的に映るものです。

弱みを見せてくれた人には、誰だって力になりたいと思うはずです。自分の心の内にある悩みをうちあけることで、二人の距離は格段に縮まります。相手に「この人の力になりたい」と思わせることができるようにすることがポイントです。

また、悩みが解決したら、お礼にデートに誘うこともできます。「こないだはありがとう。お礼にご飯奢るよ。」などは、自然なデートのきっかけになります。

さらに、「こんなに〇〇さんにしてもらって申し訳ないから、お礼に何かさせてほしい。何がいい?」などのラインも有効です。長期的に深い関係になれると期待できるでしょう。

 

【5】今何をしているのか聞いてみる

Array

引用: Pixabay

思い切って、今何をしているのか聞いてみるのも効果的です。話題のひとつの変え方にもなります。

「今、何してる?」と送ってみることで、「え?なんでこんなライン送ってきたのかな?」と相手を少し動揺させることができます。

もしかしたら、相手に好意が伝わってしまうかもしれませんが、相手が自分のことを気になってくれるのなら、むしろ好都合です。自分は相手と顔を合わせていない時間も、あなたのことを考えているんだということをアピールしましょう。

また、「今、何してる?」のラインは、早くに返信が返ってきやすいラインとも言えます。すぐにでも返信をもらって、テンポよく会話を楽しみたい人にはおすすめです。

 

ラインの話題作りのポイント10選②

引用: Pixabay

後半にご紹介するのが、気になる異性が共通のコミュニティにいない、もしくは、遠い存在である場合です。

共通の友人がいて知り合ったのみの関係など、普段一緒に過ごすことのない彼・彼女の気を引くラインとはどのようなものでしょうか。

普段顔を合わせていないからこそ、なかなか話題のきっかけや話題作り、話題の変え方は難しいものです。

ですが、何かしらに共通点を見出して、話題作りをするなど、ラインを送る方法はいくらでもあります。ここでは、定番の話題作りから、話題の変え方までご紹介していきます。順を追って見ていきましょう。

 

【6】楽しかったことを報告する 

引用: Pixabay

少し勇気がいりますが、二人の距離がグンと縮まるのが、報告ラインです。気になる異性に、今日あったことを報告してみましょう。

おすすめは、楽しかったことを報告することです。「今日は、○○な良いことがあって、とっても嬉しかったの!」「さっき、仕事で上司に褒められたんだ!」などのラインだと、受けとる側にも楽しい感情が伝わり、嬉しい気持ちを伝えることができます。

特に、「自分に、出来事を報告してくれるんだ」と、相手を深い仲の人間だと思わせることがポイントです。できるだけ、相手をキュンとさせる文面を考えてみましょう。

ただ、ここで注意しておきたいこととして、相手を嫉妬させないようにだけ気を付けることが大切になってきます。

異性の友達がいることをにおわせるようなラインは、特によくありません。できたら、同性の友達との話にしましょう。

そうすることで、同性の友達が多い印象を与えることもできるので、さらに印象をアップできます。

 

【7】突然写真を送ってみる

引用: Pixabay

突然、写真を送ってみるのもおすすめです。特に、面白い写真だとラインは盛り上がりますので、良い話題作りと言えます。

たまたま撮れた面白い写真や、旅行先で撮った珍しい写真などを送ってみましょう。その写真が面白ければ面白いほど、話題作りとしては最適です。トークも盛り上がます。ラインがマンネリしてきた際の話題の変え方としても有効でしょう。

特に良い写真がないという場合は、ペットの写真などがおすすめです。動物が嫌いな人はいませんし、アニマルセラピーという言葉もあるぐらいですから、相手に癒しを与えることができます。

「ペットの〇〇ちゃんが△△してた~」と言って、送ってみましょう。もしかしたら、気になる相手のペット事情が聞けるかもしれません。相手のことを知るきっかけにもなるかもしれません。

 

【8】SNSで話題のものを取り上げる

引用: Pixabay

気軽に自然にラインできる話題作りが、こちらです。SNSで話題のものを取り上げて、ラインしてみましょう。

例えば、SNSで多くシェアされている心理テストなどは非常に良い話題作りになるので、おすすめです。「ねえ、これタイムラインに流れてきたんだけど面白くない?やってみてよ。」と言って、相手に送ってみましょう。

自分がどんな回答で、どんなタイプだったかを共有することで、会話が盛り上がること間違いないでしょう。さらに、心理テストだと深層心理もわかるので、相手がどんなことを考えているのかがわかり、さらに距離が親密になるかもしれません。

恋愛に価値観は欠かせないもの。どんな価値観を持っているのかがわかると、今後のラインや実際の関係などにも役立てられます。

 

【9】テレビでやっていたことを話題にする

引用: Pixabay

どれだけ遠方にいても、同じ時刻に同じ映像が見られるのがテレビの良いところです。そんなテレビも話題作り・話題の変え方のひとつにできます。

テレビで放送されているものを取り上げて、会話のネタにしましょう。例えば、「今、5チャンネルで野球選手の○○さんの特集やってるね。見てるー?」などでOKです。

見ていたらそれを話題にラインを続かせることができますし、見ていなくても、わざわざ連絡をくれたことで、相手は嬉しい気持ちになるでしょう。

また、テレビでやっている話題のスポットなどの話をすると、「あ!ここ行ったことあるよ」など、好きな人の過去の話を聞ける可能性もあります。

「昔どの辺に住んでいたの?」など話題を広げやすいので、会話を続けやすいでしょう。

 

【10】行きたい場所・やりたいことを話す

引用: Pixabay

話題のきっかけや変え方として、行きたい場所・やりたいことのトークはおすすめです。行きたい場所について話すことで、デートにつなげやすくなります。

例えば、最近流行りのお店など、トレンドもの場所だと、相手も同調しやすいです。「最近流行ってるし行ってみよう」とラフにデートにつなげられます。

また、お店は、あまり遠方の場所ではなく、気軽に行ける程度のところにしましょう。そのほうがデートの実現度が高まります。

放課後や仕事終わりに待ち合わせていけるような場所を提示し、「○○行きたいってずっと思ってるんだよね。よかったら一緒に行かない?」と、素直に誘いましょう。素直な気持ちが一番伝わりやすいです。

 

うまいラインの話題作りをしよう!

引用: Pixabay

「単純接触効果」という生理的な法則を知っていますか。

初めのうちは興味がないものでも、何度も見たり、聞いたりして接触効果を増やすことで、次第にプラスの感情が起こってくる心理的な現象のことです。そのため、よく会う人やよく連絡を取っている人は、日常において接触する回数が多いので、好きになりやすいと言われています。

皆さんも、何度も聞いている音楽がどんどん好きになっていったり、何度もCMを見た広告は、なぜかその商品が欲しくなったりすると思います。

気になる異性と距離を縮めるには、まず、長く続くラインがはじめの一歩です。長く二人の接触を続けることで、相手に自分のことを好意的に思ってもらえる可能性が高まります。

話題作りや話題の変え方に気を使いながら、気になる異性と少しでも長く連絡をとってみてください。きっと相手に好意的な印象を持ってもらえるはずです。

素敵な恋愛ライフを送れるように、積極的にラインを送ったり、話題つくって恋愛を楽しんでください。

人気の記事