日本人街・東洋人街のある国まとめ【世界の歩き方】

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

日本人街・東洋人街とは?

引用: Pixabay

日本各地にチャイナタウンやコリアンタウンなど、外国の方がよく集まる地域がありますよね。

大阪や横浜など、都市部に東洋人街が多く存在しています。海外旅行に行く際、現地の日本人街や東洋人街はどのようなものなのか、治安は大丈夫なのか等、気になる点がいくつもあると思います。そこで今回は世界各地の日本人街や東洋人街を紹介していきたいと思います。

 

世界の日本人街・東洋人街を徹底調査!

 

日本人街・東洋人街はどのようにできていくの?


引用: Pixabay

外国の中に日本人街や東洋人街があるのって不思議ですよね。どのように日本人街や東洋人街ができるのかまず説明します。

まずはその国と日本が何らかの繋がりがあることが大前提となります。具体的には経済的な繋がりが多いですが、文化的な繋がりも中にはあります。

経済的な繋がりを持つことで、現地に日本人が派遣されますよね。しかし、日本人はやはり、自国の文化が恋しく思ってしまうわけです。そこに日本食のレストランができたら繁盛間違いなしですよね。そのような理由からレストランやスーパーなど、日本人向けのお店ができていきます。

その結果、ある地域に日本人が多く住むといった状況になります。このようにして日本人街はできていきます。東洋人街の場合も日本人街と同じように、上記のようなプロセスでできていきます。

 

日本人街・東洋人街に旅行で行ってもいいの?


引用: Pixabay

では、何かしらの事情があって日本人や韓国、中国人のいる日本人街・東洋人街に遊びに行ってもいいのかと思いますよね。答えはもちろん行っても大丈夫です。

日本人街・東洋人街はあくまでもその地域に日本人や韓国・中国人が多く住んでいるというだけなので、別に行くことになんの問題もありません。それに、その日本人街・東洋人街は基本的に日本人街・東洋人街がある国の法律が適用されるので、その国の法律さえある程度知っておけば不当に逮捕なんてこともありません。

しかし、注意しなければならないのは文化をリスペクトするということです。日本や中国・韓国の文化と日本人街・東洋人街の文化が必ずしも同じとは限りません。日本人街・東洋人街それぞれの文化というものはもちろんあります。

郷に入っては郷に従えという言葉にあるように、その土地ではその土地に合わせるようにしましょう。

 

日本人街・東洋人街の治安は大丈夫?

Array

引用: Pixabay

旅行で行く際には日本人街や東洋人街の治安は非常に気になる所ですよね。治安が悪いというだけで旅行先から外す人も多いくらい治安は旅行先における重要ポイントです。

日本人街・東洋人街の治安は比較的良い場合がほとんどです。経済的な繋がりがあってできた日本人街・東洋人街は、住んでいる人の収入が高く、日本人街・東洋人街の中でも特に治安が良いです。

また、日本人街・東洋人街はその所在国と別の文化を持っているため、所在国の治安は悪くても、日本人街・東洋人街は治安が良いなんてことも多々あります。

日本人街・東洋人街の治安は良い傾向にありますが、旅行する際はそれぞれの日本人街・東洋人街ごとに治安が良いのか調べましょう。

 

日本人街・東洋人街のある国まとめ!

引用: Pixabay

世界各地に日本人街や東洋人街はあります。その中でも有名な街を紹介していきます。

 

アメリカ・サンフランシスコ【日本人街】

引用: Pixabay

サンフランシスコはアメリカ西海岸に位置する都市で、夏でもカラッとした気候が特徴です。

また、一年中温暖な気候なのでとても過ごしやすいです。サンフランシスコは公共交通機関が発達していたり、世界から文化を取り入れていたりと、非常に旅行がしやすい都市です。

サンフランシスコの日本人街の特徴

サンフランシスコの日本人街の特徴はとにかく文化を受け入れてくれる風土があることです。サンフランシスコには日本人街だけでなく、様々な東洋人街やヒスパニックの方の集まっている地域があります。日本人以外にも多様な人種が住んでおり、人種のるつぼとなっています。

また、サンフランシスコはアメリカにおける最古の日本人街とも言われています。日本人街ができたのはなんと戦前なのです。今から100年以上前に日本人が海を渡り、日本人街を作ったのかと思うと、1度行ってみたくなりますよね。

サンフランシスコの治安

サンフランシスコの治安は良い傾向にあります。しかし、日本のように安心しすぎないようにしましょう。

日本にスラム街はほとんどありませんが、サンフランシスコに限らず、海外に行けばよく目にします。日本人街に行くつもりが声をかけられてうっかり付いていってしまい、襲われるなんてことのないよう、気を付けましょう。

また、アメリカは銃社会が根付いています。下手に怪しい行動をしていると銃を向けられる可能性もあるので、旅行する際にはやってはいけない行動など調べるようにしましょう。

 

ブラジル【日本人街】

Array

引用: Pixabay

ブラジルは日本の丁度は単体側というイメージが強いかと思います。実は反対側ではなく、東側に直進し続けると突き当たるだけです。東側に直進しても北アメリカにはたどり着かないです。

そんなブラジルですが、その国民性として非常に朗らかな方が多いのが特徴です。サンバなんか見ても明るそうというのが分かります。

また、公用語はポルトガル語となっています。南アメリカ大陸の他の国はほとんどスペイン語ですが、ブラジルのみポルトガル語です。これは大航海時代にブラジルのみポルトガルに支配されたためです。

ブラジルの日本人街の特徴

ブラジルの日本人街の特徴はとにかく地域に根付いています。日本人街としてブラジルの日本人街は最初に挙げらるくらい、ブラジルの日本人街は有名です。

また、ブラジルの日本人街は閉鎖的な文化ではなく、地域のブラジル文化とも密接に関わりあってその文化を形成してきたため、多くの日本人街を訪れた方なら分かると思いますが、他の日本人街とは少し違うかもしれません。他にも、ブラジルの日本人街の特徴として日系ブラジル人が多いということがあります。長い歴史があるために多くの日系ブラジル人が日本人街の近くに住んでいます。

ブラジルの日本人街に旅行で行けば、その独特の雰囲気がきっと好きになるはずです。

ブラジルの治安

ブラジルの治安ですが、決して良いとは言いきれません。ブラジルは先進国では無いため、治安に関しては世界最高レベルではありません。夜中に出歩く等の少し危険な行為はできるだけ避けるべきです。

しかし、ブラジルは日本人が多く、ブラジルで生活してきた価値観を持っているので、ブラジルにいる日本人に会うと自分の価値観がガラッと変わるので、多少の治安は気にせずに行くことをおすすめします。

ブラジルは南アメリカ大陸の中では治安が良い方なので、ぜひ旅行してみてください。

 

ドイツ【日本人街】

引用: Pixabay

ドイツはヨーロッパにある国で面積もちょうど日本と同じくらいです。

公用語は基本的にドイツ語ですが、都市部では英語で話せば通じることが多いです。田舎の方に行くと方言の強いドイツ語でまくし立てられるので、ある程度ドイツ語が分かる方ならドイツの田舎に行ってみるのもいいと思います。

ドイツはヘルマン・ヘッセやトーマス・マンやゲーテなど、文豪をたくさん排出しているので、1度旅行してみたいという方も多いのではないでしょうか。

ドイツの日本人街の特徴

ドイツのデュッセルドルフという街に大きな日本人街があります。デュッセルドルフは日本人街ですが、東洋人街ともなっていて、日本のものだけではなく、中国や韓国のお店も多く見られます。

また、デュッセルドルフの中でもある通りが日本人街というイメージで、日本人街と聞いてイメージするような、日本人ばかりの街ではありません。ドイツの中では日本人に良く会うなくらいの感覚で基本的にドイツ人ばかりです。

また、デュッセルドルフには多くの公園があるため、落ち着いて過ごすことができます。旅行すると疲れてしまうことがあると思いますが、デュッセルドルフを日程に組み込むと、日本人がいることに加え、自然豊かなのでかなり心身ともに回復します。

ドイツの治安

デュッセルドルフの治安ですが、非常に安心できる街です。

デュッセルドルフはドイツの中でも大きな都市であるため、基本的に英語を使って会話することができます。ドイツ語と英語は似ているので、ドイツ人のほとんどは何となく理解しているそうです。

都会であると同時にビジネス街でもあるので、警備は厳重です。また、スラム街なども近くにないので日本人街の中では最も安心出来る街の1つです。

 

ベトナムの日本人街

引用: Pixabay

ベトナムは東南アジアに位置する国で、数十年前はベトナム戦争が行われていました。また、ベトナム人と日本人は性格が非常に似ていて、勤勉であったり、ものを作ることが得意であったりと、共通点が多く見られます。

ベトナムのトイレでは基本的にトイレットペーパーをトイレに流すことはできません。トイレに流してしまうと詰まるので絶対にやめましょう。

 ベトナムの日本人街の特徴

ベトナムの日本人街は少し小さめであるが故に住んでいる人でないと分からないことが多々あります。

日本人の間でファミリーマート集合と言ったら、数あるファミリーマートの中から特定のファミリーマートを指していることになるそうです。そんなこと、日本では考えられません。ただ、旅行として行くだけなら何の問題もないのでベトナムの日本人街を楽しんでみてください。

ベトナムの治安

ベトナムの治安は近年、良くなりつつあります。2000年代以降、治安を良くして観光にも取り組もうという風潮があり、昼間であれば何も気にすることなく外出することができます。

 

ニューヨークのコリアンタウン【東洋人街】

引用: Pixabay

ニューヨークは言わずもがな、アメリカの東側にある大都市ですよね。説明する必要はそこまでないと思います。

ちなみに、ニューヨークという名前はオランダのヨークタウンという都市の名前から来ています。

ニューヨークの東洋人街の特徴

ニューヨークにも東洋人街があるのをご存知でしたか。ニューヨークにはコリアンタウンがあり、韓国の方が非常に多いです。

ニューヨークの韓国料理は本格的なものが多く、実際に韓国で食べるのとそこまで味は変わりません。また、この東洋人街には韓国人だけでなく、中国人をはじめ、様々なアジア人が住んでいます。

旅行のついでに行くことが簡単にできるので、わざわざ韓国に行く必要もありません。また、最近のニュースで日本人女性が韓国に旅行した際、髪を掴まれたという事件もあったので、本当に心配な方はニューヨークの東洋人街に行くというのも選択肢です。

ニューヨークの治安

ニューヨークの治安ですが、非常に高水準です。よほどの深夜に外出するのでなければ、基本的に大量の人がいるため、事件に巻き込まれることは少ないです。

また、銃に関してですが、ニューヨークではそこまで一般人が持っているわけでもないので、銃に関する治安も良いと言えます。ただ、持っている人もいるので注意しましょう。

 

シンガポールのチャイナタウン【東洋人街】

引用: Pixabay

シンガポールは東南アジアにある国で、1年を通して温暖な気候が続きます。シンガポールは中国の支援もあり、近年先進国の仲間入りを果たしました。

シンガポールは日本から近く、先進国であるために東南アジアは無理だけどシンガポールなら行けるという方も多いため、日本人の旅行先として選ばれることが多い国です。

シンガポールへの旅行者は日本人だけでなく、韓国人や中国人など、多くの国から旅行者が訪れています。

シンガポールの東洋人街の特徴

シンガポールの東洋人街の特徴として、圧倒的な中国人の多さがあります。

他の日本人街や東洋人街はアジアの様々な国の人がいますが、シンガポールは中国人が圧倒的に多いです。これはやはり、中国とシンガポールの経済的な繋がりが要因であると考えられます。

シンガポールの周辺国にはタイやマレーシアなど、多くの国が密集しているため、東南アジア旅行の際にこの東洋人街に訪れてみてもいいと思います。

シンガポールの治安

シンガポールの治安ですが、旅行先として安心できるレベルです。

もしかすると、東南アジアは全体的に治安があまり良くないイメージがあるかもしれませんが、シンガポールは東南アジアの中で頭一つ抜けて治安がいいです。先進国なので警察のレベルも高く、安心して行動することができます。

 

日本人街・東洋人

引用: Pixabay

日本人街や東洋人街について紹介してきましたが、行きたいと思った場所はあったでしょうか。

日本人街や東洋人街のために旅行することは少ないかもしれませんが、近くへ行った際には是非立ち寄ってみてください。きっと新しい価値観に出会えるはずです。

人気の記事