クレオパトラ口内射精でたんぱく質とって美人になった説の真相とは?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

クレオパトラ口内射精説とは?

引用: Pixabay

あまり聞いたことがない人もいらっしゃるかもしれませんが、健康保持のために有名になった「クレオパトラ口内射精」をご存じでしょうか。

クレオパトラ口内射精説が有名になったのは、男性の性器から排出される精液を飲むことによって「体に良い」という噂から始まったものです。

では、本当に身体によいものなのでしょうか。そしてクレオパトラ口内射精悦とは、どのような諸説なのでしょうか。ここから詳しく解説していきます。

 

クレオパトラ口内射精の発端。

引用: Pixabay

「クレオパトラ口内射精説」と聞いて、まず皆さんが思ったことは“クレオパトラ”という名称ではないでしょうか。

では、クレオパトラと口内射精説の関係はどのようなものなのか。歴史から紐解いていきます。

 

【1】 口内射精=「フェラチオ」


引用: Pixabay

まず、口内射精についてご紹介します。

口内射精は、通称「フェラチオ」と呼ばれ、「フェラ」と短縮されて呼ばれることもあります。フェラチオとは、フェラチオをされる男性の性器を口で咥え、咥えた顔を前後に動かして刺激を与える行為です。フェラチオはセックスの前戯として用いられることが多く、方法や行動も多岐にわたります。

主なフェラチオの動作として、フェラチオをされる男性の俣野間に顔を合わせて行う行為です。そして、フェラチオをされる男性が性的快感の絶頂に達するとき、射精をします。その排出される精液を口内に留め、そのまま飲み込んでしまうという行為が口内射精と言われています。

 

【2】 フェラチオの発端


引用: Pixabay

歴史から見るフェラチオを初めて行った女性は、歴史的にも有名な古代エジプトの最期の女王にあたるクレオパトラ7世であるといわれています。

クレオパトラが世界で初めてフェラチオを行った女性ということから、クレオパトラという名称がついたといわれています。

 

【3】 日本でも口内射精の文化が

Array

引用: Pixabay

昔の日本では、古語として勃起した陰茎を横から咥える行為を「ハーモニカ」と呼ぶほど、フェラチオの文化は昔からあったことがわかります。

また、ほかにも「口取り」「尺八」といった古語も存在します。また、文献として「日本霊異記」の中にはインドの物語として息子にフェラチオをする母親が描かれているのです。

一説によれば、かの有名な織田信長も侍女にフェラチオをさえていたという噂もあります。

 

なぜ口内射精?

引用: Pixabay

なぜ、口内射精が諸説あるのでしょうか。それは口内射精という行為において男性の精液を飲み込むことにより、ある噂が飛び交ったことが始まりと言われています。

その噂とはいったいどのような噂なのでしょうか。また、噂から始まった口内射精の流行のルーツについてもご紹介していきます。

 

【1】 健康になる

引用: Pixabay

男性の性器から排出される精液は、様々な栄養素が豊富にあるという噂から、精液を飲むと身体によいという内容の噂が飛び交うようになりました。

このことから、口内射精をすることによって健康的な身体を手に入れ、美容にも効果があると期待されてることがわかります。では実際に健康的な成分が内蔵されているのかというと、実際に精液には様々な栄養素が含まれているのです。

男性の精液のなあkには、精液全体約1パーセントが精子となります。残り99パーセントは「タンパク質」「アミノ酸」「亜鉛」「クエン酸」「糖」などの成分が入っています。実際ン精液本体に豊富な栄養素濃縮されていることから、身体にとって健康的なものだという噂が飛び交っているように感じます。

そして、健康だけではなく美容にも着目しています。近年では、「スペルミジン」という成分が精液に入っていることがわかります。このスペルミジンとは、損傷した細胞を修復する能力を持っているほか、コラ減の生成を促進してくれる細胞です。

こうしたことで、美容を追求し、美人な健康的の女性は口内射精を一つの美容保持する手段としてとらえていると感じられます。

 

【2】 アダルトビデオで取り上げられる為

Array

引用: Pixabay

口内射精が流行した理由は健康だけではありません。口内射精の前戯行為をモデルとしたアダルトビデオが発売されたことも理由として挙げられます。

アダルトビデオを利用する人達は、娯楽だけではなくセックスの行為をする方法、所作などを鑑賞しながら学びます。そのアダルトビデオの中に、近年では主流となったフェラチオの性行為が行われるため、口内射精もセックスの行為において“あたりまえ”の行為であると感じてしまうのです。

しかし、セックスに不慣れな人は口内射精をすることに躊躇う人も少なくはありません。このようなセックスへの不安を解消させるのが身近にいるフェラチオ経験者であり、パートナーとなる人との交渉によります。

さらに、アダルトビデオで見るフェラチオの行為は性的欲求を刺激する魅力ある行為であり、実践に持ち込む人も多いのです。

 

【3】 礼儀として

引用: Pixabay

セックスにおいて、前戯で相手の射精した精液を飲むことが儀”を働いているという暗黙のルールもあります。

セックスの行為をするにあたり、前戯としてフェラチオを行う際に射精した精液を口からこぼしてしまうことは、男性に対して失礼に値する行為であるということも言われています。

決して、礼儀など決まっていないのですがフェラチオをされている男性が自分の射精した精液を汚物のように扱われることに不快感を示すことからできたルールではないかともいわれているため、精液が苦手なフェラチオをする人も、射精された精液を無理をして飲まなければならないと思ってしまうこともあるようです。

 

クレオパトラは精子のタンパク質を好んでいた?

引用: Pixabay

では「クレオパトラ口内射精説」といわれるように、クレオパトラは射精した精液を好んで接種していたのでしょうか。

クレオパトラが望む理由とは?そして美容と精子との関係はあるのかをご紹介していきます。

 

【1】 はっきりとした文献等がない

引用: Pixabay

フェラチオをしたクレオパトラが好んで精子の中のたんぱく質を摂取していたという記述は、実はどこにも存在しませんでした。

しかしフェラチオの文化を世界で始めたのはクレオパトラということは間違いがないようで、美人とうたわれたクレオパトラが精子で臨むものといえば、もちろん美容ではないかと言われています。

美人であるがゆえに、精液を搾取していたといった説が浮上し、今ではクレオパトラ口内射精説も都市伝説となっているのです。

 

【2】 では、実際に美容との関係とは

引用: Pixabay

ですが、近年では「スペルミジン」という成分が多く含まれていることも実証されているとのことで、アンチエイジングなど、美容効果の高いものであるという説があります。

スペルミジンは、常用することで細胞の修復をする効果があるため、アンチエイジングに最適な成分であると推察されます。

しかし、実際に「精液で綺麗になった」といった声がないということは、本当に効果があるかどうかが不明ということ。信ぴょう性のない噂でもあります。

 

【3】 精液を飲むと幸福なるという都市伝説も

引用: Pixabay

諸説の中には、精液を飲むこと幸運を呼ぶことができるという噂もあります

精液の中にはエセウトロンとセロトニンという、ホルモン分泌物があります。エストロンは生殖を促すホルモンに対し、セロトニンは幸せになる気分にさせるホルモンです。

研究結果の中で、精液を飲むことでこの2つの成分から抗うつ特徴を持つ可能性が浮上します。研究結果として、精液を飲んだセックスを経験している女性とセックスをしたことがないという女性を比較すると、うつ症状を訴える女性が精液を飲んだ女性に少なくみられるという結果が出ました。

しかし、口から直接精液を飲むことによって抗うつの症状が改善されるという結果は証明されていないため、事の真意は不明です。

 

精子にはタンパク質が豊富は嘘?

引用: Pixabay

ここまで精液の効能の真意についてご紹介していきましたが、そもそも精液の成分はタンパク質が豊富なのでしょうか。

また、タンパク質以外の成分はどようなものか、そして口に入れても大丈夫な成分が入っているのでしょうか。

 

【1】 精液・精子の成分

引用: Pixabay

精液の主要成分はタンパク質です。

そのほかにも「アミノ酸」「クエン酸」「亜鉛」「果糖」といった成分が含まれており、精子が全体の1パーセントに対して残りの成分が99パーセントを占めています。

これらの成分はすべて精子が卵子にたどり着くまでのエネルギー源なのです。

 

【2】 そもそも精液を飲んで良いのかどうか

引用: Pixabay

事の真相を探るためには、「精液を飲んで良いのかどうか」を紐解く必要があります。

精液を飲む理由は健康保持や美容保持の一環として接種されたり、セックスの前戯の快楽を求めるために行うことがあります。ですが、実際に飲み込んで良いものかという疑問はフェラチオを経験した人にとって大きな悩みとなります。

結論は、飲んでも大丈夫だということが判明しています。精液の主成分はタンパク質でできていることから、精液を飲んでも何も起こりません。体内に入る食物と同じように分解され、栄養素を吸収するのです。

しかし懸念すべきは精液をとっても特別何かがあるというわけではなく健康志向や美容に興味が深いのであれば、もっと別の食物を摂った方が望ましです。

 

【3】 性病

引用: Pixabay

ここで最も注意していただきたいのは、口内射精をして精液を飲み込んだ人が性病を発症する危険があるということです。

精液自体に感染するリスクがあることや、フェラチオの前戯行為をすることによって性病の感染するリスクが高まります。代表的なのがクラミジア、そして性器ヘルペスです。

フェラチオをすることによって、実際に自らの口で行うため口腔内に感染する可能性があります。クラミジアは喉に感染することも多く、感染していることに気づかないまま重篤していくことになる危険があります。

性病というイメージはセックスをすることによって感染するリスクがあるという認識がありますが、フェラチオなどの前戯行為から感染するリスクも十分にあるため、大変危険です。

また、口内射精によって口腔内が性病で悪化するリスクも背負うため、性病に感染しない方法を知るべきだと感じます。

 

クレオパトラ口内射精は嘘!

引用: Pixabay

これらの情報から、クレオパトラ口内射精説は虚偽の噂ではないかと推察されます。

実際に効果が得られたという情報もなく、信ぴょう性に欠ける情報であったことから都市伝説として語り継がれる部分としては良いのかなとも思います。

しかし、根も葉もない噂が事実として語り継がれることにリスク性をはっきりと感じます。

では、根本的にどのようなことが虚偽であったかをご紹介していきます。

 

【1】 はっきりとした実験結果がない

引用: Pixabay

確かに精液には様々な栄養素が含まれていますが、その栄養素が精液のみで接種されるという事実はありません。

性能が良かったとしても、普段から摂っている食事に気を付けながら同じ成分を摂ることは可能であるため、わざわざ精液を飲んでまで求める健康方法としては、あまりおすすめできません。

さらに、フェラチオから性病に映るリスクがあるため、性病が感染するということを考えるのであれば、口内射精はおすすめできない行為であると感じます。

実際に精液の成分は口に含んでも問題がない成分ばかりです。しかし、美容や健康に値する成分が入っているかということについては、実証結果がありません。そのことから、結論のない噂話であることが推察され、後に都市伝説となってしまいます。

 

【2】 クレオパトラの情報がない

引用: Pixabay

クレオパトラがフェラチオを初めて実施した女性であることは間違いありませんが、クレオパトラが美を求めてフェラチオを行ったという事実はありませんでした。

これだけの美人が過去に実施していたという証拠があれば、口内射精の効果があるのではないかと感じますが、実際に証拠がないことからクレオパトラが好んで接種していたという事実は嘘になると考えられます。

 

【3】 アダルトビデオの影響が強い

引用: Pixabay

口内射精が流行し始めたきっかけを作ったのがアダルトビデオの存在ではないかと考えられます。

唯一セックスの情報を集める手段としてアダルトビデオを鑑賞し、参考にするといったことから、口内射精が前戯の有名な行為に発展したのだと考えられます。

実際に、様々なジャンルのアダルトビデオを閲覧し比較してみても、前戯の行為の段階で口内射精をしている描写が描かれている作品が多く、口内射精が“行為をする上で当たり前のこと”という認識が多いと感じます。そのことから、クレオパトラ口内射精説が流行の火種を付けたというのも嘘になります。

ここまでクレオパトラ口内射精性津をご総会していきましたがいかがでしたでしょうか。実際にこの記事を見ている方の中にはフェラチオを経験されたことがある方も多いと思います。

しかし、このフェラチオは自分の身を守るために気をつけなければならないことだと思います。その理由は、感染した性病が完治するまでに長い時間を要すること、そして重篤化する危険性があるということです。

これらを踏まえ、口内射精はおすすめできません。それでも行為に興味がある方は、あまり効能等期待せず、厳重に行うことをお勧めします。

人気の記事