育乳サプリの効果&副作用を徹底検証!市販アイテムの真相とは?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

育乳サプリの効果はあるの?

引用: Pixabay

「胸を大きくさせたい」という女性が最近増えています。

その理由として、「胸の谷間をつくって洋服を可愛く着たい」といったものから「彼氏が胸が大きい子が好きだから」とさまざまあるようです。

女性が胸を大きくしたい背景のひとつとして、日本人のバストが年々大きくなっていることがあげられます。
2019年8月にトリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社が発表した女性1855名に聞いたバストサイズによると、1980年にはAカップが58.6%と半数以上を占め、Dカップ以上は4.5%ととても珍しかったのに対し、2018年ではDカップ以上が53.1%と半数以上を占めていることが分かりました。

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000076.000040640.html

Dカップ以上が珍しくなくなり、胸が小さいことが少数派となっている影響で今まで以上に女性が自分の胸に対してコンプレックスを抱きやすいようになったことが分かります。この悩みを解決するためにバストアップ(この記事では以下「育乳」と記載)を励む人が増えており、最近では人気の育乳方法として、豊胸手術からホルモン注射、育乳サプリなどさまざまあります。

今回はそんな育乳方法のなかから、お金をかけず手軽にできることで人気の育乳サプリについて取り上げます。育乳サプリはなぜこんなにも人気なのでしょうか?また、本当に効果があるのでしょうか。副作用の心配はないのでしょうか?

この記事では、人気の育乳サプリについての効果や副作用、注意点についてなど徹底検証した内容をお伝えします。

まずは、ドラッグストアなどでも買える市販の育乳サプリの真相です。市販の育乳サプリとネット・通販などの育乳サプリに違いはあるのでしょうか?またどちらが本当に効果はあるのでしょうか。

 

市販育乳サプリの真相を徹底検証!

引用: girlydrop

「どの育乳サプリが一番効果があるの?」と結論を急ぎたい方もいるかもしれませんが、そもそも育乳サプリって効果があるのでしょうか?それと同時に、副作用といった危険性はないのか、知っておいた方が安心できませんか?

実際、育乳サプリを調べてみると「効果があった」といった人から「危ない」という人、「副作用が気になる」といったものまでさまざまな話が書籍やネットなどで目に入ります。なかには「市販の育乳サプリはいいけど、ネットで売っているものは危険」と書かれているものもあれば逆に「市販されているものに効果ない」といったものまで両極端です。

これでは何を信じたらいいのか分からないですよね。
そこで、育乳サプリの効果やメリット、そして気になる副作用や危険性について徹底的に検証しました。

ここではどの育乳サプリが効果が良いのかといった、人気の市販されている育乳サプリを紹介するようなことは一切しません。そのかわり、育乳サプリについてちゃんと学べるようにひとつひとつ丁寧に検証した結果をお伝えします。

育乳サプリについてキチンと学ぶことで、正しい知識をもつことができます。それによって自分には育乳サプリは合っている、効果が出やすい、効果が出にくい、また使わないほうがいい、といった判断ができるようになります。

また市販で売られているものとネットで売っているものでどちらがいいのかといったことの判断も身につけられるようになります。市販で売られているものでも自分にあったものを選ぶことで満足のいく結果を出すことはできますし、副作用が出にくいものを選べるようにもなります。

これだけは先に言っておきますが、市販の育乳サプリとネットで購入できる育乳サプリのどちらの方が効果があるといったことはありません。市販でもネットでも良いものがあればそうでないものもあります。

もちろん、評価だけを見て人気があるから購入しようということはしないでください。効果が高いものは副作用にも気をつけなければいけないからです。そういった良い面だけでなく副作用など含めた正しい知識を持って判断能力を身につけることがとても重要です。

それでは、順番にご紹介します。

 

育乳サプリの効果を紹介!

引用: girlydrop

最初に育乳サプリの効果とメリットを紹介します。

効果があるのかないのか、多くの人が一番知りたいところでもあると思います。もちろん胸が大きくなる効果があるからこそ、育乳サプリはここまで人気が出て市販されるようになったのですが、それだけでは納得できないですよね。

育乳サプリの主要成分は女性ホルモンのような作用を持つ成分を多く配合しています。この女性ホルモンの成分によって乳腺やその周辺の脂肪組織に働きかける仕組みを身体の中からつくっているのです。

女性ホルモンといえば、大豆イソフラボンがエストロゲンに近い作用があるということは一度は聞いたことあるでしょう。豆乳を飲むと胸が大きくなる、といった効果があるといった話が有名ですね。

育乳サプリにはこの女性ホルモンの作用を持つ成分が入っているため、さまざまな効果をもたらしてくれています。そのため胸が大きくなるといった効果はもちろん、女性として嬉しい効果がたくさん起こっているのです。

こういったことから育乳サプリは根強い人気があり、胸を大きくする効果だけでなく違う効果を期待して服用している人も多いのです。少し前までは専門店でしか変えませんでしたが、市販されるようになり誰でも気軽に手に入るようになったことも人気のひとつです。

それでは実際に育乳サプリには具体的な効果やメリットは、どのようなものがあるのでしょうか。まずは育乳サプリによって起きた効果から紹介します。

 

【1】バストアップ効果


引用: girlydrop

「AカップからDカップへ3カップも上がった」といった効果を体験した報告があるなど、多くの女性が育乳サプリを飲んでバストアップの効果を実感しているようです。もちろん、効果の振れ幅は人それぞれです。

服用期間や育乳サプリの種類、個人差などがありますので必ず3カップ上がるといった効果があるものではないので、注意しましょう。

大きくなる効果だけではなく、バストに張りが戻ってきたという効果報告もあります。張りがあると満足感も上がり、女性としての自信も取り戻すことができますね!

 

【2】肌がキレイになった


引用: Pixabay

育乳サプリの成分は、女性ホルモンを補う効果があります。そのため女性ホルモンの不足によって失われたお肌のキメが戻り、「肌がキレイになった」といった効果があった話もあがっています。

女性ならではの皮膚の柔らかさやふっくらとした感触が蘇ることも効果としてあるようです。

 

【3】髪の毛が綺麗になった

Array

引用: girlydrop

育乳効果が期待される有効成分としては、大豆に含まれているイソフラボン類が有名です。このイソフラボンは育毛薬や育毛剤でも使われている成分で、育乳サプリを飲んで髪の毛が黒くなるだけでなく、薄毛にも効果があるといわれています。

こういった効果から育乳サプリは胸が大きくなるだけでなく、髪の毛にとっても効果に期待が持てるんです。

 

【4】若返ったと言われるようになった

引用: girlydrop

イソフラボンは、女性らしさに欠かせないといわれるエストロゲンにとても良く似た性質を持っています。そのため育乳サプリを飲むことで、ホルモンバランスを整えられ、若返りにも効果があるといった声もあがっています。

女性ホルモンを整えることは、肌や髪の毛だけでなく女性の若さも取り戻してくれる効果も持っているのです。副作用としてホルモンバランスが崩れやすくなる、といったこともあるのですが、そちらは後述している「育乳サプリの副作用は?」にまとめてありますので、そちらをご確認ください。

 

【5】不妊に効果的な有効成分配合

Array

引用: Pixabay

少し前までは「食生活と妊娠は関係ない」という考えが半ば常識となっていたのをご存知でしょうか?その理由として、食生活が妊娠につながるという科学的な根拠が今までなかったからです。

しかし、ハーバード大学による女性看護師を対象にした大規模な疫学調査の結果、「適切な食事をとると、不妊の原因で最も多い排卵障害を改善できる」ということが発表されました。

これによって足りない栄養素はサプリメントから取り入れるということが常識となり、食事療法とし組み合わせてサプリメントで補うことが今では常識となっています。

育乳サプリには女性ホルモンを増やす効果のある有効成分が入っているため(市販、ネット関係なく)、育乳の副次的な効果として不妊にもよいとされ、飲む人が増えているようです。

育乳サプリが人気なのは効果だけではありません。人気の理由はいくつものメリットもあるからです。そこで育乳サプリを飲むことによるメリットを紹介します。

 

育乳サプリのメリットを紹介!

 

【1】経済的によい

引用: Pixabay

豊胸手術などと比べ、圧倒的に経済的によいという特徴があります。1ヵ月分で1000円〜3000円ほどで購入できるため、大きな支出で困るといったこともありません。

ネットのように定期購読もありますが、市販されているもので都度購入することもできるので自分にあったものを選ぶことができます。こうした経済的に抑える効果的な方法で育乳したいといった方に育乳サプリは人気があります。

 

【2】手間や時間がかからない

引用: girlydrop

育乳サプリの最大のメリットともいっていいのが、「誰でも簡単に育乳ができる」という点です。決められた服用時間もないため、どこでも簡単にできます。

ランチを食べた後に服用するなど習慣づけることで、飲み忘れるといったことを防ぎ毎日継続しやすいのも人気の一つです。

 

【3】育乳後は服用を調整可能

引用: Pixabay

自分のイメージ通りの育乳が達成した際は、その後の効果調整が可能です。

「これ以上胸は大きくしなくていい」という人は、育乳サプリの服用頻度を下げるなどして効果を調整するといったことも自分の判断で行うことができます。

ただし、完全にやめてしまうと従来の女性ホルモンの分泌量が戻ってしまうためせっかく大きくなったバストが元に戻ってしまう恐れがあります。
ある程度自分の理想のサイズになったら、2日に一回や3日に一回など調整するといいでしょう。

 

【4】更年期によい

引用: Pixabay

加齢とともに女性ホルモンが減少する更年期の症状が暖和したという報告もあがっています。これは育乳サプリの成分によって「ホルモン補充療法」と同じ効果が出たことによるものだそうです。

一時期「更年期障害に効く」として中高年女性の間でブームとなりましたが、更年期の症状を暖和するのが目的ではなく、あくまで育乳サプリとして服用するようにしましょう。

 

【5】自然なバストができる

引用: girlydrop

いくら技術が上がったとはいえ、豊胸をするとどうしても不自然な形になってしまうことはもちろん、周りからも明らかに疑いの目で見られてしまいます。

しかし、育乳サプリなら豊胸で入れるようなシリコンや食塩水を入れることがなく安心ができますし、なにより徐々に大きくなるため周りから見ても違和感を感じません。

100%自分の身体からできたバストだ、ということは大きな自信になるでしょう。

 

育乳サプリに副作用は?

引用: Pixabay

育乳サプリによる副作用や危険性についても多くの人が気になるポイントだと思います。

数年前に育乳サプリを飲んで、健康被害の訴えが急増したなど、副作用について新聞などでも取り上げられました。どのような副作用が出てしまったのか、また育乳サプリを飲むことでもしそういった副作用が出た場合はどうしたらいいのかお話します。

さらに、若い女性の間で育乳を目的としてピルを飲むことも広まっているようです。ピルと育乳サプリを併用している方もいるようですが、副作用や身体に危険性はないのでしょうか?ピルと併用することによる副作用についても紹介します。

そんな育乳サプリについて、気になる副作用と危険性について以下にまとめました。

 

【1】消化器障害

引用: Pixabay

一番多かったのが嘔吐や腹痛、下痢などによる消化器障害による副作用です。サプリによっては育乳の成分であるイソフラボン類の成分が通常の1千〜1万倍強く入っていたことからこういった副作用が起きたようです。

育乳サプリを飲んで嘔吐や腹痛などの副作用の症状が出た場合は、無理して続けるようなことはせず直ちにやめるようにしましょう。それでも副作用が改善しない場合は、病院で一度診てもらうようにしましょう。

 

【2】月経不順や不正出血

引用: girlydrop

月経に関する副作用も多く報告されています。

育乳サプリには育乳効果を高めるために女性ホルモンを増やす成分が多く入っています。そのため女性ホルモンの変化から月経の周期が代わり、月経不順や不正出血といった副作用が起きてしまったようです。

女性の身体はとてもデリケートなものなので、副作用が起こりにくい身体づくりが必要で育乳サプリを摂取しているときは今まで以上に健康的な食事と睡眠をしっかりととるようにしましょう。それでも副作用の症状が出た場合は、服用をやめ経過を見守るようにしましょう。

 

【3】頭痛やめまい、発熱

引用: Pixabay

副作用として頭痛やめまい、発熱といった症状も出ているようです。頭痛やめまい、発熱といった副作用が起きる育乳サプリの特徴として、明らかに安すぎるものは避けた方がいいでしょう。

またサプリメントの成分が記載されていない場合も購入を避けるようにしましょう。女性ホルモンが過剰に入っている可能性があり、そういったサプリは副作用を引き起こす危険性が高いからです。

安定した生活リズムで過ごし過度なストレスを感じることもないのに頭痛やめまいといった副作用の症状が出た場合は、一度医師に相談してみましょう。

また、副作用の観点から10代の発育期に育乳サプリを服用することはオススメしません。ホルモンバランスが安定しにくい時期ですので、副作用が出やすい可能性があります。「評判がいいから」「人気があるから」といった安易な理由で育乳サプリは摂取しないようにしましょう。まずは育乳サプリ以外の副作用のない方法で試してみることから始めましょう。

 

【4】発疹・じんましん

引用: Pixabay

数は少ないようですが、全国の消費生活センターなどには発疹やじんましんといった副作用も報告されているようです。サプリメントは補助食品とはいえ、個人差によって身体に合わないことも充分にありえますので、発疹やじんましんといった副作用が出た場合も服用を中止するようにしましょう。

これは全てに言えることですが、副作用の症状が出ても効果が出るまで無理して続ける方も少なくないようです。少し違和感があるぐらいならいいのですが、明らかに副作用の症状が出ているのに、我慢して続けても体調を崩すだけで効果は出ません。

効果が現れないからといって焦ったりせず、身体のサインは見逃さないようにしましょう。若い人ほど副作用を甘く考え、年齢を重ねるごとに副作用を感じづらくなるといった声もあります。

発疹やじんましんといった副作用は育乳サプリと結びつきにくいかもしれません。また効果を感じる楽しみが先行するばかり、副作用があるのにないと思いこんでしまう人もいるようです。大事な身体をないがしろにしないよう、充分に注意を払いましょう。

 

【5】ピルとの併用で女性ホルモンの過剰摂取

引用: Pixabay

最近では身近な女性ホルモン剤として経口避妊薬のピルが若い女性の間で人気のようです。

ピルはもともと女性ホルモンの分泌を促すことでホルモンをコントロールする薬です。育乳サプリとピルを併用することで、女性ホルモンの分泌が盛んになり胸が大きくなりやすいといった話からピルと育乳サプリを飲むことに人気が出ました。

しかし、ピルも育乳サプリも女性ホルモンの分泌を盛んにするものであり、併用して飲むことは過剰摂取となり副作用といった観点から大変危険です。先程述べた消化器障害や月経不順といった副作用が強く出る恐れがあるため、育乳サプリとピルを併用することはやめましょう。

ピルの目的はあくまで避妊を目的としたもので、育乳は副作用のひとつです。育乳が目的の場合は、キチンとした育乳サプリをのみ服用するようにて、ピルは必要な時だけ飲むようにしましょう。

 

効果のある育乳サプリを見極めよう!

引用: girlydrop

いかがだったでしょうか?育乳サプリの効果からメリット、副作用やピルとの併用についてなどの危険性についてご紹介させて頂きました。

冒頭でもお話をしましたが市販の育乳サプリだからダメといったことはもちろんありません。市販でもネットでもどういった成分が入っているか確認し、用法用量をしっかりと守って服用するようにしましょう。決して安易に「安いから」「人気があるから」といった理由だけで購入するようなことはやめてください。

胸を大きくする以外にもさまざまな効果をもたらしてくれる育乳サプリですが、副作用がある人もいるということを忘れてはいけません。副作用が出た人は、服用を止めるか医師に相談してみるなど対応を行うようにしましょう。

何度も言いますが、ピルとの併用は副作用の観点から考え可能な限り控えるようにしましょう。早く胸を大きくしたい、効果を最大化させたいという焦りから女性ホルモンを過剰に取り入れたい気持ちも分かりますが、ピルとの併用は身体を壊す原因となったり、副作用が強く出てしまう恐れがあります。もしピルをどうしても服用しなければいけないときは、処方してくれる医師に相談するようにしましょう。

育乳サプリを飲んでいるのに「胸が大きくならない」「効果がまったく現れない」という人の共通点として、1ヵ月程度しか続けていないこと、飲み忘れが多かったなどといった点も多く見受けられました。
サプリメントは速効性があるわけではないので、毎日続けることが重要です。
育乳サプリに限らず言えることですが、最低でも3ヵ月から半年は継続するようにしましょう。

もちろん、使用する人の体質や相性もあるため、副作用の症状が出たり身体に合わないと感じたら服用をやめるか、医師に相談するといいでしょう。

今回は人気の育乳サプリについてご紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?効果はもちろん、副作用などの知識もしっかりと入り少しでも理解頂けたら嬉しいです。決して「安いから」「人気だから」といった理由だけで選ばず、賢い選択をできるようになりましょう。

人気の記事