秋太りの理由・原因10選!食欲の秋を防止・解消する方法大公開

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

秋太りとは?

引用: Pixabay

秋は太りやすい、という話や『秋太り』という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

秋は『食欲の秋』とも言われるように食べ物が美味しく感じて私たちの食欲も増えていきますが、秋太りに悩まされる女性は実は多くいます。

秋に旬を迎える食材も多いですし食欲が増すことが多い秋なので、秋太りするのはそれが原因・理由だ、なんて思っていませんか?

もちろん、食欲の秋に食べ過ぎてしまうことも秋太りする原因・理由なのですが、実は秋太りする原因や理由は食欲の秋以外・その他にもいくつかあるのです。

この記事では、秋太りの理由や原因、さらには秋太りしないための解消方法・防止方法についてまとめました。

秋太りする理由や原因が何か気になる、『食欲の秋』と言われる原因・理由が気になる、毎年秋太りしてしまって気になる、秋太りを防止・解消したい、という方はぜひ最後まで読んでみてください。

 

秋に太ってしまう理由を解説!

引用: Pixabay

毎年、夏の暑さには参ってしまいますよね。年々日本の夏は暑くなっていて、過ごしにくくなっています。

令和となったばかりの5月にはまだ夏ではないはずなのに30度後半を迎えるなど、令和元年は記録的暑さとなりました。

夏の暑さの反動か、どんどん気温が下がっていって過ごしやすい秋・食欲の秋を迎えると、秋に太ってしまういわゆる『秋太り』してしまう方が大勢いるようです。

『秋太り』というのは何が理由・原因で起きているのでしょう?

もちろん、『食欲の秋』と言われる秋にたくさん食べてしまうことが原因・理由でしょうが、そのほかにも原因・理由はあるのでしょうか?あるとしたら、その原因・理由はなんなのでしょう?

次から秋に太ってしまう『秋太り』の理由・原因を解説していきたいと思います。

 

秋太りの理由・原因10選!

引用: Pixabay

ここからは、秋太りしてしまう理由や原因について詳しく見ていきたいと思います。

秋を迎えると食欲の秋で毎年秋太りしてしまうという方は、秋太りする理由や原因をしっかりチェックしてみてくださいね。

秋太りを防止・解消するためには、まず秋太りする理由・原因を抑えることがポイントになってきます。

 

【1】代謝と血流が下がるから


引用: Pixabay

まず、秋太りする大きな理由・原因は、秋になると気温が下がって代謝と血流が下がるからです。

特に女性は、秋や冬に近づいていくとどうしても血流が悪くなりやすく、足が浮腫みやすくなったりします。

代謝・血流が悪くなると体が浮腫みやすくなり、セルライトもできやすくなるので注意が必要です。

そのため、秋太りしないための防止方法・解消方法には基礎代謝を上げるものも多いです。

秋太りするだけでなく、体や足が秋になると浮腫みやすくなるという方は、代謝や血流が悪くなっているのかもしれません。

毎年秋や冬を迎える際に浮腫みやすくなる方は、代謝や血流が悪くなっていることが秋太りしている理由・原因の可能性があります。

 

【2】秋になると日の当たる時間が短くなってセロトニンが減って食欲が増すから


引用: Pixabay

単純に考えて、秋太りする原因・理由は『食べている量が増えているから』です。

よく『食欲の秋』と言われますが、その理由・原因は、秋というのは食欲が増すようにできていることにあります。というのも、秋になると日が短くなって日の当たる時間も短くなっていきますよね。

実は、日が短くなるというのも秋太りする理由・原因になります。

日に当たる時間が短くなると、人間の頭の中のセロトニンという神経伝達物質が減少していくのです。

セロトニンが減少するとどうなるのかというと、人は気持ちが安定せず不安定になります。不安定になるとどうなるのか、実は人間の脳は手っ取り早く満足感を味わえるものを求めるのです。

この手っ取り早く満足感を味わえるものが、『食べること』なんですね。

そのため、秋に食欲が増していって『食欲の秋』となってしまうのは、人体の構造上から見ても普通のことではあります。

つまり、秋が近づくにつれてセロトニンが減少していき、気持ちが不安定になってしまってその気持ちを安定させるために人はたくさん食べてしまうということが秋太りする原因・理由の一つなのです。

『食べること』で手っ取り早く満足感を味わってしまうことを繰り返すと、どんどん秋太りしていって太る原因・理由となります。

 

【3】気温が下がると糖質を体が要求するから

Array

引用: Pixabay

気温が下がると糖質を体が要求するのも秋太りする理由・原因の一つです。

暑かった夏から秋になっていくと、気温が下がってとても過ごしやすくなりますよね。

ただ、気温が下がると人間の体は体温を維持するためにそれまで以上にエネルギーを必要とするようになります。そのため、秋になると夏よりもたくさん人間は食べるようになって、こうしたことが原因・理由で『食欲の秋』と言われているのですね。

人間にとってすぐにエネルギーとなるのは糖質ですが、糖質は消化が早いだけでなく血中血糖値を大きく左右しています。

血糖値が急に上昇すると、インスリンが出るためまた血糖値が低下します。

そうすると、人の体や脳は糖質をもっと取るように指示するため空腹のサインを出してしまうのです。

空腹を感じた人間は、当然ご飯をたくさん食べたくなります。ご飯を必要以上に食べてしまえば、これは秋太りする理由・原因に直結してしまいます。

これは、もう秋太りして当たり前ですね。

 

【4】夏バテから回復したから

引用: Pixabay

秋太りする理由・原因には、『夏バテから回復したから』という理由・原因もあります。

ここ最近の夏の暑さは異常で、場所によっては最高気温が40度を超える日もあるほどの暑さです。夜は気温下がるとはいえ、それでも30度前後であったりとなかなか寝苦しい日が続きます。

そんな暑い日が続いてしまうことは夏バテしまう原因・理由になります。多くの人が夏バテしてしまって食欲が失せてご飯を食べる気力がわかなくなります。

ただ、秋が近づくにつれて気温が低下していくと過ごしやすくなり、体も夏バテから回復します。だからこそ、食欲の秋と呼ばれるのですね。

夏バテから回復すると、暑さで弱っていた胃や腸の調子が回復していくのです。『夏は素麺やサラダなどのさっぱりしたものしか食べなくない』という人も、気温が下がるにつれて栄養があるものを食べることができるようになって、どんどん体が元気を取り戻します。

この時、体に起きることは本来の食欲に戻るだけではありません。夏バテで栄養不足になっていた体は、不足している栄養を体に取り込むために『もっと栄養が必要!』と脳にサインを送ります。

そのサインがあって、どんどん食べてしまい秋太りする理由・原因になってしまうのです。

たくさん食べるということは、やはり秋太りの原因・理由に直結してしまいます。

夏バテから回復するのは良いことですが、食べ過ぎはやはり太ってしまう一番の原因・理由なので注意しましょう。

 

【5】冬に備えて体に栄養を貯めておくため

Array

引用: Pixabay

秋太りする原因や理由に、冬に備えて体に栄養を貯めておくためという原因・理由もあります。

自然界に生きる生き物は、冬に太る動物が多いです。その理由・原因は、冬には食べ物が取れなくなるため、食べ物が多い秋のうちにたくさん食べて体に栄養を貯めておくというものです。

脂肪は厳しい冬を越すときに断熱材のような働きをします。そのため冬を越すために動物たちは、夏よりも太っていることが多いです。

こうした動物の本能は、私たち人間にもあると考えられています。生き物が厳しい冬を越して、生き延びていくための方法なのです。

私たち人間はクマやリスのように冬眠はしないので、できるだけ太りたくないですが生き物の摂理と知ると秋太りしてしまうのも仕方がなく思えてきますね。

 

【6】そもそも秋に旬を迎える食材は美味しいものばかり

引用: Pixabay

そして、秋太りする原因・理由には、『食欲の秋』という言葉からも伺えるようにそもそも秋に旬を迎える食材は美味しいものばかりであるという原因・理由もあります。

お米は秋に収穫ですし、マツタケも秋、サンマも秋、他にも秋に旬を迎える美味しい食材はたくさんあります。

『食欲の秋』『実りの秋』とはよく言ったもので、秋は本当に食材がおいしいのです。

こうした秋に旬を迎える食材がたくさんあって、昔から秋に太る人が多かったので『食欲の秋』『秋太り』という言葉があるのでしょうね。

 

【7】肌を露出する機会が減って気持ち的に太りやすくなる

引用: Pixabay

また、秋太りする原因・理由に、『秋は夏に比べて肌を露出する機会が減る』という原因・理由もあります。

秋は肌寒くなってくるのでそれまでよりも肌を露出する機会が減ってしまい重ね着をすることが多くなっていきますが、そうすると自分の体のラインが他人から見られなくなります。

そして、自分でも自分の体のラインを意識することがなくなっていきます。この『意識』というのはかなり凄いもので、体型を維持しなければいけない・太ってはいけないという意識があるだけで食欲を抑えられたりします。

秋太りする原因・理由は、基本的に食欲が有り余っていて、食欲の秋に必要以上に食べてしまうことにあります。

そういう『自分の体のラインへの意識』が減りやすいのも秋太りしやすい原因・理由ですし、美味しいものがたくさんある食欲の秋なので、秋太りしやすいのでしょう。

 

【8】ビタミンやミネラルが不足した状態で秋を迎えてしまうから

引用: Pixabay

夏バテのところとリンクしますが、ビタミンやミネラルが不足した状態で秋を迎えてしまうのも秋太りする原因・理由になります。

ビタミンやミネラルは脂肪を燃やして身体にたまった老廃物を代謝させる、重要な役目を担っています。

しかし、夏バテしてしまうと食欲が出ずに、どうしてもこのビタミンやミネラルが不足した状態になってしまうのです。そして、ビタミンやミネラルが不足した状態で秋を迎えると一体どうなるのかというと、体は元に戻ろうとするので秋に食べすぎてしまって秋太りしてしまうのです。

ビタミンやミネラルの不足は秋太りの理由・原因となるので、秋太りを防ぐためには普段から意識する必要があります。

 

【9】過ごしやすくなったため夜更かししてしまって代謝が落ちて食欲が増す

引用: girlydrop

秋太りする原因・理由には、『夜更かししてしまうから』という原因・理由もあります。

秋は食欲の秋と言われるだけでなく『芸術の秋』『読書の秋』とも言われますよね。

秋となり夜過ごしやすくなったため、読書などで夏よりも夜更かししてしまう人も多くなります。しかし、夜更かししてしまうと代謝が落ちてしまって、太りやすくなります。

それだけでなく、睡眠時間が短くなると、人の体の中では食欲を抑える働きをするホルモン・レプチンの分泌が減少します。

レプチンの分泌が減少すると、食欲が増えるホルモン・グレリンの分泌が増えていくのです。

そのため、夜更かしをしてしまって睡眠不足になると、食欲はどんどん増えていくため『食欲の秋』となって秋太りする原因・理由になるのです。

秋になって読書をたくさんするのもいいですが、夜更かしは秋太りする原因・理由の一つになるのであまり夜遅くまで起きていないようにすることが大切です。

 

【10】季節の変わり目には自律神経が乱れやすい

引用: girlydrop

夏から秋という季節の変わり目には自律神経が乱れやすいことも、秋太りする理由・原因になります。

季節の変わり目には気圧が変動します。気圧が上下すると、人間の耳の奥にある内耳が気圧の変動を感知するようにできています。

この内耳には、体のバランスを保つ気管が集まっています。内耳は『気圧が低下した』という情報を受け取り、その情報は前庭神経を通って脳に伝達されます。

その情報が伝達されたことで自律神経はストレス反応を引き起こします。ストレス反応が起こるとどうなるかというと、交感神経が興奮状態になってしまうのです。

そのため、自律神経が乱れて起きる、めまい・抑うつ・心拍数増加といった症状が現れてしまいます。

さらに、自律神経が乱れることで、消費カロリーも減ってしまうことがあります。

自律神経が乱れることで日中に交感神経が働くなることがあるのですが、そうなるとアドレナリンの分泌量が減ってしまいます。

そのため、消費されるカロリーが減ってしまって、太りやすい体になり秋太りしてしまう原因・理由となるのです。

季節の変わり目にいつも体調を崩してしまうという方は、内耳が敏感な方かもしれません。

 

秋太りを防止&解消する方法は?

引用: Pixabay

ここまでは秋太りしてしまう原因や理由についてお話ししてきました。

大体は想像がついていたという『食欲の秋』などの秋太りする原因・理由や、『そんなのも秋太りする原因・理由だったんだ!』というものもあったかと思います。

秋太りする原因・理由が分かったところで、毎年のように秋太りに悩まされている方に朗報です。

実は、秋太りの原因・理由があるように、亜着太りを防止・解消する方法がちゃんとあります。

秋太りする原因や理由を踏まえて、ここからは秋太りを防止・解消する方法について説明してきますね。

 

秋太りを防止・解消する方法5選!

引用: Pixabay

こちらが、秋太りを防止・解消する5つの方法になります。

基本的に食欲を意識的に抑えることができれば、秋太りする理由や原因は最小限に抑えられます。

とはいっても、やはり食欲の秋!秋の食べ物は美味しいものが多いので、食べずにはいられませんよね。

自分が秋太りしてしまう原因や理由をしっかり抑えた上で、その原因・理由を解決してくれる秋太り解消法をチェックしましょう。

ぜひ、自分に合った秋太り防止方法・解消方法を見つけてみてください。

 

【1】呼吸法でダイエット

引用: girlydrop

『食欲の秋だから食べ過ぎてしまった!秋太りしてしまったからなんとか秋太りを解消したい!でもあまり運動はしたくない!』という方におすすめな秋太り防止方法・解消方法が、呼吸法ダイエットです。

呼吸法ダイエットは以下のような方法です。

1. 5秒かけて鼻から深く息を吸う
2. 口をすぼめ、細く長くゆっくり息を吐き出す。下腹部に力を込めて息を吐き出す。
3. この呼吸法を1分以上続ける

『呼吸方法だけで痩せるの?秋太りを防止できるの?解消されるの?』と思う方もいるかもしれませんが、秋太りの防止方法・解消方法としてはかなりおすすめです。

なぜならこの呼吸法は、意識的に体に酸素を取り込むことができるため、基礎代謝を高めることができるからです。基礎代謝が高まれば脂肪を燃焼させることができ、秋太り解消・防止になっていきます。

一時期流行ったロングブレスダイエットとちょっと似ているところがあります。

この呼吸法はちょっとした空き時間にもできるので、ぜひ秋太りに悩まされている方はやってみてください。呼吸法を試してみて、体が熱くなってきたらちゃんとした呼吸法が出来ている証拠です。

 

【2】早寝早起き・質の良い睡眠をとる

引用: girlydrop

実は、単純に早寝早起きを徹底することも秋太りの防止方法・解消方法となります。

秋太りしてしまう理由・原因に『季節の変わり目には自律神経が乱れやすいという原因・理由で秋太りする』『日の当たる時間が短くなってセロトニンが減って食欲が増すという原因・理由で秋太りする』というものがありました。

この2つの秋太りする原因・理由は、早寝早起きと質の良い睡眠をとることで解決できる可能性が高いです。

質の良い睡眠をとることで、食欲や感情を安定させることができるのです。そのためには、早寝早起きや質の良い睡眠をとることが大事です。

早寝早起きは自律神経が乱れている方にはぜひ実践して欲しいです。日の出とともに起きるとさらに効果が増します。

質の良い睡眠をとるには、起きたら朝日を浴びること、就寝する3時間前には夕食を済ませることなどが重要です。

食欲の秋と言われる無限にも感じられる食欲に悩まされている人は、ぜひ秋太りの防止・解消方法の早寝早起きをして質の良い睡眠を取れるように頑張ってくださいね。

 

【3】冷たいものを食べることをできるだけ控えて温かいものやミネラルやビタミンが豊富なものを食べる

引用: Pixabay

また、秋太りの防止方法・解消方法では、食べ物を意識することも効果的です。

冷たいものを食べることをできるだけ控えるだけでも、秋太りの防止・解消になります。冷たいものを食べると体が冷えてしまって、代謝が落ちてしまいます。

冷えた食べ物・冷たい飲み物をたくさん取る癖がある方は、少しずつ見直して行きましょう。

特に、夏の間には清涼飲料水をたくさん飲みたくなってしまいますが、清涼飲料水には糖質が多く含まれているため、血糖値を急上昇させてしまういます。

血糖値が急上昇すると、『3.気温が下がると糖質を体が要求するから』で説明したように、インスリンが出て血糖値が抑えられます。

しかし、このインスリンは体内の余分な糖を脂肪に変える働きもあるので、結果的にやはり秋太りしてしまうので注意しましょう。

秋はキノコ類が旬を迎えますが、キノコに大量に不生まれているキノコキトサンは脂質の吸収を抑える効果があります。

それだけでなく、蓄積した脂肪を分解して外に出す効果もあるので、秋太りが気になる方はぜひキノコ類をたくさん食べてみてください。

先ほど、秋太りする原因・理由のところで『ビタミンやミネラルが不足した状態で秋を迎えてしまうという原因・理由で秋太りする』と話しましたが、ビタミンやミネラルをしっかり取ることも大事で、秋太りの防止・解消に繋がって行きます。

秋が旬の食材でビタミンが豊富なものは、キノコ・リンゴ・柚・柿になります。

ミネラルが豊富なものは、サンマ・サバ・サケなどです。

一番良い秋太り防止・解消法は、秋を迎える前にミネラルとビタミンをしっかりとって、栄養が不足していない状態を作っておいて、秋太りする理由や原因を作らないようにしておくことです。

ただ、夏が終わる前にそれが出来なかった場合は、秋太りを最小限に抑えるために一つでも秋太りする原因・理由を潰すためにミネラルやビタミンをしっかり毎日の食事で取るようにしましょう。

 

【4】体のラインが出る服を着る機会を増やす

引用: Pixabay

そして、秋太りする原因・理由に『秋になると肌を露出する機会が減って気持ち的に太りやすくなるという原因・理由で秋太りする』とあったように、体のラインが出る服を着る機会を増やすことは秋太り防止・解消に繋がります。

寒くなってくると、厚着になったりダボっとした格好・ファッションをしてしまいがちです。

しかし、体のラインがあまり出ないファッションをしてしまうことも秋太りする理由・原因になってしまうのです。体のラインを隠すような格好ばかりしていると、気持ちも緩んでしまっていつの間にか秋太りしてしまったりします。

そのため、普段からある程度は体のラインが出る服を着たり、体のラインが出る服を着る機会を増やしましょう。

体のラインが出る服を着る機会を増やすことで『太ってはいけないという意識』が生まれます。その意識によって、普段からそこまで太らないように食欲を抑えられるようになって、秋太りの防止・解消に繋がっていきます。

毎回体のラインが出る服を着ることは難しいと思いますので、『最近体のラインを隠してばかりいるな』と感じたときには体のラインが出る服を着てみてください。

 

【5】ウォーキング・散歩などの軽い運動をする

引用: Pixabay

ウォーキングや散歩などの軽い運動をすることはもちろん、秋太りの防止や解消になります。

秋は食欲の秋だけでなく、スポーツの秋とも言われます。夏からぐっと気温が下がるため、運動もしやすくなりますし外にも出かけやすくなります。

秋太りは運動をせずにたくさん食べてしまうことで起きやすいです。

秋は『スポーツの秋』とも言われますが、秋太りしてしまう人はどうしても『食欲の秋』の方が強いようです。

食欲の秋だけでなく、秋太りする原因・理由に『秋になると気温が下がって代謝と血流が下がってしまうという原因・理由で秋太りする』とありましたが、やはり秋は代謝が下がります。

代謝が下がっている時期に食欲がアップするので、秋太りする理由や原因になるのです。

秋になって気温が下がるということで、ウォーキングや散歩などの軽い運動をして消費カロリーを上げていくといいでしょう。

激しい運動をするよりも軽い運動を長く続けることの方が秋太りの解消・防止に繋がります。さらに軽い運動・ウォーキングなどをすると血流も良くなって、浮腫みにくくもなります。

ぜひ、ウォーキングや散歩ができる天気の良い日は外に出て運動してみてくださいね。

 

食欲の秋に気をつけよう!

引用: Pixabay

秋太りをする原因・理由や秋太りの解消方法・防止方法について説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

秋太りをする原因・理由について詳しくみていくと、『食欲の秋』と言われるだけあって秋という季節自体が太りやすい時期だったということが分かったかと思います。

そのため、秋太りしやすい人は自分が秋太りする原因・理由を知って、秋太りしないように普段から色々と心がけたり、ダイエット方法・秋太り防止方法・秋太り解消方法を試す必要があります。

秋太りする原因・理由について調べると、以下のようになものが秋太りする原因・理由ということが分かりました。

1.秋になると気温が下がって代謝と血流が下がってしまうという原因・理由で秋太りする
2.日の当たる時間が短くなってセロトニンが減って食欲が増すという原因・理由で秋太りする
3.気温が下がると糖質を体が要求するという原因・理由で秋太りする
4.夏バテから回復して胃や腸も元気になるという原因・理由で秋太りする
5.冬に備えて体に栄養を貯めておくという原因・理由で秋太りする
6.そもそも秋に旬を迎える食材は美味しいものばかりという原因・理由で秋太りする
7.肌を露出する機会が減って気持ち的に太りやすくなるという原因・理由で秋太りする
8.ビタミンやミネラルが不足した状態で秋を迎えてしまうという原因・理由で秋太りする
9.秋になって過ごしやすくなったため夜更かししてしまって代謝が落ちて食欲が増すという原因・理由で秋太りする
10.季節の変わり目には自律神経が乱れやすいという原因・理由で秋太りする

ただ単純に、秋は美味しいものが多いから食欲が増して秋太りするという理由・原因もあれば、セロトニンやビタミン・ミネラルなど体の構造上、秋という季節が太りやすくなっていて昔から秋太りという言葉あることもうなづけるという理由・原因もありました。

食欲の秋と呼ばれる理由・原因も、秋太りする理由・原因と大きくリンクするところがあることもわかりました。

秋太りする主な原因・理由は、おそらく皆さんが思い浮かべていたように、夏から秋になって気温が下がることが関係しています。

夏バテしていた体が元気になることで『食欲の秋』となって、食欲が増して秋太りする原因・理由になってしまったり、気温が下がったことで厚着したりして自分の体のラインを意識しなくなることも秋太りする原因・理由になります。

秋太りする原因・理由を抑えたのであれば、その防止法・解消法についてチェックしましょう。

秋太り防止方法・解消方法はこちらになります。

1.呼吸法でダイエットする
2.早寝早起き・質の良い睡眠をとる
3.冷たいものを食べることをできるだけ控えて温かいものやミネラルやビタミンが豊富なものを食べる
4.体のラインが出る服を着る機会を増やす
5.ウォーキング・散歩などの軽い運動をする

早寝早起きをして質の良い睡眠をとれば、代謝が落ちることや自律神経が乱れることの防止になりますし、結果的に秋太りの解消に繋がって行きます。

さらに、早寝早起き・質の良い睡眠をとることは、気持ちを安定させる効果も抜群なので食欲を抑える効果があります。

食欲をある程度抑えることができれば秋太りはしにくくなるので、秋太り防止・解消にはとても効果的です。

冷たいものをたくさん食べてしまうと体が冷えて代謝が落ちてしまうので注意しましょう。また、清涼飲料水には思っている以上に糖質が含まれていることが多いので避けるようにした方が良いです。

また、ビタミンやミネラルを摂る事についてですが、人間の脂肪を燃やして身体にたまった老廃物を代謝させるという重要な役目を担っているため、ミネラル・ビタミンが豊富なものを食べるようにすること自体が秋太り解消方法・防止方法なのです。

また、秋になると基礎代謝が下がってしまうというのも秋太りする原因・理由でしたが、呼吸法やウォーキング・散歩などの軽い運動をすることで基礎代謝を上げていくことで、秋太りする原因・理由を潰していくことができます。

秋太りという言葉はありますが、秋は夏よりも気温がぐぐっと下がるので運動しやすいです。秋太りする原因・理由を潰すためには激しい運動をする必要はないので、できることから続けてみてください。

意外に思われるかもしれませんが、秋太りしてしまう理由・原因には意識も関係しています。そのため、あえて体のラインが出る服を着る機会を増やすことでも『体のラインが出るから痩せなきゃ!』とある程度食欲を抑える効果があります。

毎日のファッションを意識するというだけでも、秋太りの防止・解消法として効果はあると言われているようです。

食欲の秋と言われる季節に食欲をある程度自分の意識でコントロールできるようになれば、それはもちろん秋太り防止・解消に繋がっていきます。

毎年秋になると『食欲の秋』で食べ過ぎてしまって秋太りしてしまうという方は、この記事であげた秋太りの原因・理由の1〜10に当てはまるところがないかしっかりチェックしてみてください。

秋太りの解消方法・防止方法には、その秋太りする原因・理由をしっかりカバーするものがあります。

ぜひ、自分に合った秋太り防止方法・解消方法を見つけて試してみてくださいね。

秋太りの理由・原因がしっかり特定できて、スッキリ解消されることを願っています。

人気の記事