座右の銘に使える四字熟語150選!カッコいい言葉の意味を徹底解説!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

座右の銘に使える四字熟語150選!

引用: girlydrop

座右の銘とは自分の信念や戒めとする言葉で、自分の生き方であると思ってください。

あまり座右の銘は人に言うものではないのですが、ここ数年就職活動において四文字熟語を使った座右の銘を言いなさいと試験官から言われるケースが相次いでいます。四文字熟語自体は学生の頃にならったものを引用されることが多いのですが、ほとんどの人は単純にカッコいい言葉だからと言って意味を知らず適当な四文字熟語を言う人もいるようです。

今回は人に聞かれても良い、もしくは自分の行動や信念に自信が持てるような座右の銘に使えるカッコいい四文字熟語を150選ご紹介させて頂きます。シチュエーション別の座右の銘をアップしておりますが、今まで四文字熟語の意味を知らずカッコいいから適当に言っていたという人は意味を知る意味でもチェックしてみましょう。

 

【座右の銘に使える】挑戦を関する四字熟語

引用: Pixabay

まず挑戦に関する四文字熟語をご紹介させて頂きますが、いくつか聞き覚えがない四文字熟語もあると思いますので読み方が分かりにくいものはこちらで見やすくします。

挑戦と言っても人生位に置いて色んな場面があり、この四字熟語を座右の銘にしてもカッコいいかもしれません。カッコいい言葉ではあるのですが、座右の銘にされる際はその言葉の意味を理解しないと挑戦に打ち勝つことが難しいでしょう。

 

【001】百戦百勝

引用: Pixabay

百戦百勝とはどんな戦いにも必ず勝つことを意味します。

この言葉は中国の軍師として有名な孫子が作った言葉です。百戦百勝の真の意味は、戦わないで戦に勝つことであると思ってください。大まかに言うとどんな勝ち方でも勝ちは勝ちという意味です。

百戦百勝を座右の銘にされるのは物凄くカッコいいことですが、意味を理解しておかないと相手に伝わらないかもしれません。

 

【002】赤手空拳(せきしゅくうけん)

赤手空拳という言葉は日本の言葉ではなく、西遊記から出典されてる言葉になります。

意味は何の武器も持たない、もしくは相手の力を借りずとも自力で行うことを意味します。実際ほとんどの男性は赤手空拳を知らない間に座右の銘にされている方が多いでしょう。

赤手空拳は裸一貫と近い意味があるため、四文字熟語の座右の銘として誰もがカッコいいと思える生き様を象徴しています。西遊記に登場する主人公孫悟空もまさ赤手空拳が座右の銘になっている良い手本かもしれません。

 

【003】獅子白兎(ししはくと)

引用: Pixabay

獅子白兎は是非とも四字熟語の座右の銘として活用して頂きたいものの1つです。

意味は簡単なことでも全力で取り組むことです。この言葉はどんな簡単な仕事でも侮らずに全力で取り組むことを指すため、誰が聞いても万人受けしやすい座右の銘でしょう。

現代向けのカッコいい言葉というよりかは、仕事だけではなく色んな場面で重要な四字熟語であるため他の人にこの座右の銘を話すと信頼してくれる確率は高くなります。

 

【004】暴虎馮河(ぼうこひょうが)

こちらは自分の中でのもう1つの座右の銘として良いかもしれません。

四字熟語の意味としては一時の感情に任せて後先考えない無謀な行いをするという意味になります。座右の銘としてカッコいいというよりかは、無謀すぎて怖い言葉でしょう。しかし物事を考えすぎてどうしようもない場合のみ、その場の感情に任せて上手くいくこともあるのです。

自分が何かしたいのに迷ってしまっている時のみ、この言葉を座右の銘とすると上手くいきます。

 

【005】騎虎之勢(きこのいきおい)

騎虎之勢とは走り出したら止まらないという意味です。

1度走り出したら途中下車が出来ないため、何事にも挑戦するのであればよほどのことがない限り挑戦し続けるという座右の銘としてカッコイイ気がします。虎という言葉が使われている四字熟語なので、結構好んで座右の銘にされる方も多いようです。

 

【006】先手必勝

引用: Pixabay

スポーツ向きかと思いますが、スポーツを含めたすべての挑戦ということで先手必勝という四字熟語は有りではないでしょうか?

先手必勝の意味をご存じの方も多いですが、先に攻撃を仕掛けたものが有利もしくは勝てるという意味です。実際全ての勝負において先手必勝を取ることが出来たらカッコいいですし、先手必勝を信念にするのもありでしょう。

 

【007】一世一代

一世一代とは自分が生まれて死ぬまでの人生の中でい一度きりのことを意味します。

よく一世一代の大勝負なんていう言葉はないでしょうか?座右の銘にするには大きすぎる四字熟語かもしれませんが、ここぞという時に一世一代という言葉を使うとカッコいい風に見えます。

 

【008】背水之陣

引用: Pixabay

この四字熟語は挑戦や勝負系のものではあるのですが、後退することが出来ない状態の中死力を尽くすという意味になります。

どちらかと言うと良い意味ではなく一般的には悪い意味合いな四字熟語です。座右の銘にふさわしくないかもしれませんが、人生は順風満帆ではなく時に四面楚歌の状態に追い込まれてしまうことが多々あります。

常に背水之陣を座右の銘にして行動しておくと、いざという時困難に立ち向かえるでしょう。

 

【009】九死一生

よく災害時に使われる四字熟語の1つでしょう。意味が分かる方が多いと思いますが、危険な状態から何とか生還するという言葉です。物事に挑戦する際、必ず無事に生き残れるという保証はどこにもありません。運だよりにするのは良くありませんが、座右の銘にしておくと案外上手くいく可能性が高いと思っておいてください。

 

【010】人間青山(じんかんせいざん)

引用: Pixabay

この言葉の意味は、世の中は広く死に場所はどこでも存在しているため、自分の目的を達成するのに故郷を捨ててでも大いに活躍しなければという四字熟語になります。

大げさな座右の銘になるかもしれませんが、現在日本人で海外進出されている方も多いです。海外に進出された方々に座右の銘がある訳ではないかもしれませんが、ほとんどの方は知らない間に自分の生き方が人間青山なカッコいい生き方になっているのではないでしょうか?

実際海外で成功された方は、人間青山に近い言葉を言われています。

 

【011】常山蛇勢

これは是非とも座右の銘にして頂きたい言葉です。

常山蛇勢とは簡単に言うと隙が無いという意味になります。何事も挑戦するに当たり、隙などを作ってはいけないのです。隙を作ってしまうとは集中力の低下を現します。女性向けではなく男性向けの座右の銘に良いでしょう。

 

【012】一騎当千

この言葉は何となく聞き覚えがある四文字熟語かもしれません。

1人で1000人相手に出来るほどの強い者を指します。何事も挑戦するに当たり、自分は一騎当千であるという風に座右の銘を掲げるとちょっとしたはったりにも使えますし、実際凄いスペックの持ち主であればカッコいいと思われます。

 

【013】無手勝流

引用: Pixabay

こちらの四字熟語は百戦百勝と近い意味を持っています。

無手勝流とは知恵者が使う座右の銘であると思ってください。意味は策略だけで相手に勝つ方法という意味になります。実際に戦を仕掛けるという訳ではなく、不殺という意味だと思ってください。

無手勝流の言葉にはこんな話があり、戦国時代の剣客に勝負を挑まれたが言葉巧みに船で脱出し、その剣客を置き去りにして戦わずして済んだという話があるのです。戦いを挑むことがカッコいいわけではないため本当に強者だと思われたいのであればこちらを座右の銘にしえみるのも良いでしょう。

 

【014】兵貴神速

戦では一瞬の判断で命運が決まるという意味になります。

現在で言うと臨機応変という言葉に近いかもしれません。ただし臨機応変は自分ですが、兵貴神速は他者を動かす即ち上司の立場の四文字熟語はです。プロジェクトや何かのチームリーダーとして働く人であれば、座右の銘としておいてください。

部下への指示は兵貴神速でないと難しいです。

 

【015】一擲千金(いってきせんきん)

引用: Pixabay

こちらは一攫千金という四字熟語と間違えられますが、意味は大きく異なります。

意味としては一度の大勝負に出るというもので、ギャンブル系の座右の銘かもしれません。意味としてはギャンブルではあるのですが、挑戦する際時々直感で選べという風に言われることあるでしょう。

実際ギャンブルだけに限らずどんな大勝負も切り札を残すよりも、大勝負に出た方がカッコいいものです。

 

【016】一心不乱

こちらは学生時代などによく耳にしたことがある四文字熟語でしょう。

よそ見をせず集中することを指します。何事も挑戦する時は集中力が欠けてしまうと意味がありません。一心不乱は挑戦だけではなく色んな座右の銘に使えるため、全ての方が使いやすい言葉かと思います。座右の銘にしていると実際集中力がアップできるかもしれません。

男女共に使用できるカッコいい四字熟語でしょう。

 

【017】連戦連勝

引用: Pixabay

スポーツ系や勝負系などの番組では良く使われる言葉の1つです。

何度も戦って勝つことを意味します。ただこの言葉の意味を勘違いされている方も多く、戦うのが当たり前であると傲慢になってしまうようです。負けることは悪い訳ではないため、何事も挑戦する時は勝負に勝つように努力するという意識を持つように、座右の銘にしておいた方が良いかもしれません。

座右の銘に使う四字熟語としてはカッコいいのですが、結構プレッシャーがかかってしまうため人に言う時は自分に自信のある時にしてください。

 

【018】一六勝負

こちらもギャンブル系の言葉ですが、運任せの行動という風になります。

良い目と悪い目を現す一六という意味なので、誰かと勝負する際には時として運に頼ることも良いでしょう。何事も運任せという意味ではなく、どうしようもない時のみ運任せにするようにするものありという意味で座右の銘にしておいてもありです。

 

【019】七転八起

七転び八起きという言い方をご存じでしょう。

よく七転八倒と間違われやすいのですが、こちらは何度でも失敗してもやり遂げるという言葉です。挑戦するに当たり始めから上手くいく人などいません。失敗はするけど必ず成功させるという意味でもあるため、全ての人の座右の銘としても使えます。

最近では近い意味のトライアンドエラーという言い方もされるため、こちらを座右の銘にされる方も多いようです。

 

【020】一念発起

引用: Pixabay

挑戦だけではなく目標に近い四字熟語と言えます。

こちらの意味は何かを成し遂げる決意を心に秘めるというものです。挑戦するに当たり、何かを決心しなければ前に進めません。挑戦とは1つのことだけではなく色んなことを意味するので、何かを始める時の座右の銘としていかがでしょうか?

 

【021】創意工夫

新しいものを作る挑戦をされる方向けの座右の銘にして頂きたい四字熟語です。

創意工夫とは今までのものとは違う新しいものを作るという意味になります。新商品開発やメニューを作るという方は常にこの言葉通りに挑戦されています。

 

【022】不眠不休

一般的にあまり良い言葉ではありませんが、不眠不休を座右の銘にされる際は、サボらないという意味で考えてください。

不眠不休の精神で働くというブラック企業が座右の銘にしているイメージかもしれませんが、本質としては物事に取り組み続けることを意味します。これは休憩を取らない、寝る時間を削るのではなく余計な時間を割かないという意味合いで考えて頂ければと良いでしょう。

 

【023】局面打開

引用: Pixabay

第三者目線、客観的評価という言葉をご存知でしょうか?

局面打開というのは第三者目線と近い意味を持つ四文字熟語です。意味としては行き詰ってしまった場合は新しい方向で考えるという意味になります。

よく刑事ものや探偵もののドラマなどで局面打開している場面があるのですが、意識して局面打開できるように座右の銘にしておくと見方が変わってくるかもしれません。

 

【024】虚虚実実(きょきょじつじつ)

ライバル相手との腹の探り合いという意味でもありますが、挑戦する際は相手の考えも読んでおかなければいけないこともあります。

腹の探り合いというと良い四字熟語ではないかもしれませんが、相手を見るという方法によって対策を立てられるため座右の銘に入れておいても良いでしょう。

 

【025】真剣勝負

挑戦するというのは誰かと争うことを意味します。

ほとんどの人がご存知でしょうが、真剣勝負とは本気で争うことです。何かに挑戦する際不真面目にやってしまったり、注意散漫になってしまうと負けてしまいます。カッコいい座右の銘に使えるので是非とも使用してみて下さい。

 

【座右の銘に使える】努力や目標に関する四字熟語

引用: Pixabay

今度は努力や目標に関する四文字熟語をご紹介しましょう。

努力や目標をどのような言葉で座右の銘にすればよいか?努力というものは誰でも努力をすることは可能です。しかし単純に努力するだけではカッコいい訳ではありません。

目標達成できるように努力するには、是非ともこのような四文字熟語を座右の銘にしてみてください。

 

【026】万里一空

引用: Pixabay

万里一空とは目的を見失わず頑張るという意味の四文字熟語です。

何か目標がある場合は、これを座右の銘にした方が良いでしょう。万里一空を座右の銘におすすめする理由として、ほとんどの人が本来の目的を忘れてしまい別の努力をするということが多いからです。

意志の強い方なら問題ないのですが、心当たりがある方は是非とも万里一空を忘れないようにしてください。

 

【027】温故知新

温故知新とは創意工夫に近い四字熟語になります。

以前学んだことをもう一度調べて新しい発見をし、自分のものにするという意味です。今現在自分のやっていることが上手くいかなかった場合、自分の行動を見直すことがあるかと思います。

努力しても成果が出せなくなってしまった場合、もう一度見直すという意味で温故知新を座右の銘にしていると目標に達成することが可能です。

 

【028】虎視眈々

引用: Pixabay

虎視眈々とはハンターの四字熟語で、狩人が獲物を鋭い目で狙いじっと機会を伺う様子を意味します。

出世や他者と何かを争う目標がある場合、相手の様子を見つつ出方を伺うというやり方で成し遂げるのが良いでしょう。座右の銘にするにはカッコいいというよりも豪胆かもしれませんが、自分の欲しいものがある時は虎視眈々を座右の銘にしてもおかしくありません。

 

【029】心機一転

努力や目標を成し遂げるということはとても大変です。

心機一転とはあることをきっかけに気持ちや心を良い方向に入れ替えるという意味です。この言葉は自分の置かれている状況をリセットという意味でも使われます。実際何かを努力する時、目標を達成させようとする時は、現在の自分ではいけないと思うためそれまでの自分に対して反省を行う方が多いのです。

自分を戒めるという意味で使う座右の銘としてもありでしょう。

 

【030】臥薪嘗胆

引用: Pixabay

こちらは将来の成功を願って現在の苦労に我慢することを指します。

昔は復讐という意味で使われていた恐ろしい四字熟語だったようですが、現在に合わせて意味が変化しつつあります。こちらはダイエットや受験に励む方向けの座右の銘として使用してください。

目標達成のために努力を怠らないという強い精神のイメージであるため、座右の銘としてカッコいいと人気があるのです。

 

【031】猪突猛進

イノシシが突っ走る様子を表す四字熟語です。

この言葉は周囲の状況などを考えずに1つのことに集中するという意味があるため、あまり良い四字熟語ではないかもしれません。優柔不断で決断力がない人にこそ座右の銘にして頂きたい言葉でしょう。事前に何かしようとすると決まって邪魔が入ったりするものです。

そういう時は何も考えず自分が良いと思ったらただ目標に向けて突っ走るやり方もおすすめします。

 

【032】教学相長(きょうがくそうちょう)

全ての人が座右の銘にしてほしい言葉です。

意味は人に教えること、上のものから学ぶのは違うもので両方を体験して向上するという言葉になります。何かを努力する際、一番これが必要になる言葉かもしれません。

第一者視点、第二者視点、そして第三者目線を理解しておく必要があるという重要な言葉です。自分ではわかってるつもりでも相手の気持ちを理解出来るようになったりするのです。

 

【033】起死回生

引用: Pixabay

基本的に今の状況が恵まれている訳ではなく、絶望的な状態でスタートすることも多いです。

この言葉は絶望的な状態ものを立ち直らせるということを意味します。何か目標を持っている場合ほとんどの方が絶滅状態であると思ってください。

医療系でよく使われる言葉ですが、自分が何か努力する時は常にこの言葉を座右の銘にしておくと起死回生を図ることができるでしょう。

 

【034】試行錯誤

こちらは努力するにおいて1つの座右の銘にしておいてほしい言葉でしょう。

試行錯誤とは試みと失敗を何度も繰り返して問題の解決に近づけるというものです。当たり前によく聞く言葉なのですが、普段慣れていないことを努力しようとした場合、試行錯誤する前に諦めてしまう人が結構います。

すぐにあきらめてしまう人向けの座右の銘として使ってください。

 

【035】即断即決

挑戦や努力など色んな場面に使える言葉の1つです。

物事を速やかに判断し行動するという意味になります。即断即決という言葉を座右の銘にされている方も多く、即断即決が出来る方はカッコいいと憧れを持つ方もいます。

 

【036】精神一到

引用: Pixabay

目標を達成するには集中することが大切です。

精神を集中していればどんなことでも成し遂げられるというカッコいいと四文字熟語になります。努力している最中で自分はやっぱりだめなのか?と思ってしまう方が多いのですが、それすら考えないように精神を集中させるという意味で座右の銘にされても良いかもしれません。

 

【037】不易流行

歌人松尾芭蕉に詳しい方であれば理解できる四字熟語でしょう。

絶対に代わることがない部分を忘れず、新しく変化を続けているものを取り入れるというちょっと難しい意味の言葉になります。故きを温ねて新しきを知るという意味と近いかもしれません。

 

【038】少壮気鋭

引用: Pixabay

20代は良いのですが30代以降になると年齢のせいにして努力を怠る方が多いです。

少壮気鋭とは若くて気力に満ち溢れている様を現します。老いと言うのは自分で言う方もいますが、口に出してしまうとどんどん老けてしまい何事もやらなくなってしまうものです。

それを振り払うためにこちらの言葉を座右の銘にしてみましょう。

 

【039】悪戦苦闘

よくヒーローものなどで耳にすることが多いことばなのですが、悪戦苦闘とは困難な状況でありながら強敵と戦うことを意味します。

目標にもよりますが、ほとんどのものが悪戦苦闘状態ではないでしょうか?こちらを座右の銘にする意味は常に困難な状態で戦って努力するような精神でいるようにという感じです。

 

【040】月下推敲

引用: Pixabay

こちらは文章の字句や表現を考慮し、何度も修正して仕上げるという意味の四字熟語になります。

この言葉を座右の銘にした方が良い方は、失敗を何度も繰り返している人にふさわしい言葉かもしれません。

 

【041】粉骨砕身

力の限りを尽くし努力することを意味します。

まさに努力を座右の銘とするにふさわしい四字熟語と言えるでしょう。仕事なので何かを任された場合によく使用する言葉です。仕事で使うにはカッコいい努力の座右の銘にされるのでおすすめします。

 

【042】運外蒼天

引用: Pixabay

運外蒼天とは努力して色んなことを克服できれば、目標が達成できるという意味の四文字熟語になります。

今現在ほとんどの人は壁にぶち当たってしまった際、目標を達成できず信念まで折れてしまう人も少なくありません。自分自身を変えて目標を達成したいという方にこそ使って頂きたい座右の銘です。

 

【043】気分転換

この言葉は意外かもしれませんが、座右の銘として使うようにすると良いでしょう。

特に真面目な方ほど重要な四文字熟語とも言えます。よく仕事などで使われる気分転換ですが、そのままの意味で気分を別方向に変えるという意味になります。

何故この言葉が目標や努力に関係するのかというと、ほとんどの方が気分転換を行わずそのままやろうと無茶なことをしてしまうからです。少しに詰まった時ほど気分を変えることで上手くいくようにという形です。

 

【座右の銘に使える】健康を冠する四字熟語

引用: Pixabay

数はそんなに多くはありませんが、病気に負けないように生きるには相応しい四字熟語がいくつかあります。

病気をしないようにと思っている方は、是非ともこちらを参考にしてみましょう。健康やその他に関する座右の銘は、自分の手本となる考え方であると思ってください。

他のもの以上に健康に関する四字熟語は、自分自身の生活習慣の一部と言えるかもしれません。

 

【044】抜山蓋世

こちらは三国志の言葉で劉邦と項羽が美人と最後の宴を開催したさい、自分の力量や意気込みを語ったと言われる四字熟語になります。

強大な力と世の中を動かす気力があるというカッコいい意味です。普通に聞くととても偉そうな言葉かもしれませんが、健康に関しては抜山蓋世のような精神を持っている方が病に打ち勝つことが出来るでしょう。

病は気からと言いますので、このくらいの精神を持っていた方が良いのです。

 

【045】快刀乱麻

こじれた物事をあっさりと解決や処理をするという意味の四字熟語です。

健康とどう結びつくのかというと、悩みごとや不安を速やかに対処するという意味で考えてみてください。ほとんどの人は悩みごとを長期間にわたり悶々とされている方が多いのです。

もちろんすぐには解決できることばかりではないのですが、精神的な不安を抱えていると嫌な病気になったりすることは珍しくありません。快刀乱麻を座右の銘にすることにより、仕事やプライベートなどですぐに問題解決できるようになる人もいます。

 

【046】起死回生

引用: Pixabay

起死回生は死にかけていた人を生き返らすという言葉です。

医療系の四字熟語にはなるのですが、現在では絶望な状態から一挙に立て直す意味も持ちます。現実的に大半は糖尿病寸前、病気を放置したり検査に行くという人はほとんどいません。

一般人が使うよりも医師や医療従事者向けの座右の銘と言えるでしょう。

 

【047】医食同源

食品関係者や子供がいる母親は、これを座右の銘にすることをおすすめします。

医食同源とは病気を治す薬は普段食べている食事という意味で、現在の日本でも医食同源をモットーとしている食品会社が多くなっていることに気が付いていましたか?日常生活においてジャンクフードばかり食べている人は糖尿病になったり、危険な病気になったりすることが多いのです。

座右の銘にしていることで自分の健康に気を使った食事を積極的に取るようになります。中華一番!という漫画が好きな方であればよく出てくる言葉なのでご存知かもしれません。

 

【048】死灰復然(しかいふくねん)

引用: Pixabay

こちらは起死回生と近い意味を持つ四字熟語です。

ただしこちらは死にかけたと言っても衰えた勢力を意味します。勢力とは自分が支配的に行動する力であるため、意味的には大人数を部下に持つ人や政治家などが使うにふさわしい言葉と言えるでしょう。

 

【049】精力絶倫

男性向けのカッコいい座右の銘と言っても過言ではないでしょう。

精力絶倫とはそのままの意味で精力が人並み以上のことを意味します。女性からすれば座右の銘にするには少々最低のように思えるかもしれませんが、昨今草食系男子などが多い中肉食系男子は少なくなっているのです。

女性にモテたいという願望を持っている方は、精力絶倫を座右の銘にしてください。女性は草食系男子よりも肉食系男子の方を好むと思ってください。

 

【050】直住邁進(ちょくおうまいしん)

引用: Pixabay

直住邁進とは単純な意味で迷うことなくまっすぐ進むという意味があります。

若干猪突猛進に近い部分はあるのですが、そこまで元気がある訳ではなく何事も恐れず前進するという意味では健康の座右の銘として有りではないでしょうか?ダイエットや健康に良いことされ始めた方にありがちなのですが、本当に今自分がやっていることは効果があるのか?と不安になることは多いのです。

そういう時に不安になってしまっても仕方がないので、こちらを座右の銘にしてただ突き進む癖をつけて下さい。

 

【051】無事息災

これは座右の銘としても良いですし、人生の大きな目標としてもらいたい言葉でしょう。

病気や災害など心配に見舞われることがなく、元気に暮らすという意味を持つ四字熟語です。息災という言葉は良く使用されるため、聞いたことがある方もいるかもしれません。

座右の銘にしている人は自分が無事息災に過ごせるにはどうすればと考えている方も多いので、平和に暮らしたいという方におすすめの言葉です。

 

【052】勇気百倍

引用: Pixabay

子供のヒーローであるアンパンマンが座右の銘にしている言葉です。

勇気百倍とは物事を恐れぬ気力が非常に増大することを意味します。アンパンマンじゃないからと座右の銘にするには躊躇される方もいるかもしれませんが、現代人は皆臆病です。何気に口癖になっている人が多いのですが、自分には勇気がないと言い訳をされる方もいます。

勇気がない人にこそ、勇気百倍を座右の銘にして健康や色んなことに打ち勝ちましょう。大半勇気がないと言っている人は病院にいくことを嫌がっている人ばかりです。

 

【053】一病息災

こちらは無事息災とは異なり何かしら1つ持病を抱えている方向けの座右の銘になります。

健常者よりも1つ持病がある方が健康に気を配るため、その方が長生きするという四字熟語です。どちらかというと無事息災よりも一番多いのは一病息災の方かもしれません。

1つ病気をしてしまった人の方が健康に気を使う人の方が多いため、気を付けようと気を配る人がたくさんいます。これ以上病気を増やしてしまうと大変なのが身に沁みついているからでしょう。

 

【054】万馬奔騰(ばんばほんとう)

多くの馬が走ったり跳ねるような勢いが良い様子を意味します。

大まかに言うと活気や元気がある様子と思ってください。普段健康に気を使っている人は、座右の銘としえ万馬奔騰を座右の銘とされてはいかがでしょう?年齢を重ねてもいつまでも万馬奔騰できる人はカッコいいです。

 

【055】元気溌剌

栄養ドリンクなどでお馴染みの言葉です。

CMでよく見ることが多いのでご存知の方も多いでしょう。そのままの意味で元気があふれ生き生きとされている様子を指します。元気溌剌は誰が聞いても分かりやすいですし、一番イメージがわきやすい万人向けの座右の銘と言える四字熟語なので男女問わずおすすめします。

印象的にもとても良い言葉です。

 

【座右の銘に使える】就活や面接で使える四字熟語

引用: Pixabay

座右の銘を聞かれる場面というのはそんなに多くはありませんが、就活や面接で自分の座右の銘は何か?聞かれることが多いです。

現実的によくあるケースで、ほとんどの人は単純に思いつく四字熟語を適当に言ったということを見抜かれてしまい、また意味も理解していないことがバレて恥をかいたとう人もいます。就活や面接で聞かれても恥ずかしくないように、カッコいい座右の銘をチェックしてみてください。

ただしカッコいい座右の銘を引用しても内定をもらって仕事をした場合、座右の銘に沿って行動してなければ意味がありません。

 

【056】有言実行

引用: Pixabay

現在出来る人は限られている言葉の1つです。

日常生活でもよく使用されている言葉なのですが、自分が口に出したことは必ず実行することという意味になります。これは就活アピールでカッコいい評価はもらえますが、出来なければめちゃくちゃカッコ悪い評価になってしまうので自信がない人は座右の銘にしない方が良いかもしれません。

人間は見栄を張る生き物なので時に自分のスペック以上のことを目標に設定してしまう人がいます。有言実行が出来る人は自分の力量を把握されている方なので、簡単に言葉にして良い訳ではないと思ってください。

 

【057】勇猛精進

仏教の言葉ですが懸命に努力するという意味の四字熟語です。

座右の銘にするに値する言葉で、面接や就活で使うにも無難な座右の銘と言えるでしょう。ただし就活や面接では緊張してしまい上手く話せなかった場合、口だけとなってしまうので頑張って話すようにしましょう。

 

【058】弱肉強食

引用: Pixabay

こちらはアピールの座右の銘としては使用できにくい四字熟語ですが、面接や就活での状況は弱肉強食だと思ってください。

弱い者が強い者に餌にされるというものですが、実際グループ面接などは友達関係なくスペックがないと見なされた場合面接から落ちてしまいます。よく自分は他の人と戦いたくはないという人がいるのですが、甘い考えを持っている人は生き残ることが困難です。

状況によっては自分は生き残ることを優先として下さい。

 

【059】鶏口牛後

こちらは謙虚な考え方というアピールの座右の銘です。

小さくても良いからリーダーになるという野心を秘めた四字熟語になります。大手企業に勤めることは難しい上に、現在は昔と違い面倒事を嫌うためあまりリーダーになりたいという人はいませんでした。

自分が率先してリーダーになりたいという願望を持つ人は少ないため重宝されるカッコイイ言葉です。

 

【060】真一文字

引用: Pixabay

こちらは一番分かりやすい四字熟語で、意味もそのまま漢字の一のように真っすぐであることを指します。

真一文字というのはわきめもふらずまっすぐ突き進むことなので、就活アピールの良い座右の銘としておすすめの言葉です。

 

【061】意志堅固

こちらも四字熟語としては分かりやすく、漢字がそのままの言葉になります。

意志強固とは意志が固いことです。意志が固いというのは全てにおいて重要な様子を指し、最近の人はゆとりや根性がないと言われているので年配の面接官に対して度肝を抜けるカッコいい座右の銘になるでしょう。

 

【062】意気揚々

意気揚々とは元気溌剌と近い意味を持つ四字熟語です。

はつらつとして物事を行うという意味を持つため、一見就活の座右の銘としては弱いかもしれません。しかしどんな時も意気揚々としている人がいれば周りも良い影響を与えてくれるので好印象を面接官に持たせることが出来るのです。

 

【063】愚公移山

引用: Pixabay

何事も根気よく努力すれば最後は成功するという意味を持ちます。

こちらは根気強さを相手にアピールできる座右の銘ですが、就活自体時間がかかり根気強くしていかないといけないため愚公移山の精神で臨まなければいけません。

 

【064】新進気鋭

こちらは就活において自らが使う言葉ではないのですが、新しい仲間として将来が有望な人物という意味の四字熟語です。

座右の銘にする場合は自分がその職場に入って新進気鋭であることをアピールしたいという風に出来ます。

 

【065】青雲之志

引用: Pixabay

立派な人物になろうとする目標を掲げた四字熟語になります。

その言葉通り高い地位になるという野心もあるので、座右の銘として是非とも使って頂きたいです。就活で使う際にもこちらをアピールする際、もしかしたら立派な人物になるためにはどのような努力をしているのか?と問われるかもしれません。

カッコいい言葉として単純に使うとそのように聞かれることがあるため、必ず答えられるようにしてください。

 

【066】全身全霊

こちらもよく耳にしたことがある四字熟語かと思います。

全身全霊とは気力体力の全てという意味です。座右の銘として自分は何事にも全身全霊をかけて取り組むと言った方が良いアピールにもつながりますし、頑張り屋としてカッコいいと思われるでしょう。

誰もが知っている言葉ではあるのですが、仕事でよく使われる言葉なので良い印象を与えることが出来ます。

 

【067】直王邁進

引用: Pixabay

こちらはためらわず真っすぐ進むという意味を持つ四字熟語です。

仕事で一番困るのはためらわれることでしょう。知らないことは仕方がないのですが、ためらった場合判断が鈍ってしまうため色んな人に迷惑をかけてしまうことが少なくありません。就活や面接において仕事が出来る人間だと即思ってもらえる言葉だと思ってください。

 

【068】適材適所

適材適所とは人の能力やスペックを考慮してふさわしい地位につくという四字熟語となります。

下の者が使う言葉ではないように思えますが、ほとんどの人はこんな職場は自分にふさわしくないと思い辞めてしまう人もいるのです。特に大きな企業に飛ばされてしまった場合、そういうケースは多々あります。

どんな所でもうまくいけるように適材適所な人物になりたいという意味で座右の銘とするならありでしょう。

 

【069】大胆不敵

大胆不敵とは度胸が据わっている様子を現します。

企業へのアピールとして是非とも使って頂きたい座右の銘と言っても良いでしょう。基本的に仕事はイレギュラーな事態が発生します。そのため何かイレギュラーがあるごとに動揺してしまうと、精神的にしんどくなってしまうのです。

大胆不敵な人物ってカッコイイと思いませんか?

 

【070】用意周到

引用: Pixabay

心遣いを意味する言葉です。

準備に抜かりない様子という意味になります。仕事において忘れ物やスケジュールを間違ってしまうというのは合ってならないことです。

しかし人間なのでミスをすることはあるのですが、用意周到な人物が1人でもいるとケアレスミスを減らせるので面接官へのイメージアップとして良いアピール座右の銘でしょう。

 

【071】一生懸命

一番無難な座右の銘かもしれません。

一生懸命は本気で物事に打ちこむ様子を現す四字熟語です。ただしアピール座右の銘としては少々弱く、基本的に仕事に打ち込む際は一生懸命があたりまえであるため、もう少し意味を含ませた方が良いでしょう。

アピールする際は何事も一生懸命にやりますというのが良いかもしれません。

 

【072】油断大敵

これは全ての人において座右の銘にして頂きたい言葉の1つです。

油断大敵というのは用心深いという意味でもあります。仕事に置いて失敗するのは当たり前とは言えますが、油断は大きなミスに繋がります。

それ故常に油断大敵を頭に入れておかなければいけません。当たり前に使われている言葉ではあるのですが、座右の銘にしておくとどんな時もケアレスミスを防げるのでお勧めします。

 

【073】千思万考

引用: Pixabay

試行錯誤するという意味に近い四字熟語です。

計画的に行動するというアピールが出来る座右の銘と言っても良いでしょう。就活に使用する際、実際に自分が何かを計画し上手くいけた経験を相手に伝えても構いません。

色々と考えをめぐらすというのは中々出来にくいことではあるので、この人には柔軟性があると思ってもらえます。

 

【074】気宇壮大(きうそうだい)

就活にあたり個人の性格を重視される所もあります。

気宇壮大という言葉は度量や発想が人並み以上大きいという意味があります。周りに流されずに自分の意志で行動できるタイプでもあるため、何かしら成功が出来るというアピールにも使用可能です。

 

【075】独立不覊(どくりつふき)

こちらの四字熟語を就活のアピールとして座右の銘にされる際、注意してください。

意志の強さ、他からの束縛を受けないことを意味するのですが、捕らえ方によっては自分の考えにこだわる頑固な人だと思われてしまいます。実際自分の意志を貫くのは良いことではあるのですが、組織として働く場合は自分の意志を貫けないこともあるのです。

そのため自分が良いと思ったものは認めるという風に言葉を添えておくのが無難かもしれません。

 

【座右の銘に使える】笑いに関する四字熟語

引用: Pixabay

笑いに関する四字熟語に関しては他のものと異なり一番分かりにくいかもしれません。

またどういう時に使用するのが正しいのか分かりにくいという方もいるでしょう。笑いに関する四字熟語は自分の人生をどう生きたいかという風に考えて頂けたら分かりやすいのではないでしょうか?

またネタとして使える四字熟語もアップ致しますので使ってみてください

 

【076】才子多病

引用: Pixabay

才子多病とは英知に優れているのに体が弱く非常に病気がちであるという言葉になります。

自分で使うにはネタになるので、病気がちで人からあーだこーだ言われた時に使ってみるのもありかもしれません。あまりにも人から病気がちだと言われる人にはネタとして座右の銘にしておきましょう。

 

【077】順風満帆

順風満帆な人生を送られている人はまさに笑いが絶えない人生でしょう。

物事が全て順調に進んでいるという良い意味を持つ四字熟語になります。良い人生を送りたいという人にこそ座右の銘にしてみてはいかがでしょう?

 

【078】善因善果

引用: Pixabay

良い行いをしていればいつかは良い結果が来るというものです。

こちらは仏教の言葉になります。今はしんどいけどいつかはきっと良いことが起こると思っている方は多いです。そういう意味でもこちらを座右の銘にしておくと、しんどいことでも苦ではないと思えるでしょう。

ほとんどの人はしんどいことが多いので座右の銘にしてほしいくらいかもしれません。

 

【079】呵呵大笑(かかたいしょう)

大声を上げて笑うことを意味する言葉です。

何でこれが座右の銘になるのかというと、人生で大声を上げて笑うということは少ないからです。今現在気持ち的に笑えない人が増えています。笑うことが苦痛だと思っている人も中にはいるのです。

大声を上げて笑えるのはよく考えると幸せであり、どんな時も呵々大笑出来れば素晴らしいと思いませんか?

 

【080】一笑千金

引用: Pixabay

美人のスマイルが千金に値するという意味を持つ四字熟語になります。

昔は美人であればそのような言葉を用いて褒めたたえられていました。女性向けの座右の銘として是非とも使用して頂きたいです。相手に自分の笑顔をそのように思ってもらえるように努力するのはカッコいいと思うでしょう。

 

【081】笑面夜叉

こちらは現代人に多いかもしれません。

意味は見た目は笑顔だけど心の中では悪いことを考えているという四字熟語です。何故これを座右の銘にするのか?ということですが、これは自分にではなく相手に使用する座右の銘だと思ってください。

今でこそ警戒心の高い人が増えましたが、その昔警戒心が薄い人が多く色んな詐欺にあった人もいました。笑顔に騙されてはいけないという意味で考えてみて下さい。

 

【082】笑止千万

笑止千万はよく使われる言葉ですが、こちらはしょうもないという意味になります。

座右の銘にするにしてもちょっと分かりにくいかもしれませんが、世の中にはいつも良いことばかりではなく、下らないこともあるのだと認識して頂けたら良いかもしれません。

決して悪い意味ではなく、ばかばかしいことが返って面白いと思いましょう。

 

【083】起承転結

起承転結とは漫画でよく使用される言葉ですが、意味としては物語という言い方が近いかもしれません。

起承転結を座右の銘にしておいた方が良い理由として、自分の人生にも必ずハッピーエンドが来ると思うようにするのもありだからです。

虚無感が強い人の方が多く、世の中には起承転結がないと上手くいかないことばかりと思わないと腑に落ちないことばかりでもあります。

 

【座右の銘に使える】スポーツで使える四字熟語

引用: Pixabay

今度は座右の銘に使用できるスポーツに関する四字熟語をご紹介させて頂きましょう。

座右の銘を掲げている人物はスポーツ選手に多いかもしれません。よくオリンピック選手がインタビューを受ける際座右の銘を答えていることがあります。座右の銘、もしくは番組が決めた四字熟語のキャッチコピーを手本にされている方もいます。

言葉としてはかなり大仰な意味を持つものもあるのですが、今現在スポーツされている方にもおすすめします。

 

【084】竜闘虎争

竜闘虎争とは強者同士の激しい争いのことです。

スポーツだけに限った話ではないですが、弱者と戦っても面白くはないでしょう。誰だって強者との闘いを望むものです。自分も強い相手と互角に戦えるように、また強敵を待ち望んでいる方におすすめの座右の銘です。

 

【085】速戦即決

これ結構座右の銘にされている方が多いのですが、速戦即決とは短期間で勝負を付けることを意味します。

自分に余裕がある、また持久戦が苦手という方が短期戦で勝負を付けようとするのです。速戦即決という言葉を知らないため、意味のみを引用されている方もいます。目標として速戦即決を目指すのは良いのですが、カッコいいからと勘違いしている人もいるので足元には注意しておいてください。

 

【086】意気衝天

引用: Pixabay

スポーツするにあたり、意気込みがこの上なく盛んな状態を意味する言葉です。

スポーツの座右の銘と言っても勝負系ばかりではありません。普通に楽しんでスポーツを趣味とされている方もいるため、そういう方向けの四字熟語と言えるでしょう。

 

【087】一心不乱

マラソンやテニスなどの長期戦の試合がいる場合、一心不乱という言葉はとても重要なものになります。

よくTVなどで一心不乱という言葉が使われますが、1つのことに集中して他のことに心を乱されないという意味です。スポーツは相手との勝負もありますが、マラソンなどの長期戦の場合は自分との闘いになります。

集中力が切れてしまうと試合が終了してしまうので、しんどい時ほど一心不乱を座右の銘において勝利のみめざしてください。

 

【088】勇猛果敢

決断力があり、思い切って実行することを意味する四字熟語です。

弓道やゴルフのように正確な精度が必要なスポーツをされている方向けの座右の銘でしょう。人間というのは何かをする時どうしても弱気になってしまうことが多いのです。そういう時ほど杞憂なので勇猛果敢な精神で行くとカッコいいのです。

 

【089】塞翁之馬

こちらはスポーツで誰かと勝負している時に座右の銘としてください。

塞翁之馬の意味は簡単に一喜一憂しないということを現しています。よくスポーツ観戦している時って、日本チームや応援している選手が勝利したら一喜一憂したりしませんか?

一喜一憂してしまうと慢心してしまうなどの原因によって失敗する可能性があると警告している四字熟語でもあります。一喜一憂しやすい人におすすめします。

 

【090】獅子奮迅

引用: Pixabay

その言葉の通り、ライオンが奮い立って猛烈な勢いで活動することを意味します。

スポーツにおいて重要なのは体力ではあるのですが、勢いも必要なのです。特に勝負事のスポーツの場合獅子奮迅のような勢いがあると相手を委縮させることが出来ます。

相手をビビらせてやるという意味も含めて座右の銘にしても良いでしょう。

 

【091】疾風迅雷

風のように素早く、雷のように激しいという意味を持つ四字熟語です。

スピードが勝負であるバスケ、テニスなどをされている方向けの座右の銘とも言えます。疾風迅雷のように素早く動きまわることで相手を翻弄させることもできますし、強いというインパクトを相手に植え付けることが可能なカッコいい座右の銘だと思ってください。

移動する時疾風迅雷を意識すれば自分はカッコいいと思えるでしょう。

 

【092】進取果敢

積極的で決断力や実行力に優れているという言葉になります。

この四字熟語はチームで行うスポーツをされている方におすすめします。決断力や行動力が凄いとチームを勝利に導くことが出来るでしょう。スポーツというのは単純に体を動かしているだけではなく、相手と対戦する場合弱点を見抜いたり自らが率先して動くこともよくあるのです。

 

【093】百戦錬磨

引用: Pixabay

百戦錬磨という意味は現在では超強い人という意味合いでとられていますが、実際は数々の実践や経験をしてきて自分の腕を磨くという言葉なのです。

百戦錬磨の強者ということばをよく耳にしたことがあると思いますが、たくさんの戦いで鍛えあげられた強い人というカッコいい意味にもなるので、実際に経験をたくさん積まれている人は座右の銘にして下さい。

 

【094】不撓不屈(ふとうふくつ)

こちらは強い意志を持って困難にもくじけない様子を現します。

よくスポーツ選手のインタビューで語っている人がいるのですが、みんな不撓不屈の精神を持った方々ばかりです。お遊びであれば問題ないでしょうが、本格的にスポーツに打ち込んでいる人であれば不撓不屈を座右の銘にしてください。

出来ないことは誰にでもあることですが、スポーツはあきらめてしまえばそこで試合は終わってしまうものです。

 

【095】無我夢中

一心不乱と近い意味があるのですが、こちらは1つのおとに気をとられてしまい集中してしまうことをさします。

マラソンなどの場合は何も考えず無我夢中で走ることはありでしょう。しんどい時に他のことに気を取られてしまうと、失敗してしまうことはよくあるのです。

また実際に無我夢中になることは、相当な精神力がないと難しいでしょう。集中力が欠けている人向けの座右の銘かもしれません。

 

【096】臨機応変

引用: Pixabay

スポーツだけに限った話ではないのですが、その場の状況に応じた行動を取ることを意味します。

実際臨機応変に出来る人間はスポーツだけではなく何をやっても強いですし、とてもカッコいいのです。臨機応変を座右の銘にしておくとその場の状況で上手い対策が立てられるでしょう。

視野が狭い状態だと臨機応変にはなれないので難易度は高い座右の銘ですが、どのようにすれば良いかだけは考えておくようにしてください。

 

【097】正確無比

他と比較するものがないほど正確であるという意味になります。

こちらは正確さを要求されるゴルフや野球などのスポーツをされている方向けの座右の銘にふさわしいでしょう。球技というのはコントロールが必要なスポーツだからです。言葉通り正確さがないとつまらないことで失敗してしまうこともあります。

コントロール力が高い人、またコントロール力を上げることに努力しているひとにはおすすめです。

 

【098】完全無比

他に匹敵するものがないほど十分に整っていることを意味する四字熟語です。

超人系のスポーツマンを称える意味で使われる言葉です。座右の銘にするには少々重圧かもしれませんが、自分が本気でスポーツをされているのであれば他者からそのように評価をもらえるように座右の銘にするのもありでしょう。

 

【099】完全燃焼

よく試合で完全燃焼という風に聞いたことがありませんか?

完全燃焼とは全力を出し切って取り組むことになります。スポーツにおいて中途半端な努力をしてしまうとかなり後悔してしまう人が多いのです。もちろん完全燃焼したからと言って上手く行くことは少ないですし、失敗して悔しい思いもします。

常にどんな試合でも完全燃焼を志すように座右の銘にしておいても良いかもしれません。こちらは科学系の四字熟語でもあるためネットで調べる時は言葉や意味に注意してください。

 

【100】剛強無双

引用: Pixabay

こちらはそのままの意味で非常に強いことを意味します。

ただ単に強いという四字熟語になるので、カッコいい座右の銘としても成り立つでしょう。男性向けの座右の銘とも言えます。スポーツにおいて純粋な強さというのは非常に重要です。

 

【101】内柔外剛

悪い言い方かもしれませんが、見掛け倒しという意味に近い四字熟語です。

内面も外面も弱弱しい人はいますが、外見だけ強そうにしていると相手に強そうな印象を与えることが出来ます。スポーツでは内面も必要になるのはなるのですが、相手をビビらせてしまうのもありでしょう。

自覚がある方はせめて内柔外剛を目指してみて下さい。

 

【102】尽善尽美

簡単に言うと完璧超人という意味を持つ四字熟語だと考えてください。

スポーツするにあたり、見る者を時に魅了するというのは良くある話です。欠点が何1つなく美しさを持ちながら立派な人物であるというのは現しているため、スポーツや色んなことで認められたいというひとにこそおすすめの座右の銘でしょう。

 

【103】絶世独立

引用: Pixabay

この世に2人といないほど超優れた人のことを意味します。

尽善尽美と近い意味合いを持つ四字熟語になりますが、美女という意味合いでも使える言葉だと思ってください。スポーツ万能、更に美女という凄すぎるスペックの持ち主になりたいという方におすすめの座右の銘になります。

 

【104】気炎万丈

この四字熟語は元テニスプレーヤーの松岡修造さんにふさわしい座右の銘かもしれません。

燃え上がる炎のように意気盛んであるという意味を持ちます。イメージとしては松岡修造さんのように熱血な感じと思って頂けたらと思います。

暑苦しいイメージがあるかもしれませんが、松岡修造さんのような気炎万丈な方はスポーツ選手やコーチとして素晴らしい人物であることは間違いないです。

 

【105】唯我独尊

あまり良い意味ではない言葉ですが、自分に自信があるという方には是非とも使って頂きたい四字熟語かもしれません。

この世で自分ほど偉いものはいないという傲慢な言葉なので、あまり良い意味ではないでしょう。ただ自分はそのくらいに考えてもいいんだという意識だけは持っておいてください。

スポーツは自分に自信がなかったら出来ないものなので、座右の銘として丁度良いとも言えます。

 

【106】唯一無二

引用: Pixabay

絶世独立と近い意味になるのですが、こちらは男女共に使える四字熟語でしょう。

この世に同類のものがないという意味になります。確かに自分という存在は1つしかないのですが、能力が秀でている人間はそうそういないためそのような人物になりたいという意味で使用してください。

 

【107】英雄豪傑

英雄とはどんな人物か?才知、武勇に優れた人のことを現す四字熟語です。

スポーツだけではなく、ビジネスにも使える座右の銘とでしょう。普通の人には出来ない偉業を成し遂げる人物を指す言葉で、オリンピック選手を目指す方向けの座右の銘にして頂きたいです。

 

【108】国士無双

麻雀に詳しい人ならご存知の言葉ですが、こちらも唯一無二と近い意味を持ちます。

ただしこちらは天下では2人といないという意味になるのでスケールがアップしている座右の銘だと思ってください。

 

【109】天下無双

この広い世の中で比べる者がないほど優れている人物を意味する四字熟語です。

意味的には国士無双と近い意味を持ちます。日本人的になじみがあるとすれば天下無双かもしれません。スポーツや色んな場面で使える座右の銘になります。

 

【110】一球入魂

引用: Pixabay

言葉通りの意味で一球に全力を込めるという意味になります。

主に野球のみに使用される座右の銘ですが、別に野球だけではなく球技全般にも使うことが出来る座右の銘となります。自分の魂を球に込めるという意味合いなので大げさに聞こえるかもしれませんが、常に真剣勝負されている方向けには良いかもしれません。

 

【111】正々堂々

よく使われる言葉ではあるのですが、実は孫子の言葉だとご存知でしたか?

意味的には態度が正しくて立派であることを現します。スポーツにおいて八百長やドーピングなどはご法度に当たります。運動会などの選手宣誓で正々堂々という言葉を使われるので当たり前かと思いますが、是非ともスポーツ選手には座右の銘にして頂きたい当たり前の四文字熟語かもしれません。

 

【座右の銘に使える】優しさに関する四字熟語

引用: Pixabay

優しさと思いやりの違いを理解出来ないという方は多いです。

優しさと言うのは目に見える親切をさします。目に見える親切とは自分の目の前で何か親切なことをしてもらったということにつながります。優しさを人に振りまきたいという方にどういうものがおすすめの座右の銘か?

また意味としてどんなものがあるのかチェックしてみて下さい。比較的イメージしやすい四字熟語をアップさせて頂きましょう。

 

【112】一期一会

一期一会とは日本のことわざとして有名な四字熟語です。

こちらは二度と繰り返されることがない一生に一度の出会いなので、二度と会えないという覚悟で人に接せよという意味になります。実際人生生きていて一期一会になることは多いでしょう。

あの時ああしていたら良かったと後悔される方もいるため、常に他の人には会えない可能性もあると考えて普段から人には優しくしておいた方が良いという意味で座右の銘にしてください。

 

【113】温厚質実

穏やかで優しく飾り気がない誠実な人物を意味します。

自分が人に対して優しい人物になりたいと思うのであれば、こちらを座右の銘にしてみてはいかがでしょう?本当に優しい人物というのは自分から優しさをアピールするものではありません。

優しい人物とはどういうものなのかを理解できる四字熟語と言っても過言ではないでしょう。

 

【114】二人三脚

引用: Pixabay

こちらは誰かと協力をする時の座右の銘としておきましょう。

こちらのは競技という意味ではなく、二人三脚という四字熟語です。一緒に仕事をしている2人が1体となって協力することを意味します。仕事でなくてもパートナーという意味でも使われており、恋人やパートナーに対して自分勝手な行動は絶対にしてはならないのです。

誰かの助けになりたいという気持ちがある人はこちらを座右の銘にしておいてくださいもしくは夫婦や恋人がいる女性向けの座右の銘としても良いでしょう。

 

【115】墨子兼愛

こちらは中国の四字熟語で、差別愛に唱えた博愛主義者の意味を持つ言葉になります。

今現在動物や異民族などの博愛主義を訴えている方も多いので、博愛主義を持っている人にはおすすめしたい座右の銘かもしれません。

博愛主義とは人類みな平等のことをさし、全ての人に対して優しさの意味を持つ言葉と言っても間違いないです。

 

【116】鼓舞激励

 

こちらは相手を励ましやる気を出させるという四字熟語になります。

意味的には良い座右の銘になるかもしれませんが、ほとんどの人がやり方を間違ってしまっていることも多いので注意してください。相手に対してやる気を出させることは良いことなのですが、時におせっかいになってしまうためおせっかいにならないようにしましょう。

ちなみにおせっかいの意味は不必要に人の世話を焼くことなので親切と受け取ってもらえなくなるかもしれません。

 

【117】品行方正

引用: Pixabay

行いが正しく立派で人の手本になるという四字熟語です。

こちらは人の手本になり、優しい以上の凄い人物として手本にすべき座右の銘かもしれません。品行方正を志すのは実際に色んな努力をしなければいけません。言葉で表すのは簡単ですが、実行に移すのはとても難しいです。

ただ品行方正を座右の銘にして行動するのは悪いことではないためどんどんやっていってもよいでしょう。

 

【118】滅私奉公

自分よりも相手のために忠誠を誓うという、自己犠牲的な意味を持つ四字熟語と言っても良いでしょう。

実際優しい人物は自分のことよりも相手のことを気にかけようとします。滅私奉公とは大げさな言葉かもしれませんが、相手のために自分の全てをささげる覚悟があることは素晴らしいことではないでしょうか?

昔の夫婦では滅私奉公のような対応が当たり前とされていたため、少し見習うという意味で滅私奉公を座右の銘にされた方が良い人もいます。

 

【119】和気藹藹

他の人の気持ちを考えて良い雰囲気を作りたいという人にはこちらを座右の銘にされてはいかがでしょう?

和気藹々という四字熟語は相手の心と通じ合い前向きな意味を持ちます。本当に優しいというのは相手の気持ちを考慮している人物ではないでしょうか?

 

【120】和衷共済

引用: Pixabay

こちらは心を合わせて助け合うというボランティア精神な四字熟語になります。

ボランティア精神を持っている人にこそふさわしい言葉かもしれません。自分勝手な助けよりも、一致団結して物事を行う方がとても良いのです。チームで仕事をされている方におすすめの座右の銘と言えます。

 

【121】清浄無垢

言葉通り清らかな心を現します。優しい人は大体心が清らかであるというイメージを持っている人が多いでしょう。

この四字熟語はそういうイメージを持っている人に手本として頂きたい座右の銘かもしれません。清浄無垢な人間など中々いませんが、性格悪い人間が優しさを持つことが出来ないので目標にしてみるのも1つの手でしょう。

 

【122】水清無魚

どんなに心が綺麗で高潔だったとしても、あまりにも度が過ぎてしまうと人からドン引きされてしまうという意味を持つ四字熟語だと思ってください。

優しさを重視するのは大切ですが、調子に乗って優しさを振りまいてしまうとドン引きされるという意味にもなります。ドン引きされたくないという人には座右の銘にして、自分を戒めるという意味で使用してみるのも良いでしょう。

 

【123】摂取不捨

引用: Pixabay

生きとし生けるものを見捨てず、助けるという意味になります。

本当に優しい人というのは差別をせず人を助ける人物のことではないでしょうか?差別をしたくないという人には座右の銘に是非ともしてください。

 

【124】寛仁大度

寛大で慈悲深く、度量の大きいことを意味します。

実際優しい人間というのは寛仁大度な人物が多く、特に座右の銘にされているという訳ではないようです。こういうのは生まれ持ってと思う込んでいる方もいるようですが、実際は環境や自分の努力次第で何とかなるものなので目標として座右の銘にしてみましょう。

 

【125】雪中送炭(せっちゅうそうたん)

ボランティア精神のある四字熟語で、困っている人に対して援助をするという意味になります。言葉通り雪の中に炭を送るという意味から取られているため、ボランティアでも物資や支援を意味するものだと考えてください。

 

【126】外寛内明

引用: Pixabay

自分に甘く人に厳しいという言葉があるのですが、こちらはその逆の意味になります。

外に対して寛大に接し、自分自身は身を慎むという意味を持つ四字熟語です。自分に甘く人に厳しい人は多いですが、そういう人にこそ是非とも座右の銘にして間違いを正してほしいかもしれません。

 

【127】大喝一声(だいかついっせい)

こちらは親や先生の立場の座右の銘かもしれません。

愛情を持って大声でしかりつけるという意味になります。昔は当たり前ではあったことなのですが、現在は大声で相手を怒鳴りつけるのは良いとされていないため座右の銘にして間違ってしまった人もいました。本当にダメな時だけに使用する座右の銘としておいてください。

 

【128】咤激励

相手が弱っている時や何かに困っている時に座右の銘としてもよいかもしれません。

大きな声で励ますという意味をもちます。教師が生徒に対して使うのに良いかもしれません。結構大きな声で励まされると嬉しいと思うので、優しい座右の銘としては有りでしょう。

 

【129】切磋琢磨

引用: Pixabay

チームワークを意味する四字熟語でしょう。

仲間同士支え合い励まし合いつつ、時にはライバル関係となるという意味です。この言葉の最大の目的はお互いの精神や人格の向上が目的となります。切磋琢磨を座右の銘にすると不思議と連帯感を持つことが出来るのです。

人間は競い合う生き物ではあるのですが、時としてライバルを助けてそれが自分に帰ってくるので優しさ以上のものを得ることが出来るでしょう。

 

【130】切切偲偲(せつせつしし)

心を込めて元気づけるという意味になります。

人を元気づけるのに咤激励も重要ではあるのですが、時には心を込めて元気づけるというやり方が相手に一番効果があることも多いのです。特に女性の場合は切切偲偲をすることで立ち直ることが出来ます。

 

【座右の銘に使える】思いやりに関する四字熟語

引用: Pixabay

思いやりとは目に見えない優しさを意味します。

思いやりというのは優しさ以上に意味が理解されにくく分からないという方も多いです。人に対して思いやりとはどんなものなのか?是非ともこちらの言葉で学び思いやりを座右の銘としてみてください。

 

【132】以心伝心

歌に使われることが多い四字熟語ですが、言葉や文字を発することなく互いの心で意志や気持ちが通じることです。

言葉としてはツーカーの仲というのが近いかもしれません。以心伝心とは相手を理解していないと出来ないものなので、パートナーや大切な人への思いやりの言葉でもあるのです。

恋人や夫婦間で悩んでいる方は是非とも座右の銘として以心伝心が出来るようになってください。

 

【133】呉越同舟

呉越同舟とは一般的に悪い意味にとられがちですが、実は思いやりがある四字熟語でもあるのはご存知でしょうか?

敵対する間柄でも利害が一致した場合協力関係になるという意味も含まれているのです。呉越同舟は以心伝心の簡単なものではなく、どちらかというと精神的に来る状況になります。

状況下において呉越同舟しなければという座右の銘を掲げておくと、心が広くてカッコいいと思われるでしょう。

 

【134】公明正大

引用: Pixabay

私情を挟まずフェアに物事を行うことを意味します。

中には嫌がらせをしたり贔屓目で見て相手を陥れようとする人もおり、そういう場合は物事がうまくいかなくなってしまいます。私情を挟まず相手を優先するというのは思いやりがなければ出来ないことです。

感情的な人は是非ともこちらを座右の銘にされてみてはいかがでしょう?

 

【135】質実剛健

引用: Pixabay

こちらは男性へのほめ言葉としてもしようされます。

飾り気がなく真面目でたくましい人という意味があるのです。誰でも飾ることは出来るのですが、飾り気がないのに評価をされるというのは中々ありません。

是非とも男性の皆さんには質実剛健な男性を目指していただくように、座右の銘にされても良い気がします。

 

【136】終始一貫

終始一貫という四字熟語を耳にされた方もいるでしょう。

この言葉は初めから終わりまでずっと同じ言動や対応を通すことです。思いやりもですが意志を固くしたいという方向けの座右の銘にになります。

不信感を持っても信頼している相手に対して態度を変えないようにするように、思いやりの心を持つためのカッコいい座右の銘になってくれるでしょう。

 

【137】春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)

平和で穏やかな性格を意味する四字熟語です。

穏やかとは落ち着いて静かな様子を現し、相手を不安にさせるようなことがない相手だと思われるでしょう。思いやりを持ちたいという方にはまずこちらを座右の銘にして目標としてみてはいかがでしょうか?

 

【138】誠心誠意

引用: Pixabay

誠心誠意とは嘘偽りなく真心を持って相手に接することを意味します。

しかし真心を持って行動をすると言っても相手には分かりにくいものです。真心は相手の為を思って行動することであり、見せびらかすものではありません。誠心誠意の意味を理解したい、人から本当に好かれたいという方はこちらを座右の銘にしてください。

こちらを座右の銘にすることによって相手が本当に望んでいるものが理解できるので、カッコいい人間になるでしょう。

 

【139】懇切丁寧(こんせつていねい)

懇切丁寧とは細かい所まで丁寧に気を配り、周りと接する様を現します。

自分から進んでアピールをしない思いやりには良い座右の銘になるでしょう。丁寧というと人によって異なりますが、相手の気持ちを考えて何事も丁寧にしたいと思っている人におすすめです。

思いやりは人から見えないものなので適当にしてしまうこともあるのですが、丁寧にしなければという気持ちを持たせるのに良いでしょう。

 

【140】一蓮托生

真の思いやりはどんな結果であろうと相手と運命を共にするものではないでしょうか?

一蓮托生はそのような意味を持つ四字熟語です。相手と共に運命をするということ自体滅多にある訳ではないですが、夫婦や家族という近い間柄であれば一蓮托生になるようなことはよくある話です。

本当に思いやりのある人は見捨てず最後まで一緒に来てくれるものでしょう。

 

【141】忠孝仁義

引用: Pixabay

現在では親孝行への思いやりという意味を持つ四字熟語に変化しています。

当たり前のことかもしれませんが、親孝行は何よりの思いやりと言っても良いかもしれません。ほとんどの人は親孝行をせずに自分第一に考えている人もいます。

敬老の日や母の日などだけでも良いので、忠孝仁義を座右の銘にしてしてみるのもありでしょう。

 

【142】天理人情

世の中で正しいとされる常識や人に受け入れられるという四字熟語になります。

現在は何でもかんでも否定する人が多く、他者を不快な気分にさせてしまう人も少なくありません。何でもかんでも否定してしまうような人にこそ座右の銘として勉強してみて頂きたいです。

 

【143】不惜身命

仏教の四字熟語で国やお偉いさんのために体や命をささげて尽くすという意味をもちます。

今現在誰かのために命をささげるというのはあり得ない話ですが、命まではいかず尽くすというやり方はとても重要でしょう。

 

【144】安車蒲輪(あんしゃほりん)

引用: Pixabay

老人をいたわって厚くもてなすことを意味します。

安車とは現在でいう車椅子のようなものかもしれません。老人限定の思いやりの四字熟語ですが、ほとんどの日本人はお年寄りには優しくしろという教育を受けているため知らない間に安車蒲輪が座右の銘になっていたりします。

 

【145】一視同仁

えこひいきなく他の人と同じように接するという思いやりの四字熟語です。

差別系の座右の銘はいくつかありましたが、こちらは差別をしないという方針を掲げている日本こそ座右の銘としているものです。実際は一視同仁に接することは難しいかもしれませんが、誰かの心を救ってくれる優しい座右の銘とも言えます。

 

【146】温情主義

部下に対して思いやりのある態度で接することを意味する四字熟語です。

現在では当たり前のようであって当たり前ではない言葉かもしれません。部下に優しく接したいと思っている人にはおすすめしたい座右の銘でしょう。

実際現在の上司は温情主義な人間が多いため、昔のようにパワーハラスメントはなくなりつつあります。

 

【147】遠慮会釈

引用: Pixabay

こちらは謙虚さを現す四字熟語になります。

控えめながらも他者を思いやる精神という意味です。日本人の良い所は謙虚さと言えます。謙虚さを忘れないという意味で座右の銘にされても良いかもしれません。

 

【148】義理人情

ドラマや色んな所でよく使用される言葉の1つです。

過去のしがらみがありつつも人に対する思いやりという四字熟語ですが、義理人情に厚いという言い方で知られています。現在情け容赦ない世界でもあるので、時として義理人情に厚い人がいても良い気がします。

 

【149】積厚流光

こちらは思いやりが積み重なった場合どうなるかを意味する四字熟語だと思ってください。

積み重ねられたものが大きければ大きいほどその恩赦もすごいという意味があるのですが、恩赦を目当てにしろという訳ではありません。積み重ねられたというのは自分のご先祖様のことを意味します。

先祖に感謝や尊敬する意味で使う座右の銘と言えるでしょう。

 

【150】報恩謝徳(ほうおんしゃとく)

引用: Pixabay

恩返しを意味する言葉になります。人間は何かをしてもらった際恩を返すのが当たり前ではあるのですが、あくまでもそれを押し付けてはいけません。

間違った座右の銘の場合相手に報恩謝徳を無理に押し付けようとする人がいます。自分自身のみ何かをしてもらったら恩返しするのが当たり前という意味で座右の銘にするようにして下さい。

 

カッコいい四字熟語を座右の銘に使おう!

引用: Pixabay

カッコいい座右の銘はいくつかあります。

たくさんの四字熟語は紹介させて頂きましたが、今現在自分の状況において、もしくは自分はどういう風な人物になりたいかなど理想を立てることで何を座右の銘にすれば良いかが考えられるかと思います。言葉がカッコいいからと言って単純に決めてはいけません。

自分の目標としても一度見直しておいた方が良いでしょう。

人気の記事