沖縄ソング人気ランキング50選!有名・定番どこから新曲まで総まとめ

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

沖縄ソングの有名・定番どこから新曲紹介!

引用: Pixabay

沖縄ソングっていいですよね。歌にはそれぞれ魂が込められているものですが、沖縄ソングに込められた想いはひときわ光っています。

聴く人の癒しになり、勇気になり、涙をそそる沖縄ソング。様々な過酷な歴史を経験してきたゆえの沖縄ソングもあります。この夏には川畑アキラのカバーヴァージョンによる新曲もリリースされ、沖縄ソングはますます熱く盛りあがっているようです。

続々と新曲が沖縄ソングとして発表されますが、沖縄ソングは魂が溢れています。あのいつの日かの心の故郷へ誘ってくれます。

ソウルフルな人気の沖縄ソング、新曲の沖縄ソング、あの沖縄ソングや人気の沖縄ソングミュージシャンも登場しますよ

沖縄ソングの人気曲、有名・定番どこ、人気の新曲まで50曲ランキング。今回は沖縄ソングランキングとして沖縄ソング三昧、ボリュームたっぷりに紹介します。

 

沖縄ソング人気ランキング【50位-41位】

 

【50位】『バイバイ沖縄』知名定男



定番

人気の沖縄ソングと言ったらまずは知名定男。沖縄民謡などを手掛ける人気の大御所沖縄ソングシンガーで沖縄ソングを語るには欠かせない存在です。

「沖縄、また来ますよ」と軽快な沖縄ソングのリズムで歌われ、みんなが憧れる人気の観光スポット沖縄の気分がよく溢れてます。

宴会で盛り上がる時に一曲歌いたい有名どこ人気曲を人気の沖縄ソングのランキングに入れて、沖縄ソングランキングスタートです。

 

【49位】『恋くがり節』ネーネーズ


 

この投稿をInstagramで見る

 

まさし またよしさん(@masashi.matayoshi)がシェアした投稿

定番

沖縄の三線に合わせ透明な音色でしんみりと歌われる人気の沖縄ソング恋歌。ネーネーとはお姉さんという言葉で、知名定男プロデュースで91年結成。メンバーチェンジを経て活動している沖縄ソングの大人気ユニットです。

安室奈美恵の『NEVER END』のバックコーラスも務めて沖縄ソングでお馴染み。このランキングでもまた登場します。

この歌では沖縄の調で恋の気持ちがよく表現されています。人気の沖縄ソングの恋歌ランキングに入れておきたいものです。仕事に疲れた午後の休憩にいいかもしれません。

 

【48位】『大和の風(やまとぅぬかじ』下地イサム

Array

有名

宮古方言ミャークリフの歌でで独自沖縄ソングの世界を確立した人気の沖縄ソングシンガー下地イサムの切ない曲。

新曲も続々発表してますが、この曲では「夢見て島を後にしたけど、ヤマトの風は冷たかったよ」と母ちゃんに歌っています。ギターの調に合わせて、ちょっと寂しがり屋になりたい時によさそうな沖縄ソングの名曲です。

 

【47位】『花城(はなぐすく)』イクマあきら

定番

沖縄の大物音楽プロデューサー『イクマあきら』がエイサーヴァージョンとして力強い沖縄ソングを熱いソウルで熱唱します。

沖縄のパワー全開、人気の沖縄ソングランキングに堂々ランクイン。モチベーションを上げるには最適です。イクマあきらさんは気鋭の音楽プロデューサーとして新曲も続々プロデュース。ランキングでも上位で、熱意を込めて沖縄ソングをプロモーションしています。

この沖縄ソングランキングにもたくさん名前が登場しますから請うご期待。

 

【46位】『17才』南沙織

Array

有名

南沙織さんは70年代に大活躍した人気アイドル。

まだ沖縄ソングという言葉はありませんでしたが、沖縄が生んだ妖精アイドルとして大人気で親しまれました。アイドルとして人気が出たあと、写真家篠山紀信氏と結婚。夫婦円満で、アイドル活動を終えた後の人気歌手のスタイルとして成功例のようです。

『17才』は大ヒットした曲で、今も昭和歌謡の人気曲として有名で、中高年を中心に支持されています。

 

【45位】『男一直線』BLEACH

有名

沖縄の人気ハードコアバンド。沖縄ソングはロックも熱いです。三人組の女の子で結成され、2009年の解散まで若者を中心に爆発的人気で新曲も続々ランキングに入り世界に知られました。

この『男一直線』はメジャーデビュー前に発表されたデコマーシャルにもビューCD。ハードコアロックらしく荒々しく攻めてきます。

重低音のロックが好きな人にはたまらない一曲です。

 

【44位】『愛のチカラ』ジョニー宜野湾

有名

ウクレレを片手に「愛」を歌う大切な沖縄ソングのアーティストジョニー宜野湾。ロックバンド『ハートビーツ』のギタリストとして人気を博した後、『県産品歌手』として活躍。現在も沖縄で大人気です。

素朴な歌を歌い続け、自主レーベルでの活動を続けながらも沖縄ではメジャーのミュージシャンと言われています。この『愛のチカラ』では「この世界のどこかで争いが起こる」という悲しみを乗り越えて「平和の唄、愛の唄よ届け」と叫ぶ気持ちを歌い上げ、『あいのチカラ』を信じる気持ちを沖縄ソングで綴っています。

 

【43位】『永遠の詩』ローリークック

 

この投稿をInstagramで見る

 

国吉亮 RyoKuniyoshiさん(@ryoguitarman)がシェアした投稿

有名

ローリークックは沖縄で活動するミュージシャンで『THE WALTZ』でボーカル&ギターとして活躍、大人気。今でも支持される沖縄ソングの沖縄ソングの気鋭です。

この『永遠の詩』はブルース調で社会の暗部を照らしながらも、希望を望む熱い想いを綴っています。沖縄ソングならではのメッセージが込められた熱い曲で大人気です。

 

【42位】『KATCHAN O SONGS』カッチャン

 

この投稿をInstagramで見る

 

沖縄。海と風の宿。成田正雄さん(@okinawa_seawind_gh_naritamasao)がシェアした投稿

定番

過激なパフォーマンスで沖縄米兵に人気を博した元『コンディショングリーン』のカッチャン。死亡説すら流れる過激さとはいえ、重要な沖縄ソングアーティストです。

この曲のギターの味は最高ですが元にした曲はサンタナの『BLACK MAGIC WOMAN』。ラテン系のノリが良い沖縄ソングに仕上がっています。

 

【41位】『サン・サン・サン』ザ・フェーレー

定番

沖縄ソングの仕掛人・知名定男プロデュースの四人組『ザ・フェーレー』の人気曲。人気の沖縄ソングランキングにランクインです。

民謡調でありながらユーモラスに歌われる現代の日常がユニークで、ちょっと手を止めて聞き入ってしまいます。

 

沖縄ソング人気ランキング【40位-31位】

 

【40位】『僕ドラえもんじゃありません』地獄車

有名

格闘技と音楽の融合をテーマに活動する沖縄ソングの人気バンド『地獄車』。コア系バンドのパワーみなぎる沖縄ソングです。沖縄ソングはロックも熱い!続々新曲が発表されています。

 

【39位】『かけがえのない日々』寿

有名

ギターのナーグシクヨシミツとボーカルのナビィの二人組の軽快な沖縄ソング。ワールドソングと沖縄ソングの融合を目指す二人組デュオの透明感溢れる大人気の曲です。

ポジティブな沖縄ソングで前向きな気持ちになりましょう。沖縄ソングではお馴染みの二人ですが、新曲も待ち遠しいですね。

 

【38位】『台風天国』やちむん

有名カメラマン奈須重樹の人気沖縄ソングバンド『やちむん』。アニメソングをもじった曲で台風を歌うのは陽気な沖縄ならでは。

ユニークな沖縄ソングで癒されましょう。

 

【37位】『変わりゆく時代の中で』佐渡山豊

定番

沖縄のシンガーソングライター。『沖縄フォーク村』を主宰するなどの活躍で有名です。この曲は名作と謳われ、カバー曲もある人気曲。

「変わりゆく時代の中で僕はみんなと生きていたい」と叙情豊かに歌うこの曲は、想いを語る沖縄ソングの原点で、今も歌い継がれる不動の人気の曲です。

 

【36位】『長い間』Kiroro

定番

沖縄と言ったらKiroroを挙げる人が多いですね。沖縄の代名詞でもある大人気ユニット新曲は続々ランクイン。みんなに親しまれている二人です。

そのKiroroのデビュー曲がこの『長い間』。沖縄ではコマーシャルに使用されたと言います。ブライダルソングとして大人気の定番曲。仕事が忙しくてなかなか逢えない。彼女の声がかすんでる。それは辛かったけど、でもついに二人はゴールインします。

玉城千春の優しい歌声が印象的な曲で、もちろん、人気の沖縄ソングランキングにランクインです。

 

【35位】『赤花』川畑アキラ

新曲

知名定男の名曲を元コブラツイスターズの川畑アキラがカバーしたこの夏発売されたばかりの新曲。『ダイナミック琉球』『島の花』などと共にこの『赤花』も新曲としてネット配信されていて、今年の沖縄ソングの新曲の中でも要チェックです。

切なく歌い上げる「理解されない赤花の寂しさ」は、静かに過ごしたい夜に沖縄焼酎を酌み交わし飲みながら聴くと最高かもしれません。

 

【34位】『IKAWU』ネーネーズ

定番

世界で評価される沖縄ソングの人気ユニット「ネーネーズ」のデビュー曲。沖縄ソングののブームのきっかけになったと評価の高いこの曲は今でも大人気。沖縄ソングの代名詞の一つです

まさに南国ムードが満ち溢れ、静かに奏でられるメロディーと歌声は心が洗われます。

 

【33位】『踊る首』BLEACH

有名

ギターのサウンドが心地よいハードコアロック。痛快なテンポで曲が流れて行き、陶酔せずにはいられない人気ハードロック。ハードコアも熱い沖縄ロックで、今も人気のBLEACH。解散した今も人気は衰えません。

ヘビーなギターサウンドをカラオケで歌い、日頃の疲れを吐き出しましょう。

 

【32位】『空の風』しゃかり

有名

DIAMANTESのコーラスを務めた千秋と嘉手刈勝(元)によって結成された人気バンド。上地一成は結成当時大人気だった『りんけんバンド』のドラマーを務めていて、プロデューサーという形で参加していました。

この曲はNAHAマラソンのテーマソング。絶える事の無い希望と自由が歌われて大人気の曲です。

千秋の澄んだ声による癒し系の音楽で沖縄のコマーシャルでも大人気で、沖縄ソングに欠かせない二人です。

 

【31位】『ファムレウタ』パーシャクラブ、夏川りみ

定番

新良幸人が中心となる民謡とジャズ・ポップスが融合したバンド『パーシャクラブ』の人気曲。『パーシャクラブ』は八重山民謡をベースに型にはまらずに曲作りをしているバンドで高い支持を得て大人気です。静かに奏でられるこのメロディーもとても透明な音色で心に染みます。

人気の沖縄ソングランキングには欠かせないバンドです。

 

沖縄ソング人気ランキング【30位-21位】

 

【30位】『国道508号線』BEGIN

人気

沖縄のみでシングル発売されたという、沖縄FamilyMartのコマーシャルに使用された曲。大人気のBEGINの軽快な曲です。

「こくどうゴーマルハチ号線」というサビはダンサブルでついつい踊りたくなります。沖縄の明るい雰囲気が溢れる軽快な曲も現在もランキングの上位に食い込み、人気の沖縄ソングとして親しまれています。

 

【29位】『嘆きの梅』山里ユキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

KENSTAGE ブロードウェイ21さん(@luken4x4)がシェアした投稿

定番

有名な沖縄うたさー。本部町で開催された「素人のど自慢大会」で三点鐘を獲得。ラジオでその美声が流れて人々に知られたといいます。

この沖縄ソング『嘆きの梅』で大人気の一流女性歌手に駆け上がりました。

敬意を払うべき沖縄ソングの先駆けです。

 

【28位】『風のどなん』西泊茂昌

 

この投稿をInstagramで見る

 

西山 潤さん(@sanshinnojundesse)がシェアした投稿

定番

与那国島出身の唄者『西泊茂昌』のデビュー曲で、泡盛のコマーシャルソングに採用され人気となりました。「どなん」は「渡難」と書き与那国島を表わします。それほど行くのに遠い島だったということです。

音楽への愛情が溢れた名曲です。

 

【27位】『ファンファーレ』Manami

定番

沖縄で活躍する人気女性シンガーManaki。

沖縄らしい透明で健康的なムードが漂うこの曲。ちょっと沖縄旅行に行きたくなる沖縄ソングで女性の人気も抜群です。

2012年オリオンビール『オリオンサザンスター』CMソング。

カラオケで可愛くキメられますね。新曲も待ち遠しくなります。

 

【26位】『ハイサイおじさん』喜納昌吉&チャンプルーズ

有名

ちょっと聞けばすぐ思い当たるメロディー。志村けんの大人気のギャグ「変なオジサン」はこの曲の替え歌です。

陽気でダンサブルな曲は踊りだしたくなりますが、実は戦争の過酷な状況で娘を食べてしまった母親とその娘の父親の悲しい戦争体験の話を元に、平和への祈りが込められています。

喜納昌吉は沖縄ソングの人気に貢献している大御所沖縄ミュージシャン。沖縄を拠点に素晴らしい沖縄ソングを発表し続けています。

戦争で様々な過酷な体験をした沖縄。その沖縄を歌い平和を訴える沖縄ソング。沖縄ソングの人気の秘密をうかがえる曲かもしれません。

 

【25位】『西武門節』沖縄民謡

定番

遊里の女と客が別れる際のやりとりです。西武門(にしんじょう)とは沖縄にあった遊郭。遊郭の女と船旅の男の別れが切々と歌われています。

今も歌い継がれる伝統の沖縄民謡にも敬意を払いましょう。

 

【24位】『語やびら』ネーネーズ

有名

沖縄サミットに際しネーネーズは大活躍。『NEVER END』のバックコーラスに参加する一方、サミットの広報イメージソングとしてこの『語やびら』をリリース。

ネーネーズは世界的に知られている沖縄ソングの人気ユニットです。

 

【23位】『島の花』川畑アキラ

新曲

沖縄出身の元コブラツイスターズの川畑アキラがカバーしたこの夏プロモーションされたばかりの新曲。『あなたを迎えます』と優しく歌われ、寂しい時に聞くといいですね。要チェックの新曲です。

 

【22位】『勝利のうた』DIAMANTES

定番

Jリーグ・ナビスコカップのテーマ曲として使われて有名な、大人気のこの曲。DIAMANTESは沖縄を拠点に活動する沖縄ソングの人気ロックバンド。1993年に『OKINAWA LATINA』でメジャーデビューしました。

ボーカルはペルー生まれの日系3世アルベルト城間。沖縄ソングとラテン音楽のムードが組み合わさったダンサブルな曲で人気です。

飲んだついでにラテンムードで踊ってしまいましょう。

 

【21位】『ちゅらぢゅら』りんけんバンド

有名

1993年のNHK大河ドラマ『琉球の風』の「美海紀行」というコーナーで使用され人気を博しました。癒しのムード漂う人気の沖縄ソングとして知られています。

りんけんバンドの母体は知名定男のサポートバンド。シンセサイザーを多用し、ヒーリング系の曲で活動していました。この曲も癒しの効果がありそうですね。

 

沖縄ソング人気ランキング【20位-11位】

 

【20位】『Get My Love』MAX

有名

MAXは言わずと知れた人気の4人組ユニット。

安室奈美恵のバックダンサー『SUPER MONKEY’S』として活動していましたが、安室奈美恵とともに人気が出たために『MAX』として独立して活動を始めました。安室奈美恵や知念里奈らとともに『夜もヒッパレ』に出演、茶の間の大人気になりました。

『MAX』として独立した活動を始めた後も安室奈美恵のバックダンサーを並行して行っていましたが、『SUPER MONKEY’S』の活動を終えた後の初シングルとして発売。それまでの4曲同様大人気で、不動の地位を獲得しました。

ダンサブルに盛る上がれる曲です。

 

【19位】『WANDA』Manami&DIAMANTES

新曲

昨年発売されたばかりの新曲。沖縄で活躍の人気女性シンガーManamiが『勝利のうた』でお馴染みの沖縄の人気ロックバンド『DIAMANTES』とコラボ。

ラテン系のリズムの沖縄ソングは軽快で、沖縄の熱い魂も伝わってきます。

飲み会でクールに歌ってキメたら、男子社員の視線も釘付けかもしれません。

 

【18位】『すべての人の心に花を』喜納昌吉&チャンプルーズ

有名

後ほど石嶺聡子さんの『花』として登場する『花』のオリジナル曲です。喜納さんは政治家としても活動している平和運動の音楽家。沖縄民謡とロックを組み合わせた最初のミュージシャンです。

「すべての武器を楽器に」と訴える喜納さんならではで、この曲にも平和を望む気持ちが溢れ、ソウルフルに歌われています。

映画『ひめゆりの塔』にも使用された有名かつ重要な沖縄ソングで、人気も抜群です。

 

【17位】『安里屋ユンタ』坂本龍一

有名

教授坂本龍一さんも沖縄ソングを歌っていました。『安里屋ユンタ』も人気の有名な曲で夏川りみさんも歌っています。実在した沖縄女性安里屋(竹富島の農家の屋号)のクヤーマの滑稽なエピソードを歌うユニークな曲。ユンタとは八重山地方の農作業のような共同作業で歌う合唱ソングということで、テンポがいいです。

マタハーリヌ ツィンダラ カヌシャマヨーとは「あら、なんと可愛らしい、いとしい娘さんであることよー」という意味だとか。

宴会などで盛り上がるのにもうってつけです。

 

【16位】『さとうきび畑』森山良子

定番

「ざわわ、ざわわ」と沖縄のさとうきび畑の情景が浮かびますが、対比として戦争の悲惨さが歌われています。戦争の悲惨さを伝え続ける沖縄ソングの白眉にあたる大切な曲。

TBSドラマ『さとうきび畑の唄』にも使用され、たくさんの涙を誘いました。

夏の日差しの中で失われた大切なお父さん、お母さん。繰り返される戦争の悲しさを伝え、二度とあってはならないと静かに訴えかけてきます。

 

【15位】『谷茶目節(たんちゃめぶし)』沖縄民謡

有名

映画『ひめゆりの等』で有名になった沖縄民謡。

谷茶(たんちゃ)とは沖縄本島西北海岸の地名です。漁からから帰った男たちとその魚を売りに出す女たちのかけあいで、元気よく歌が続きます。

仕事を盛り上げて歌ってみませんか。

 

【14位】『DO-DO FOR ME』知念里奈

定番

『夜もヒッパレ』でお馴染みだった知念里奈。沖縄が生んだ人気タレントとして沖縄ソングランキングに外せません。

J-POPらしい軽快なリズムで、ダンサブルです。安室奈美恵、SPEED、MAXなど、沖縄の生んだスターとして、沖縄ソングランキングでも上位に登場です。

 

【13位】『Best Friend』Kiroro

定番

沖縄で外せない不動の人気ミュージシャンが『Kiroro』。『ちゅらさん』で歌われたこの曲は人気のカラオケソングランキングでも定番。今でも大人気です。

Kiroroは玉城千春と金城綾乃の二人組ユニット。沖縄出身で同級生だった頃から楽曲制作を始めていました。女の子たちの憧れの的で、新曲は続々とランキング上位に入り、この曲でも『紅白歌合戦』に出場しました。

デビュー曲『長い間』を引っさげて登場した当時から不動の人気を誇る沖縄が生んだ大スターです。

大切な人と一緒のオフ会でさり気なく歌うのもいいですね。

 

【12位】『三線の花』BEGIN

有名

映画『涙そうそう』の為に作られた曲。おじぃの三線を題材に、三線で開くたくさんの歌という花を歌っています。

喜びも悲しみも歌う三線の花。沖縄への愛と、沖縄ソングへのリスペクトですね。人気の沖縄ソングとして外せない名曲です。

ふと故郷と愛すべき人たちを想い、歌ってみませんか。

 

【11位】『海の声』桐谷健太

新曲

auのコマーシャルで桐谷健太が歌い上げる人気の曲。沖縄楽器三線にのせて恋人への想いを切なく歌い上げる名曲です。人気の沖縄ソングとしてカラオケランキングでも上位ですね。

 

沖縄ソング人気ランキング【10位-4位】

 

【10位】『てぃんさぐぬ花』夏川りみ

定番

「てぃんさぐぬ花」とは鳳仙花。

祖先からの教えを伝える曲ですが、説教くさくなく、沖縄では子どもたちにも親しまれています。祖先を敬う沖縄文化の原点が現れた曲です。『ちゅらさん』でも使用されましたね。

 

【9位】『島唄』THE BOOM

有名

1992年発売という、沖縄ソングの先駆けで、皆さんご存知の定番曲。数多くのカバー曲があり、人の心をひきつける沖縄ソングです。

「繰り返す悲しみ」戦争に徴兵で駆り出され、別れ別れになってしまった恋人への愛のメッセージ、悲しみを歌った名曲です。

人気沖縄ソングのランキングからは外せない大切な曲です。

 

【8位】『アタラカの星』下地イサム

有名

ミャークリフという宮古島の方言で独自の世界を切り開いた下地イサムの人気曲。沖縄ソングのランキングでも上位にランクインしています。

『アタラカの星』とは『かけがえのない星』ということ。旅をする人のうたでしょうか、平和への祈り?

悲しい歴史をたどった沖縄だから歌える魂が込められた曲。ちょっと今の平和を振り返って、静かに耳を傾けてみませんか。

 

【7位】『ダイナミック琉球』川畑アキラ

新曲

甲子園応援ソングとしても話題沸騰だったイクマあきらの『ダイナミック琉球』。

元コブラツイスターズの川畑アキラがカバーヴァージョンとして新曲ニューリリース。人気の沖縄ソングとしてランキングに入りました。

夢を追う時にはくじけそうになることもたくさんあります。そんな時に、自分を励まして歌いたくなる曲です。疲れてヒトカラでソフトドリンクなんか飲んでる時に、よし、頑張るか!と一曲歌うのにもいいですね。

 

【6位】『花』ORANGE RANGE

有名

女性にも支持が高い沖縄出身の人気ロックバンドORANGE RANGEの代表曲。「沖縄県民が選ぶ沖縄ソング」にもランクインする人気で、沖縄県民にも愛されている定番沖縄ソングです。

映画『いま、会いにゆきます』のテーマソングとしてカラオケでも人気ですね。キャッチコピーは「泣けるレンジ」。メンバーの思い入れが込められているので曲作りは難産だったとか。それだけに聴く人の心に響くのでしょう。

カラオケランキングでも不動の人気を誇り、ミリオンセラーになったORANGE RANGEの代表曲で、シングルでの売り上げでは最大の人気だとか。

精一杯に花になろうというメッセージは今も多くの人に勇気と感動を与えています。

 

【5位】『花』石嶺聡子

定番

沖縄ソングと言ったらこの『花』を挙げる人も多いでしょう。石嶺聡子さんの『花』。町のコーラスサークルでも定番の沖縄ソングの人気曲です。

元歌は先に紹介した喜納昌吉&チャンプルーズの沖縄ソングの名曲『すべての人の心に花を』。平和を願う気持ちを込めて石嶺聡子さんが歌います。

那覇市に生まれた石嶺さんは高校時代に『長崎歌謡祭』に出場、見事グランプリを獲得します。東芝EMIにスカウトされてから高校卒業後に留学。1995年に映画『ひめゆりの塔』のテーマソングとして『花』を謳い、大ブレイクします。

ご本人には戸惑いもあったようですが、『花』は多くの人に愛唱されている人気沖縄ソングです。

 

【4位】『NEVER END』安室奈美恵

有名

沖縄が生んだビッグスター安室奈美恵さんの大ヒット曲。九州・沖縄サミットに際し故小渕恵三首相の依頼で小室哲哉が書き起こした曲です。

安室奈美恵さんは引退した今も大人気の沖縄が生んだスター。かつては『アムラー』と呼ばれる安室さんのファッションをまねた女の子が続出。新曲が発売されるたびに上位にランキングされ、社会現象にまでなる大人気でした。

安室さんは小学生時代から沖縄アクターズスクールにレッスンに通い、やがてジャネット・ジャクソンのMVに感銘を受けて歌とダンスのレッスンに精進しました。

『SUPER MONKEY’S』などを経て大ブレイク。新曲が出るたびに女の子たちはときめきました。平成を代表する人気アーティストの一人となりました。

この『NEVER END』の「Never end~」というサビが癖になる方は多いのでは?

不動の人気で、カラオケで歌いたいランキング上位の必須沖縄ソングでしょう。

 

沖縄ソング人気ランキング【3位-1位】

 

【3位】『島人ぬ宝』BIGIN

定番

数々の沖縄ソングのランキングでランクインするBIGINNの超有名な曲。沖縄ソングの定番です。

子どもたちが書いた沖縄への想いをまとめて作詞したといい、山本健吉文学賞作詞部門も受賞した名曲です。歌詞に出てくる「空」「海」などはきっと何かのシンボルでしょう。

「僕たちはどれだけのことを知っているだろう」「何も知らないかもしれない」しかし「沖縄の唄を深く知っている」。それこそが「島人ぬ宝」なのさ。そう信じる希望。

子どもたちの想いをまとめたこの曲は、全ての人の宝に違いありません。

ふと、フレーズを口ずさんでしまう沖縄ソングですね。

 

【2位】『涙そうそう』夏川りみ

定番

人気の沖縄ソングの定番です。亡き兄への思いが謳われています。作詞した森山良子さんのお兄さんへの気持ちですね。

不遇の時代を過ごし、ヒットに恵まれなかった夏川りみさんが「夏川りみ」として再スタートを切って、この森山良子さんのカバー曲を3枚目の新曲として発売。爆発的ヒットはしませんでしたが、ロングリリースで着実にチャートを上げ、ついにレコード大賞も受賞しました。

「涙そうそう」とは沖縄の言葉で「涙がとめどもなく流れる様」を表すとか。大切な人を想い、歌ってみませんか。

 

【1位】『小さな恋のうた』MONGOL800

有名

沖縄のロックバンド『モンパチ』、MONGOL800を代表する人気曲です。ドラマやCMでも使用され、今年5月に公開された映画『小さな恋のうた』はこの曲をモチーフにしています。沖縄ソングの定番の一つ。

大切な人ほどそばにいるんだよ、ほら、想いが届いて!というメッセージが歌われ、沖縄ソングの魂が伝わってきます。沖縄の優しさが謳われた名曲で、人気もうなづけます。

辛いことが多い現代社会の生活で、辛い歴史を重ねてきた沖縄からの「暗い道も照らす光があるんだよ」というエールは、くじけそうになった時にも勇気を与えてくれます。

人気の沖縄ソングのランキング第1位に選びました。

 

沖縄ソングをカラオケで歌おう!

引用: Pixabay

沖縄ソングの人気曲、有名どこ、定番、新曲をドンとランキング50まで曲紹介しましたが、どれも素敵な曲でしたね。

沖縄ソングの人気は、飾らない自然の魂が溢れていることかもしれません。虚飾でないから沖縄ソングの魂が心に伝わってきます。沖縄ソングは時に切ないです。時にエネルギッシュです。魂を揺さぶる沖縄ソング。心をえぐる時もありますが、人間の心を思い出させてくれます。

数々の優れた沖縄ソングの新曲が発売され興味津々ですが、今日も一日を振り返りながらカラオケで一曲歌いたくなりますね。

歌い継がれる沖縄ソングを定番から新曲まで50曲、今回はランキングとしてまとめてみましたが、自分のフェイバリット・ソングにランキングは関係ありません。

それぞれの大切な沖縄ソングを歌い継ぎ、曲に込められた平和への祈りを後世に遺していきたいものですね。

人気の記事