処女の価値って何歳まで?30代で処女は地雷確定って本当?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

処女の価値には賞味期限がある?

引用: Pixabay

「処女」すなわち、男性との性行為を一度も経験したことがない女性には、価値があるといいます。

もちろん人生で一度きりしかない初めてのセックスをまだ経験したことがない女性は、単純に貴重なものです。

しかし、その貴重といわれる処女の価値には、賞味期限があるというのです。そして、その処女の価値の賞味期限は、何歳までという年齢によって区切られるということなのです。

その賞味期限を過ぎてしまった処女は、価値があるどころではなく、男性から「地雷」と評価されてしまうというのです。

今現在、セックス経験のない処女であるという女性にとっては、何歳までは大丈夫で、何歳からが地雷になるのか、気になるところではないでしょうか?

時間は、どんなに力のある人間でも巻き戻すことができません。ですから、処女の価値には何歳までという年齢制限がある以上は、その年齢を大幅に過ぎてしまった時には、後悔先に立たずとなるのです。

そうならない為にも、何歳まで処女の価値があるのか、なぜ処女の価値はいつしか地雷になってしまうのかを知っておくことも必要です。

では、処女の価値は何歳までで賞味期限切れなのか、まずは処女の価値を決める男性の心理から解説していきます。

 

男が処女を好む理由は?

引用: Pixabay

処女を好む男性は、処女の価値をどのような理由から、高く感じているのでしょうか?

処女の価値に何歳までという制限が設けられるのは、男性の心理が関係しています。

そんな男性の心理を知る為に、まずは男性がなぜ処女を好むのかという、理由からご紹介していきます。

 

【1】優越感がある


引用: Pixabay

処女とお付き合いをするということは、もしセックスをすることになれば、必然的に自分が一番最初のセックスの相手になるというわけです。

このことは、特に強い独占欲の持ち主である男性からすれば、大変な優越感を感じることができるのです。

他の男性の次であることイコール、お下がりをもらったような感覚になるのを嫌う男性もいるということです。また、自分以外の男性が知らない、彼女の一面を知っているという優越感もあります。

その為、優越感を感じたいタイプの男性は、自分以外の男性が羨むような処女とのセックスが好ましく、何歳までの処女、という制限があるともいえます。

また、自分の方が女性よりもセックスについて知っている、上手であるという、処女の女性自体への優越感を味わうこともできます。

したがって、自分以外の男性と、相手の処女の女性の両方に対して、高い優越感を感じられることで、何歳までという制限はあるにせよ、処女の価値を感じるというわけなのです。

 

【2】自分の好みに仕立てられる


引用: Pixabay

独占欲が強くプライドの高い男性に加えて、何に対してもこだわりが強い男性も、処女の価値を感じるようです。

処女でなければ、前にお付き合いしていた彼が、セックスで好んだ行為を自然としてしまうことがあるでしょう。これは、男性にとっては嫉妬の対象にもなるのです。

しかし、自分が一番最初のセックスの相手であり、自分が手ほどきをするとなれば、前彼に嫉妬をする必要もなく、自分の好みのセックスをしてくれるように仕立てることが可能です。

やはり、自分の好みの行為を、自分が教えたとうりにしてくれることは、男性にとっては心理的にも性的にも、満足感を得られることなのです。

そして、回数を重ねるごとに上達してくることで、男性の満足感は更に高まり、処女の価値を感じることになるのです。

 

【3】真面目な女性である

Array

引用: Pixabay

どんなに性に奔放な女性にも、何歳までかはそれぞれですが、処女であった期間は必ずあります。

ですから、処女だから真面目な性格と言う訳ではありません。

ですが、処女の価値が認められる、何歳までという賞味期限の年齢よりも、はるかに早くセックス経験を重ねていると、どうしても真面目な身持ちの堅い女性だとは捉えられません。

処女の価値が高くなる年齢まで他の男性に体を許さず、自分にその一番最初を委ねてくれたということは、真剣に自分のことを想ってくれているんだ、という確信にもなるのです。

また、女性が真剣に自分を想ってくれているという確信は、男性からすると浮気などの心配もしなくてよい、安心感にも繋がっていきます。

真面目な女性と、安心して付き合いたいという思いの強い男性は、処女の価値を感じることが多いでしょう。

ちなみに、真面目なイメージから処女を好むという男性は、意外と処女の価値は何歳まで、という制限がないこともあります。要は、真面目で安心できる古風な女性であればいいという事です。

 

【4】清潔感

引用: Pixabay

男性が、自分が一番最初のセックスの相手でありたいと思う理由が、なんと「潔癖」という事も考えられます。

根っからの潔癖ではなくても、お付き合いする女性や結婚相手には、まず最初に清潔感を求めるタイプの男性です。

そんな男性は、やはり他の男性とセックスをしたことのある女性よりも、まっさらな純潔の処女の価値を高く感じるのです。

ですから、若くてセックス経験豊富な女性よりも、地雷と言われる年齢に達していても処女の方を好むという場合もあります。

とにかく、誰にも手を付けられていない、まっさらで清潔な状態を好むのが潔癖症の特徴ですから、処女の価値を感じるのでしょう。

しかし逆にこのような男性は、何歳までという処女の価値の賞味期限が、若い年齢に設定されている場合もあります。単純に年齢が若ければ、体つきも新しくきれいである為です。

 

【5】生物学的観点

Array

引用: Pixabay

言ってしまえば、人間は地球上の生物の一種です。

生物学的に言えば、男性が処女を好むのも、何歳までの処女が良いと設定してしまうのも、当たり前なのだそうです。

理由としては、自分の純粋な遺伝子を後世に残すことができる、また子を宿す可能性のある年齢を自然と察知する為なのだそうです。

処女とのセックスであれば、万が一妊娠したとしても、明らかに自分自身の子供だと確信が持てます。また、何歳までという年齢の制限を引くことで、妊娠する確立が上がります。

生物の一種である人間の本能として、明らかに自分の遺伝子だと確信できる子供を、確実に授かることができる処女に、自然と価値を感じてしまうものなのだそうです。

このような処女の価値は、昭和の半ばくらいまでの世代では当たり前のこととして語られていました。

ただ、何歳までという年齢制限はなく、結婚するまで体は許さないのが当然、という考え方が主流だったのです。

ですが、昨今ではそのような風潮はほとんどなくなってしまっています。むしろ、結婚するまで処女である女性など、みなさんの周りにはおられるでしょうか?

晩婚化している昨今、結婚するまで処女であるべきとされてしまうと、一体何歳まで処女でいなければならないのでしょう?少々無理があるといえます。

ですが、そんな昨今の風潮が、処女の価値は何歳までという賞味期限や、地雷とされる年齢を設けるきっかけとなったともいえるのです。

 

処女の価値は年齢別に変わる?

引用: Pixabay

昔は結婚するまで処女を貫くのが当たり前という考えが主流でしたが、この現代では処女の価値は何歳までという制限や、処女は地雷とされる年齢が設けられています

性に対してもオープンになっている現在では、何歳まで処女の価値が認められるのでしょうか?そして、どういう理由で何歳までと線引きされ、それ以上は地雷などといわれてしまうのでしょう。

ここからは、そんな気になる年齢別の処女の価値の推移や、その推移の理由を、データを交えてみていきましょう。

 

10代での処女の価値は?

引用: Pixabay

10代の女性は主に中学生や高校生の女子を中心に検証していきますと、ある調査で中学生では処女の割合が90%程度、高校生では70%程度であると判明しています。

要は、10代での処女は特に珍しい存在ではないということです。ですから、若くて純粋無垢という部分では、処女の価値があるといえますが、特に貴重とは言えないというわけです。

この調査で気になったのは、高校生男子の童貞率が80%程度であることです。高校生女子の処女率に比べて、10%ほど高くなっています。

これは、良い悪いはさておき、10代の幼なさの残る処女に価値や興味を感じる、高校生以上の年代の男性が存在することを表すデータともいえるのです。

20代前半頃の男性が相手なら、あり得ないこともない数字です。しかし、それ以上の年代の男性が相手だとしたら、10代の処女にも処女の価値を感じる大人の男性がいるということになります。

そういう意味では10代にも処女の価値はあるといえますが、18歳未満の処女が相手であれば、条例違反とされることもあり、リスクが伴いますので、処女の価値としては少々下がるでしょう。

 

20代での処女の価値は?

引用: Pixabay

20代になると、学生でありながらも成人を迎え、世間一般では大人として扱われます。お酒が飲めたり、入場できる施設が増えたりすることで、性に対しても開放的になる年代です。

また、20代で社会人デビューするのが一般的ですので、出会いの場も一層広がり、様々な付き合いが生まれる年代でもあります。

そんな20代の女性のうち、彼氏がいるのはなんと45%ほどなのだそうです。逆に言うと、20代の女性のうち、55%は彼氏がいない=セックスをする特定の相手がいないということになります。

ちなみに、20代女性の処女率もある調査で判明しています。20代前半では46%、後半では32%ほどが処女のままであるという、なかなか高い数値になっています。

これは、処女を好む男性としては大変喜ばしいデータなのではないでしょうか。なぜなら、処女の価値は何歳までなのか、その答えは20代までだからなのです。

20代に処女の価値がある理由のひとつめは、10代の女子とは違って、法的に認められた、れっきとした大人であることです。

大人の仲間入りをしているので、どんなに年齢の離れた男性も、リスクなどなく大人同士としてお付き合いすることが許されるのです。

20代に処女の価値があるふたつめの理由は、20代の女性は若くてきれいということです。もちろん、人によっては何歳まできれいでいられるかが、日頃のケアで変わるかもしれません。

しかし、基本的には生まれてから日数が多く経っているほうが、老化が進むのは当然のことですから、この事実は否めません。

そして最後に、20代の処女には「大人になっても、むやみにセックスをしないピュアな女性」という付加価値も付けられるのです。

以上のことから、処女の価値は何歳まで認められるのか、その答えが20代までであるといえるのです。

では、20代を過ぎた30代の処女の価値はどうなのでしょうか?30代処女は、何歳までと線引きされた賞味期限を越えてしまうとされる、その理由は何なのでしょう?

 

30代での処女の価値は?

引用: Pixabay

30代の女性といえば、社会人として活躍して仕事が落ち着き始めた頃か、結婚、出産まで経験して母親になっている方が多い年代です。

そんな30代の処女は、残念ながら「地雷」と評されます。処女には、何歳までという賞味期限があるということでしたが、その賞味期限が30代で訪れるということです。

30代の処女が地雷といわれる理由のひとつめは、これまでお付き合いした彼がいなかったのか?という疑問が湧いてくることです。

その疑問から派生して、30代になっても誰ともお付き合いできないような、厄介な人なのか?という懸念も出てくるという訳なのです。

そして30代処女が地雷であるふたつめの理由は、男性が責任を重く感じてしまうことです。30代まで処女を貫いてきた女性の、初めての相手になることにプレッシャーを感じてしまうのです。

また、30代で処女である真面目な女性だということは、結婚まで見据えなくてはならないのか?といった責任を感じてしまうこともあるようです。

30代の処女が地雷である理由の最後は、20代の処女よりも単純に年を重ねていることです。女性としては聞き捨てならないと思うかもしれません。

しかし、この世に生きてきた期間が長いほど身体が老いていくのは、生物として当然のことなので、認めざるを得ません。

20代の処女率は、20代後半でも30%もあると先述しましたように、若くてフレッシュな20代の処女がいる中で、30代の処女が地雷と評価されるのは、ある意味仕方のないことなのかもしれません。

 

処女の価値は変化する!注意しよう!

引用: Pixabay

処女と聞くと、何となく価値があるように感じていたという方も、処女の価値には何歳までという賞味期限があり、それ以上は地雷とされることがお分かりいただけたでしょうか?

残念ながら、年齢はどんなに願っても、努力しても、巻き戻すことはできません。何歳までという期限があるとなれば、その年齢を過ぎてしまうと、もう後戻りはできないのです。

処女であることは決して悪いことではありませんが、世間一般の男性陣の心理を理解すれば、何歳までという賞味期限を設けてしまうことを、非難ばかりはしていられません

10代、20代と処女の価値は上がっていき、その山は30代で急下降し「地雷」となってしまうということを念頭において、30代に突入する前に素敵な相手を見つける努力も必要でしょう。

地雷と呼ばれることのないよう、30代から逆算して、何歳までには彼氏を作る!という計画や、それを実行する行動力が必要といえます。

ぜひこの記事を参考に、何歳までにどういう男女関係を作っておくべきなのかを意識して、みなさんに有意義な日々を過ごしていただければ幸いです!

人気の記事