女性と目が合った時の男性心理10選!両思いの証拠なの?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

男性が女性と目が合った時に考えてることは?

引用: Pixabay

好きな男性と目が合うと、自分の存在を意識してもらうきっかけができるので、嬉しく思ってしまう女性は多いでしょう。

目があう回数が多ければ、それだけ話すきっかけも作りやすく、二人の仲を深めるには役立ちます。

しかし、目が合うからといって自分に気持ちがあるのかと思ったり、両思いと決めるのには注意が必要です。

男性が女性と目が合うのは相手に気持ちがあることがほとんどですが、中には両思いと正反対の「嫌い」な気持ちがあるとも…。

女性に対して好きな気持ちがあるのかどうか男性心理を見極めましょう。

 

女性と目が合った時の男性心理10選

 

【1】目が合う女性に自分をアピールしたい男性心理


引用: Pixabay

多くの女性が予想する通り、男性が女性と目が合う時は、その多くは女性に対して好きな気持ちを持っています。

そのため、女性と目が合うことで自分をアピールしたいと思う気持ちが男性心理にあらわれます。

 

【2】女性と目が合いそのまま話題作りに使う男性心理


引用: Pixabay

女性と目が合うことで、そのまま話すことができないかと男性は女性と目が合う瞬間に思っています。

そのためこの男性心理を持っている時は、女性と無意識に目が合う状態になることはありません。

女性と目が合う前から、あとに続く会話を先に考えているため、目的をもって女性を見ているので、まわりからも男性の気持ちはわかりやすいでしょう。

目が合う時には必ずその男性と喋る機会があるでのであれば、男性心理的にはすでにその女性を好きな気持ちがあります。

 

【3】女性と目が合うのは無意識な時もある男性心理

Array

引用: Pixabay

男性が女性と目が合う時、私たち女性は「両思いかもしれない」と期待してまいますが、男性心理の中では無意識に女性を見ている場合もあるため、男性心理の中ではその女性に対しての気持ちを理解していないことがあります。

ただし、無意識にでもその女性を見ていることは、深層心理にその女性への好意的な気持ちが男性心理にはあるといえます。

 

【4】目が合う女性の性的なことを想像してしまう男性心理もある

引用: Pixabay

女性と目が合う時、その女性の性的な姿を想像していることも男性心理にはあります。

もちろん、その女性に対して好意的な気持ちがあるのですが、純粋に両思いであることよりも、その女性の体に興味があり、女性自身には興味がないことも目が合う男性にはあるので、女性としては見極めが重要になってきます。

 

【5】目が合う女性のことを好きな気持ちがある男性心理

Array

引用: Pixabay

私たち女性の予想通り、男性と目が合う時はその女性のことを好きだから見てしまう男性心理も少なくはありません。

目が合うことを目的としいるため、女性と実際に目が合うことを嬉しく思っているため、笑顔であったり何らかのリアクションをしてくる男性が多いので、女性にも気持ちがわかりやすい男性心理です。

女性側も好その男性のことを好きな気持ちがあった場合、すぐに両思いとしてまとまりやすいです。

 

【6】女性と目が合うと恥ずかしい気持ちになる男性心理

引用: Pixabay

好きな女性に限らず、異性として女性全体を意識してしまうため、男性の中には女性と目が合うと恥ずかしがってしまう男性心理もあります。

目が合うけれど、その後すぐに逸らされてしまうので、女性側も照れている男性心理を読み取りやすいでしょう。

 

【7】女性と目が合い嬉しい気持ちになることを隠したい男性心理

引用: Pixabay

男性心理の中には好きな女性と目が合うことを望んでいるのに、その気持ちを女性にわかられたくないために、いざ目が合う形になってもそのまま目が合わなかったことにして無表情のままでいることがあります。

自分がその女性のことを好きだと本人に知られたくないため、ときめいている気持ちや嬉しい気持ちを表情に出さないように自分を抑えようとします。

 

【8】相手のことが嫌いだからこそ女性と目が合う男性心理もある

引用: Pixabay

女性のことが好きな気持ち目が合う男性心理もあれば、その逆である「嫌い」な気持ちから女性と目が合う男性心理もあります。

その女性のことが嫌いなことから彼女の行動に注目してしまうため、男性自ら女性と目が合う機会を増やしてしまうこともあります。

 

【9】心配だから女性と目が合う男性心理

引用: Pixabay

女性と目が合う時の男性心理には、その女性が好きだけではなく心配の気持ちがあることもあります。

女性に対して庇護欲が湧くことから一挙一動に注目してしまい、目が合う時もそのまま心配そうな顔で見つめ続けることが多いです。

女性に恋愛対象としての愛情を抱いていなくても、目が合う時はあるので、女性は勘違いしないように気を付けしなくてはなりません。

 

【10】女性と目が合う時は嫉妬していることもある男性心理

引用: Pixabay

女性と目が合う時には、男性側が嫉妬している場合もあります。

男性心理的に嫉妬をしている時は、女性と目が合う前からその女性を見ていることが多く、目が合うわりにそっけない態度をとることが多いのも特徴的です。

 

目が合うのは両思いの証?

引用: girlydrop

目が合った男性が自分の好きな人であれば、つい両思いかもしれないと女性は期待してしまいますよね。

男性が女性を目で追ってしまうのはなぜでしょうか?男性が女性を見てしまう理由を解説します。

【1】男性は女性よりも視覚の情報を大事にしているから

引用: Pixabay

男性生物学的本能から、男性は女性より視覚を大事にして日々生きています。

物事想像して判断する女性よりも、物理的視覚で判断するためです。女性の方が「運命」の言葉に敏感だったり、占いに興味がない男性が多いのは、この本能からきています。

そのため、そんな視覚を大事にしている男性と目が合うことは、単純にその女性が気になっているからということができます。

 

【2】女性と目が合うのは、その女性が気になっているから

引用: Pixabay

男性は、嫌いな女性でも目が合うことがあります。

恋愛をする上で一番女性として脈がないのは、男性心理の中にその女性が意識されないことです。

もちろん女性に対して好意を持ってもらえることが両思いの近道ですが、男性心理から例え「嫌悪感」がその女性に働いていても、女性にとってはまだその男性との両思いの可能性が残されています。なぜなら、細かい男性心理の内容よりも、男性がその女性と目が合うこと自体が男性心理的には、女性に気持ちが傾いているからです。

なので、目が合うけどすぐに逸らされるなどと落ち込む必要はありません。目が合う=その女性を見ている=気持ちが女性に持っていかれている図式が男性心理の中に見ることができます。

すぐには両思いにならなくても、いずれその女性と両思いになる可能性は高いです。

 

【3】目が合うのは男性の習性からきている?!

引用: Pixabay

男性と女性の役割がはっきりしていた時代では、女性は集落を作り外に出て食料の調達を待っており、男性は女性と子供のために動物を狩ったり集落が危険にさらされないよう常に目を酷使していました。

そのため、少しでも気になる要素があれば目で対象物を見てしまう習性が女性よりも強く残っています。

なので、女性よりも男性は無意識に気になる女性を目で追ってしまうことが多く、結果好きな女性とは目が合うことが多いのです。

 

意中の男性と目を合わせるコツを紹介!

引用: Pixabay

男性から目を合わせてくれるのを待っているだけでは、目が合うタイミングはそう何回もやってきません。気になるの彼との仲を早くに進展させたいのであれば、こちらから彼にアピールしていきましょう!

ここからは、意中の男性と目を合わせるコツを紹介していきます。

【1】とにかく彼を見る

引用: Pixabay

気になる男性と目が合うようにするためには、単純な方法ですがとにかく彼を見るようにしてみてください。

あからさまに彼を見続けることは恥ずかしく思うかもしれませんが、あなたが彼を見ていないと、例え男性が女性を見ていたとしても目が合う確率はさがってしまいます。

目が合う機会がないと、相手の男性と話すきっかけや意識するタイミングさえなくなってしまうので、両思いになることは難しくなってしまいます。

目が合うことは女性と男性の間にふたりだけの世界を一瞬でも作ることになり、ふたりだけの共有項目が増えることになるため、相手を特別な存在だと意識しやすくなるのです。

そのため、世間でいう気持ちが通じ合う「両思い」になりやすくなる効果を発揮します。

なので、まずは男性と目が合うことを増やしていかなければなりません。

好きな男性の気持ちを手にれたいのであれば、それなりに犠牲になるものを覚悟しましょう。

羞恥心を捨て、堂々と彼を見ることが大切です。

女性からひたすら彼を見つめていれば、その視線に彼が気づいて目が合うことが多くなっていくはずです。

なぜなら、どんな人にも第六感があり、見られていることを感じることができるからです。

彼と目が合うチャンスを逃さないためにも、まずは彼をあなたから見つめていきましょう。

 

【2】ボディタッチする

引用: Pixabay

彼と両思いになりたいのであれば、目が合うタイミングときっかけ作りに彼にボディタッチをしてみてください

なかなか目が合わない彼でも、女性から肩を叩かれたり、腕を軽く引っ張られたりすれば、その先にいる女性と必ず目が合う瞬間を作ることになります。

強引のように見えますが、女性を見てくれるのを待っているだけでは目が合うタイミングは少ないです。

目が合うことは、男性心理的には目が合う女性を意識するきっかけになりやすい行為なので、多少わざとでも、目が合う機会を女性から作ってみましょう。

この方法は、特に好き避けをしてしまう男性や、照れ屋であったり奥手と呼ばれる草食男性には効果をより発揮します。

目が合うことで男性は女性を意識しますが、身体に触る行為も相手の女性を意識させる行為につながるからです。

実は、目が合う次にボディタッチをしたり、目が合いながらボディタッチをすることが男性心理を刺激させることができるのですが、目が合うことがない男性にはこの方法を試すことができません。

なので、まずは先に身体に触れてしまい、目が合うタイミングを増やしてから再度ボディタッチを行ってみてください。

 

【3】あえて気配を消してみる

引用: Pixabay

積極的に女性から目が合うタイミングを作っていくことは大事ですが、男性心理として両思いを意識するのは、自然とその女性と目が合う時です。

視線を感じて女性と目が合うのではなく、自らの意思を持って女性と目が合うときに男性心理はその女性を好きなのではないかと認識します。

そのため、あえて男性の前から気配を消して、彼に自分のことを探してもらいましょう

ただし、この彼と目が合う方法は、ある程度彼と仲が良くないと男性心理には響かないため、試すには注意してください。

彼に探される程あなたの存在を彼がわかっていることが大切です。

 

【4】目が合う時は女性からは逸らさない

引用: Pixabay

男性と目が合うチャンスがあった時は、女性からは逸らさないようにしてください。

あえて目が合う時に逸らしてみるのも、男性の狩猟本能を駆り立て、その女性を気になる男性心理に訴えかけることができますが、どんな男性にも効果があるわけではないので

実践するのは難易度が高いです。

男性の中には、女性と目が合う時に相手から逸らされてしまうと、自分を拒否されたように感じてショックを受けてしまう男性もいます。

せっかく女性と目が合う機会があったのに、嫌われているのかもしれないと勘違いしてしまう場合もあり、男性自らその女性とは目が合うことがないように意識してしまいます。

偶然にも目が合うチャンスがあった時は、照れくさくても女性からは目を逸らさないことが、彼と両思いになるためには必要なことであり、今後目が合うタイミングを増やすコツにもなります。

 

 【5】目が合う時は笑いかけてみる

引用: Pixabay

確実に好きな男性と目が合う機会を増やしたいのであれば、目が合う時には女性からリアクションを起こすようにしましょう。

手をふったり、話かけたりするのも良いですが、一番簡単にできて男性から好感を得やすいのが目が合う時は笑顔をみせることです。

目が合う時に女性から男性に笑いかけることで、男性心理のなかにある「目が合うことで女性に対する恋愛意識」を相手がより確信できるようになります。

笑顔を向けられた人で、自分が嫌われているかもしれないと思う人はいません。

自分は好感を持たれていると思う人がほとんどです。また、子供が良い例ですが、泣いてる子供や初めて会う子供には、大人は必ず笑いかけながら接します。

言葉が通じない子供には、笑顔があなたの敵ではないことを伝えてくれます。また、言葉がなくとも相手を安心させる効果があるため、特に保育士等はわかりやすく子供によく笑いかけているのです。

なので、あなたも彼と目が合う機会を増やたいのであれば、目が合う時は笑いましょう。

一度でもあなたからの好意を相手の男性が感じれば、女性から目を合わせようとしなくても自然と男性から女性を見ることが増え、目が合うことが多くなっていきます。

 

目が合うのは両思いの始まり

引用: girlydrop

好きな男性と目が合うことは両思いの可能性が高く、また両思いになりやすいともいえるでしょう。

愛情の域までにはまだ気持ちが追いついていなくとも、男性心理的に女性と目が合うことの多くはその女性に好意があるからです。

たまたま目が合う機会があったとしても、女性のリアクション次第ではその行為はふたりの関係を大きく変える選択肢にもなり得るのです。

もちろん、間違った選択をしてしまうと嫌われていると勘違いされることもあるので、男性と目が合うことを想定しておくことが両思いになることができる大事なポイントです。

目が合うことをひとつのきっかけとして、両思いのチャンスを逃さないようにしてくださいね!

人気の記事