コリドー街ナンパで無双する企業ランキングTop20【2019年最新】

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

コリドー街にいる女性のレベルが高い。

 

この投稿をInstagramで見る

 

勇気ある子供たちが時代を作るさん(@ryo_gamma_feelman_ig)がシェアした投稿

銀座コリドー街は「ナンパの聖地」と呼ばれており、そこを訪れるナンパ待ち女性のレベルも非常に高いです。その勢いは「声を掛けられなかったら女性として終わり」と言われる程で、コリドー街はナンパでの出会いを求めるサラリーマンやOLで終日賑わっています。

この記事ではコリドー街とは何なのか、またコリドー街でのナンパで無双している企業から上位20社を2019年版ランキングで紹介させていただきます。コリドー街でのナンパによる出会いを求める女性の皆さんは、是非2019年版ランキングを参考にしてみて下さい。

 

コリドー街とは?


引用: Pixabay

銀座コリドー街とは有楽町駅と新橋駅を結ぶ、路線の高架下にある飲食街店です。コリドー街は小洒落た居酒屋やレストランなど飲食店の数が非常に多く、客足も平日・祝日を問わず絶える事がありません。

コリドー街はオフィス街の近くでもあるので、夜になると仕事帰りのサラリーマンやOLが足を運びます。そこでナンパが起こるのは珍しくなく、仕事帰りに飲んでいたらサラリーマンからナンパ目的で声を掛けられたというOLもいます。

そのまま意気投合し、ナンパで出会ってから1時間もしないうちに連絡先の交換までこぎ着けたケースもあるようです。

 

コリドー街では会社のネームバリューが必須?

 

足を踏み入れた瞬間にナンパされる?


引用: PAKUTASO

銀座から新橋へと続く高架下にあるコリドー街は、近くにある会社も有名どころばかりです。2019年はコリドー街の近くに銀行や商社、広告代理店などの一流企業がひしめき合い、そこで勤務するサラリーマンやOLもハイスペックな人物が揃っています。

仕事帰りのハイスペリーマン達はコリドー街で女性に声を掛けるなどナンパを試み、自分達の企業の魅力についてここぞとばかりにアピールしようとします。彼らにとって会社のネームバリューとは、ナンパにおいても重要な武器になるのかもしれません。

 

遊び相手を探している人が大多数

Array

引用: Pixabay

コリドー街に来るのは遊び相手を探している人が大多数で、最も盛り上がるのは金曜日の22時以降です。

その時間帯を見計らってコリドー街をパトロールしていれば男性から声を掛けられます。コリドー街ではオープンテラス風や立ち飲みできるお店など、ナンパ後も気軽に入れる飲食店が立ち並んでいます。

ちなみにコリドー街では男性2人で飲んでいる事が多く、ナンパ待ちの女性も少人数の2人で行くのがオススメです。遠目でわかる程に可愛らしい服装で気合を入れ、素敵な男性からナンパされるのをコリドー街で待ちましょう。

 

夜な夜な逆ナンを繰り返す肉食系女子

引用: PAKUTASO

コリドー街では普通のナンパのみならず、逆ナンを試す肉食系女子もよく出没するようです。

コリドー街のあるスタンディングバーでは、「お仕事は何してるんですか?大手企業?」などと質問を繰り返し、ハイスペリーマンの情報を聞き出そうとする女性の存在が確認されました。ナンパ待ちに限らず、コリドー街での男性との出会いに必死なのは女性も同じです。

 

キラキラ女子と肉食系男子の出会いの宝庫

Array

引用: photoAC

2019年のコリドー街は安心してナンパできるだけでなく、美味しく楽しく飲める場所でもあるので出会いの宝庫とされています。特に丸の内近辺で働いているキラキラ女子や、「大手企業で営業してます!」とガツガツしている雰囲気の肉食系男子が多いようです。彼らはナンパに対しても意欲的と言われています。

コリドー街でナンパする人の年齢は20代~30代が中心であり、一度にたくさんの人と知り合える事からナンパを効率的と見る考えもあります。彼氏を見つけたい場合はコリドー街でのナンパを待ち、声を掛けられたら少しずつ仲良くなっていきましょう。

 

コリドー街ナンパで無双する企業を紹介!

コリドー街ナンパで無双する企業を2019年版ランキングで紹介します。

コリドー街周辺の有楽町や新橋には一流企業が多く、その肩書きやスキルを利用してナンパで無双するサラリーマンは実際に多いです。このランキングではナンパに強いと噂される企業を多く扱っています。

コリドー街で男性にナンパされた際は、どのような人間が来ているのかランキングを参考にしてみて下さい。

 

コリドー街ナンパで無双する企業ランキング【20位-11位】

 

【20位】株式会社イマジカデジタルスケープ(映像)

1995年10月に設立された株式会社イマジカデジタルスケープは、デジタルクリエイター向けに特化したビジネス企業として有名です。年収は300万円以上であり、ゲームデザインや映像制作での人材派遣も行っている事から2019年現在も人気があります。

イマジカデジタルスケープは映像関係に強く、その職種を目指して転職した人達からの評判も上々のようです。ランキング入りした企業の中では珍しい映像関係なので、コリドー街ではナンパと同時に新鮮な話が聞けるかもしれません。

 

【19位】野村総合研究所(IT)

「日本最大級のシンクタンク」と評される一流企業です。顧客もグローバル化に対応できるように産業政策や社会基盤などの政策立案支援を行ってきた結果、2019年ではアジア有数のコンサルティングファームへと成長しました。

ランキングの中でもグローバル化が著しい一流企業の1つなので、コリドー街を訪れる女性の間でも注目を集めています。年収は1150万円と上々であり、コリドー街でナンパしてくるサラリーマンから国際的な話を聞けるでしょう。

 

【18位】DeNA(インターネット)

DeNAはモバイルゲームの開発からSNS運営まで幅広く手掛ける、日本のインターネットメディアです。社員の成長度合いによって年収などが変化するので、エンジニアやプログラマーにとっては転職先としても人気の高い一流企業でもあります。平均年収は770万円です。

DeNAは横浜ベイスターズなど他企業の買収を繰り返し、2019年現在も成長を続けています。サラリーマン達の間でもその成長ぶりは話題とされているようです。コリドー街でナンパされた際、DeNAの成長や今後に関する話も聞けるかもしれません。

 

【17位】商船三井(海運業)

商船三井は虎ノ門に本店を置く大手海運会社です。

陸上総合職と海上総合職の2つに分かれ、それぞれ船舶の調達や運航の管理などを目的としています。年収は940万円であり、安全な運航と顧客ニーズの満足化を目指している点からも人気です。

コリドー街にナンパに来るサラリーマンの口から出る、海の話は斬新に感じられるでしょう。

 

【16位】博報堂(広告代理店)

博報堂DIYホールディングスの中核である博報堂は、日本を代表する広告代理店の1つです。

明治時代から2019年現在まで続く一流企業であり、4つの部門に担当者が割り振られているので、効率的に仕事を進められます。年収は300万円です。

待遇や福利厚生も充実しているので、コリドー街でナンパされる女性もこの話を聞いて好意的になる事が多いようです。

 

【15位】集英社(出版)

集英社は「週刊少年ジャンプ」や「週刊プレイボーイ」など多数の人気雑誌を手掛けている大手出版社です。

出版社の仕事は大きく分けて制作と営業の2つとなり、集英社も仕事自体は他の出版社と変わらないものの、手掛ける人気雑誌の数が多いのが特徴です。発行部数も多いので、収益ランキングでは毎回上位に入っています。

年収に関しては700万円前後と言われており、ランキングでも小学館や講談社など他の大手出版社とほぼ同じとされています。特に編集部門は多忙さから平均年収も高いと噂されているので、コリドー街のナンパでは詳しい話が聞けるかもしれません。

 

【14位】LINE(SNS)

 

この投稿をInstagramで見る

 

LINE FRIENDS_Officialさん(@linefriends)がシェアした投稿

2019年現在は世界中で1億人以上が使っているSNSであり、ネイバー株式会社傘下のインターネット関連事業が開発しています。LINEアプリの開発・提供が主な仕事であり、性別や年齢に関係なく接する事ができるのでフラットな印象が強いです。

職種はプログラマーから営業まで多岐に渡り、年収も300万円~700万円とバラつきがあります。大手IT企業からの転職による中途社員も多いので、コリドー街のナンパではIT企業に関する詳しい話も聞けるでしょう。

 

【13位】伊藤忠商事(総合商社)

繊維から金融まで幅広い分野でのビジネスを展開している大手総合商社です。企業成長には環境への配慮が必要だと考え、地球環境室を設置するなど環境問題にも尽力しています。2019年現在は63ヶ国に支社を保有し、今後も更なる成長を続けるでしょう。

伊藤忠商事は企業理念として「豊かさを担う責任」を掲げており、社員も使命感や責任感の強い人物が多いです。ハッキリしたビジョンのある人物なら、ナンパされてもすぐに心を開けるかもしれません。ビジネス分野も幅広いので、コリドー街にナンパ目的で行く度に毎回違った話が聞けます。

 

【12位】三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社(金融業)

三菱UFJファイナンシャルサービスの子会社にあたる証券金融株式会社です

新入社員の向上意欲に応えるように教育制度を充実させ、変化の激しいビジネスシーンでも自ら課題を設定する事で乗り越えるための力を身に付けさせます。金融業はもちろん教育制度に関する話も、ナンパ目的でコリドー街に足を運べば聞けるかもしれません。年収は400万円です。

 

【11位】野村證券(金融業)

野村グループの中核に当たる証券会社です。

4つの部門からなるネットワークを展開し、海外の顧客にも満足される内容の金融サービスを提供します。年収は1132万円とされ、ランキング入りした一流企業の中でもトップクラスと言われています。

グローバルな展開からなる金融サービスが特徴なので、コリドー街でナンパされた際は海外市場に関する話も聞けるかもしれません。

 

コリドー街ナンパで無双する企業ランキング【10位-4位】

 

【10位】JFマリンバンク(金融業)

日本の漁業協同組合が運営するインターネットバンクです。

貯金保険制度とあんしん体制の二重体制が特徴であり、貯金から資産運用まで顧客の金銭管理を積極的にサポートします。年収は420万円であり、顧客がいつも安心して利用できる事から金融業界でも高い人気があります。

地域とも強く密着しているので、コリドー街のナンパでは顧客との結びつきも聞けるかもしれません。

 

【9位】三井住友銀行(銀行)

日本三大メガバンクの一角を占める一流企業です。

ホールセールからコーポレートスタッフまで多くの部門に分かれており、高度な金融の知識やスキルを駆使して業務推進など幅広い業務に従事します。平均年収は814万円とされ、部門によってそれぞれ異なるようです。

三井住友銀行も有名企業なので、コリドー街ではナンパの際に仕事の激務について聞かされるでしょう。

 

【8位】EY新日本有限責任監査法人(監査法人)

プロとしての職業的管理官を基に、顧客に有益なサービスを提供します。

CBS職(企画管理系事務職)と監査トレーニー職が主な仕事であり、どちらも顧客のサポートを目的としたバックオフィス業務です。顧客の対応で慣れている部分もあるので、コリドー街のナンパでもすぐに意気投合できるでしょう。

年収は890万円です。

 

【7位】電通(広告代理店)

 

この投稿をInstagramで見る

 

綺凛花-kirika-さん(@kirikirlsu)がシェアした投稿

博報堂と並ぶ知名度を誇る、日本を代表する広告代理店です。

2019年で有名な広告ではサントリーの角ハイボールやJR東日本のSuicaなど、誰もが一度は目にした事があるでしょう。広告代理店の売上ランキングでは毎回1位に君臨しています。年収は男性が1300万円、女性は1000万円とされています。

電通の本社は新橋の汐留シオサイトにあるので、ここからコリドー街は目と鼻の先なのも嬉しい点です。電通のサラリーマンがコリドー街に居酒屋やナンパ目当てで立ち寄るかもしれないので、会社帰りに声が掛かるようにナンパ待ちしておきましょう。

 

【6位】日本取引所グループ(証券会社)

マーケットニュースや先物取引などを元に、規則及び自主規制に関する情報を顧客へ提供している日本の証券会社です。2019年現在は投資情報メールサービスを提供しており、市場の動向をリアルタイムで把握する事ができます。

国内から海外までの市場をカバーしているので、銘柄選びも便利になるでしょう。平均年収は1024万円であり、役職に応じて変化するようです。日本取引所は2019年現在も成長を続け、コリドー街に来るサラリーマンの間でも噂になっています。今なお成長を続ける一流企業の社員にナンパされるのは光栄かもしれません。

 

【5位】サントリー食品インターナショナル(飲食業)

洋酒やビールの販売を手掛ける親会社のサントリーホールディングスに対し、サントリー食品インターナショナルはジュースなど清涼飲料水の販売を担当しています。グローバルな飲料水販売を目指して、「ナチュラル&ヘルシー」をモットーに掲げています。年収は700万円~800万円です。

開発から販売までをチーム単位で手掛けているので、より良い商品を提供するための結束力は高いです。コリドー街に来るとサントリーのサラリーマンからモニターとして新製品を勧められるかもしれません。ナンパと合わせて新商品を試せるチャンスになります。

 

【4位】三井不動産(不動産)

東京都中央区に本社を置く日本最大級の不動産会社です。

新築マンションから一戸建てまで、幅広い種類の住居を顧客に提供するように心掛けています。年収は800万円~900万円であり、戦後から一貫して不動産業界での売上ランキング1位に君臨し続ける点からも安心です。

コリドー街ではナンパと合わせて、三井不動産のサラリーマンから住居の話を聞かされる事もあります。ナンパから関係が進展して今後結婚の予定までできたら、2人の新居をその中から探すのもいいでしょう。

 

コリドー街ナンパで無双する企業ランキング【3位-1位】

 

【3位】野村ホールディングス(銀行)

海外にも強い影響力を持つアジア最大の投資銀行です。

顧客にとって最適なビジネス空間を構築できるように、良質な設備を提供しています。新入社員に対しても、入社間もないうちから手厚く教育するので優秀な人材が次々と育っているようです。年収は900万円~1000万円です。

野村ホールディングスの本社は日本橋にあり、コリドー街のある新橋には電車なら5分程度で行けます。仕事帰りに新橋で下車するサラリーマンもいるので、ナンパと一緒に仕事の話を聞いてあげるのもいいかもしれません。

 

【2位】丸紅(総合商社)

芙蓉プロジェクトの大手総合商社である丸紅は、紙パルプや穀物の製造・販売を中心としています。

特に紙パルプは傘下に複数の製紙会社を所有しており、その規模は国内大手の一角と言われる程です。穀物でも世界の穀物メジャーと肩を並べる程の記録を残しています。

年収は900万円~1000万円であり、コリドー街にナンパに来るサラリーマンからは外資関係の話も聞けるでしょう。

 

【1位】ヒューリック株式会社(不動産)

大手不動産会社の一角であり、都内中心部にある不動産の賃貸業や投資開発事業が主な仕事です。

住居はもちろん、顧客にとって快適なオフィスを提供できるように日々努力を重ねています。何人もの人を動かすリーダーシップや他企業との商談を行うためのマネージメントスキルを磨いているので、社員も頼りがいのある人物ばかりと言えるでしょう。

複数の案件が重なる場合もあるので仕事は厳しいですが、年収は1000万円~1100万円と売上ランキングでもかなり高い数値です。コリドー街に来るヒューリック社員も優れた人物なので、ナンパされると一気に仲が進展するかもしれません。

 

コリドー街でナンパ待ちしよう!

引用: Pixabay

2019年版コリドー街でナンパ無双する一流企業20社ランキングを紹介しました。

企業のネームバリューはもちろん個人のスキルも高いので、コリドー街でのナンパで会えるサラリーマンはハイスペックな人物と言えます。このランキングを参考にコリドー街でナンパ待ちしながら、彼らとの素敵な出会いを実現させましょう!

人気の記事