女性の方言がかわいい理由15選!男性が惚れる胸キュンフレーズも!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

女性の方言が可愛い!

引用: Pixabay

よく、女性の方言は可愛い!と男性からも女性からも言われますよね?実際に関西弁や博多弁、、沢山方言があり人によっても色々な種類があります。

旅行先や、転勤で来たばかりの女性など普段だと触れ合う機会も限られたりしますが、遭遇した時には男性もついドキッとしてしまうこともしばしばあります。

そんな男性も惚れてしまうような方言や、方言にまつわる胸キュンフレーズを覗いてみましょう!

 

可愛い女性の方言の代表例を紹介!

引用: Pixabay

方言といっても沢山あるものです。

ここでは男性なら一度は聞いたこともあり、人気の高い方言をご紹介いたします。

 

①まずは男性から大人気の「博多弁」



引用: Pixabay

博多弁は方言だけでなく言い回し、イントネーションと男性が惚れてしまう胸キュンワードが盛りだくさんです。「明日会うの?よかよ~」「私のことどう思っとっと~?」など甘え言葉も抜群です。

 

②次にご紹介するのは博多弁に続き人気の高い、「京都弁」


引用: Pixabay

京都弁はとにもかくにも、イントネーションがとっても柔らかく刺を感じにくいの良さの理由の一つです。

「何してはるの~?」「ほんま、堪忍ねぇ」など、とても上品に聞こえますよね?品格良く感じてとっても素敵です。

 

③続いては、有名な京都のお隣でもある「大阪弁」

Array

引用: Pixabay

「あんな、めっちゃ好きやねん!」「ほんま?」「一緒にいること誰にも言うたらあかんで?」など、少し強く聞こえてしまう時もあります。

しかし、素直に男性に気持ちをなぜか伝えてくれている感覚になりますよね。このありのままな表現が、気づいたらとっても居心地が良い方言に感じてしまう時があります。

 

④「東北弁」のある東北勢も負けていません

引用: Pixabay

「私のこと、好きって言ってけろ」、「好きだっちゃ」などパッと聞くと、地方特有の方言丸出しのいわゆる「ダサかわ」なのですが、これがまた愛おしく感じます。

男性もとっても親近感が沸いて気づいたら虜に!

 

⑤言語だけ見ると男性の方言に見えてしまう、「広島弁」

Array

引用: Pixabay

広島弁では「じゃけ、あんたのことが好きなんよ?」「じゃろ?」など濁点が入り強くぱっと見えますが、女性が喋ると別の表現に感じてしまうのが不思議な方言です。

個性があるため、記憶にも残るため一度聴いたら男性も忘れることはないでしょう。

 

女性の方言がかわいいのはなぜ?

引用: Pixabay

女性の方言で男性からの人気な方言といえば、すぐ思い浮かぶのは京都弁や博多弁。

「●●君と一緒にいたいんよ、、かまへん??」「~しようと??」など、もう男性は胸がキュンキュンして堪りませんね。

更に普段、方言が出ない女性がついうっかり、地元の人と会った時やお酒を飲んだ時など、ついついぽろっと出てしまう方言のギャップに、男性はもうメロメロ。

急に距離が縮まった感じがして、男性が胸キュンして惚れる理由もわかります。

 

女性の方言がかわいい理由15選!

 

理由①:親近感が沸く!

引用: Pixabay

方言はタメ語よりも更に、親近感が湧きます。特に女性の方言は柔らかい印象を受けますし、距離感が近く男性としては感じられます。

親近感の近い女性はともかくモテます。いつも身近にいるような感覚に男性もなってしまうのでは??親近感が沸くとどんどん男性も女性にはまっていき、気づいたら沢山お話してしまうことも多くなります。

恋愛はお互いとどれだけ時間を過ごすか、色々知れるかも重要な部分ですのでコミュニケーションが取りやすいというのは非常に大きなことかもしれません。

 

理由②:普段とのギャップが堪らない

引用: Pixabay

標準語の場合ですと、敬語からタメ語まで、普段聴き慣れていることもあり、ギャップもなく普通に感じてしまいます。

そんな女性がいきなりぽろっと出てしまう方言が、一気に身近に男性は感じてしまい、胸キュンしてしまいます。

更に、普段ツンツンしている人ほどギャップは大きくなりますので、それはもう惚れてしまいます笑。男性はそんなギャップに弱いものですから、女性の可愛い方言が出た時には例え怒っていた時でも、忘れてつい許してしまうかもしれませんね。

 

理由③:方言がない地域で聞くと新鮮に感じる

引用: Pixabay

東京など、特に都会の地域では方言はあまり使われません。あるとしてもよく聞くのが、関西弁を一部の人が使っている程度。

例えば、九州に住んでいて九州弁で女性と男性が話していても、普段と変わらない会話、フレーズですので男性も可愛いとは感じませんし、胸キュンはしませんよね?

それが都会で方言を聞いた時はどうでしょうか?とても新鮮に感じてしまいます。
普段の生活環境も大きく関係してくるのも理由の1つでしょう。

 

理由④:イントネーションが個性的で可愛い

引用: Pixabay

方言の中には、言葉の言語だけではなくイントネーション。つまり「音」「韻」が存在します。例えば博多弁の場合ですと「~しよっと??」と語尾を上げたりします。

それ以外にも、京都弁では「~してはるの?」など優しいイントネーションだったりします。これはもう男性が惚れるのは致し方ありませんね!

言葉だけでなく、音でも女性の方言は可愛いということがわかります。

 

理由⑤:口調が優しい

引用: Pixabay

女性の方言では、言葉尻なのか音のイントネーションなのか、口調がとても優しく感じます。男性と違いそもそも声が女性の方が高いというのも関係してくると思います。

気づいたら自分にだけ優しくしてくれて、「俺に惚れてるんじゃないの!?」と男性も勘違いしてしまうことも、、?

優しさは母性に繋がりもしますので、男性は本能的に心を許してしまうのかもしれません。

 

理由⑥:隙があるように感じる

引用: Pixabay

方言というものは不思議なもので、女性への親近感がある分なぜか隙があるように感じがちなもの。

というのも、男性は本能的にもオスの狩猟本能や、女性を守るライオンハート的な本能を持っています。相手の方言女子が身近に感じやすい分、きっとより惚れやすく、捕まえたくなるのかもしれませんね。

特に男性は完璧な女性よりも、隙のある女性を好みやすい傾向にあります。遠くの薔薇より近くのタンポポ的な形です。

合コンで完璧な女性よりも、少しおっちょこちょいな子や、頼ってくれる女性がモテやすいのも同じ考えですね。男性は単純なのです。

 

理由⑦:場が和む

引用: Pixabay

方言の言語によっては、特別な方言があったりします。例えば博多弁ですと、「ちかっぱ=(とっても)」、東北弁では沢山ありますが「がおった=疲れた、弱った」などどこの方言でも、ついつい聞き返したくなる言語があります。

そういったフレーズを女子がうっかり出てしまった時には、まわりの男性も女性も笑顔がこぼれて場が和みます。

方言ならではのキャラと親近感の印象が勝手に場の空気を作り上げてくれたりします。本人としてはボケたつもりがないのですが、周りもみんな笑顔でハッピーになるのでしたら、受け入れても良いかもしれないです。

 

理由⑧:都会を感じさせない

引用: Pixabay

東京を中心に都会ではほとんど方言は聞くことはありません。一部関西弁は耳にする程度でしょうか。

そんな中女性の方言、フレーズを聞くとついつい聞き入ってしまいます。

まるで、都会の疲れを落としてくれるかのような気持ちでリラックスした気になります。都会を感じさせない、安心感から徐々に女性に胸キュンしてしまうことも少なくはないはずです。

 

理由⑨:特別感を感じる

引用: Pixabay

世の中何事でも特別というのは限定感を感じて、目を離せなくなるものです。方言では普段方言がない地域では触れることがない言葉ですので、とても特別感を感じます。

特別な言葉、フレーズというものは自然に意識するものです。女性が何の意識もせず方言で話していたとしても、男性側は特別な気持ちになることも少なくないかもしれません。

他にも、普段は通常語なのに地元の友達や、彼氏といるときは急に安心して方言になったりすることがあります、地元が違う彼氏の場合は特別感を感じますよね。ふいにおこる特別感とギャップが男性を更に惚れさせることでしょう。

 

理由⑩:個性的なフレーズがまたいい!

引用: Pixabay

冒頭にもありましたが、方言には特別なフレーズというものが各地域で存在しています。

特に女性の方言は可愛い方言だけでなく、個性的なフレーズをつい使ってしまった場合に、男性側は聴き慣れていなれていないので強く覚えていることがあります。

宮崎弁の「どげんかせんと~」や、北海道弁の「そだねー」などなど沢山ありますね!頭の中で女性の個性的なフレーズが普段の生活からのギャップで残ってしまうのかもしれません。そういった記憶が男性の頭から離れず印象に良い意味で残れるのも良いことです。

 

理由⑪:男性が好きな胸キュンフレーズがたまらない!

引用: Pixabay

方言とイントネーション、そして胸キュンフレーズが合わさるともう男性はメロメロです。

「私のこと好きっと~?」「私、いつもあんたのことを考えとるんよ?」など語尾を伸ばしたり、猫なで声のように言われてしまったらもう堪りませんね!

ついつい、男性はもう一度おねだりしたくなってしまうことでしょう。男性によっても好きな方言フレーズが何かなど、男性同士が集まった時に白熱したことももしかしたらあるかもしれません。そんな男性それぞれに好きな胸キュンフレーズがあるのも、多種多様で方言の良いところです。

 

理由⑫:方言によっては甘えているように感じる

引用: Pixabay

前述の女性からの胸キュンフレーズに紐づくのですが、方言では語尾を上げたり、伸ばしたり言語以外に、「表現」というものがあります。

普通に女性は話しているつもりが、初めて聞いた男性は自分に気があるんじゃないの?!惚れてるんじゃないか?!と勘違いしたくなる感覚をよく持ちます。

それだけ甘え言葉のように感じてしまうのも、女性の可愛らしさを挽きたてる方言の魅力です。

 

理由⑬:地域の文化や豊かな人間関係が方言に詰まっている

引用: Pixabay

方言は各地域から生まれたもの。つまりその地域の文化や人間関係を物語っているようなものです。その地域固有な環境が、方言はもちろんのこと方言を使う女性の性格や心にも影響を与えてきます。

都会を離れて地方に行った時に、女性だけに限らず男性も含めみんな親切で優しく感じるのはそのせいです。

そのため、人間性としても方言を使う女性はより一層中身も魅力的に感じてしまうのかもしれません。

 

理由⑭:方言は人を魅力的に見せることもできる

引用: Pixabay

前述の通り、方言は言葉だけでなく人間性も魅力的に見えてきます。

地方では方言を同じく使っていくことで、その地域に溶け込み自分自身も人間としてより一層魅力を増していきます。方言女子のそんな中身も魅力的な人に男性は惚れてしまうものです。

たまに方言を使わないエリア出身なのに、方言を真似てしまう女子がいるのも一種の憧れからかもしれませんね。それだけ、女性の方言は憧れであり魅力的なのです。

 

理由⑮:女性らしさが増すことも

引用: Pixabay

最後になりますが、男性は結局のところ女性らしい人が好きだったりします。もちろん全員が全員ではありませんが、本能的なところを踏まえると不思議なことではありません。

女性が女性らしく可愛くあることは、何も髪型やネイル、エステによる美容やメイクなどだけではありません。今回ご紹介したように方言も言葉の女性らしさ、可愛らしさを演出する一つだったりもします。

それに加えて地域によっても方言の種類やフレーズの伝わり方が全然異なります。京都のようなはんなりとした上品さ、大阪弁のような真っ直ぐストレートな表現、博多弁のような可愛らしさなど多種多様です。

都会にいると中々気づきにくいですが、旅行でそのエリアに行くと常々普段と触れ合わない分、ギャップが大きくドキドキします。

 

女性は方言を使うべし!

引用: Pixabay

いかがでしたか??女性の方言といっても色々な要素や種類があり、それぞれ良い部分が多くございます。もちろん方言ではなく通常の言葉も良いものです。

ただ普段から聞きなれない言葉という女性の可愛らさ、女性らしさがより男性の胸をキュンキュンさせることは間違いなし!

方言つかってほしい!という男性も多いはずです。ただあくまで方言は一つの手段、きちんとその女性の人間性だったりを向き合っていくことが男性は大事です。

しっかりと言葉のコミュニケーションを男女共にとっていきましょう!

人気の記事