シスコン男性の特徴10選!姉妹好き男子の心理・恋愛傾向・見分け方とは?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

シスコン男性は現実にいるの?

引用: Pixabay

あなたの周辺には「姉」や「妹」といった姉妹らに執着している男性はいらっしゃいませんか?

もしくはお付き合いしている男性がそのような状態にあるという女性はいらっしゃいませんか?「シスコン」と聞いて曰く感を拭えないのはどなたも同じなのかもしれません。

また、女性の中には「マザコンは絶対にダメだけどシスコンはもっと嫌」という方が多くいらっしゃった事はご存知でしたか?たしかに女性目線から見れば兄や弟が実の姉や妹に執着する事はなんだか気持ちの悪い事。

勿論、この世には素晴らしい兄妹愛や姉弟愛が存在しておりますので全てを否定するつもりはございません。

しかし「愛情表現」にも限度があり行き過ぎた感情においては、お付き合いしている女性たちにとってはなんとも複雑な心境に・・・。実際にシスコン彼氏をお持ちの女性からはお嘆きの声が多くあがっていて・・・

「私の存在って何?」「姉や妹よりも下なの?」「姉や妹と結婚すればいいじゃん」などなど複雑な声が上がっているのが現状だったのです。

そんなシスコン彼氏を野放しにしておくと最悪ふたりの関係にも深い溝が出来ることは容易に想像することができたのでしょう。

今回の記事では「浮気じゃないから責めもできない、だけどすごく悔しくて・・・」とシスコン彼氏に嘆く女性たちを救うべく、シスコン彼氏の特徴や心理状態や恋愛傾向、またその対処法についてどこよりも詳しく解説します!

 

シスコンとは?



引用: Pixabay

シスコンとは「シスターコンプレックス」の略になります。

シスコンの言葉の意味ですが、フェチズムの一種で「女きょうだい=女姉妹」への強い執着や愛着になり、女性からは非常に嫌悪されている言葉でもありました。

つまり、よくいえば「深い兄妹愛」、悪くいえば「姉や妹離れできない男きょうだい」なのでしょう。

女性の中には「浮気される方がまだマシ」という女性もいるようでシスコン男性を彼氏にもつ女性にとり非常に悩ましい問題でもあったわけなのです。

 

シスコン男性の特徴を解説!


引用: Pixabay

シスコン男性の特徴を解説する前に・・・・

近年においても「経済的事情」から共働きを余儀なくされるご夫婦は多いもの。その影響から「子どもたちだけでお留守番」という状況は決して珍しことではありませんでした。

幸い、手軽に食べ物を購入できるコンビニの普及により親は安心して子どもをおいて働きに行くことができます。また、そのような環境に多くの子どもたちが慣らされている現状でもあるのでしょう。

したがって、それらの背景から「きょうだい同士が密」になるのは自然な流れでもあったわけなのです。また、話しは若干ズレますが「双子姉妹」という切っても切れない運命共同体にある女性らの多くは「姉(妹)が結婚しないので私もしない」と「彼氏はおろか異性に対しての執着が薄い方」は珍しくなかったようなのです。

よって、知らず知らずのうちに「兄や妹」または「姉や弟」、もしくは上記のような双子姉妹が過剰なまでに仲良しになることは特別不思議なことでもなかったわけなのでしょう。

ですが、やはり「やっとめぐり合えた王子様」が、彼女をかえりみず自分の姉や妹に執着するシスコン男性であれば・・・

たしかに彼女にとって頭を抱える問題である事には間違いなかったのかもしれません。

 

シスコン男性の特徴10選!

引用: Pixabay

では、これからそんなシスコン男性の特徴を10個解説させていただきます。

あなたの彼氏にいくつあてはまるのか?早速「ジャッジ開始」といたしましょう!

 

【1】口を開けば姉や妹の話ばかり

Array

引用: Pixabay

シスコン男性の特徴~その①「口を開けば姉や妹の話ばかり」

シスコンの男性において実姉や実妹の話を持ち出すこと自体がステイタスなのかもしれません。勿論、意識的ではなく単に姉や妹が好きだからです。

しかし、なにかについて「実姉や実妹」の話をしたがる男性を彼氏に持つ女性にとれば正直「だからなに?」と言いたくなっても仕方がなかったのでしょう。

 

【2】姉妹と過剰なまでのメール交流

引用: Pixabay

シスコン男性の特徴~その②「姉妹と過剰なまでのメール交流」

シスコン男性は基本「マメマメしい」方が多いのでしょう。特に、その性格が丸出しになるのが「メール返信」。

「いつもいつも誰にメールしてるの?」と思いきや、実はその相手が「愛しい姉妹」だったというシスコン男性の話はよくあることでした。

私のときにはメッチャ返信遅いのにさっ!」そんな彼女の嘆きが聞こえてきそうなシチューエーション、あなたにも身に覚えはありませんか?

 

【3】姉妹が大好き

Array

引用: Pixabay

シスコン男性の特徴~その③「姉妹が大好き」

シスコン男性において我が姉妹は同じ時間を共有してきた「戦友」でもありました。幼い頃から寝食を共にし全ての感情を分かちあって生きてきたからこそ見出すことのできた価値観。

そのような戦友でもある姉妹が何かしら窮地に立たされたりした場合、心配で心配で仕方がなくなるシスコン男性なのでした。

自分がなんとかしてやらねば!」と正義感に駆り立てられることはシスコン男性にとり当たり前の価値観だったのです。したがって全くもって自然なことだといえるのでしょう。

デート中でもお構いなし、姉妹から連絡があれば迷わずすっ飛んで行くのがシスコン彼氏の行動力の凄さでもあったわけでした。

 

【4】姉妹と彼女の明確な格差

引用: Pixabay

シスコン男性の特徴~その④「姉妹と彼女の明確な格差」

普段から姉妹と仲良しなシスコン男性は、当然のごとく姉妹からバレンタインチョコをもらうのでしょう。勿論、彼女からももらうわけでした。

しかし、シスコン男性の特異なところはここに!それは彼女よりも真っ先に姉妹へホワイトデーのお返しをすることにあったからでした。

しかも、何の躊躇いもなく姉妹と彼女へのお返しに差を付けるシスコン男性だからビックリ仰天!「あれ?私のはこれで姉妹にはあれ?」お返しの品を見た瞬間、悟った彼女はシスコン男性である彼氏に「沸沸と怒りがこみ上げてくる」のは当然のことなのでしょう。

ホワイトデーに限らず、お誕生日プレゼントも同様の行為をするシスコン彼氏に悩む女性はいっぱいいらっしゃったのです。

 

【5】彼女はいつも蚊帳の外

引用: Pixabay

シスコン男性の特徴~その⑤「彼女はいつも蚊帳の外」と、いうことで基本「彼女は蚊帳の外」におくことが多いシスコン男性。

「彼氏がほしい」とお考えの女性にお願いしたいことが2点あります。それは

  • 姉妹と仲が良すぎる男性
  • 家族の団結力が尋常でない

このようなご家庭で育った男性とお付き合いをする場合は「ある程度の覚悟」を持っておくことが必要になるのでしょう。

基本、姉妹や家族には律儀に「彼女の情報」を伝えるシスコン男性。勿論、姉妹と仲の良い男性全てがシスコンだとは限りません。ただ、そのような傾向が強いということだけはご理解いただけると幸いでございます。

いずれにせよ、交際から結婚まで発展する過程において彼女にとっては「姉妹」との関わりは絶対に避けられないことであったわけでした。

【6】姉妹のご機嫌とりができない彼女に不満

引用: Pixabay

シスコン男性の特徴~その⑥「姉妹のご機嫌とりができない彼女に不満」

シスコン男性にとり「姉妹は女性の鏡」ともいえる存在になるのでしょう。シスコン男性に姉がいればその傾向はより強力に。妹の場合だと「いじらしさ」から逆に彼女に妹の世話を頼んだりするシスコン男性もいらっしゃるようでした。

兎にも角にも、どちらにしても大切な姉妹とのコミュニケーションを嫌がるような女性は「彼女」としてしっくりこないのがシスコン男性というものなのでしょう。

シスコン彼氏との恋を成熟させるためには「シスコン彼氏を上手く操縦」するテクニックを習得する以外方法はないといえるのかもしれません。

 

【7】なによりも姉妹が一番

引用: Pixabay

シスコン男性の特徴~その⑦「なによりも姉妹が一番」

と、いうことでシスコン男性にとり「一番は姉妹」で「二番が彼女」であることはごくごく普通のことなので適当にスルーするのが賢明と言えるのでしょう。いちいち「角」を立てていたら彼女の神経はすり減るばかりだからです。

シスコン男性の長所を上手く活かせば案外ストレスなくクリアすることが可能になるのかもしれません。方法については「最終章」で解説させていただきます。

 

【8】姉妹との共依存

引用: Pixabay

シスコン男性の特徴~その⑧「姉妹との共依存」

絶対的に100%いい切れるわけではありません。ただ、姉妹にやたら「依存」している傾向にある男性がいらっしゃるのは確かなようです。

したがって、女性のきょうだいの中で育った男の子には「ありがちなパターン」であることには間違いなかったのかもしれません。また、世話焼きな姉や妹に世話を焼かれるな中で育まれた「依存心」についてですが意外にも「自身の結婚を機に消失」する場合もあるようでした。

要は「彼女=奥さん」次第ということみたいですね。

 

【9】意思決定を姉妹に委ねる

引用: Pixabay

シスコン男性の特徴~⑨「意思決定を姉妹に委ねる」

何をするにしても「姉妹にお伺い」を立てながら事を進めようとするシスコン男性。自分の考えだけでは心持たないのかもしれないのでしょう。

しかし、いちいち姉妹に相談したりすることは彼女にとり「不快極まりない」ことでもあるのでした。「私がいるのになぜ?」そのように、シスコン男性の彼氏に不満を抱いてしまうのは彼女の心理として当たり前のことだったのでしょう。彼女が面白くなくて当然なのです。

 

【10】姉妹関係を除けばいたって普通なシスコン男性

引用: Pixabay

シスコン男性の特徴~⑩「姉妹関係を除けばいたって普通なシスコン男性」

シスコン男性の彼氏だって「健全な男」。彼女とキスもすればハグもするのでしょう。

また、気持ちのよいセックスをしたりとシスコン男性はいたって普通の交際経路を辿っていたわけでした。ただし「姉妹という壁」を除けば。セックス中も彼女の中に「姉妹」がチラつきはじめ集中することが厳しくなっていくのでしょう。

この人、私に姉妹を重ねながらイッてたりして?」そのような疑いがある限り「彼女が歓喜に満ちたセックス」に身を投じることは不可能に近いといえるのかもしれません。

 

シスコン(姉妹愛)男性の見分け方とは?

引用: Pixabay

では、次にそのような目に遭わないために「シスコン男性の見分け方」について解説!

「シスコンの見分け方ってどうすればいいの?」そのように悩んでいる女性のためにシスコン特有の見分け方についてご紹介させていただきます。

勿論、現在進行形である女性にもためになる情報が含まれておりますので、是非シスコン男性の見分け方をご覧になり参考にしていただければ幸いでございます。

 

【1】何事も姉や妹が基準

引用: Pixabay

シスコン男性の見分け方~その①「何事も姉や姉妹が基準」

シスコン男性は、自身の悩み事においても彼女より先に「姉妹に相談」を持ちかけることは当たり前だったのです。その背景には、幼少期からの密接なきょうだい関係が影響していたものと思われます。

絶対的な立場である「姉」だとなおさらでした。また、社会人になってまでも「姉妹のパシリ」をしているようであれば要注意なのでしょう。

単に気軽く受けているだけなのか、もしくは姉妹愛からきているものなのか?見分け方が難しいところなのですが、そこは女性ならではの直感を信じていただければと思います。

 

【2】姉や妹の心理に敏感

引用: Pixabay

シスコン男性の見分け方~「姉や妹の心理に敏感」

基本、細やかで気の優しいシスコン男性は「姉妹」の心理には大変敏感でした。「何か辛いことでもあったのか?」些細な表情からも心情を汲み取ることに長けている真面目なシスコン男性なのでした。

場合によれば「彼女とのデート中」でも姉妹に何かあればデートそっちのけ。彼女をおいてすっ飛んで行くなどは朝飯前だったのです。これについては見分け方云々の前にまずは彼女への完全なルール違反といえるのでしょう。

 

【3】姉や妹の悪口が許せない

引用: Pixabay

シスコン男性の見分け方~その③「姉や妹の悪口が許せない」

彼女がシスコン男性である彼氏に少しでも「姉妹に否定的」な言動を行えば・・・間髪入れずに彼氏から物申してくるのは当然なことだったのです。

彼氏のタイプによれば、怒りを買って面倒な話にもなる可能性があるので言葉には気をつけましょう。

 

【4】姉妹に対する依存性

引用: Pixabay

シスコン男性の見分け方~その④「姉妹に対する依存性」

いわゆる「マザコン」も大変なのですが、それに輪をかけて面倒なのが「シスコン」になります。理由は「年齢が近い」ということもあったからでした。

母親には言えない悩みごとも年の近い姉妹には言いやすいものです。ことあるごとに姉妹に相談を持ちかけるようであればシスコンと思っても間違いないのでしょう。

 

【5】常に彼女と姉妹を比較

引用: Pixabay

シスコン男性の見分け方~その⑤「常に彼女と姉妹を比較」

これにおいては彼女にとり、彼氏がシスコンでなくても「許せない」ことになるのでしょう。「容姿」「ファッション」「メイク」「所作」「料理」どれをとっても彼女からすれば「誰とも比較されたくはない」ことだからでした。

しかし、そんな彼女にお構いなしに「うちの姉は・・」「うちの妹は・・」などと様々な事柄において「比較=ダメだし」してくるシスコン彼氏に泣いた彼女はいっぱいいらっしゃったようです。

私は私は!あなたの姉でもなければ妹でもないんだよ!」と彼女の心は嵐に。逆に彼女が「ブラコン」で兄や弟と比べられて不快な想いをした彼氏もいらっしゃったのです。

なので、もし「姉妹と比較」されてしまったら、自身に兄や弟がいらっしゃる彼女だったら「同じように比較」してあげればいいのです。

意見するよりも「実行」に移して同じ想いを味あわせるのが一番の早道なのでしょう。

 

シスコン男性の心理状態とは?

 

【1】女心を熟知

引用: Pixabay

シスコン男性の心理状態~その①「女心を熟知」

オンナきょうだいに囲まれて生きてきたシスコン男性は、オンナ以上にオンナらしい面々があったのです。

「コスメ」「ダイエット」「おしゃれ」などなど、時には姉妹のアドバイスをしたり彼女がドン引きするほどオンナ心を知り尽くしていたシスコン彼氏。いらぬお世話といいたくなる彼女への「イケていないところも手直しを入れようとする」お節介。

シスコン彼氏においてブチ切れ寸前になったという彼女は多くいらっしゃったようでした。

 

【2】面倒見がよい

引用: Pixabay

シスコン男性の心理状態~その②「面倒見がよい」

姉妹に依存しているシスコン男性は、何事においても「姉妹優先」であるためおのずと献身的になり面倒見がよくなってしまうわけであります。

そこには「シッカリと面倒をみる=自分という存在のアピール」をするための価値観が含まれていたのかもしれません。

 

【3】気が利きすぎ

引用: Pixabay

シスコン男性の心理状態~その③「気が利きすぎ」

姉妹というきょうだい関係のもとでおのずと培われることとなった気遣い。女性の本性を知り尽くしているシスコン男性ならではの生きる知恵でもあったのでしょう。

姉妹に対して強烈な愛情や執着、恐怖など様々な想いを抱えながら成長してきたシスコン男性ならではといったところなのです。

 

【4】一番の理解者は姉妹

引用: Pixabay

シスコン男性の心理状態~その④「一番の理解者は姉妹」

自分でなんでも決める事がどちらかというと苦手なシスコン男性は、聞けばいろいろと導いてくれる姉妹へ愛着を深める事はいたって普通の事だったのです。

その事からシスコン男性がおのずと姉妹を一番の理解者だと考えるのはナンセンスなことでもなんでもなかったのかもしれません。ただ彼女には理解しがたい事ではあるのですが。

 

【5】他人から姉妹をほめられるとデレデレに

引用: Pixabay

シスコン男性の心理状態~その⑤「他人から姉妹をほめられるとデレデレに」

シスコン男性は客観的に愛する姉妹をほめられると非常に喜ぶ傾向にありました。自己肯定感もアップして、ある意味シスコン男性にとってのステイタスでもあったのです。

とかく自分の友人に「綺麗だよね」などとほめられる事は最高のごちそうでもあったのでした。

 

シスコン男性の恋愛傾向は?

引用: Pixabay

では、これからシスコン男性の恋愛傾向に付いて見ていきましょう。

姉妹に心を支配されているシスコン男性の恋愛傾向とは一体どうのようなものなのか?ノーマルな恋愛傾向にあるのか?果たしてアブノーマルなのか?

シスコン男性の恋愛傾向についてジックリと掘り下げてまいりますのでご覧ください。

 

【1】姉妹似の女性に目がいく

引用: Pixabay

シスコン男性の恋愛傾向~その①「姉妹似の女性に目がいく」

考えたくもないことなのですが、姉妹を崇拝するシスコン男性はどうしても自分の姉妹に似通った異性を求めてしまうことが多かったのです。

なんで、そんなに姉妹が気になるの?」彼女の心の叫びが聞こえてきそうですが、それにおいてシスコン男性自身は一切悪気のないことなのでした。

「洗脳というの恐怖」を改めて感じさせられた彼女なのかもしれません。

 

【2】姉妹が認めた女性でないとダメ

引用: Pixabay

シスコン男性の恋愛傾向~その②「姉妹が認めた女性でないとダメ」

シスコンの恋愛傾向の多くにある姉妹への承認欲求。姉妹から常に認められたいシスコン男性は、好きな女性においても姉妹が納得しない女性でないと不安に感じるようでした。

しかし、彼女からすれば納得のいかないことなのでしょう。また、シスコン男性の不安は「態度の端々に出ている」ため、容易にその不安に気がつくことが出来るのも特徴でありました。

姉妹から必要とされたい想いからそのような屈折した承認欲求へと変わってしまったものと思われます。ですが彼女からすれば結果的にただの迷惑な話に過ぎなかったのでした。

 

【3】姉妹に従順な女性でないとダメ

引用: Pixabay

シスコン男性の恋愛傾向~その③「姉妹に従順な女性でないと不安」

これも承認欲求の延長線上にある不安な気持ちといえるのでしょう。いくら好きな彼女と言えど、姉妹と仲良くできない女性であれば「関係継続が厳しい」と考えるのがシスコン男性特有の恋愛傾向だったからです。

なぜなら姉妹に認められて初めて、その「恋愛」に価値観を見い出すことができたからでした。

 

シスコン男性まとめ!

引用: Pixabay

あなたの愛する男性が完全にシスコン・もしくはシスコンの疑いありのいずれにしても、あなたにとって複雑なことであるのには間違いないのでしょう。

カップルや夫婦においては「もともとは真っ赤な他人」。「血を分けた姉妹」に太刀打ちできない部分があって当然なのでした。人にはもともとの生まれ育った環境というものがあります。

シスコン男性やシスコン化させてしまったであろう姉妹については、もしかしたら「純粋なきようだい愛」だけの可能性もあるわけなのです。

したがって「お世話焼きな姉妹」と「姉妹を思う彼氏」を「シスコン」の一言で片付けるのはたしかに線引きという観点から見ると大変難しいことともいうるのでしょう。もしかしたら、あなたが彼氏を好きすぎて単に「嫉妬」していることも考えられたからです。

一般的にシスコンと言われる男性は、気持ちが優しく繊細で、かつ家族想いな方が多いように思えます。それを返せば、もしあなたと結婚して家庭を持ち子供が生まれれば「大変な子煩悩パパ」になる可能性も大なのでした。

なので、あなた自身が寛容な気持ちで彼氏を見守ってあげれるくらいになると、さらに状況は変わってくるのかも。現に「シスコン」から抜け出そうと意識改革をしているシスコン男性はいっぱいいらっしゃるのです。

なので、シスコン彼氏だと気がついても「猛反発」することは控えて、彼氏にうんとわがままをいってあなたの方に意識が行くように努めましょう。すると、今まで口から出ていた「姉妹ネタ」が減ってきていることに気がつけるはず。

あなたの寛容な心で「脱!シスコン」することが可能になりますので是非、あなた方の未来のためにもまずは「寂しがりやな彼氏を気長く見守ること」をおすすめいたします。

勿論、どうしても無理なら「サッパリとするのもよし!」なのでしょう。あなたのご健闘心よりお祈り申し上げます。

人気の記事