サシ飲みの誘い方15選!LINEやメールで異性を誘うための理由やきっかけまとめ

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

必ず釣れるサシ飲みの誘い方とは?

引用: PAKUTASO

異性と2人でサシ飲みをする、それが嫌いな男性はあまりいないでしょう。2人だけの飲食は楽しいですし、秘密めいています。気になる異性の性格や環境など詳しいことが知れるチャンスですし、もしかしたら真剣交際に発展するかもしれません。

更には、サシ飲みの後すぐにホテルに行くことも出来るかもしれないのです!大きな期待をもってワクワクしてしまうのは、仕方ないことでしょう。

しかし、女性は基本的に慎重で現実的な人が多いですし、ホイホイと釣られてくれるわけではありません。

女性の誘い方には、コツがあります。ではどんな誘い方であれば、異性がサシ飲みについてきてくれるでしょうか?今回は、LINEやメール、対面など、それぞれのシチュエーションでどんな誘い方をすべきかを紹介していきます。

 

女性はサシ飲みに誘われると警戒するもの!


引用: Pixabay

一般的には、2人で差し向って飲むというのは緊張することです。相手がどうして自分を誘ってくれたのか、女性側は必死で考えるでしょう。

普段から仲が良く、ランチなども2人で食べたことがある仲ならそんなに気にしないかもしれませんが、やはり女性側も今夜サシ飲みにいけば2人の仲がどうなるか・・・と考えているのです。

女性は2人きりの飲みに誘われると、警戒するものだ、と知っておきましょう。その上で彼女のガードを緩くし、一緒に飲みにいけるような理由・きっかけ・誘い文句が必要なのです。

では、対面・LINE・メールの順で、異性への誘い方やきっかけ・理由を紹介していきましょう。

 

サシ飲みの効果的な誘い方5選【対面編】

引用: Pixabay

異性へのサシ飲みの効果的な誘い方、まずは対面編からです。目の前に誘いたいと考える異性が立っていて、話すきっかけがあるとします。これはチャンス!とサシ飲みに誘うのは、どうすればいいでしょうか。

仕える理由やきっかけ作りも確認してください。

 

【サシ飲みの効果的な誘い方・対面編1】飲みではなく食事に誘う


引用: Pixabay

「飲む」イコール、「アルコールがメインの大人の世界」と思うのが自然なことです。そのため酔っぱらうと考えてその後の展開を想像した時、多くの女性は「それはちょっと・・・」としり込みしてしまうものです。

しかし、大人であれば美味しい食事をしている時にワインや日本酒、ビールなどがお供になるのは普通のことでしょう。ですから敢えて、お酒を飲むという言い方をしなければよいのです。

「2人だけで飲みに行こう」ではなく、「2人でご飯を食べに行こう」にしてみてください。特に対面であれば、にっこりと笑ってそういうことで、夜のイメージではなく昼の、爽やかなイメージを相手は抱きます。

食事なら・・・とOKされる確率が増えますので、結局のところ異性とのサシ飲みであったとしても、あくまでも誘い方としてはお酒は封印し、食事でもどうですか?という風にいってください。

 

【サシ飲みの効果的な誘い方・対面編2】仕事帰りに誘う

Array

引用: Pixabay

仕事が終われば、通常晩御飯を食べるという計画にうつります。自宅で食べる人、友達と遊びながら食べる人、デートに行く人など色々とシチュエーションは別れますが、多くの人は仕事が終わったら晩御飯のことを考えながら帰途につきます。

ですので、誘い方としては帰り道にさりげなく「晩御飯食べた?一緒にどお?」という感じでいってください。

やましいことはないですよ、仕事帰りでこれから晩御飯食べるんだから、どうせなら一緒にどうかと思って、という感じで気軽に明るく聞いてみましょう。

あっけらかんと誘うこと、きっかけが自然なことで、異性も警戒心を持たず「じゃあ・・・」とついてきてくれる可能性が高くなります。

 

【サシ飲みの効果的な誘い方・対面編3】一人では行き辛いことをアピールする

引用: Pixabay

どこかの店へ2人で行くには理由やきっかけがいるものです。誕生日、記念日、テレビで特集された店、人から勧められた店という風にです。

サシ飲みへの誘い方では、その「理由」を使うのも方法です。

行く予定の店がちょっと高級でセンスよく輝いているため、自分1人では入りにくい、という場合を装い、「1人ではいきにくいから、ついてきてくれない?」という誘い方です。

そこには決して君の体や、これからの付き合いを期待するものではありません、というニュアンスがこめられますので、相手も安心するのです。

 

【サシ飲みの効果的な誘い方・対面編4】奢るよの一言をつける

Array

引用: Pixabay

女性の中には、多少の好意はあるけれど彼氏になるとかそんなんじゃない、という思いを持っている男性と食事に行くとき、とりあえず相手の奢りであるかが重要、という人もいます。

ただで美味しいごはんが食べられるのであれば、勿論OKするよ、ということです。非常に冷たいようですが、女性は現実的な人が多いので、よくある現象です。

当然嫌いな相手なら奢られてもいかないでしょうから、OKをした時点であなたのことを嫌ってはいないはずです。最初はご飯のご馳走で釣って、その後で仲良くなれるように努力していきましょう。

 

【サシ飲みの効果的な誘い方・対面編5】悩み事の相談を理由にする

引用: Pixabay

異性へのサシ飲みの誘い方で悩む人が、最も多く選択する理由・きっかけは、「悩み事の相談をしたい」でしょう。特に対面であれば深刻そうな、困っている表情をつくることが出来、相手の女性も同情心が生まれます。

また、悩み事に乗ることがイコールでデートとはならない場合が多いため、さほど警戒もされずにOKをくれるでしょう。

ただし、本当にある程度の悩み事は用意しておきましょう。でなければ、わざわざ時間を作ってきたのにアレは嘘だったの!?と信頼を失うことになりかねません。

 

サシ飲みの効果的な誘い方10選【LINE編】

引用: Pixabay

日本では大人気のコミュニケーションツールであるLINEですが、スマホのLINEを使ってサシ飲みに異性を誘いたい場合、どのような誘い方があるでしょうか。

LINEを使っての具体的な理由やきっかけを使った誘い方を、順番に紹介していきます。これは使える!と思うものがあれば、行動に移してみましょう。

 

【サシ飲みの効果的な誘い方・LINE編1】会話の流れを利用する

引用: Pixabay

LINEはコミュニケーションツールですから、利用しているのであればそこには当然会話があるでしょう。

例えば何かの会話をしている時に、「この話盛り上がる!もっと話したいから、来週でも2人でご飯いかない?」という風に書いてみてください。

ポイントは、ここでも「ご飯」と書くのであって、「飲み」とは書かないことです。そしてあくまでも君とこのことについて話したいんだ、ということを強調していることでしょう。

異性もこれなら受けやすくなりますし、理由やきっかけが自然なのでノリでOKがもらえることも多いです。

 

【サシ飲みの効果的な誘い方・LINE編2】好きな店を理由にして誘う

引用: Pixabay

相手の異性が好きな料理、好きな店が分かっているのであれば、「久しぶりに〇〇の店行きたいな~。〇〇が食べたい!一緒にどお?」という誘い方があります。

具体的な店名、具体的な料理名を出すことで彼女の頭の中、口の中はその味が広がっていっぱいになりますから、喜んで返事がもらえることが多いでしょう。

サシ飲みという結果にはなるけれど、店を主役の理由やきっかけにしてしまい、そこを意識させないことが大切です。

 

【サシ飲みの効果的な誘い方・LINE編3】ノリで誘う

引用: Pixabay

LINEやメールを使う時、顔文字やスタンプ、語尾などに気を付けないと、不機嫌であると思われることがよくあります。相手に気を遣わせてから、いやいや、不機嫌じゃないよ!と弁解することもあるでしょう。

ですからLINEやメールを使う時にはノリよく話そうとする男性は多いです。理由やきっかけがない場合、その勢いでノリで誘ってみるのも良いでしょう。

「そういえば、新しい店が良さげだった!一緒に行かない?」という感じで書いてみてください。そこで相手に「2人ちょっとなー。〇〇さんも誘う?」と警戒する返事がきたら、一度は流れに身を任せて複数での飲み会にすることも必要です。

 

【サシ飲みの効果的な誘い方・LINE編4】適度にスタンプを使う

引用: Pixabay

LINEやメールではどうしても文字だけですので、雰囲気を感じ取れず機嫌が分かりにくくなってしまいます。

特に男性の文章は単語のみやストレートなものが多いので、女性にとっては機嫌がわかりにくいものなのです。

ですから、誘う時にも適度にスタンプを使いましょう。空気を和らげ、明るく誠実な雰囲気を醸し出すためにスタンプを利用するのです。

そこからサシ飲みの話へとうつっていくようにしてください。

 

【サシ飲みの効果的な誘い方・LINE編5】相手のペースに合わせる

引用: Pixabay

相手のペースに合わせるというのは、例えば彼女が返事に大体3時間、もしくは半日ほど時間がかかっているにも関わらず、こちらが即読ですぐ返信では嫌がられてしまうことがあるからです。

LINEはメールと違って、相手が読んだかどうかがすぐにわかってしまいます。

しかしチャットではありませんので、すぐ返信が来ない人には相手のペースに合わせてこちらも時間を置くようにしましょう。

 

【サシ飲みの効果的な誘い方・LINE編6】選択肢を少なくする

引用: Pixabay

効果的な誘い方としては、選択肢をあまりぼやかさない、多くしないことです。

例えば「今度飲みに行かない?」では、その今度は永遠に来ません。そうではなく、「次の土曜日か日曜日、予定がないしこの前の話もしたいから、たまには2人でどちらかの日に飲みにいかない?」という風にしましょう。

すると相手は土日のどちらかを選択しないといけないような気になり、既に行くこと前提でスケジュールを確認します。

女性があなたをよっぽど嫌いでない限り、予定が空いていれば良い返事をくれるでしょう。

 

【サシ飲みの効果的な誘い方・LINE編7】返信は遅めにする

引用: Pixabay

相手のペースに合わせて返信をする、と前に書いていますが、それと同時にこちらの返信は少々遅めにするのがLINEで上手な対処です。

女性は追いかけられることが好きな人も多いですが、さほど恋愛対象でなかった人から追いかけられることは恐怖に感じる人も多いです。

時間を遅らせ、ガツガツと狙っていることを知らせなければ、あちらが「どうなったかな」と気にしてくれるようになります。

 

【サシ飲みの効果的な誘い方・LINE編8】お礼を理由にして強調する

引用: Pixabay

サシ飲みに行きたいけれど、通常の誘い方では断られる気がする、という方は、「お礼」という理由を強調する誘い方があります。

何か小さなことでもいいので彼女に世話になったことがあれば、それをLINEで触れ、「お礼をしたいから、2人で食事でもどうかな?」と誘ってみましょう。

何かのお礼を食事で返す人は多いですので、異性との食事と思っても受けやすくなります。

 

【サシ飲みの効果的な誘い方・LINE編9】飲み後の予定を伝える

引用: Pixabay

女性が気にして躊躇するのは、サシ飲みをした後の展開を考えるからです。気になる子がいるけれど恐らくまだ警戒されている、まずはデートで様子を見たい、という場合には、こんな誘い方があります。

「来週〇〇(店名)に2人で行かない?俺はその後予定があるから11時には解散になるけど、たまには美味しいものでも食べようよ」といった感じです。

サシ飲みの後の予定、展開をLINEで最初から言うことで、相手を安心させることが出来ます。この場合、11時には解散だからホテルへいってどうこうとはならないよね、と女性も思えるわけです。

 

【サシ飲みの効果的な誘い方・LINE編10】臨時収入を理由にする

引用: Pixabay

好意を持っているけれど中々相手が心を開いてくれない、と感じている場合、その女性とサシ飲みをするにはお金の力を借りましょう。

まずはLINEで「臨時収入が入った!」ということを告げます。これがきっかけです。相手が会話にのってきたら、「そんなに多くはないんだけど、食事くらいならご馳走できるよ!」と続けてみましょう。

奢りとわかっていて友達も、と言い出す人はあまりいませんから、必然的に2人での食事となり、お酒が入ればサシ飲みとなります。

 

サシ飲みの効果的な誘い方5選【メール編】

引用: Pixabay

では、続いてサシ飲みの効果的な誘い方、メール編です。

メールではLINEと重なることが多いので、誘い方と共にこれはNGだ、という具体例も紹介していきます。

 

 

【サシ飲みの効果的な誘い方とNG例・メール編1】具体的な場所も提示する

引用: Pixabay

メールを使ってサシ飲みに行きたいと思う場合、メールならではの利点を利用した誘い方をしましょう。

それは例えば、店のURLやアドレスなどを文章に添付できることです。「来週あたり空いている日があれば、2人でここに行かない?」と文章をかいてURLなどをのせれば、相手はそれを自分の目で確認でき、イメージがわきやすくなります。

こんな店なら行きたい!と思わせるきっかけになれば、サシ飲みはかなったも同然です。

 

【サシ飲みの効果的な誘い方とNG例・メール編2】ストレートに勝負

引用: Pixabay

メールで女性を誘うのであれば、理由やきっかけがない場合にはストレートに言うことも大切です。

文章は簡潔かつ短く、が好印象となります。「2人で飲みにいきませんか?」とストレートに尋ねることで、相手の気持ちを知ることが出来ます。

もし断られても目の前にいるわけではありませんので、存分にガッカリして、悲しみを発散させましょう。目の前で表情を取り繕う必要はありませんし、感情を表現していいのです。

ただし、ストレートに誘う時には、既に相手の異性とある程度仲良くなっていることが必要です。

 

【サシ飲みの効果的な誘い方とNG例・メール編3】楽しい雰囲気を伝える

引用: Pixabay

上手な誘い方としては、文面で楽しいこと、スペシャルなことの雰囲気を伝えるようにすることでしょう。相手が文章を読んで「いいなあ!」と思ってくれれば、誘いにのりやすくなります。

文章が命のメールですので、しっかりと誘い方の文章は考えましょう。

 

【サシ飲みの効果的な誘い方とNG例・メール編4】暗いのはNG

引用: PAKUTASO

楽しい雰囲気やイメージを伝えることが大切なので、暗いと思われるメールの文章はNGです。

「最近はどう?元気しているかな?食事にいかないかな、と思ったけど・・・君はきっと忙しいだろうね」みたいな文章であれば、読んだ方はイラっとすることはあれど、楽しい気分にはならないでしょう。

一緒にいたら楽しいかも、と思わせる文章でサシ飲みは誘いましょう。

 

【サシ飲みの効果的な誘い方とNG例・メール編5】キザになっていないか気を付ける

引用: PAKUTASO

メールの文章は必ず自分でも読み返しましょう。例えば、自分に酔ったようなキザな文章は女性に引かれてしまうことが多いです。

「僕のハートに火をつけた君と、2人で飲みに行きたいな!是非美味しい食事をご馳走させてくれないか?」

このようなメールを貰って喜ぶ女性はいません。既に付き合っていて、ラブラブなカップルであれば別ですが、これから仲良くなりたいと思っている異性にこのようなキザなメールはしないように気を付けましょう。

 

サシ飲みを成功させよう!

引用: photoAC

男性が気になる女性と飲みに行きたい、と思った時、どのような理由・きっかけでどのように誘えば色良い返事がもらえるかの、サシ飲みでの誘い方を紹介してきました。

上手な誘い方は、とにかく「サシ飲み」であることを気づかせない、そこに重点を置かない誘い方です。食事に行く理由やきっかけとして、食事や店、相談事やお礼など、他のものを主役におき、あくまでもその過程で2人で飲むことになったのだ、という演出をすることが大切です。

警戒はしますが、多くの女性は男性から誘ってもらうことを喜びます。スマートなサシ飲みへの誘い方で、意中の女性をゲットしましょう。

人気の記事