飲み会で彼氏が嫉妬した時の対処法20選!気にせず楽しむ方法は?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

飲み会で彼氏を気にせず楽しみたい!

引用: PAKUTASO

飲み会に行きたい!思う存分楽しみたい!彼氏がいたって飲み会に行きたい!

けれど、飲み会に行くと彼氏が嫉妬したり束縛をしてきてちょっとうざい…

そんなことで悩んでいる方、良い対処法や言い訳を探している方はいませんか?

 

飲み会で彼氏が嫉妬する原因は?

引用: PAKUTASO

嫉妬するのは好きだから、なんて言いますよね。しかしこちらとしてはただ友達との飲み会を楽しみたいだけなのに、いちいち嫉妬や束縛をされていたらうざいと感じてしまうはずですし、嫌になってしまいますよね。

最初のうちはかわいく思えたり、愛されていると実感できたりと気分上々になる人もいるかもしれませんが、度がすぎる嫉妬は途端にうざいと感じてしまうと思います。

 

彼氏が心配してることは?


引用: PAKUTASO

飲み会に行った彼女を嫉妬したり束縛する彼氏の心理は、『他の男のことを好きになってしまうのではないか』や『自分に対する自信のなさ』から生まれがちです。

要は彼氏は『あなたが浮気してしまうのではないか』ということを心配しているのです。

 

飲み会で彼氏が嫉妬した時の対処法20選!

引用: Pixabay

過度な嫉妬を『うざいな』と感じてしまうのは確かにごもっともなのですが、それではせっかくの楽しい飲み会を満喫できないですし、飲み会のせいで喧嘩が耐えなくなると彼氏との仲も悪くなってしまいます。

そうならないように彼氏が嫉妬してしまった時は、いきなり怒ったりうざいなと思ったり嘘をついたり言い訳をするのではなく、きちんとした対処法や言い訳をして乗り切りましょう!

それではさっそく、『飲み会で彼氏が嫉妬した時の対処法や言い訳』を20パターン紹介していきます。

 

まずは謝る!


引用: PAKUTASO

まずはとにかく「ごめんなさい。」と謝りましょう。

『なんでそんなことで怒ってるの?!』『理不尽だな。』『うざいな。』などと思っても、まずは何も言い訳をせずに彼氏を不安にさせてしまったことを素直に謝りましょう。

謝って解決できた後であれば「あなたの気持ちはよくわかったけれど、私はこうしたい」などと自分の気持ちを伝えても良いと思います。その際には再び喧嘩にならないように言葉に気をつけて伝えるようにしましょう。

 

言い訳はしない

Array

引用: PAKUTASO

『なぜ飲み会に行ったのか』『誰と行ったのか』『帰りが遅くなった理由』などを彼氏に聞かれた際は、言い訳は一切せずに正直に伝えましょう。

言い訳をしてしまうと、「やましいことがあるのでは?」と相手に疑わせてしまう原因にもなりますし、彼氏の嫉妬心や不満は収まりません。

彼氏がカッとなっている時に嘘をついたり言い訳をしたりするのは逆効果なので気をつけるようにしましょう。

 

彼氏が特別なことを伝える

引用: PAKUTASO

『あなたがいちばん』『あなたは特別な存在』ということをきちんと伝えてあげましょう。

男性の嫉妬は『自分に自信がない』『不安』『自分がいちばんでいたい』といった心理からくることが多いです。そこをきちんと安心させてあげられることで彼氏の気持ちも落ち着くはずです。

彼氏に何か言われたら言い訳などをする前に『あなたは他の男性とは違う』『大好き』ということを伝えてあげましょう。

日頃から彼氏が特別なことを伝えてあげておくと相手の自信にも繋がって嫉妬しにくくなるかもしれません。彼氏の存在を強調した言い方でほんのささやかな気持ちの表現をしておくと、嫉妬しやすい彼氏を安心させることができるのでおすすめです。

 

こまめに連絡を取る

Array

引用: PAKUTASO

飲み会の最中に、彼氏にこまめに連絡を取るようにしましょう。

『行ってくるね。』『これから帰るね。』など飲み会の前後はもちろん、『今、こんな感じだよ。』『酔ってないよ。』などと自分の状態などを伝えておくと良いでしょう。飲み会中に友達と撮った写真を彼氏に送ってあげても良いかもせれません。

彼氏が嫉妬するのを事前に防ぐことのできる対処法にもなります。後でうざいな感じてしまわないためにも、いつもよりも少しこまめに連絡すると良いでしょう。

 

電話で好きを伝える

引用: PAKUTASO

飲み会が終わったあとに電話をして『大好きだよ。』と伝えてあげるだけで、彼氏の不安は一気に収まります。

飲み会後に彼氏が嫉妬を見せる前に自分から好きの気持ちを伝えるだけで、彼氏の嫉妬を沈めることができ、こちらとしてもうざいと感じる前にできる対処法です。

飲み会に行って他の男性と関わった時に、彼女から好きな気持ちを伝えてもらえるだけで彼氏は安心します。

 

彼氏の気持ちを受け止める

引用: PAKUTASO

彼氏が嫉妬を見せてきた時の対処法は「相手の気持ちを受け止めること」です。

彼氏が不安に思っている気持ちや嫉妬した理由をきちんと聞いてあげて理解してあげましょう。彼氏の気持ちに共感したり寄り添って上げることで「自分の気持ちを分かってもらえているな」と感じ、彼氏の気持ちも収まるでしょう。

頭ごなしに否定をせず、落ち着いた状態で彼氏の話を聞いてあげてわかってあげる素ぶりを見せてあげましょう。

 

今から家行ってもいい?と聞く

引用: PAKUTASO

飲み会が終わったあと「今から家に行ってもいい?」と聞いてみましょう。これを聞くだけで他の男性と仲よくしていないという証明になりますし、自分のことが好きなんだなと思って安心してもらえます。

逆に、「飲み会終わったから今からうちに来ない?」と自分の家に誘ってあげても良いでしょう。

他の男性とどうこうなっていないという言い訳に使うことができるので彼氏が嫉妬心を見せてきた時にオススメの対処法です。

 

デートに誘う

引用: PAKUTASO

嫉妬する男性は、彼女が自分のことをいちばんに思ってくれているか心配になっています。そのため、彼女のほうからデートに誘われると、愛されていることを実感し、安心するのです。

飲み会後は特に彼氏を安心させるためにも、こちらからデートに誘ってみると良いでしょう。そうすれば彼氏の不安な気持ちも収まるはずです。

 

肉体関係はきちんと潔白を証明する

引用: PAKUTASO

一般的に男性は『相手が他の男性と肉体関係を結んだ場合』が許せない浮気ポイントになります。

そのため、たとえ本当は肉体関係があったとしても、体の関係についてはしっかりと否定しておくようにすることが別れないためには重要になります。

 

子供扱いしない

引用: PAKUTASO

彼氏が嫉妬したことで喧嘩が起きるのはたいてい、こちらは『大したことない』と思っていることを彼氏側は『大したこと』と認識してしまうために誤差が生じて起きるものです。

「なんでこんなことに怒ってるの?」とうざく感じてしまうこともあるかもしれません。しかし、このように思っても『子供扱い』はしてはいけません。

相手としては、彼女の行動に対して不満があるにもかかわらず、まるでこちらが悪いような言い方をされてしまい良い気持ちはしないからです。

「たかがそんなこと」と決めつけて言い訳をする前に、相手の意見をしっかり聞くことがとても大切な対処法になります。

 

きちんと落とし所を決めておく

引用: Pixabay

「飲みに行くときにはこまめに連絡するから、それで許してくれる?」「絶対に酔って記憶を無くしたりしない」などと、あらかじめ落とし所を決めておきましょう。

相手に不満をぶつけ合ってもこじれ合う一方です。お互いに納得できる妥協点を見つけておくことが大切な対処法になります。

飲み会後にトラブルにならないようにあらかじめ決めておくと、彼氏が嫉妬した時の言い訳にもなるのでおすすめです。

こちらの要求もきちんと伝える

引用: Pixabay

先ほど「落としどころを決める」と言いましたが、これについてあまりに相手にとって都合のいい妥協点を決めてしまうと、かえって逆効果になってしまいます。

『飲み会に行かない』『他の男性とは全く話さない』などといったあまりにも度がすぎるものではこちらの不満も募るばかりで、結局うざいと感じてしまうでしょう。

彼氏をなだめるために『その場しのぎの約束』をしないように心がけ、きちんとこちらの思いや要求を伝えることがあとあと不満にしないためにとても大切です。

 

嫉妬されたことを喜ぶ

引用: PAKUTASO

 

結局のところ嫉妬というのは、あなたのことが大好きで自分のことをいちばんに思ってもらいたいという気持ちを持っているからこそ起きるものです。

例えばこっちが浮気したとても「ふーん、あっそ」で片づけるような男性は、よほどポーカーフェイスでイライラを抑えているだけなのか、もしくは体目的だけで付き合っているだけの男性でしょう。

ですから、嫉妬というのはあなたのことが大好きな証拠なので「あなたはそれだけ私のことが好きなんだね。なんかうれしいな。」などと言って、むしろ嫉妬してくれたことを『喜ぶ』様子を見せるのも良い対処法です。少なくとも「嫉妬しないで!」と初めから怒るよりは、相手との関係が良くなることと思います。

相手のことをしっかりと認めてあげることによって、彼氏も「ちょっと言い過ぎたかな」と、申し訳なさが出てくるかもしれません。

嫉妬をいきなりうざいと思うのではなく、まずは『嫉妬してくれて嬉しい、ありがとう。』と喜んでみても良いのではないでしょうか。

 

帰宅時間を決めておく

引用: PAKUTASO

飲み会に行くと、全く連絡がこないでどうなっているのかわからなかったり、朝帰りやお迎えが当たり前になっていると、飲み会に参加するのを彼氏が嫌がったり後から怒ったりするのは当然のことでしょう。

そうならないために、前もってしっかりと帰宅時間を決めておく対処法です。

この時間を決めておく際にもお互いが納得できるように、きちんと要望を伝えておきましょう。また、少し余裕を持った時間にしておくことをおすすめします。

時間を決めたからには「みんなが2次会に行ってるから」などと言って約束を破るのはダメです。ここで約束を破ってしまうと、彼氏が怒るのは必至ですし、今後の飲み会への参加が難しくなってしまうかもしれません。しばらくは、彼氏と決めた帰宅時間を守るようにしましょう。

もし何かで約束の時間を守れなかった場合には、言い訳は一切せずきちんと謝ってください。

 

飲み会に行く時のルールを作る

引用: PAKUTASO

飲み会に参加したいという自分の要望ばかり伝えても、彼氏は納得してくれません。

飲み会に参加するには、先ほどの帰宅時間もそうですが前もってきちんと2人でルールを決めたりと、取れる対処法は取っておきましょう。

例えば

  • 飲み会に行く回数
  • 飲み会に行く時は必ず事前に伝える
  • 誰との飲み会かを伝えておく
  • 写真を送る
  • 始まる前と終わった後には連絡をする

などいろいろと二人で決めておくと後からのトラブルを防ぐことができます。

飲み会に行くと彼氏が怒るからと嘘をついて飲み会に参加しているという女性もいますが、もしその嘘が彼氏にバレてしまったら、「嘘をつくなんてやましいことがあった証拠だ」と彼氏を余計怒らせて嫉妬させてしまいますし彼氏との関係が修復できなくなることもあります。

前もって飲み会についてのルールを二人で決めておけば、嘘をついて参加する必要もなくなるので後から言い訳する必要もなくなり、彼氏をうざいと思うことも減るでしょう。

 

聞かれていなくてもこちらから詳しく話す

引用: PAKUTASO

今日の飲み会に誰がいたのか、どんなことを話したのか、どこに行って何時に終わったのかなどの詳しいことを彼氏から聞かれる前に自分から伝えましょう。

相手にいちいちしつこく聞かれるとうざいなと感じてしまう人もいるかもしれません。そうならないために、彼氏が聞いてきそうなことを先に自分から言ってしまう対処法になります。

自分から話すことで、「やましいことはないんだな」「自分になんでも話してくれて嬉しい」と彼氏が感じてくれると思います。

喧嘩になりそうな余計なことは言わないように気をつけつつも、飲み会であったことを自分から詳しく彼氏に話してみましょう。

 

男性がいる飲み会にはいかない

引用: PAKUTASO

こちらは究極の対処法でしょう。いろいろな対処法を試してみたけれどダメだった、けれど彼氏が大好きだから別れたくないという場合には男性がいる飲み会には行かないのも選択肢の一つかとは思います。

飲み会に行くと彼氏が嫉妬してしまう原因は、彼女と他の男性の関係が気になってしまうからというのがほとんどでしょう。そのため、その嫉妬の元となることをしなければ嫉妬する原因がなくなり、彼氏をうざいなと思うこともなくなるでしょう。

 

本当に辛い時は別れを告げる

引用: PAKUTASO

嫉妬深い彼氏と分かりあえず、毎日のように泣いてばかり。言い訳をしても全く聞いてもらえない。彼氏に対してうざい気持ちが募るばかりで嫌いになりそう。

そんな女性は、『別れる』というのも対処法のひとつです。

好きなのに分かり合えない状況は、とても辛いですし、いろいろと対処法を試してみても解決せずに苦しい思いをするばかりなのであれば、あなたと彼氏のためにもお互いの幸せを考えて、別々の道を選ぶのも選択肢の一つでしょう。

ですが、彼氏の嫉妬をうざいと思っている今は冷静な選択はできません。『自分のことを大好きと思ってくれている彼氏』と『その場は楽しめる飲み会』のどちらが自分にとって大切なのかきちんと考えてから決めてください。そうすれば後悔しない選択ができるでしょう。

 

み会中は彼氏は気にせずに楽しもう!

引用: PAKUTASO

とにもかくにも、飲み会に参加したら一旦は彼氏のことを忘れて楽しい時間を過ごしましょう!

飲み会中にも彼氏のことばかり考えていたら心から楽しめず、後から彼氏のことをうざいなと不満に思ってしまう原因にもなってしまいます。

飲み会に参加すると決めたのであればまずは思いっきり楽しみましょう。

 

お互いが納得できる環境をつくろう!

引用: PAKUTASO

彼氏が嫉妬してしまった時の対処法20選を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

いちばん大切なことは『お互いを思いやってお互いが納得できる環境をつくる』ことです。前もって話し合いをしたり約束を決めたりと対処しておくことで、うざいなと不満に思ったり嘘つかなきゃ・言い訳しなきゃと焦ることもなくなります。

また、彼氏が嫉妬をしてくれるのはあなたのことが大好きで大切に思っているからこそです。ですので頭ごなしに彼氏をうざいと思ったり、「このくらいのことで怒んないで!」と喧嘩腰に対応するのではなく、彼氏が嫉妬してくれた理由を汲みとれると良いでしょう。

他の男性と比べたり彼氏の考えを完全に否定するのはとてもよくないので気をつけてください。

お互いが納得した上で飲み会に参加できれば自分もより楽しめると思います。前もったルールづくりや話し合いをして、心から楽しく飲み会に参加してほしいなと思っております!

 

合わせて読みたい!「飲み会」記事!

飲み会で彼氏が浮気してるか見破る質問10選!不安解消にはコレ!

人気の記事