小顔になる方法15選!マッサージ・矯正・グッズ等の効果を解説!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

小顔になりたい!

引用: Pixabay

InstagramなどのSNSの登場により、写真を撮る機会が増えた今、「小顔になりたい、痩せたい」など、容姿に対する意識はますます高まっています。

「顔の大きさなんて、努力してもかわらない・・・」と、諦めてはいませんか?世の中には、たくさんの美容グッズや、矯正、マッサージなど様々な方法がたくさんあります。

小顔になる事を諦めるのは早いです。まずは、この記事を読んで、自分の思い描く小顔に少しでも近づいて、自分の顔に自信を持てるようになりましょう!

初めは、半信半疑かもしれませんが、実際に小顔に近づいた人たちはたくさんいます。やるか、やらないかは自分次第です!

小顔に近づけるためだけの方法や知識は、この記事にまとめました。是非、この記事を読んで実践してみてください。

 

小顔になるためにはどうしたらいいの?


引用: Pixabay

先ほども述べましたが、小顔になるための方法として紹介されているものは数多く存在します。

しかし、顔が大きく見える原因もさまざまあります。もともとの体重よりも太った事が原因で、顔がたるみ二重アゴになってしまっている場合。疲労や荒れた食生活が原因で顔がむくんでいる人。骨格が生まれつき人よりしっかりしていて、顔が大きく見えてしまう人。体調の変化や食生活、本来の体の作りなど、人によって考えられる原因も様々です。

まずは、自分が小顔ではないと考える要因を自ら探る事が、はじめの一歩です。

マッサージなどのお肌を直接刺激する外部指圧を行う方法。表情筋を意図的に動かして行うエクササイズと呼ばれる方法。顔に特化せず、体全体を動かす有酸素運動を行い、小顔に矯正する方法。美容グッズを使用し、矯正して小顔効果を促す方法。また、ヘアースタイルによって小顔にみせる、容姿の変化によって小顔に見せる方法。

どれが1番効果的なのかは、人それぞれによって異なります。今回の記事を参考にして、自分にあった小顔効果をもたらす方法を探り、是非実践してみてください。それでは、実際に小顔になれる15の方法をご紹介していきたいと思います。

 

小顔になる方法15選!

引用: Pixabay

それではさっそく、小顔になるための方法を紹介していきます。

これを読んで小顔になっちゃいましょう!

 

 

⒈リンパマッサージ


引用: Pixabay

顔には多くのリンパ液が流れています。リンパ液とは、体に張り巡らされているリンパ管を流れる液体で、リンパ液は、体の老廃物を吸収する働きを持っています。リンパ液は、最終的にリンパ節に流れ込み、老廃物を処理してくれる働きを担っています。血液は、心臓がポンプの役割を果たして流れています。

しかし、リンパ液は、筋肉の伸縮によって流れるもので、定期的な運動を前提として機能しています。

運動不足が、リンパの流れを悪くする原因の一つなので、運動をする機会の減った現代人は、マッサージなどの外部指圧によって、筋肉を伸縮させる事でリンパの流れを改善するこを進められるのです。

 

⒉ツボを刺激する方法。

Array

引用: Pixabay

そもそもツボとは、東洋医学の考え方で専門的には「経穴」(けいけつ)と呼ばれます。東洋医学では、「気」というものを前提にしていて、人間の体は「気」と「血」の流れを循環させる事で、健康でいられるという考え方です。その気と血が流れる場所を「経絡」(けいらく)と呼びますが、「ツボ」と呼ばれる場所は、経絡を通る、気と血の分岐点とされる場所のことで、人の体には約361の「ツボ」があると考えられています。

この考え方を元に、顔に張り巡らされているツボを押すことにより、気血の循環が良くなり、身体が健康になるという方法です。

リンパに通ずるものがありますが、流れを促すために美容液を使って、皮膚を押し上げながら指圧するリンパマッサージを行う方法と、東洋医学に基づいた、ツボと呼ばれる場所の一点を刺激する方法は、似て非なる原理の元、考えられた小顔効果を促す方法です。

 

⒊静脈マッサージ

引用: Pixabay

ここまで、小顔効果を促すリンパやツボの考え方をご紹介しましたが、最近テレビで紹介されるほど、注目を集める小顔効果として期待されるマッサージをご紹介したいと思います。

その名も「静脈マッサージ」今までの二つとは異なり、循環する血液の中の「静脈」に着目した小顔矯正に期待できるマッサージです。

リンパと同じく老廃物を流す働きがあると言われる静脈。静脈の流れをよくすることで、たるみやシワをなくし、小顔効果も期待できるということなのです。

リンパを意識した施術と異なり、静脈を意識して額から耳たぶの手前を通り、目元からエラを通り、顎へと刺激するマッサージは、顔に流れる静脈を意識した施術になっています。

 

⒋顔ヨガ

Array

顔の表情筋を使ったエクササイズは、数多く紹介されていて、いろいろな方法があります。実際の効果が期待される、小顔に矯正できると話題の表情筋エクササイズをいくつか紹介したいと思います。

「顔ヨガ」とは、顔ヨガ講師の間々田佳子さんが提唱するもので、顔ヨガに関する著書を10冊以上出版されてい間々田佳子さん。人気の裏には、顔ヨガの小顔効果の実績の裏付けがあると思います。

顔ヨガの考え方に、人間の表情のクセはシワやたるみの原因となり、顔が大きく見える原因となるというものがあります。アンチエイジングとしても、人気の美容方法ですが、実は小顔矯正も期待できるエクササイズとしても話題です。

 

⒌あいうえお体操

引用: Pixabay

あいうえお体操とは、「あ」「い」「う」「え」「お」の発声時にとる顔の表情を意識的に行い、表情筋を動かすことで、小顔に矯正できることで、有名な小顔体操です。

例えば、「あ」の発声時に同時に目を大きく見開くことで、顔全体の筋肉が伸縮することで、それぞれの発声方法で、異なる筋肉を意識的に動かし、小顔へと矯正される方法です。

 

⒍舌出し運動

舌出し運動は、特に二重アゴで悩んでいる人に効果がある方法で、顔が太って見える原因の一つです。顔にお肉がつきやすい人は、適度な運動の他に舌出し運動を取り入れることで、小顔矯正がより期待できることでしょう。

その他にも、舌を動かすことで、呼吸方法を改善することにもつながり、口呼吸がクセになっている人の中には、口臭の悩みを持つ人もいます。そのような人たちには、口臭改善にもつながる運動になっています。

また、呼吸方法の改善はいびきを防止する効果もあるので、小顔効果だけでなく、さまざまな効果が期待できる美容方法になています。

表情筋をう動かすエクササイズは、美容全般に効果があるので、効率の良い美容効果を望む人にかなりおすすめです。

 

⒎有酸素運動

引用: Pixabay

有酸素運動とは、ランニングやサイクリング、水泳などの長時間継続して動き続ける運動のことを指します。

なぜ小顔効果が期待できるのか?もちろん小顔効果に特筆して効果があるというわけではありません。しかし、有酸素運動は、筋肉全体を伸縮させるとともに、脂肪燃焼や、水分を輩出するので、むくみの解消にもつながります。

結果的に、ランニングを含む有酸素運動は、小顔効果が期待できるという結果になるのです。

先ほども述べたように、忙しい現代人は運動をする時間を割けない人や、運動を憂鬱に感じる人も多くはありません。

そのような方々には、効率良く部分的に脂肪を燃焼させる方が望ましいので、有酸素運動のような体を動かすことによって脂肪燃焼させる事は好まれませんが、適度な運動は体を健康に保つ普遍的な方法です。結果的に小顔効果にもつながるので、美容に対する強い意識がある方は、有酸素運動が美の近道かもしれません。

 

⒏小顔体操

引用: Pixabay

実際に体を動かして小顔効果につなげる方法は、先ほども紹介しましたが、今回ご紹介する小顔体操は、リンパマッサージや舌出し運動などを行う前に、方周りや首の筋肉をほぐすことで、より効果的に小顔効果を高めましょうという、複合的な方法です。

小顔体操といっても、いろいろな方法が紹介されていますが、通常の小顔矯正マッサージの効果を高めるために、首回りや肩の筋肉をほぐすことは、かなり重要です。顔の表情筋だけでは、ほぐしにくい部分も、小顔体操の方法を事前に取り入れるだけで、効果が変わってくると思います。

 

⒐美顔ローラー

引用: 楽天市場

小顔効果を高める美容グッズとして有名なのが、美顔ローラー。肌に刺激を与えてリンパの流れを良くしたり、血行を良くして小顔に矯正させるという美容グッズである。まさに、リンパマッサージと、静脈マッサージの効果が両方期待できるという事になる。

しかし、顎まわりにしか使えないので、美顔ローラーだけを使って小顔矯正を目指すよりは、今まで紹介した、小顔矯正を促す方法にプラスワンで使用した方が良いと思われます。

美容ローラーには、1本3万円を超えるものもあり、ローラーに使われる材質もさまざまでありますが、注意すべき点は、リフトアップ効果は、あくまで一時的という事。今まで、述べてきた小顔矯正を促す方法の全てに言える事ですが、美しくなるためには、1日、2日の行動で変わるものでは無いという事。継続する事がとても大事です。

 

⒑フェイスパック

引用: 楽天市場

日本で聞きなれないフェイスパックとは、韓国で話題になった美容アイテムで、韓国芸能界の有名人が使用している事で有名になった美容グッズです。商品開発を行った韓国人女性は、二重アゴをコンプレックスに苦しんでいて、それを矯正するために生まれたのがフェイスパックという美容グッズです。

フェイスパックの原料には、脂肪分解注射成分のPPCとよばれる成分をゲル状にしたもで、マスクをつけることで物理的なリフトアップ効果でアゴのラインを矯正するとともに、脂肪燃焼効果も期待できる使い捨てリフトアップマスクとなっています。

 

11.フェイシャルフィットネスPAO

引用: 楽天市場

ネットの広告や美容雑誌で見たことがある人もいるであろう、フェイシャルフィットネスPAO

クリスティアーノ・ロナウド選手の広告で話題にもなった、美容アイテムで、大学や美容機関との共同研究により作られら美容アイテムということで、キャッチーな見た目もあいまって、かなり普及した美容グッズです。

実際の効果を調べたところ、継続して使っている人は見受けられませんが、他の小顔効果の期待できるマッサージや運動と一緒に使えば、更なる小顔効果は期待できるかもしれません。

 

12.頭皮マッサージ

美容グッズを使った、小顔効果を促す方法を紹介してきたが、ここでまさかの頭皮マッサージです。小顔効果が期待できる美容グッズを調べたところ、頭皮マッサージの際に使う美容グッズが数多くありました。

頭皮マッサージの小顔効果について調べると、頭の3/1は顔で、3/2は頭皮であるという考えにたどり着きました。頭頂部には棒状剣幕(ぼうじょうけんまく)という筋膜があり、この筋膜は頭部の血流を良くするポンプの役割を果たしています。

頭部をマッサージすることで、小顔効果を促す原理は、頭部が凝り固まることで、血液の循環がにぶり老廃物がたまり、顔がむくみ、輪郭もたるんでしまうという事なのです。

セルフで頭皮マッサージを行うことは難しく、素手で行うとかなりの握力や筋力を必要とします。そこで、美容グッズを使用することで、楽で効果的なセルフ頭皮マッサージが可能になるというわけです。

 

13.ヘアースタイルを変える

引用: Pixabay

ここまでは、外部からの刺激や運動、または美容グッズを使用した小顔効果を促す方法をご紹介してきましたが、骨格のバランスや、身長の低さ、体型により、顔の大きさのバランスにコンプレックスをもつ人も少なくはないでしょう。そのような方々には、視覚的に小顔効果を促す方法をご紹介したいと思います。

小顔効果が期待できるヘアースタイルとして有名なのが、前髪。男女問わず使える方法で、多くの人が何気なくやっている小顔効果の一つで、目よりも上に長さを設定し、眉毛を隠して顔の面積を視覚的に減らすことで、小顔効果が期待できます。

逆に、前髪を眉毛の位置に設定すると顔が大きく見えてしまうので注意しましょう。他にも、小顔効果NGな髪型は、ベリージョートです。できるかぎり、顔と認識される面性を減らして、小顔に見える工夫をしましょう。

 

14.メガネをかける

ヘアースタイルと同じく、視覚的に顔の面積を減らし、小顔効果を使いましょう。選ぶメガネは、できるだけ大振りの物の方が効果は抜群ですので、選ぶメガネのサイズや形にも注意しましょう。

 

15.メイクで小顔効果

メイクは、小顔効果の最終手段と言っても過言ではないでしょう。

しかし、あなどることできません。メイクといっても、分かりやすく陰影をつけるような事はしていけません。小顔効果のために陰影をつけるのではなく、立体的なメイクを意識して自然な仕上がりを意識しましょう。

小顔に見えるからと言って、度が過ぎるメイクは逆効果です。あくまで、自然な仕上がりの範囲内で小顔効果を最大限に発揮するメイク方法を探しましょう。

 

小顔になって女子力アップ!

引用: Pixabay

小顔になるための15の方法をご紹介してきました。

様々な方法がある中で、やはり共通して言えることは、継続です。自分にとって最適な方法を見つけても、継続できなければ効果は期待できません。また、最適な方法は、自分にあった継続可能な毎日のルーティーンになるような方法かもしれません。

エステに毎週通うのもいいですが、継続するものですから値段は出来るだけ安く、自分にあった方法を見つけて欲しいです。

異性のためだけでなく、自分が美しく幸せに過ごせるように、今回の記事を参考にして一人でも多くの方々が自信を持って、毎日を過ごせるようになっていただければ幸いです。

人気の記事