Amazonの値段変動が起こる理由とは?値下げのタイミングも総まとめ!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Amazonの値段変動とは?

引用: Pixabay

皆さんAmazonを利用したことはありますか?

ネットを使える環境の人であれば何かしら1回はAmazonで注文したことがあるのではないでしょうか?少なくともAmazonを知らない人はいないと思います。

今回はそのAmazonを賢く使うために「価格変動」を理解していきたいと思います。

 

Amazonの値段変動が起こる理由は?

引用: Pixabay

定価以上のものであったり定価以下のものがあるのはご存知だと思いますが、その商品がいつまでも同じ値段とは限りません。

中には「昨日Amazonで購入した〇〇が□□円値下がってる!」なんてことも少なくありません。

Amazonで価格変動が起こる理由についてみていきましょう。

 

【1】在庫の過多の問題


引用: Pixabay

結論を簡単に言うと「商品の賞味期限が近いから値下げする」です。

食べ物の話ではなく実際は賞味期限なんて存在しない商品のことを指します。

イヤフォンやCD、DVD、本など挙げたらキリがないほどの種類があります。しかし、これらの商品は発売から日にちが経てば経つほど需要がなくなり、売れにくくなります。

でも在庫分はせめて売り切りたいので「少しでも儲けを」と値下げを始めます。分かりやすく言うのであれば、スーパーの見切り品棚にある野菜達と同じですね。

古い機種のスマホケースや画面フィルムなども新しい機種が発売されれば、1つ前の機種はわりとすぐに需要がなくなります。

もちろんAmazonだけではなく、他のショッピングサイトでも同じようなことが行われています。この場合は「もっと値下がりするだろう」と思って待ちすぎるとそもそもその商品の在庫がなくなり次の仕入れがない場合が多いので注意しましょう。

 

【2】在庫過少の問題


引用: Pixabay

今度は逆に在庫が少ない場合です。

仕入れたけど予想以上の売れ行きだと高く売れると判断され、値上がりとなります。

もしくは1度仕入れた場所で同じ商品を再度仕入れたが、仕入れ値自体が上がっていたのでAmazonでも値上げをしたということも考えられます。

他にも出品者側は「欲しいものリスト」に登録した人数を見て値段を上げ下げすることもあるようです。それに加えて「定価」という値段は「人間が勝手に決めたもの」なのです。

Amazonではメーカー希望価格以上で出品してはいけない。という決まりはありませんから、値下げしようが値上げしようが仲介業者である出品者の自由なのです。

こちらも在庫がそもそも無い場合があったりあっても「残り1点」とかになっている場合が多いのでどうしても欲しいのであれば、値下げはしないと思ってAmazonで見つけ次第即刻買うことをオススメします。

 

【3】シーズンの問題

Array

引用: Pixabay

結局は時期によって売れる売れないの問題ですが、シーズン物は特に分かりやすいと思います。

例えばクリスマスツリーを購入しようとする時期は冬ではないでしょうか?

夏にわざわざ買って冬まで置いておく…なんてことはあまりないと思います。もちろんAmazonを知り尽くしている人であればこういったシーズンオフに購入を考えるとは思いますが大体の人は夏に必要な物は夏や夏前などに購入することが多いですよね。

出品者もしっかり時期を見て値段を上げ下げして狙って価格変動しているのです。こちらは普通の人でもAmazonを利用する人であれば見極めやすいでしょう。

 

Amazonの値段変動値下げのタイミングは?

引用: Pixabay

ではAmazon価格変動を理解出来たところで今度はどのタイミングで値下げをするのか見ていきましょう。

完全にAmazonの価格変動のタイミングを見計らうことが出来なくても「値下げの理由はこうなっているんだ」と理解することでAmazonの商品を注意深く見ることが可能になると思います。

 

【1】販売者同士の値下げ合戦

引用: Pixabay

Amazon何らかの理由で同じ商品があちこちで値下がりする場面があります。

品物や情勢にもよるので理由はハッキリ断言出来るものではありませんが、上記にも挙げたように「何らかの理由」で値下げが起きます。

その時にはこぞって周りが「あっちよりも安く」と値下げ合戦が始まります。おそらくギリギリ儲けが出る、もしくはマイナスにならなければいいと仕入れ値と同じ価格で販売される可能性があります。

客目線で言えばどちらの販売者も同じ値段だった場合お店の評価が高い方から購入したくなりますよね?しかし新規の出品者にはAmazonでの評価がない場合があり不利な状況です。なので少しでも安くして買ってもらおうという心理もあります。

しかしこちらはどこまで値下がるか分からないので出品者側は諸刃の剣でもあり、Amazon利用者は万々歳なわけです。なのでそうそう値下げ合戦は露骨には行われないと思って良いでしょう。

 

【2】タイムセールの活用

Array

引用: Pixabay

そもそもAmazonにはタイムセールがあり、タイムセールの時間になればお得に購入出来るのは当たり前です。なのでタイムセールの活用が一番タイミングが分かりやすく、安く購入出来ると思います。

ジャンルによってタイムセールの日程が違っていて、ほとんどのものが0時~23時までですが中には0時~23時59分までのジャンルもあります。

どのジャンルがどの曜日かをしっかり把握しましょう。

【月曜日】家電&カメラ・パソコン・周辺機器・文房具・オフィス用品・DIY・工具用品・楽器

【火曜日】カー&バイク用品・スポーツ&アウトドア用品

【水曜日】食品&飲料・ペット用品・ヘルス&ビューティ

【木曜日】ファッション

【金曜日】食品&飲料・ファッション

【土曜日】ファッション

【日曜日】家電&カメラ・パソコン・周辺機器・文房具・オフィス用品・DIY・工具用品・楽器

【毎日】ホーム&キッチン・kindle本

【不定期】ベビー&マタニティ

となっているので、欲しいジャンルのタイムセールは見逃さないようにしましょう。

 

【3】規則性はない?

引用: Pixabay

タイムセールはともかく、出品者やAmazon自体が個々の商品を値下げするタイミングは決まっていませんAmazonに至っては自動で価格変動をさせているので1時間前に見た価格と違うなんてこともよくあります。

そもそも規則性があったら誰も価格が高騰している時には買わなくなってしまいますし、Amazonへ出品している人も出品している意味も無くなってしまいます。

昔の物がいきなりプレミアが付いたりすることだってあります。なので本当にどうしても欲しい商品は常にチェックしておくのが望ましいですね。

 

Amazonの値段変動を知る方法は?

引用: Pixabay

しかし常に欲しい商品を見張るなんて実際は出来ませんよね?

そんな中今ではAmazonの価格変動を知ることが出来る便利なものが今の時代にはあるんです。

昔は無かったものですが、今では無料で使えて安心安全のものを下記でご紹介しているので一度使ってみてはいかがでしょうか。

 

【1】Keepa-Amazon Price Trackerの活用

引用: Pixabay

おそらく一番有名なのはこの「Keepa-Amazon Price Tracker」だと思います。使えるのはパソコンのみです。

Amazonの価格変動をグラフで確認でき、Amazonの価格のグラフ、出品者の価格のグラフ、タイムセール中の価格が1ページで分かる優れものです。

この拡張機能を導入することによって、Amazonの商品ページにグラフを表示させます。商品ページと一緒になのでグラフだけを他のタブで開いたり、何かを入力する手間がいりません。

因みに自分好みにカスタマイズすることも可能で、最短で3ヵ月前、最長で発売当初からのグラフを出すことができ、新品商品のグラフだけ表示出来たり、中古商品のグラフを表示することも出来ます。

中古商品でも「ほぼ新品」や「可」などで出品されていればその商品の状態を選んでグラフを見ることも出来ます。

他にもグラフを見るだけならいいのですが、無料会員登録をすればその商品が自分の希望価格より安くなったらメールで通知してくれる設定をすることも出来ます。

とにかくAmazonの商品ページだけで把握出来ることと、会員登録必須ですが安くなったら通知をしてくれることがこの拡張機能の最大の強みと言えます。

 

【2】モノレートの活用

引用: Pixabay

「グラフで見たいけど拡張機能とかはちょっと…」と抵抗がある人には「モノレート」の使用をオススメします。

Amazonで欲しい物を調べてそのページの名前から型番まで全てコピーし、モノレートの一番上の検索窓にペーストすればその商品の現在までの価格変動を知ることができ、こちらでは最安値ランキング、出品者数ランキング、ランキンググラフを確認できます。

購入者側が見たいのは価格変動を知れる最安値ランキングだと思いますが、出品者数ランキングも「いきなり出品者が多くなった!値下げがこれから行われるのでは?」や逆のパターンもあり何となく推測することが出来ます。

更にはグラフではなく、価格や出品者数、ランキングを数値で細かく見ることも出来ます。こちらは大体1日に1回程度の更新となっています。

因みに価格だけであれば、グラフにマウスのポインターを当てるだけで新品・中古・アマゾンプライムを出品されている全ての範囲で知ることが出来ます。

こちらはAmazonのページとは別に開く必要があるので少し手間ではありますが、拡張機能とかではないので容量の心配などがいりません。

 

【3】そもそもAmazonが一番じゃないかも

引用: Pixabay

「Amazon=安い」という概念からAmazonばかりに目がいきがちですが、価格変動が激しいAmazonの商品。今直ぐに買いたいというタイミングが凄い値上がりしていたらどうでしょう。

簡単に言えば定価よりも高かったら買うのをためらってしまいますよね。もしかしたら他では定価や定価以下で出品されているかもしれません。

「価格.com」や「比較.com」であれば安い順で並び替えることが出来るので「Amazonで価格変動を待っていられない!」という人には他のサイトも視野に入れてみるのがいいでしょう。

 

Amazonの値段変動を利用して商品を安く買おう!

引用: Pixabay

ご紹介するタイミングを上記に当てはまらなく、逃してしまったのでこちらでご紹介させていただきますがAmazonには「アマゾンプライム」という会員システムがありもAmazonの商品を安く買う上ではオススメとなっています。

アマゾンプライムとは、年間か月額かで料金を支払うシステムとなっていて有料会員のようなものです。もちろんアマゾンプライムに入ればメリットもあります。

例えばアマゾンプライムに入っていない人であれば、2000円以下の商品は400円~440円の配送料がかかりますがアマゾンプライム会員であればいくらの商品でも配送料が無料になります。

それだけでなく、アマゾンプライム会員はお急ぎ便や日時指定などのオプションも無料になります。一般であれば500円前後かかるものです。

年間であれば4900円(1ヵ月辺り約408円)。月額であれば500円でアマゾンプライム会員になれます。年間のがアマゾンプライム会員はお得ですね。

しかもお急ぎ便や2000円以下の配送料を考えると1回辺りの商品以外の金額が1000円前後になってしまうことを考えると、非常にアマゾンプライムはお得だと言えます。

そしてアマゾンプライム会員の最大のお祭りである「プライムデー」という7月に行われるセールです。全てのジャンルから値引きされる商品をアマゾンプライムの会員であれば一般のAmazon利用者より早く参加出来ます。

他にもメリットは多くありアマゾンプライム会員であれば「プライムビデオ」「Prime Music」「prime Reading」が利用出来ます。名前の通りAmazonのアマゾンプライム会員が受けられる特典となっています。

プライムビデオはアマゾンプライム会員のみで、スマホやPCなどで映画やドラマが無料で見られるサービスです。さすがに新作物はそんなにありませんが、内容量は結構充実しています。プライムビデオでしか見られない作品も多々。

Prime Musicは100万曲以上が聞き放題がウリのアマゾンプライム会員ならではのサービスでもちろん他に料金が発生することはありません。

色々なテーマによってプレイリストが作成されているので作業用BGMとしても利用出来ます。因みに気になる曲をアプリへと落としておくことで通信料無しで聞けるようになります。

Prime Readingもアマゾンプライム会員限定のサービスで、漫画からビジネス書まで読み放題となります。

アマゾンプライムは30日間の無料体験を経てから自動で有料会員に切り替えられ、自身の好きなタイミングで解約することが出来ます。

なのでまずは無料体験からしてみませんか?そしてAmazonの価格変動をしっかりと見極めてお得に賢く買い物をしちゃいましょう!

人気の記事