イケメンが多い企業10選!結婚したい美男子エリート勢ぞろい

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

イケメンが多い企業とは?

引用: Pixabay

皆さんが就職先を決める際の軸って何でしょうか?

業種?業界の成長性?やりがい?福利厚生?働きやすさ?上げればきりがないですよね。

入社したら1日8時間、もしくはそれ以上その職場にいるわけですから、生活の3分の1をその会社で過ごすという事ですよね。そのため重々承知の上かとは思いますが、就職先は慎重に選ばなければなりません。

…本当にその要素だけで良いのでしょうか?

面接では口が裂けても言えませんが、女性は「イケメンエリートが多い企業で働きたい!」って思っていませんか?

仕事はどうしてもストレスが溜まってしまうものです。そんな時に周りにいる社員がが冴えない男性陣ばかりだったらどうでしょうか?さらなるストレスを生みそうではないでしょうか?

しかし、どうでしょうか?もしイケメンがばかりの職場であれば、疲れているときにフッと横を見ると爽やかなイケメンが座っているのです。もしくは頼りがいのあるダンディな上司がいるのです。疲れも吹っ飛びますよね!

ましてやその社員といい感じになって、社内恋愛を経て結婚…妄想は膨らむばかりです。

そのため「働きやすさ」は何か?と問われたときにやはりイケメンエリートが多い企業に越したことはありません。

そして男性社員がイケメン揃いの企業は確かに存在します。昔から言いますよね、「類は友を呼ぶ」と。つまりイケメンがいる会社にはイケメンが集まってくるのです!

とは言え、イケメンと一括りにしても顔が良いだけではいけません。顔が美男子であることはもちろん、年収が高くエリートでないと女性は満足しませんよね。なぜなら将来の結婚相手になる可能性もあるからです。

今回はそんなイケメンが多い企業をまとめてみました!

 

イケメンが多い業種がある?

引用: Pixabay

まず個別の企業を見る前に、どのような業種にイケメンが集まりやすいかチェックしてみましょう!

平均年収も業種によってざっくりと決まりますので、どの業種を選ぶかは非常に大事になります。また求められる要素も異なりますので、人柄を見極めるときにどの業種に所属しているかは第一フィルターとして活用しやしすいかと思います。

求めている人物像と比較しながら、チェックしていきましょう!

 

【1】広告代理店


広告代理店とはそもそもイメージを売る仕事です。商品・サービスをどのように世に広めていくか、認知してもらうか、イメージを持ってもらうか、それを考え企業に提案をしていきます。

そのため 仕事の力量はもちろんですが、見た目が良くないとなかなか務まらないでしょう。自社の商品サービスを世に広めていくにあたって、イケメン営業マンが来たら、「この人であればよい提案をしてくれそうだ」という気持ちになりますよね。

もし冴えない営業マンだとしたら、「ちょっと大丈夫かな?この人。世の中のトレンドわかっているのかな?」と不安になってしまいます。

そのため自然とイケメン、美男子が集まります。

大手広告代理店であれば平均年収も高く、大体1000万強と言われています。中小企業も合わせると、500万~600万というところでしょうか?

結婚相手としては十分な年収帯ですね!

動画では広告代理店のトップ企業である電通社員が、なぜモテるのかについて議論されています。ぜひ参考に見てみてください。

 

【2】コンサルティングファーム


引用: Pixabay

コンサルティングとはクライアントである企業の課題を抽出し、それを解決するための戦略を練り、実践まで導く仕事の事を言います。

つまりコンサルタントは、企業の経営課題を解決するために様々な要素を踏まえ考えなければならないため、かなりの知的差を求められる職業です。

そして何より企業の未来をコンサルタントに託すわけですから、冴えないビジネスマンではお話になりません。

知的でスマートで…申し分ないですね。

平均年収は大手コンサルファームで1300万~1700万ほどと言われています。中小企業を合わせると600万程です。

狙うは大手企業のコンサルタントですね!

 

【3】外資系ハイブランド

Array

引用: Pixabay

ルイ・ヴィトン、プラダ、エルメス、グッチ…どれも女性が好きなブランドですよね。お店に入るときらびやかなブランド品に、スマートに対応してくれる黒服のイケメン。

物腰も柔らかで「お客様お似合いですよ。」とニコッとされた日にはもう恋に落ちてしまうのではと思ってしまうほどです。

ハイブランドはとにかくイメージが勝負です。バック1つで何十万何百万という世界ですから、すべてのものが一流でなければなりません。

それはそこで働く社員も同じくです。見た目はもちろんその所作も重要視されます。そのため見た目も良くて所作もスマートなイケメンが多くいます。

平均年収で見ると、販売スタッフの場合600万~800万ほどだそうです。その上の複数店舗を統括するようなマネージャークラスになると1000万を優に超えると言われています。

 

【4】IT企業

引用: Pixabay

スマホでネットを見たり、アプリを使ったり、これすべてIT企業が提供をしてくれているサービスです。私たちの生活と切っては切り離せないですね。

常に世の流れをよみながら、ユーザーは今何を欲しているのか、何に困っているのか、そこを見極めてサービスを開発していきます。そのため世の流れが読めないと新たなサービスを生み出すことができません。

常に新しいものに触れていかなければならないため、自然と見た目は若くなりますよね。

大手IT企業ですと、平均年収は1000万ほどと言われています。

 

【5】外資系企業

Array

引用: Pixabay

日本では終身雇用制度が破綻したと言われていますが、さすがにまだいきなりクビを宣告する企業はないかと思います。

一方で外資系はどうでしょうか?

常に同僚との競争にさらされ、成果が出せないと「You’re fired!(お前はクビだ!)」と解雇されてしまいます。そのためかなりのストレス耐性と、それに打ち勝つ強さがないとやっていけません。

戦う男性の真剣な顔って素敵ですよね。自然とイケメンに見えてしまいます。

平均年収も高く大体1000万前後です。生き残りをかけた戦いは厳しいものの、成果を出せば評価は青天井のため狙うならトップの社員を狙ってみましょう!

 

イケメンが多い企業10選!

引用: Pixabay

業種によってかなり違いがありましたね!

平均年収はもちろん、人として合うかどうかもありますので、自分はどの業種の人と合いそうか見極めてみるのもおすすめです。

では、次に具体的にどの企業にイケメンエリートが多いのか、探っていきましょう!こんな企業もあったのかと、選択の幅が広がること間違いなしです!

 

【1】電通

引用: Pixabay

言わずと知れた日本の広告業界NO.1企業ですね。”電通マン”と愛称がつくほど、人気企業と言えます。

広告業界のため、身を置いてる世界がきらびやかです。そのためか見た目もデートの仕方も私たちの常識を超えるようなことが多いです。

ロマンチックなデートや演出を望んでいる女性にはぴったりの相手でしょう!

平均年収は20代後半で1000万をこえていますので、将来も安泰ですね!

 

【2】アクセンチュア

引用: Pixabay

大手外資系4大コンサルティングファームの1つがアクセンチュアです。

主にIT系のコンサルティングを得意としています。

バイタリティにあふれ、知的さにあふれている男性が多いです。クライアント先に常駐することもあるため、コミュニケーション能力に長けています。

落ち込んでい時や悩んでいるときなど、その時々に合わせた優しい言葉をかけ、解決に導いてくれること間違いなしです!

平均年収は30歳でおおよそ900万ほどと言われています。

 

【3】ゴールドマンサックス証券

引用: Pixabay

大手外資系金融といえばゴールドマンサックス証券です。労働環境は激務で1分1秒を争う職場環境だそうです。

しかしその分年収はよく、年収が低い人でも1000万オーバー、上をみればもちろん億越えの社員がゴロゴロいます。

外資系特有の、成果が出せなければクビという文化はあるものの、そこまで稼いでいる人なら、転職市場に出ても引く手あまたです。よりエリートで年収の高い美男子を見つけるという意味では最高の企業かもしれませんね!

 

【4】LVMH offices Japan

引用: Pixabay

皆さん大好きのラグジュアリーブランドを展開している企業です。

ルイ・ヴィトンはもちろんディオールやフェンディ、セリーヌなど複数の高級ブランドを展開しています。

皆さん思い返してください。それらの店舗で冴えないスタッフを見たことがありますか?おそらくないかと思います。スタッフのクォリティも含めた高いブランド料ですから、そこは手を抜きません。

どのスタッフも一流の対応をされているかと思います。一緒にいて心地がよさそうなイケメンが多そうですよね。

平均年収は販売スタッフで600~800万ほど、統括マネージャーになると年収も一気に上がるため、マネージャーを狙うもよし、青田買いで見込みのありそうな販売スタッフを狙うもありです!

 

【5】Google Japan

引用: Pixabay

もうこれなしでは生活が成り立たないのではないかと思うほど、お世話になっているグーグル。どんどん新たなサービスを作り、私たちの生活を便利にしてくれています。

そこで働いている社員は常に新しいものに触れ、柔軟に物事を考え、創造性に優れている人たちです。

自分では考えもしないような新たな視点を提案してくれるかもしれませんね。お付き合いしたらとても楽しいのではないかと思います。

世界のグーグルのため平均年収も高く、1100万ほどです。結婚相手としておすすめです!

 

【6】サイバーエージェント

引用: Pixabay

アメーバブログやAbemaTVなどインターネットサービスを提供している会社です。

社長も若干40代にして4000億をもこえる大企業を作り上げた方で、そして何よりイケメンです。

サイバーエージェントは美男子だけではなく美女も多く、「顔採用をしている」と噂されるほどです。常に新しいことに挑戦し続けている企業のため、チャレンジ精神旺盛でバイタリティにあふれているイケメンが多いイメージです。

平均年収としては日本のIT企業のトップという事もあり、30代前半800万ほどと平均水準からみて高い給与です。渋谷に拠点を構えているため、デートもおしゃれな場所でできそうですね!

 

【7】三菱商事

日本のエリートが集まると言えば、五大商社。その五大商社のトップを走るのが三菱商事です。

幅広い分野で事業を展開しており、時に力を入れているのが資源・エネルギー部門です。お仕事のスケールが大きいですよね。扱う金額も大きく、「大きな仕事をする」というビジネスマンの醍醐味がそこにはあるかと思います。

平均年収も1000万を超える人はザラにいます。海外駐在もあるため、海外志向が強い女性はねらい目です!

動画では総合商社の年収について語っています。海外駐在した際の年収についても話が上がっているので、ぜひご覧になってください!

 

【8】リクルート

引用: Pixabay

リクルートと言えば、人材業界最大手の企業です。

一方でスーモやホットペッパーやじゃらんなど、さまざな業界の広告媒体も運営しております。競合が多い中で、常にトップを走り続けています。

そこからも分かる通りリクルートは新しいアイディアを生み出し、それを進めていく強い推進力のある企業です。そのためベンチャー企業の社長でリクルート出身という方がよくいますよね。

アイディアマンで、行動力のある男性を求めているなら、リクルートは非常におすすめです。年収も高く、推定1200万~1800万ほどと言われています。

 

【9】スターバックスジャパン

引用: Pixabay

美味しいコーヒーに柔らかな笑顔、そして気の利いた一言、だからこそ何度も通ってしまうスターバックス。サービス業だからか、やはりイケメン美男子が多い傾向にあります。

社員教育を徹底しており、どの社員も人間性は抜群です。おもてなしの心を常に持っているため、一緒にいても安らぐこと間違いなしです。

サービス業のため平均年収は500万ほどと、ピックアップした他企業と比較すると見劣りはするものの、相性を重視したい人であれば、スターバックスのイケメンはぴったりですね!

 

【10】ソニー

引用: Pixabay

日本を代表する企業と言えばソニーですね。意外にもソニーはイケメンが多いと言われています。

創業者の一人である盛田昭夫氏が「みんなネアカでがんばろう!」と根暗の反対である、根が明るいという意味の”ネアカ”という言葉で社員を鼓舞したのは有名な話です。

そのような日本のモノづくりの歴史を築いてきた偉大な経営者に憧れ、信念をもって働いている人が多いため、イケメンが自然と集まってくるのかもしれませんね!

平均年収も高く、40歳前半で900万ほどです。誰もが知っている安定した企業の1つです。

 

美男子エリート勢と結婚したい!

引用: Pixabay

いかがでしたでしょうか?できれば生涯のパートナーとして、イケメンエリートで結婚したいものですよね。そんな美男子と出会うために、職場選びを吟味してみるのもおすすめです!

またその企業の本社あたりの飲み屋さんに行き、ナンパしてみるのも1つの手です。

理想の結婚相手を見つけるべく、善は急げです!まずは行動してみましょう!

人気の記事