8時間ダイエットの効果期間はいつから?1ヶ月や1週間で成果あり?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

8時間耐久ダイエットが話題!

引用: Pixabay

みなさんはダイエットの経験がありますか?

旅行の時のお風呂がきになる・海に行くからみんなにキレイって褒められたい・結婚式を控えているからなどとダイエットを始めるきっかけは様々だと思います。

露出が増える機会を控えていると、気になるのはポッコリおなかやはみ出たおしりのお肉です。

ダイエットというと運動や置き換えダイエットなど思い浮かべる方もいるかと思いますが、なかなか効果を得られず1週間、1ヶ月程度で挫折した経験はありませんか。

普段の生活にダイエットのためだけに苦手な運動を取り入れたり、食べたい物を我慢しないといけなかったりするのは苦痛になります。これが長く続くと、「この我慢するダイエット期間はどのくらいやったら効果がでるの。」と感じてストレスに繋がります。

ストレスが溜まってしまうと継続は難しくなりますから、ダイエット効果を得る前に諦めてしまうケースが多いです。

ですが、ダイエットの効果を実感し1週間・1ヶ月後にキレイな自分になれる方法はあります。食事内容の制限がすくなくて、効果もちゃんとあるダイエットがこの世にあるなら挑戦してみたいなと思いませんか。

今回は運動や食事制限が苦手な方にお勧めの8時間ダイエットのやり方をご紹介していきます。

 

8時間ダイットとは?

引用: Pixabay

8時間ダイエットとは、食事を食べられる期間を1日のうち8時間に限定した食生活を送るダイエット方法です。8時間の間だったらなにを食べてもいいし、アルコールの摂取もして良いのです。

8時間時間制限ですが例えば、朝の7時に朝食を取ったら最後の食事は15時まで食事を取ることができますが、15時以降は食事を取ってはいけない時間に入ります。

このように食事が出来る期間を限定することで毎日プチ断食をするようになります。

私たちの胃は、胃に食物が入ってくると消化酵素をだします。消化酵素とは食事を分解して吸収しやすくするものです。消化酵素で分解され吸収された栄養分は代謝酵素の働きによって体のエネルギーとして使われるようになります。

適度な食事では問題が起きませんが、食べ過ぎて消化酵素が使われすぎると代謝酵素も不足してしまうので、代謝が落ちて太ってしまいます。

食事時間が決まってくるので、だらだら食べをしていた方には効果があるでしょう。

さらに、食事を取る時間が早く終わるので、食事でとったエネルギー源を使わずに睡眠時間になることもありません。8時間の制限で食事終了が早まるからこそ、食べてすぐに寝て太るのも予防できるのです。

8時間ダイエットではちょっとした断食の時間がありますから、夜更かしをするひとは少なくなります。そのため、必然的に朝方生活にシフトしていきます。つまり、8時間ダイエットは1日のリズムが整う効果があるダイエットといえます。

このように8時間ダイエットは、食事時間が8時間になる事でさまざまな良いところがあり、それによってダイエット効果が期待できるのです。

8時時間ダイエットの良いところをまとめます。

 

8時間ダイエットの良いところ


引用: Pixabay

・1日に食べる食事が2食になる

食事摂取時間が8時間に限定されるので、必然的に1日2食になります。

当然1日3食食べるより摂取カロリーが減るので、少ないカロリーで1日を過ごす事になります。カロリーが少ないと私たちの体は、蓄えている脂肪を燃やしてエネルギーに変えるので、カロリー制限は脂肪燃焼効果に繋がります。

・食事終了が早まる

食事摂取時間が8時間に限定されるので、食事を食べ終わる時間が早まります。食事が胃に入っていないと、消化管が休まります。消化酵素・代謝酵素の無駄使いを防ぐ効果が期待でき便秘解消に繋がります。

・食事を取らない時間が夜間にかけて長くなる。

食事終了時間が早くなるため、夜間食事を取りながらだらだらしていた時間が無くなります。空腹もやってくるので早めに就寝するようになります。

これにより朝方生活にシフトしていく効果があります。生活リズムが整うので健康的な生活となる効果があります。

なんでも食べていい8時間ダイエットですが8時間ダイエットの食事ルール」があります。早速確認していきましょう。

 

8時間ダイエットの食事ルール①


引用: Pixabay

以下のスーパーフード2個を食事の中に取り入れてください。スーパーフードはバランスよく高い栄養を手に入れられる食材です。例えば、ナッツ類は油も乗っており便通改善に効果があります。

・卵

・脂身の少ないお肉

・豆類

・ナッツ類(クルミ、ピーナッツなど)

・ベリー(ブルーベリーやイチゴなど)

・乳製品(ヨーグルトなど)

・色が鮮やかな果物(リンゴ・オレンジなど)

・穀物(玄米・全粒粉のパンなど)

・緑の葉野菜

 

8時間ダイエットルール②

Array

引用: Pixabay

水・ノンシュガーの紅茶やコーヒーを飲むのは大丈夫です。

8時間ダイエットの食べない期間に、アルコールや甘い飲み物を取ってしまうと効果が期待できなるなるので注意してください。

 

8時間ダイエットの効果がでる期間はいつから?

引用: Pixabay

8時間ダイエットを始めると、気になるのが効果が出始めるタイミングです。

慣れない8時間の食事制限、どのくらいの期間でどんな効果がみられるのか分かれば、1週間、1ヶ月後の自分が目に浮かび8時間ダイエットを続ける活力になるでしょう。

そこで、ここからは8時間ダイエットをどのくらいの期間やったらどんなが効果があるのか、1日、3日、1週間、1ヶ月と日を追って紹介していきます。

 

8時間ダイエット1日間

引用: Pixabay

8時間ダイエット初挑戦の初日は、ストレスを感じずに過ごせる人が多いようです。まだ体の変化は見られません。

8時間で食事が終了となるため朝食を7時にとって15時台に終了した場合、夜間にかけての時間が長くなり貧血気味になったケースがあるので注意しましょう。

正午からから午後8時で8時間ダイエットをした場合、朝方の空腹感は感じるものの寝るときの空腹感は抑えられます。夜間の空腹感が心配な方は開始時間を昼頃にしてみてください。

食事を取らない期間の空腹感を軽くする方法・8時間ダイエットの効果を高めるカロリーコントロール方法として、夕食をグリーンスムージー1杯飲むことをお勧めします。

グリーンスムージーは8時間ダイエット中に不足しがちな野菜をしっかり取れます。また、飲み物の中にスーパーフードも取り入れやすいアイテムなので、効果的な食事制限になります。

 

8時間ダイエット3日間

Array

引用: Pixabay

まだ1週間たっていないですが、人によっては体重が減ったと効果を感じる期間になります。

8時間ダイエットは夜に食事を取らないので胃腸をしっかり休める効果があります。この効果が、朝の空腹感として見られるようになります。

空腹感により朝食を取る生活をしていた人にとって、朝方・午前中の空腹感が辛いと感じるでしょう。

対策として、8時間ダイエット中に飲んでいい水分のコーヒーや紅茶などを効果的に取り入れていきましょう。

紅茶もコーヒーも種類が豊富にあります。ゆっくりお茶をする時間を持つだけでリラックス効果があります。空腹がつらい期間はこれでのりきっていきましょう。

 

8時間ダイエット1週間

引用: Pixabay

1週間は、慣れない8時間ダイエットを始めての一つの山です。この1週間が後4回続いたら、1ヶ月と思うと8時間ダイエットを継続できるか否か一つ悩む時期でもあります。

そこで大切なのか、どのように自分自身が効果を感じているのかです。

例えば、1週間継続できると、朝方生活になった自分に気が付くと思います。また、夜間の食事で消化不良になっていないので胃腸がすっきりして目が覚められ、朝方の空腹感にも慣れてくる期間になってきます。

このあたりですでに1Kg程度体重減少を8時間ダイエットの効果として感じだします。

体重の変化・生活リズムが整うなど8時間ダイエットの効果が出てきているので、体が軽くなったと自覚し始めるしょう。

飲晩酌する習慣がある人は8時間ダイエットの食事期間を過ぎで飲酒が出来ないので「断酒が辛い。」と感じるかもしれません。

8時間ダイエットの時間内なら飲酒もしてよいので、ちょっと早めの晩酌をしてプチ断酒期間を乗り切ってください。

1週間目になると、8時間ダイエットを効果的にするための決まり事に対してがまんできないと感じる事があるでしょう。

ですが、ここを乗り越えると体の変化を8時間ダイエットの効果として実感できるようになるので頑張ってください。

 

8時間ダイエット2週間

引用: Pixabay

1ヶ月の折り返し地点です。体重変化は1~2Kg程度減量し8時間ダイエットの効果を実感できるでしょう。ここまで続けられたら8時間ダイエットのリズムに大分慣れています

1週間目では断酒の辛さを感じる人もいましたが、1週間、2週間とお酒を断つことでお酒のない生活に慣れる期間になってきます。

夜間晩酌をしていた時間に、資格取得の勉強をしたり、今日食べた食事内容を振り返って自分の体に目を向ける時間を取り、お酒がなくても充実して過ごせると8時間ダイエットで心も元気にする効果があります。

8時間ダイエット開始1週間ではダイエットに慣れた、体重が減ったしダイエット効果がありそうだと8時間ダイエットの効果に嬉しさを感じたと思いますが、それとはまた違う生活の充実感が見える期間となります。

空腹感や断酒の辛さを感じる人もいますが、2週間目にはポジティブな変化に変わっています。ただ辛いだけではない8時間ダイエットは、2週間目あたりになると、心と体によい効果を出してくれます。

 

8時間ダイエット1ヶ月

引用: Pixabay

8時間ダイエットを開始して1ヶ月過ぎると、他者の目から見てもわかる効果が出始めます。

1ヶ月継続したことで不要な栄養分を取らない体になっており自然と体脂肪が落ちること、胃腸の活動が良好なので便秘解消に繋がったことなどが要因でしょう。

また、8時間ダイエット開始から1ヶ月間、食事をグリーンスムージーに置き換えるなど、食べる物に目を向けてきた人は自然と減塩に繋がっています。塩分制限によってむくみににくくなったことも効果がでた要因です。

朝ごはん食べる習慣があった人は、この1ヶ月間は一山でをす。幼少期から習慣付けられた朝食を食べる生活から朝食なしの生活に慣れるのは1ヶ月は必要になります。

8時間ダイエット継続1ヶ月を迎えられた自分を褒め、ダイエット効果を楽しんでください。

 

8時間ダイエットで気をつけるポイントとは

引用: Pixabay

8時間ダイエットは食生活や生活のリズムを整え健康的にダイエットするのに効果的です。

また、8時間ダイエットに挑戦した方たちは、1週間目で効果を実感し、1ヶ月目で他者からも分かるダイエットの効果がありました。

特にダイエット効果を実感している方は、8時間ダイエットのなんでも食事を取っていいというルールがある中で、さらに摂取カロリーを気を付けており、さらに、適度な運動も取り入れていました。

摂取カロリーが減ると、体のエネルギー源がへります。足りないカロリーは体の脂肪から貰うようになり、筋肉も少し落ちてきます。脂肪燃焼の面では、ここでジョギングなどちょっとした運動を取り入れるとダイエット効果が上がります。

しかし、筋肉がが落ちると基礎代謝が落ちるので、8時間ダイエットをして頑張っているにも関わらず太りやすい体質になってしまいます

これでは、せっかく8時間ダイエットを頑張っていても本末転倒になってしまいます。

ダイエット効果を重視して、有酸素運動やカロリー制限をしすぎると健康的な美しさを損なったやせ方になります。

美しく痩せたいのなら、体が必要な栄養は取りつつ、むりをしない運動量で8時間ダイエットに挑戦できるとよいでしょう。

8時間ダイエットに慣れるまでの1週間くらいは食事を楽しく食べながら、8時間ダイエットに慣れてきた1ヶ月くらいには食事内容に気を付け適度な運動を取り入れるくらいのペースで臨んでみてはいかがでしょうか。

 

8時間ダイエットで理想の体型を目指しましょう

引用: Pixabay

8時間ダイエットは食べたいものが食べられてダイエット効果を感じれる楽しいダイエット方法です。1週間の時点で効果を実感できるのも魅力的です。

1ヶ月継続するとなると、空腹感やカロリー減少で多少体力の低下を感じることがあるので、ダイエット効果だけでなく、体が無理をしすぎていないか確認しながら8時間ダイエットに挑戦してください。

8時間ダイエットは楽しくダイエットが出来るのが、8時間というタイトな予定なのに継続できる理由です。

ダイエット効果でどんな自分になっていきたいのか、目標をきめてそれに到達できるように日々の食事や実感した効果をSNSで発信するのも継続していくのに効果的です。

ダイエット期間に友人と会う時間を設けるのも、他者評価をしてもらえるので効果的です。

8時間ダイエットでスーパーフードを食べることになっていますが、種類が沢山あるのでナッツやベリーが沢山入ったヨーグルトを作ったり、食べ方の工夫が出来るのも楽しんでダイエットに挑める利点です。

8時間ダイエットを楽しむことがダイエット効果を発揮する一番大切なことになります。自分ならこれが楽しいと感じる点を沢山見つけて下さい。

人気の記事