サイギャップの意味とは?美脚の条件の作り方&日本人の骨格は平気?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

サイギャップとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

さん(@repsol_girl)がシェアした投稿

最近、よく耳にする「サイギャップ」。

実は日本人の骨格も関係している?その美脚の作り方とは?

その前にサイギャップの意味が分からない人もいるでしょう。そこでサイギャップの意味を分からない人のために、意味を解説しながらサイギャップのメリット・デメリットを踏まえたうえで美脚の作り方までご紹介していきたいと思います。

サイギャップはもともと「海外で大ブレーク」しており、日本人の方にもそれがメディアなどの情報で拡散し、美脚作りを目指す女性が、最近日本でも増えるようになったきっかけがサイギャップ。

細ければ細いほど良いとされて、太もものダイエットに取り組む女性が多くなりました。サイギャップになるためには太ももが細いほど理想の美脚作りができるという意味があるからです。

しかし中には身体の作り方の問題でサイギャップにならない方もいるようです。そこには骨格の問題が大きく関わってきるといわれています。しかしそれでも美脚にこだわり美脚の作り方を目指している女性はたくさん。

なぜなら、美人の象徴とするほどサイギャップは誇らしいと意味されている太ももなのです。なでこれほどまでにサイギャップになるための美脚の作り方に夢中になるのでしょうか。

サイギャップの魅力に迫りながら、美しい美脚の作り方やまたその条件など見ていきましょう。

 

サイギャップの意味は?

引用: Pixabay

「よく聞くけどサイギャップの意味って何?」とよく意味がわからない方も多いと思います。

そもそもサイギャップが差しているのは、両足で立った時に出来る隙間のことを意味します。

海外の雑誌に出ているモデルさんが、両足を揃えた時に、太ももが全然つかなくて美しいプロプロポーションなことから「 美脚」と題して海外の若者の中で大注目されているのです。

SNSの中には、太ももの隙間の写真があふれ返っているほど。

主にアメリカの若い子達の間でブレークしていて、「全能の隙間」とまで呼ばれるようになり、サイギャップを手に入れるために美脚の作り方を研究している方が増加している現状です。

こうして、海外から発信されSNSなどを通して、メディアに報道されるようになり日本人にも影響を与えたのです。もともと美脚への憧れや執着は、どの国でも今に始まったことではありません。

日本人の女性たちも美脚になりたい気持ちからサイギャップを目指して美しい美脚作りを目指している方もたくさんいます。しかし海外のモデルさんたちがサイギャップなのは、元々の身体の作り方の問題で、骨格が関係しているのです。

では、日本人ではどうなのでしょうか。日本人の骨格ではサイギャップが可能なのでしょうか。

またどのように美脚作りをしたらいいのか、日本人の骨格の作り方を踏まえた上で、詳しい解説をしていきたいと思います。

 

サイギャップのメリット・デメリットは?

ではサイギャップの作り方を目指す女性にとって何がそんなにも魅了的なのでしょうか。

そしてサイギャップにも落とし穴はあるのでしょうか?そこまでする意味があるのでしょうか?きちんとその意味を理解して知っておきましょう。

サイギャップを目指す方にはとっても大切なことなので、メリット・デメリットをしっかりと把握したうえで、自分には適切なのかおさらいておきましょう。

 

【メリット①】美しい美脚が手に入る


引用: Pixabay

一番のメリットして、サイギャップの作り方で憧れる最大の理由でもあるのが美脚になれること。もともと日本人は海外に比べると短足な国です。

しかしサイギャップは、太ももに隙間を与えて細くすることで足が長く見える効果もあります。実際太ももが細くなるので余計な脂肪はなくなり、引き締まります。

そして引き締まることによって、お尻と太ももにも隙間ができて足が細くて長い綺麗で美しいモデルのような美脚を手に入れる事ができるのです。

上記は、日本人の皆さんが目指している理想のサイギャップの作り方です。お尻はキュッと上がり引き締まったことでシェイプアップ効果も期待出来るという意味もあり、美しいプロポーションが実現するのです。

皆さんが憧れる意味も見て分かるほどの美脚ですね。

 

【メリット②】悪習慣から断ち切る


引用: Pixabay

サイギャップを目指す女性にとって、ダイエットやエクササイズは欠かせないもの。

普段、足を組む習慣のある方や両膝にくっつけずに座る方などにはとても意味があり、サイギャップの作り方の工程でそれが改善していくのです。

というのも足を組む方、両膝をくっつけないかたはすでに骨盤が歪んでいるのです。

ですからサイギャップを手に入れるのには、まずはそこから直していく必要性があり、エクササイズの過程でもそこを意識しながらトレーニングをするので自然と意識して癖ずきしていくことで直っていくのです。

このようにサイギャップになってくと、自然と両膝がくっつくようになるので、習慣習慣の作り方になるというエクササイズをする意味が分かりますね。

 

【メリット③】下腹も引き締まりスレンダーに

Array

引用: Pixabay

日本人が気にしているのは足だけではありません。

ほどんどの人がお腹を気にしています。お腹痩せのダイエットをしている方もいると思いますが、実はサイギャップでを作ることによって、お腹も引き締まりスリムを目指せるのです。

というのも、サイギャップを作るためのエクササイズの中で、骨盤内から内ももに繋がっているラインを鍛えるやり方があるのです。

しかしこの場合は意識を抜かずに動く事で、下腹と内ももに圧力がかかり同時に引き締めてくれる意味があるので、サイギャップを目指しているうちにお腹も一緒にスレンダーになっていくわけです。

下腹が引き締まり鍛えられたことによって、くびれもでき、美脚のみならず全身がスレンダーで日本人が憧れる理想のスタイルになるのです。

ある意味、サイギャップでエクササイズした方が理想的な身体の作り方になるのかもしれません。

 

【デメリット①】骨格がサイギャップ向けになっていない

引用: Pixabay

実はサイギャップを目指す女性達の悩みのタネになるのが、骨格に意味があるのです。

なぜならば、日本人の骨格の作りそのものが、太ももの間に隙間が出来るような身体の作りではないという意味なのです。これは臨床心理学者や、医学的にもいわれているのです。

女性の場合は、妊娠して子供を産むということから骨盤がもともと広く作られた身体の体質なので、骨格がサイギャップに適した作りにはなっていないのです。

これは日本人にとってなかなかハンディーになってきます。

しかし骨格がサイギャップになりづらくても理想に近づくためにエクササイズやダイエットで目指せます。ですから骨格上太ももの間に隙間ができにくくても努力してサイギャップを目指す意味は十分にあります。

意味合い的には、日本人の骨格がサイギャップなる作りになっていないが、きちんとしたエクササイズでサイギャップは手に入れられます。

 

【デメリット②】身体や精神面に悪影響を及ぼす可能性

Array

引用: Pixabay

美しい美脚になるために、サイギャップになりたい女性が日本人だけではなく今現在も海外でも大人気です。

しかし、あまりにサイギャップに執着しすぎて、身体や精神面ととなり合わせになってしまうのです。自分の身体の作りをきちんとした 理解してエクササイズを行わないといけない意味があります。

そもそもサイギャップは骨格の作りがサイギャップになっていないので、殆どの女性には「夢想」でしかないといわれてます。その為、非現実的な理想を追いかけすぎて、過度なダイエットや誤ったエクササイズをして摂食障害を起こす人もいます。

また、骨格の問題も関わっているという意味を忘れて、誤った知識を鵜呑みにして中々成功しない人や、プレッシャーに押しつぶされて抑うつ状態や自殺行為に走ってしまう可能性もあるのです。

危険とも隣り合わせだという意味をよく理解できずにサイギャップを目指す人もいるということです。実際にアメリカではサイギャップがトレンドになりすぎて、10代の若者に起きている深刻な問題でもあります。

危険と隣り合わせだという意味をよく理解して、適切な対策と無理のないエクササイズでサイギャップを目指してください。

 

【デメリット③】誰もがサイギャップになれるとは限らない

引用: Pixabay

もともと骨格の関係で、サイギャップになりにくいのはありますが、その中でも 、ダイエット・エクササイズしてもサイギャップになれない人もいる、という意味もきちんと理解しておかなけれななりません。

まず骨格の関係では、一人一人、形や大きさが違うという意味は皆さんご存じのはず。

どうしても骨格がサイギャップ向けではない人はいくらダイエットしようが、エクササイズしようが太ももに隙間はできません。

今現在サイギャップ目指しているが、全く太ももに隙間が出来ないと思っている方は、もしかしたらあまり意味がないかもしれません。

また、足を普段から組んでいる方が楽だと感じている人や、座るときに両膝をくっつけるより、開いている方が楽だと感じているもサイギャップになりにくいのです。

この場合は、骨盤がすでに歪んでいるという意味になります。歪んでいるからその体勢が楽になるのです。「ならサイギャップ目指すの意味ないじゃん」と思うかもしれませんが、意味はあります。

というのも骨盤の歪みなら、骨盤を正せるようにすることから始めればいいだけなのです。なのでサイギャップは目指せるのですが、ただ時間が掛かってくるので長い目で挑戦する必要があります。

 

サイギャップ美脚の作り方を紹介!

引用: Pixabay

サイギャップには素敵な魅力があると同時に、デメリットとなる意味もご理解して頂けたかと思います。どうしても日本人の骨格の作りの問題でサイギャップに最初からなれるのは難しい。

しかしきちんとしたダイエット・エクササイズのやり方で美しい美脚のサイギャップは手に入るのです。

大いにやる意味はあるので、正しいサイギャップの美脚の作り方を覚えて自分の理想のサイギャップになりましょう!

サイギャップの美脚の作り方は、太ももの内側を鍛えることに意味があります。

意味のある方法としては、筋トレとマッサージをセットでエクササイズするととても効果が高まり、サイギャップの美脚に大きな意味があるのです。セットでなければサイギャップの意味があまりなくなるので、必ずセットでトレーニングしてください。

それでは、誰にでもできるサイギャップの意味のある筋トレとマッサージ方をご紹介していきたいと思います。

 

【1】最初はスクワット

まずは自分の足を大きく開きます。

肩幅より大きく開いてください。両手で腰に手を添えてから、ゆっくりと息を吐きながら腰を曲げて、今度はまたゆっくりと息を吸いながら上半身をあげていきます。

この時、注意してほしいのが、足の力を意識しながらつま先より膝が前の方に出ないように、気をつけてください。せっかくのスクワットが意味なくなりますので。

この繰り返しを30セット行います。

 

【2】第二段階はアダクション

スクワットが終わった次は、横になり自分の利き手で肘をついた体勢になり、上半身を腕で支えたまま、もう片方の肘を曲げながら頭に添えてください。

そして、上側の膝をゆっくりと曲げながら、下側の太ももの足に置いたまま、下側の足をゆっくり上げて下げてを繰り返してください。

この時一番意味あるのが、背中を曲げず姿勢を正したまま、呼吸はゆっくり吐いて吸ってを繰り返してください。

この繰り返しも30回行ってください。ポイントとしては結構きつく大変ですか、筋肉を引き締める効果の意味があるので休まないでください。

 

【3】第三段階はサイドランジ

自分の足を大きく開いてから、両手を立つ腰に添えてから両膝を約90度近く曲げ、その状態のまま左に重心を傾けます。そして左膝を伸ばしていってください。そして反対も同じように行ってください。

この時も背中は曲げずに、片足は曲げたまま維持すくことにとても意味があり効果的です。

これも片足ずつ30回行なってくださいね。

 

【4】最後はマッサージで完了

引用: Pixabay

まずはボディーオイルかボディークリームを準備しておきます。

そして少量を太もも全体に塗りながら、さすって太ももを温めていきます。そして、太ももの外側を「ギュッギュ」と押し込むように10回脚の根元に向かっておしあげてください。

次は内側の太ももを「グリッグリッ」と外側に向かって押し込みながら揉みほぐしていきます。同じように外側の側面の太もももほぐしてください。

そしてトントンと軽く叩きながら、血行をよくしていきます。とても意味のあることなのできちんと老廃物を流してください。

次は膝の上のお肉に手を差し込みながら摘んで、ほぐしていきます。

終わったら1分間ひたすら、外側の太ももを揉みほぐし、同じように内側の太もものお肉もつまみながら揉みほぐしてくださいね。この時セルライトを潰すように揉むと、刺激してくてくれる意味があるので意識してみてください。

仕上げは、太ももの付け根にあるリンパを「ギュー」とおして刺激をして老廃物を流しこんで終了です。

最後のマッサージは、筋トレの後の重要な意味があるポイントなので、しっかりと揉みほぐしてサイギャップを目指してくださいね!

 

サイギャップは女性の憧れ!

引用: Pixabay

皆さまいかがだったでしょうか?

今回は日本の女性が注目している「サイギャップ」についての意味や、サイギャップを目指した美脚の作り方をご紹介致しました。

サイギャップは太ももを細くすることで、お尻と太ももの間に隙間ができ、足が長く綺麗な美脚になる事が分かりました。そして現在、 サイギャップがトレンドとしてなぜそこまでして人気があるのかという意味も納得です。

女性がサイギャップにこだわるのも、そもそも日本人には最初から骨格の作り自体がサイギャップになれるものではないという意味があったからなのですね。

しかしそんな魅力的なサイギャップにも落とし穴があるので、自分にとっていかに意味があるのかをきちんと理解して、美しい美脚を目指していきましょう。

サイギャップは、太ももの内側をとにかく鍛えることに意味があるねで、太ももを鍛える筋トレを毎日かかさず、そしてマッサージと並行してセットでエクササイズすることで効果が上がります。

もともと女性はサイギャップになりにくい体質なので、適切なサイギャップにあったダイエット・エクササイズをする意味があるので、無理なく自分にあったやり方で理想の美しい美脚を手に入れてくださいね。

人気の記事