ママ活とは?経験者にお勧めアプリや相場・コツなど聞いてみた

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ママ活とは?

引用: Pixabay

みなさんは、「ママ活」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

「パパ活」と比べると耳に馴染みのない言葉かもしれませんが、なんとなく「パパ活は女の子が”パパ”とデートをしてお小遣いをもらう行為だから、ママ活は男の子が”ママ”とデートをしてお小遣いをもらうのかな」という想像はつきますよね。

そのとおり、ママ活とは若い男の子が年上の女性と一緒にデートをしたり、食事をしたりして(もちろんすべて「ママ」のおごり!)、お小遣いをもらう行為です。

本記事では、ママ活をする際のおすすめアプリやサイト、ママ活の相場、コツなどを、リアルな体験談や口コミをもとにご紹介していきたいと思います!

 

ママ活が最近、話題に?


引用: Pixabay

パパ活と比べると聞き馴染みのないママ活ですが、実は最近、じわじわと話題になっているんです。

ママ活を利用する女性が求めているのは、いわば「癒し」。若い男の子と会話をすることや、男の子がモリモリご飯を食べているところを見ることで、ほっこりしたり癒されたりするようです。

また、「自分は若い男の子とデートができている」という高揚感や、不倫と比べると手軽に体験できるドキドキ感なども魅力なようですね。

女性は癒しとドキドキの両方を得られて、男の子は美味しいものをご馳走してもらえたりお小遣いがもらえたりする、という男女両方のお得感が、ママ活が話題になっているヒミツかもしれません。

そして驚くべきことに、ママ活をしている男性のなかには、複数人のママとデートを重ね、1ヶ月で30~40万円稼いでしまうという猛者も!

しかし、ママ活でそれほどの報酬を得られる男性はほんの一握り。では、彼らはいったいどのようなことを意識してママ活をしているのでしょうか。

 

ママ活をするのに難しいポイントを紹介!

引用: Pixabay

いくらママ活が話題になっているとはいっても、いざ実行するとなるといくつかのハードルが待ち受けているようです。

デートの際にうまく盛り上げることができなくて挫折してしまう、というパターンは想像できますが、そもそも相手の女性との出会いを果たすまでのハードルが高い、という事実も。

ここからは、ママ活の難しいポイントとはいったいどのようなものなのか、5つに分けてご紹介していきます!

 

【1】サクラが多い!


引用: Pixabay

実は「ママ活詐欺」という言葉ができているほど、ママ活にはサクラが多いんです!具体的には、若い男の子を「ママ活しましょう」と誘い、逆に女性側が金銭をだまし取る、という行為のことを言います。

「そもそも男性側がお金をもらうのがママ活なんだから、だまされてお金を取られる、なんてことはないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、「ママ活詐欺」の手口はなかなか巧妙なのです。

「ママ活を始める前に、まずはそっちが保証金を払ってね」と男性側にお金を払わせたり、ママ活ができると嘘をついてあやしい出会い系サイトに誘導するなど、その手口は悪質なもの。

「早く保証金を払ってくれないと、他の男の子と契約しちゃうよ!」、「今すぐこのサイトに登録してくれないと、もうやりとりができなくなっちゃうよ!」などといったように、男性側を焦らせることでお金をだまし取ってしまうのです。

また、いざデートまでこぎつけたもののその女性が美人局だった……なんてことも。「こっちがお金を払うなんて話が違うじゃん!」と思っても、脅されてしまってはどうしようもないですよね。

ママ活を始めた若い男の子の前には、まずは「相手の女性がサクラか否か?」を見極めなければいけない、という試練が待ちうけているんですね。

 

【2】そもそもママ活OKの女性が少ない

Array

引用: Pixabay

パパ活OKの男性と比べると、ママ活ができる女性の分母がそもそも少ないため、若い男の子たちは相手を探すのすら一苦労。数少ないママを若い男の子たちが奪い合う、という構図になっているわけですね。

これには、ママ活の認知度がパパ活と比べると低いから、というのも理由のひとつではあるかもしれませんが、本当の理由は、女性の方が「出会い」に対して身構えてしまいがちだというところにあるといえるでしょう。

女性からすれば、いくら年下の男の子とデートがしたいとはいっても、サイトやアプリで知り合った男性と実際に会うのはやっぱり不安なもの。ママ活OKの女性が少ないのは、そういった意味では自然なことなのかもしれませんね。

 

【3】容姿の良さがカギになる

引用: Pixabay

ママ活を利用する女性が男の子に求めているのは、「若さ」と「癒し」だけではありません。「容姿の良さ」も、それらと同じくらい重要なカギとなってきます。

ネット上でママ活の相手を募集している女性の文言を見てみると、「ママ活できます。〇歳~〇歳くらいのイケメンさん募集」、「ママ活で男の子を支援します!俳優の〇〇みたいな人がタイプ」など、男性側に容姿の良さを求めるような表現が多くみられます。

どうせお金を払ってデートをするなら、見ているだけでドキドキしちゃうようなイケメンがいい……という女性の気持ちは、なんとなくわかりますよね。

ただ、容姿については服装に気を遣うだけで十分カバーすることができます。のちほどデート時の服装についてのコツをお伝えしますので、そちらもチェックしてみてくださいね。

 

【4】コミュニケーション能力が求められる

Array

引用: Pixabay

容姿の良さと同じくらい求められるのが、コミュニケーション能力です。

いざネット上で女性と出会いを果たし、メッセージのやりとりを開始しても、そこで会話が弾まず、レスポンスが続かないなんてことになってしまえば、お互いに会うのが億劫になってしまいますよね。

そのままデートの約束を取り付けることもかなわないまま、どちらからともなくフェードアウト……なんてことにもなりかねません。

そしていざデートにこぎつけても、お互いにあまり話さないまま、レストランで向かい合って黙々と目の前のご飯を食べているだけ、なんて気まずいことになってしまっては、相手の女性も自分も嫌な思いをしてしまいますよね。

そのような気まずいデートをしても、「また会いたい」と思ってもらうのは難しいですよね。

「ママ活を成功させている人は複数人ママがいるみたいだし、その人がもう会ってくれなくてもあまり痛手ではないのでは?」と思われるかもしれませんが、ママ活OKの女性の母数が少ないという事実がある以上、ひとりの女性に「もう会いたくないな」と思われてしまうのは大きな痛手になってしまいます。

「じゃあ、会話が途切れないようにこっちからたくさん話しかければいいんだよね!」と思われるかもしれませんが、女性が求めているのは「楽しい話で笑わせてくれる男性」ではありません。

もちろん、それもコミュニケーションをはかるうえでは必要なことではありますが、ママ活を利用する女性が求めているのは「自分の日ごろ抱えているモヤモヤを受け止めてくれる男性」です。

ママ活を利用する女性の多くは、「若い男の子と会話をして癒されたい」という希望を持っています。相手の趣味の話を引き出したり、日ごろの愚痴をきいてあげる、といったような「聞き上手」になることを心がけるのがコツですよ。

相手の男の子が自分の話に耳を傾けてくれ、頷きながら共感をしてくれるだけでも、女性は嬉しい気持ちになってしまうものです。

聞き上手になることで、女性に対する癒し効果だけでなく、包容力も演出することができるのでおすすめですよ。女性に「また会いたい」と思ってもらえるような、包容力のある癒し系男子を目指しましょう!

 

【5】「この子を応援したい!」と思ってもらう必要がある

引用: Pixabay

ママ活を利用する女性は、単純に「デートをしてくれたお小遣い」として男の子にお金を払っている人ばかりではありません。

「奨学金を返すためにお金がいる」、「お金を貯めて新しいことを始めたい!」など、何か目的・目標がある男の子を支援したい、という気持ちでママ活を利用している女性が多いのです。

ですから、「ただのお小遣い稼ぎです!」という気持ちが見え見えになってしまうと、女性とのマッチングは難しくなってしまいます。なぜ自分はママ活をする必要があるのか、貯めたお金で何を成し遂げたいのかを説明できるようにしなければいけないというわけですね。

女性側も、自分で働いて稼いだお金を相手の男性に「投資」しているのだ、という事実を忘れないようにするのがコツだといえるでしょう。

 

ママ活おすすめサイト・アプリ10選①【アプリ編】

引用: Pixabay

ここまでは、ママ活とは何なのか、ママ活にはどんな魅力があるのか、そしてママ活をするうえで難しいポイントは何なのか、ということについて解説してきました。

では、実際にママ活をはじめるにあたって、どのようなツールを使えば素敵な出会いを果たすことができるのでしょうか?

ママ活に最適な出会いのツール、それはずばり出会いに特化したサイトやアプリです。

「Twitterでママ活募集している人を見たことがあるけど、それじゃダメなの?」という疑問が湧いてくるかもしれませんが、Twitterはいくらでも年齢や性別を偽ることができてしまううえ、さきほどの「ママ活詐欺」のように、他の怪しい出会い系サイトに誘導されてしまう可能性もあるため、あまりおすすめできません。

その点、サイトやアプリなら年齢確認だけでなく身分証の提出を求められるものも多いので、男女ともに安心して利用できるところがおすすめポイントとなっています。

「じゃあ、かたっぱしからサイトやアプリに登録すれば、たくさんの女性と出会えるから効率的だよね!」と思われるかもしれんが、実はそうとも限りません。

なぜなら、サイトやアプリによって、会員数や出会える年齢層、1度のデートでもらえる相場、どのような男の子が求められているのかなど、条件がまったくちがってくるからです。

それなら、自分の年齢や、1度のデートで欲しいお金の相場などを考慮したうえで利用するべきサイトやアプリを絞り込んだほうが、理想の出会いを果たせる可能性がぐっと上がりますよね。

そこでここからは、ママ活におすすめのアプリを7つ、サイトを3つ紹介していきたいと思います。自分に合うアプリやサイトを見つけて、ママ活のスタートダッシュを切りましょう!

 

【1】ワクワクメール

引用: Pixabay

ワクワクメールとは、会員数750万人以上を誇る国内最大級の出会い系アプリです。会員数が多いことや、20年近く運営していることからも安心して利用できるのがおすすめポイント。

男性はメッセージの送信や掲示板の閲覧をするために「ポイント」を購入しなければなりませんが、相場は1通当たり10~50円程度です。ママ活を始めるための初期投資だと思えば安い金額ですよね。ちなみに女性は完全無料で気軽に利用ができます。

会員数が多いため、たくさんの人とやりとりをして、出会いに繋がりやすいのもおすすめポイントです。なかには登録をしてから3日で会えた、という人もいるようですよ。

ただし1度のデートでもらえる相場はママ活としては比較的低く、1時間のランチなら2000円程度。1日中ゆっくりデートをしても、相場は1~2万円なのだそう。女性にとっては、はじめてママ活をしてみる方でも安心して利用できる金額だというのが魅力的ですね。

また、ママ活は原則「肉体関係はもたないもの」と定義されていますが、ワクワクメールのアプリでマッチングを果たし、実際にデートをした男女のなかには、食事をともにしたあとそのままホテルへ……なんて人も。刺激的な出会いを求める男女には特におすすめのアプリかもしれませんね。

会員男性の年齢層は、20代が最も多いようです。ただ、30~50代の男性や既婚者も多く、そのなかから若くてママを募集している男の子を探すのは、女性からすれば少し根気のいること。

逆にいえば、20代の若い男性であれば人気者になれる可能性が高いので、特に20代前半の男性におすすめのアプリです。

 

【2】ハッピーメール

引用: Pixabay

ハッピーメールは、ワクワクメールと同じく20年近く運営している老舗の出会い系アプリです。会員数は、なんとワクワクメールを上回る約2000万人!

これだけたくさんの会員がいれば、素敵な出会いが期待できそうですよね。

こちらのアプリも、メッセージ1通の送信にかかる料金は50円程度。ママ活をしてもらえるお金の相場に関しては、2~3時間のデートで1~2万円と、ワクワクメールと比べると少しお高めです。

一緒にカフェでスイーツを食べながらおしゃべりをしたい、若い男の子の相談に乗ってあげたい、という希望をもった女性が多く「我こそは母性本能をくすぐる甘えん坊男子!」という20代の男性におすすめのアプリです。

 

【3】Jメール

引用: Pixabay

Jメールは、1999年から運営している安心・安全なおすすめアプリです。

会員数は600万人と、上記2つのアプリと比べると少なくなりますが、20代の男性会員が多いことや、地域ごとにお相手を探しやすいのが女性に人気のおすすめポイントです。近くに住んでいるお相手を探して、すぐに出会いに繋がりやすいのはうれしいですよね。

デートの相場は、1時間で4000~7000円程度。アプリ内に「誘い飯掲示板機能」というものがあり、まずは一緒にお食事から、と気軽な出会いを求める男女におすすめです。ママ活初心者でも安心して利用できそうですよね。

年下の男の子がモリモリご飯を食べている姿に癒される、という女性も多いので、食べっぷりに自信のある男性や、「美味しそうに食べるよね」とよく言われる、という男性にもおすすめですよ。

 

【4】ASOBO

引用: Pixabay

ASOBOは、メッセージや掲示板でのやりとりだけでなく、占いや日記などのさまざまなコンテンツが楽しめるおすすめアプリです。

こちらも男性はメッセージのやりとりに料金が発生しますが、プロフィールを充実させたりお友達を紹介することでポイントをもらえるシステムがあるので、無料でも充分楽しむことができますよ。

会員数は約650万人。アダルトではない健全な出会いを求める人が多く、純粋に若い男の子と食事やデートを楽しみたい、という女性が多いです。初対面の女性とホテルに行ったりするのは抵抗がある、という男性におすすめですよ。

男性会員は30代以上の方が多いため、「20代の若い男の子とデートがしたい」という女性よりも、「落ち着いた雰囲気の男性とまったり過ごしたい」という方が多い傾向にあります。

聞き上手でまったりとした時間が提供できる男性におすすめのアプリといえますね。1度のデートでもらえる相場は1万円と、こちらも少しお高めになっています。

 

【5】イククル

引用: Pixabay

イククルは、会員数1300万人の出会い系アプリです。

メッセージや掲示板などのオーソドックスなコンテンツはもちろん、日記や写メコンテストといったコンテンツを楽しめるのもおすすめポイントです。写メコンテストで上位になれば、賞金をゲットすることもできますよ!

年齢層は男女ともに若め。一緒にランチをしたり、映画を見に行ったりとカジュアルなデートが期待できそうですね。

カジュアルで短時間のデートが多いということもあり、1回のデートの相場は4000~7000円ほどです。

 

【6】PCMAX

引用: Pixabay

 

PCMAXも、会員数は1300万人とたくさんの出会いが期待できるおすすめアプリです。

こちらも全体的に年齢層は低め。特に女性は10~20代が多いので、ママ活のお相手を探すとなると少し難しいかもしれません。

ただ、「交際相手募集」、「遊びの相手募集」といったように出会いの目的別に分けて募集をかけられますし、「メッセージを重ねてから会いたい」、「今すぐ会いたい」などといったように、自分のペースに合わせて相手とやりとりをすることもできます。

アプリを利用する上で、条件検索がしやすい、というのは嬉しいポイントですよね。

こちらはアダルトなコンテンツも多くなっていますので、刺激的なデートを求める男女におすすめのアプリです。

 

【7】SILK

引用: Pixabay

ママ活をしたい大学生に断然おすすめのアプリが、こちらのSILKです。なんと「大人の女性」と「男子大学生」限定の出会い系アプリなのです!

大学生の男の子と出会いたい年上の女性が集まっているため、男性会員は「現役の大学生である」という証明が必要となってきます。

巷では「ママ活専用アプリ」といわれているほど、男子大学生と年上の女性とのマッチング率が高いのもおすすめポイント。

「大学生の男の子とデートがしたい」という20代半ば~40代くらいの女性が集まっているので、ママ活をしたい男子大学生は1度登録してみることをおすすめします。

ただ、会員の割合は男性が圧倒的に多く、そのなかから女性に選んでもらうためには、プロフィールの画像や内容に工夫を凝らす必要があります。

のちほど、ママ活で使用するプロフィール作成のコツや、女性に好印象を与えることができる服装についてお伝えしますので、そちらもご確認くださいね。

年齢確認などもきちんと行われているので、男女ともに安心して利用できるのもおすすめポイントです。

デートの相場は、1時間当たり3000~5000円程度。大学生の男の子と会話をして癒されたい、という女性が多いので、おしゃべりが得意な男の子や、聞き上手な男の子におすすめですよ。

 

ママ活おすすめサイト・アプリ10選②【サイト編】

ここまでは、ママ活をはじめるにあたっておすすめのアプリを7つご紹介しました。

次は、ママ活におすすめのサイトを3つ、ご紹介していきたいと思います!

 

【1】ラブサーチ

引用: Pixabay

 

ラブサーチは、マッチング率88.9%を誇る優良出会い系サイトです。

男性会員の年齢層は30代~が多めととなっているため、そのなかに20代の男性が混ざっていれば人目を引くことができますよね。

ただ、まじめに恋人や結婚相手をさがしている男女が多いため、ママ活のお相手を探すのは少し難しいかも。

しかし「とにかく年上の女性と今すぐ出会いたい!」という男性にはおすすめのサイトとなっており、交渉次第ではママ活にこぎつけるかも、という声もあります。

 

【2】華の会メール

引用: Pixabay

 

華の会メールは、中高年・熟女を対象とした出会い系サイトです。

30歳未満は利用不可となっているので、「30歳以上だけど、他のアプリやサイトでは20代の男の子に女性をとられてしまいそうで、ママ活に踏み切る勇気がない……」という男性にもおすすめのサイトとなっております。

ママ活を利用する女性の中には、20代の若い男の子の癒しだけでなく、30代以上の落ち着いた男性の包容力を求める女性も多いもの。30代からのママ活は、華の会メールではじめてみましょう!

 

【3】R25 恋友

引用: Pixabay

 

R25恋友(れんとも)は、その名のとおり25歳から利用できる出会い系サイトです。

大人の関係を求める25歳以上の男女が集まっており、年下の男の子とデートがしたい、という30~40代の女性も多いので、25歳以上でママ活をはじめたい男性にはもってこいのサイトです。

また、「大人な関係」、「純粋にデートをしてくれる人」と希望ごとに分けて募集をかけることも可能となっています。刺激的な出会いを求めている男性も、まずはまったりとしたデートがしたい男性も、自分のペースに合わせてママ活ができるのがおすすめポイントですよ。

 

ママ活するためのコツを紹介!

引用: Pixabay

ここまではママ活におすすめのアプリやサイトをご紹介してきましたが、自分に合ったアプリやサイトに登録し、いざママ活をはじめよう!と思ったとき、心がけるべきことはいったい何なのでしょうか?

せっかくデートにこぎつけても、相手の女性が何を求めているのかをうまく汲み取れなければ、次のデートにつなげることができず、ママ活を成功させることは困難になってしまいます。

ここからはママ活経験者の声をもとに、ママ活を成功させるコツを5つ紹介していきたいと思います。

少しの心掛けでできることばかりですので、しっかりとコツをマスターしてママ活の成功につなげましょう!

 

【1】まずは服装に気をつけるべし!

引用: Pixabay

いざママ活をはじめて女性とデートにこぎつけたなら、まずデートに着ていく服選びには十分注意しましょう。

たとえば、年上の女性とカフェでお茶をしに行くのに、胸元がざっくりあいたTシャツに、派手な柄の短パンをはいて行ったら?

おまけにギラギラとしたネックレスやリング、さらにはサングラスまでつけて、待ち合わせ場所に登場したら?当然、相手の女性はびっくりしてしまいますよね。

ママ活で女性とデートをする際は、白いシャツや明るい色のデニムなどで爽やかさを演出するようにしましょう。

アクセサリーをつけるなら、シンプルでゴテゴテしていないデザインのものを心がけて。

爽やかさだけでなく、清潔感や癒される感じもアピールできるのでおすすめですよ。

 

【2】プロフィールの内容は工夫するべし!

引用: Pixabay

出会い系のアプリやサイトを利用する際にプロフィールの文面に気を配るのは基本中の基本ですが、ママ活でアプリやサイトを利用するなら、よりいっそうの注意が必要です。

「ママ活」という直接的な言葉を禁止語句に指定しているアプリやサイトも存在します。なので、

「ママ活してくれる女性を募集します!お小遣いください!」

なんて文面にしてしまうと、プロフィールを削除されてしまう可能性もあります。

なにより、それを読んだ女性はちょっと引いてしまいますよね。なので、「ママ活」という言葉を使わずに、ふわっとそのことを匂わせるような文面を心がけましょう。たとえば、

「一緒にカフェでおしゃべりができる女性を募集しています。甘いものを食べながら、日ごろの悩みや愚痴を僕がお聞きします!」

「あまりお金には余裕がありませんが、癒しの時間を提供できると思います」

などといったように、「こういったデートを求めている、ということ」、「お金には余裕はないこと」、「そのかわり、〇〇を提供できること」がわかるような文面にするのがベターです。

そうすれば、相手の女性も声をかけやすくなりますし、「このひとはママ活の相手を募集しているんだな」と察してもらうことも可能になります。

 

【3】相手にとことん尽くすべし!

引用: Pixabay

繰り返しになってしまいますが、ママ活を利用する女性は「癒し」と「ドキドキ感」を求めて、アプリやサイトを使って男の子とコンタクトをとっています。

癒しを提供するには、女性の日ごろの悩みや愚痴を聞いてあげる、といったような聞き上手になる必要がありますし、ドキドキ感を提供するには、女性をスマートにエスコートするテクニックが必要になってきます。

自分の話ばかりするのは控え、女性の目を見て話を聞いてあげることや、お店に入るときにはドアを開けてあげる、などのさり気ない気配りを心がけましょう。

 

【4】ときには甘え上手になるべし!

引用: Pixabay

かといって、あまりにもスマートに立ち振る舞うことばかりに集中してしまっては、女性側としても「年下の可愛い男の子」とデートをしている意味がなくなってしまいます。

時には女性に甘えることで、母性本能をくすぐるような演出をしてみましょう。

「初対面の女の人に、ふつうのデートで甘えるなんてハードルが高くない?」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

ふたりで外を歩いているときに「手をつないでもいいですか?」とお願いされたりするだけでも、年上の女性はキュンとしてしまうものですよ。

自分が年下である、ということを存分に活用したアピールをして、女性をキュンキュンさせてしまいましょう!

 

【5】「応援したくなる男の子」を演じるべし!

引用: Pixabay

とはいえ、スマートさや時折見せる可愛らしさだけでは、ママ活を成功させる条件をすべて満たしたとは言えません。

将来の夢や目標をもち、女性に「この子を応援してあげたい、支援してあげたい」と思ってもらえなければ、ひとりの女性と長期的にママ活をするのは難しいかもしれません。

目標は何でもかまいません。「お金を貯めて起業したい!」といったような大きな夢でも、「就活にお金がかかるから貯金をしたい」といったようなささやかな目的でも、「なぜお金が必要なのか」を明確に説明できればOKですよ。

 

ママ活を成功させよう!

引用: Pixabay

ここまでママ活の魅力やママ活をするうえでの難しさ、おすすめのアプリやサイト、そしてママ活をする際のコツについてをお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。

パパ活と比べるとまだまだ認知度は低いですし、ママ活をしたうえで得られるお金の相場も、アプリやサイトによってまちまちだということがおわかりいただけたかと思います。

実際のデートだけでなく、サイトやアプリの選び方にもコツがあったとは驚きですよね。

「なんだか最初の段階から心がけなきゃいけないことがたくさんあるんだなぁ」とびっくりしてしまった方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、自分の希望や年齢に合ったアプリやサイトを選ぶことで、十分ママ活を成功させることは可能ですよ!

自分に合ったアプリやサイトを活用し、ママ活をするうえでのコツをしっかりマスターすることで、はじめてのママ活を成功させましょう!

人気の記事