渋谷区短大生切断遺体事件の概要!武藤勇貴の手記や出所その後まとめ!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

渋谷区短大生切断遺体事件とは?

引用: Pixabay

渋谷区短大生切断遺体事件とは、平成十八年の晦日に東京で起きてしまった事件です。

犯人の武藤勇貴が妹の亜澄さんを殺害し、切断した事件のことを指します。

この記事では、渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴の父母の手記や出所はいつなのかについて調べました。

さらにはその後、父母が住所を変えたのかなどについても詳しくまとめました。

 

渋谷区短大生切断遺体事件の概要

引用: Pixabay

ここからは、渋谷区短大生切断遺体事件が起きる直前と犯人・武藤勇貴が逮捕されるまでを詳しく見ていきたいと思います。

渋谷区短大生切断遺体事件の現場となった武藤家は、父母・兄・犯人の武藤勇貴・妹の亜澄さんの5人家族でした。

渋谷区短大生切断遺体事件が起きてしまった武藤家の住所は東京都渋谷区幡ヶ谷と報道されています。(現在はこの住所には住んでいないと思われています)

渋谷区短大生切断遺体事件で犠牲者となった妹の亜澄さんと、その兄・武藤勇貴はあまり仲が良くなかったようです。

平成十八年の晦日、母や父・さらには長男が帰省しており、家には武藤勇貴と妹の亜澄さんだけがいるという状況になりました。

父母や長男は東北地方に帰省していたということで、武藤勇貴から見て祖父や祖母が東北地方に住んでいたのかもしれません。(帰省していた東北地方の明確な住所はわかりませんでした)

武藤勇貴と妹の亜澄さんは普段の生活態度について話し続けていたようですが、妹・亜澄さんの『(あなたは)夢がないね』という言い回しに武藤勇貴は激情してしまいます。

激情した武藤勇貴は、亜澄さんの頭を木刀で殴りつけます。その後、武藤勇貴はタオルで亜澄さんの首をしめて殺してしまい、渋谷区短大生切断遺体事件の犯人となりました。

それだけに留まらず、その後武藤勇貴はすでに亡くなっていた亜澄さんの体を十個以上に分けて切断しました。

その後、渋谷区短大生切断遺体事件の犯人となった武藤勇貴は亜澄さんを殺害した次の日、大晦日の日に予備校の合宿に参加しています。

渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴が予備校の合宿に参加する前に父親が家に帰っているのですが、父には『友達からもらったサメが死んだ。サメは観賞用だった。臭いがしても部屋は開けないように』と伝えていました。

平成十八年一月三日に、渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴の母が亜澄さんの亡骸を発見し、武藤勇貴の父が警察に届けました。

そして、その次の日に武藤勇貴が逮捕され、その後十一日経って渋谷区短大生切断遺体事件の犯人の容疑で武藤勇貴は再逮捕されました。

 

犯人、武藤勇貴の生い立ち

渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴の生い立ちについても見ていきましょう。

渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴は、武藤家の次男として生まれました。年齢は、3人きょうだいの真ん中で、犠牲者の亜澄さんは一番下の子になります。

武藤勇貴の兄は家業を継ぐため大学に通っていましたが、渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴は浪人を繰り返していました。

 

犯人、武藤勇貴の経歴

引用: Pixabay

渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴の経歴ですが、以下のようなものになっていることが分かりました。

公立小学校

中高一貫校の日大附属日大豊山高校

日大歯学部に落ちる

浪人

浪人

浪人

武藤勇貴が渋谷区短大生切断遺体事件を起こした時の年齢は二十三才で、専門予備校の四浪生でした。

渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴も歯科医を志望していましたが、専門予備校は年間四百万円もかかっていたようです。

 

犯人、武藤勇貴の犯行動機は?

引用: Pixabay

続いて、渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴の犯行動機について見ていきましょう。

渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴の犯行動機ですが、浪人を繰り返していて自分に自信がないところで亜澄さんに言われた文言に感情が爆発してしまったことが原因のようです。

武藤勇貴は親にずっと受験生として扱われ、一人前として認められなかったことに不満があったようです。

そして亜澄さんと二人きりになった平成十八年の晦日に、武藤勇貴は亜澄さんに言われた文言によって『勉強しても意味がない』という内容のことを言われたと思い、その後激情して殺害し渋谷区短大生切断遺体事件の犯人になってしまったと話しています。

そのため、渋谷区短大生切断遺体事件が起きたのは、家庭環境のせいという指摘も多くありました。

 

犯人、武藤勇貴の両親の手記が話題!

引用: Pixabay

そして、渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴の父母が発表した手記も当時話題になりました。

あろうことか武藤勇貴の父母は、渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴をかばうような発言を手記の中でしたのです。

武藤勇貴の父母は手記を発表し、その中で『妹の亜澄が兄・武藤勇貴に謝ってくれれば、武藤勇貴は渋谷区短大生切断遺体事件の犯人になることはなかったのでは』ということを書いています。

武藤勇貴の父母は手記の中で、『殺された妹の亜澄は人の目を気にせず、世間のしきたりに囚われない子だった』と書いています。それだけでなく、手記の中には武藤勇貴の性格は優しく、家族に手をあげるようなことは一度もなかったと書いていました。

渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴の父母によるこの手記は、一般人には理解されず大きな批判を浴びることとなりました。この発表された手記によって、犠牲者の亜澄さんは父母によく思われていなかったのでは、という指摘もあったようです。

この手記を読むと、渋谷区短大生切断遺体事件の犯人となった武藤勇貴と犠牲になった妹の亜澄さんの親であるにも関わらず、親としての責任を放棄しているようにも思えます。

それだけでなく、まるで『渋谷区短大生切断遺体事件が起きてしまったのは亜澄さんが要らない一言を言ったからだ』と全ての責任をなすりつけたような印象を世間に与え、この手記とともにその後大きく批判されることになりました。

そして、渋谷区短大生切断遺体事件でどのような判決が出るのか、より一層注目されることになったのです。

 

犯人、武藤勇貴への判決は?

引用: Pixabay

渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴の判決についても見ていきましょう。

 

【1】平成二十年五月、東京地裁の判決は懲役17年


引用: Pixabay

平成二十年五月に東京地裁の判決で、検察側は武藤勇貴に完全責任能力があったとして、懲役十七年を求刑しました。

 

【2】平成二十年五月、公判で懲役7年


引用: Pixabay

しかし、その後事態は一変します。

懲役十七年が求刑された十五日後の公判で、弁護側が主張していた『渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴は多重人格者だった。妹の死体をバラバラにしている時には別人格だった』ということを認めたのです。

そのため、殺人に関しては有罪ですが懲役七年となり、妹の死体をバラバラにしたことについては無罪となったのです。

この懲役七年という判決が出た際には、大きな話題になりました。渋谷区短大生切断遺体事件では妹を殺しただけでなくバラバラに切断していますから、それで懲役七年なのか・刑が軽すぎると感じた人が多かったことが原因です。

家族を残虐的な方法で殺した人物が、たった七年で出所することになるというのはやはり怖いですし、おかしいと思う方が多かったようです。

 

【3】平成21年4月、二審判決で懲役12年

Array

引用: Pixabay

その後、平成二十一年四月に東京高等裁判所で行われた二審判決では一審判決が破棄されました。

さらには渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴は多重人格ではないとし、責任能力が認められ懲役十二年を言い渡されたのです。

 

【4】平成21年5月、最高裁判所で懲役12年

引用: Pixabay

平成二十一年五月には二審判決を不服として弁護側が最高裁判所に上告しましたが、その後平成二十一年九月には最高裁判所で二審判決を支持されました。

これによって、渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴が懲役十二年となることが確定しました。そのため、武藤勇貴は平成二十一年の十二年後、令和三年に出所するようです。

 

犯人、武藤勇貴の出所その後は?

引用: Pixabay

渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴のその後ですが、先ほども書いたように平成二十一年九月に懲役十二年の刑が確定しています。

そのため、武藤勇貴は令和三年に出所する予定となっています。

渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴が出所するときには、大きな話題となりそうですね。

 

犯人、武藤勇貴の現在!

引用: Pixabay

渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴は令和三年に出所する予定なので、現在は刑務所にいると思われます。

武藤勇貴は渋谷区短大生切断遺体事件の裁判の最終陳述の時に、優等生な一面を見せています。そのため、おそらく刑務所の中でも優等生で模範生のように過ごしているのではないでしょうか。

仮釈放というのもあるので、刑期の十二年を終える前に出所する可能性もあります。

仮釈放が決定すると、荷物の整理をして出所式が行われ、仮釈放となります。もちろん、出所するためには服装が必要ですから、身元引受人(武藤勇貴の場合は父母でしょうか)が出所に必要な衣類を事前に差し入れることになるでしょう。

また出所する際には、刑務作業で得た作業報奨金が清算されるとのことでした。

渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴の父親は歯科医として、渋谷区で働いているようです。

調べてみたところ、武藤勇貴の父親がやっている歯科医院は、事件が起きる前と住所が変わっていませんでした。そのため、住所を変えたり引越したりせずに、そのまま歯科医院を続けていたものと思われます。

母親は親の代から歯科医として働いており、現在も働いているという話がありました。(住所は控えさせていただきます。)

武藤勇貴の父母は以前とは住所は変わりましたが、渋谷区に住んでいるのではないかと言われています。

武藤勇貴の兄について、その後の情報はありませんでした。ただ、武藤勇貴とよく似た名前の人物が院長の歯科医院があるということはネット上の不明確情報として流れていました。(不明確情報なのでその院長の名前や住所は控えさせていただきます。)

渋谷区短大生切断遺体事件は犠牲者も加害者も武藤家の人物でしたが、亜澄さんの死が無駄にならないことを願うばかりです。

 

渋谷区短大生切断遺体事件まとめ

引用: Pixabay

渋谷区短大生切断遺体事件についてここまで話してきましたが、いかがだったでしょうか?

渋谷区短大生切断遺体事件では、武藤勇貴が妹を殺した後に切断したという残忍性が目立ちますが、そのほかにも父母の異常性についても指摘されています。

渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴と亡くなった妹・亜澄さんの父母は、その後亜澄さんを殺害した武藤勇貴をかばうような手記を発表しています。

武藤勇貴の父母は、渋谷区短大生切断遺体事件の犯人である武藤勇貴をかばうだけでなく、亜澄さんにすべての責任をなすりつけるような発言を手記で発表したため、批判されることとなりました。

武藤勇貴の父母の手記によると、亜澄さんは人の目を気にせずに世間のしきたりに囚われない子だったようです。さらに、手記には、武藤勇貴は家族に手をあげることもない性格の優しい子だったということも書いてありました。

この手記が発表された直後には、武藤勇貴の父母にとっては亜澄さんよりも武藤勇貴の方がかわいかったのではないかという指摘もあったようです。

渋谷区短大生切断遺体事件の犯人・武藤勇貴の父母が、その後どの場所・住所で過ごしているのかなどの情報はありませんでした。ただ、事件が起きた当時の武藤家の住所、東京都渋谷区幡ヶ谷には住んでいないと思われます。

ただ、武藤勇貴の父がやっている歯科医院は、事件当時の住所のままだったので事件後もそのまま住所を変えずに営業していたのではと思われます。

東京都渋谷区幡ヶ谷という住所を聞くと、渋谷区短大生切断遺体事件のことを思い浮かべることも多いようです。渋谷区短大生切断遺体事件が起きた際には、毎日のように東京都渋谷区幡ヶ谷という住所が報道されていたので仕方がないとも言えるでしょう。

武藤勇貴は渋谷区短大生切断遺体事件で懲役十二年の刑が確定し、令和三年に出所する予定です。その後の情報などは入ってきておらず、現在は刑務所で刑期を過ごしているものと思われます。

武藤勇貴は渋谷区短大生切断遺体事件の裁判の最終陳述の時に、優等生な一面を見せています。そのため、おそらく刑務所の中でも優等生で模範生のように過ごしているのではないでしょうか。

ただ、仮釈放というのもあるので、武藤勇貴が刑期の十二年を終える前に出所する可能性もあります。

出所するためには服装が必要なので、武藤勇貴も身元引受人から出所に必要な衣類を事前に差し入れてもらうことになるでしょう。

渋谷区短大生切断遺体事件の犯人ということで大きな注目を集めた武藤勇貴が出所する際には、また多くの注目を集めるのではないかと思われます。

武藤勇貴は渋谷区短大生切断遺体事件という残忍な事件を起こしながらも、裁判の最終陳述の時には優等生的な一面を見せるなどしているため、刑務所の中では模範生のようになっているのではとも言われています。

渋谷区短大生切断遺体事件の被害者となってしまった亜澄さんのご冥福を、心から願っています。

人気の記事