11月生まれの赤ちゃんの名前999選を男女別に紹介【令和最新版】

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

11月生まれの赤ちゃんの名前どうする?

引用: Pixabay

赤ちゃんの名前ってつけるのにすごく悩んで考え抜いて決める事が多いとおもいます。ここでは11月生まれの赤ちゃんに注目して考えていきます。

11月生まれの赤ちゃんにつける名前にはどんな候補があるのでしょうか?2019年令和最新版の11月生まれの赤ちゃんの名前にふさわしい漢字を紹介していきたいと思います。

人の名前には両親が子供に対して色々な思いや願いが込められています。生まれた時の季語や生まれ月にちなんだ言葉やその時代の流行り、有名人にあやかったり、思い入れのある漢字を含めたりと色々とバリエーションが考えられます。11月生まれという時期にふさわしい季語や漢字が赤ちゃんの名前にマッチすることが出来れば良いと思います。

名前はその人を体現するともいえるくらい人にとって重要な要素になります。

ここでは、令和という新しい時代の11月生まれの赤ちゃんにはどのような名前が考えられるのか、11月生まれの赤ちゃんの2019年最新版の男の子女の子それぞれの名前を紹介していきたいと思います。

 

11月生まれの赤ちゃんの名前を紹介【絶対に見つかる999選】

引用: Pixabay

11月生まれの赤ちゃんにつける名前はどんなものが良いでしょうか、新しい時代令和の11月生まれの赤ちゃんにふさわしい名前を考えていきましょう。

 

関連記事もCheckしよう!


10月生まれの赤ちゃんの名前999選を男女別に紹介【令和最新版】

 

【1】11月生まれの赤ちゃんはこんな性格に成長するかも


引用: Pixabay

11月生まれの赤ちゃんの性格の傾向としては、素直や正直になるというった事が見られるのです。何事にもストレートに突っ走るような行動力をもっているといいます。

猪突猛進タイプになりやすく、視野が狭くなってしまう傾向にあるのですが、その分「凝り性、徹底的」など長所となる部分もあるのです。

11月生まれの赤ちゃんの性格でマイナスになる部分は「短気、強引、だまされやすい」といった性格になりやすいという可能性があります。あくまでも可能性の問題であり、人の性格はその成長過程で大きく影響を受けるため11月生まれの赤ちゃんはこんな性格になりやすいという程度の話です。

 

【2】11月生まれの赤ちゃんの名前の選び方令和最新版

Array

引用: Pixabay

11月生まれの赤ちゃんの名前の選び方についてどのような物があるのか見て行きましょう。11月生まれの赤ちゃんはその季節柄、文武両道になるイメージがあります。そんな11月生まれの赤ちゃんのイメージを作る11月という月について考えてみましょう。

過ごしやすい季節の秋という季節から寒い冬へと変わりつつある11月という時期は、美しい紅葉や豊かな実りの季節であり、表現される季語も素晴らしく、芸術や読書といった文化的な物からスポーツの分野にいたるまで秋という季節を象徴しつつ、文武両方に多くの時間を割ける良い季節であるのです。

そして、冬が先に見え隠れし初め寒さも感じられるようになる時期であるとの言えます。

そんな秋と冬の狭間の季節にあたる11月生まれの赤ちゃんには、秋の風情を感じられる古風な名前から、冬の寒さを予感させる凛とした雰囲気を醸し出すような名前まで、幅広い名前から選択することができるのです。

ここでは、そんな秋らしい紅葉や植物、季語、冬の始まりを感じさせるようなイメージをできるような11月生まれの赤ちゃんに相応しい名前を紹介していきたいと思います。2019年版令和最新の名前をご紹介できたらと思います。

 

【3】11月まつわる漢字を名前に使う

引用: Pixabay

11月生まれの赤ちゃんだということを踏まえて、11月という月にまつわる季語や漢字の中から選択することが考えられます。

まず最初に思いつく漢字は11月生まれそのものを端的に表すことが出来る言葉です。

11月を表す表現には「霜月」や「雪見月」など言葉として綺麗なイメージを持つ漢字がそろっているのです。日本に合う古風な感じをイメージできるような名前がこの言葉から選択できてきそうです。

また、11月は秋まっさかりのイメージが強く見られる時期でもあるので、秋を象徴するような季語や言葉から言葉をチョイスするのも素敵な名前になりそうですよね。美しく色づいていく紅葉や、実り溢れる黄金の稲穂、山々になるたくさんの果実など自然の豊かな恵み、美しく澄み渡った秋の空と夜の月、学問やスポーツの秋ともいえ、秋には多くのイメージを連想させることが出来るのです。

そんな風景は11月の季語からも感じることができるのです。

他にも、11月生まれを象徴するのに、季語や誕生石であるトパーズやシトリンにちなんだ黄玉や黄水晶にちなんだ言葉や、誕生花にちなんだ言葉を赤ちゃんにつけるのもおすすめできる選択肢の一つになります。石言葉や花言葉にちなんだ名前を付けてみるのも素敵だと思います。

これらの漢字を使った名前には11月生まれの赤ちゃんという事を満足させることができると思います。

 

【4】秋という季節の草花にちなんだ漢字を使う

Array

引用: Pixabay

11月生まれの赤ちゃんだということを踏まえて、秋の季語や季節の草花にちなんだ名前が考えられます。

草木や花々にちなんだ名前は昔から人気のある名前ですよね。令和という時代になった2019年においてもそれは変わりません。11月生まれを象徴できるような季語や草や木、花から名前を選ぶ事も色々と考えられるのです。

季語や植物に由来する名前は特に花に由来する名前が多く選ばれ、11月生まれとして生まれてきた赤ちゃんに花の名前をつけたいと考える方も多くおられるのではないでしょうか。

女の子向けには花の名前から選ぶのは、その女の子に花のイメージがついて良い印象を持たれるようなイメージがあり、素敵な選択になると思います。

花はのイメージが強いので秋という季節は花が少ないというイメージが強くありますが、寒椿や菊といった色鮮やかかつ存在感溢れる花々が見ごろとなる季節でもあるのです。また、秋という季節の特徴から、花自体ではなく果物や野菜といった果実から名前を考えても良いかもしれません。

そんな秋の季節の特徴を赤ちゃんの名前に反映させられれば良い名前になるのではないでしょうか。

 

【5】11月下旬に生まれた赤ちゃんには秋と冬両方の名前がつけられる

引用: Pixabay

11月生まれの赤ちゃんでも下旬に生まれた赤ちゃんには秋と冬両方にちなんだ名前を選ぶことができます。

11月も下旬になると秋らしさも影を潜め、寒さを感じさせる冬の気配が感じられるようになります。そんな時期に生まれた11月生まれの赤ちゃんには秋と冬の2つの季節のどちらに属するのか迷うことになってしまいます。

普通の感覚では11月は秋という季節に分類されますが、そこには「立冬」という冬との境目を迎える時期でもあるのです。暦の上では立冬を迎えればそこから冬という事になります。また、11月22日から月末にかけては「小雪」という時期にもあたるのです。冷え込みが厳しくなり、小雪が舞い始める季節という事になるのです。

それゆえに11月生まれの赤ちゃんは秋から冬へと移り変わっている季節に生まれた赤ちゃんということが出来るのです。この季節の狭間に生まれた赤ちゃんには、秋と冬のどちらの季節にちなんだ漢字を違和感がなく選ぶことができるのです。選べる選択肢が多くなるこの時期に生まれた赤ちゃんはラッキーなのかもしれませんね。

名前を考える両親にとっては選択肢が増えてしまい、悩む時間が増えるかもしれませんが、大切な赤ちゃんのためならそんなこと問題になりませんよね。

それでは、11月生まれの赤ちゃんの名前の候補を女の子、男の子と順番に紹介していきたいと思います。2019年令和最新版の11月生まれの赤ちゃんの名前999選をご覧ください。

 

11月生まれの赤ちゃんの名前999選①【女の子編】

引用: Pixabay

11月生まれの赤ちゃんの名前999選2019年令和最新版、まずは女の子の赤ちゃんの名前から紹介していきます。

 

「霜」を使った女の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

11月生まれの赤ちゃんの名前の候補としてあげられる漢字の最初に紹介するのは「霜」です。

11月という月は「霜の降りる月」という理由から、別名で霜月と呼ばれています。そんな霜月から霜の漢字を11月生まれの赤ちゃんの名前に用いるのです。

霜という漢字には「厳しいもの」「思い切りが良い」という意味があります。この意味を名前にこめて

・自分に厳しく、他人に優しい思いやりのある優しい子になってほしい。

・何事にも臆することなく、思い切りチャレンジ出来るような子になってほしい。

といった願いを11月生まれの赤ちゃんの名前に込める事ができるのです。

(1)霜亜・・・「そうあ」

(2)霜恵・・・「そうえ」

(3)霜花・・・「そうか」

(4)霜湖・・・「そうこ」

(5)霜早・・・「そうさ」

(6)霜奈・・・「そうな」

(7)霜巴・・・「そうは」

(8)霜葉・・・「そうよう」

(9)霜美・・・「そうみ」

(10)霜蘭・・・「そうら」

(11)霜和・・・「そうわ」

(12)美霜・・・「みそう」

(13)霜     ・・・「みそう」

 

11月生まれを意味する「陽」を使った女の子の名前

引用: Pixabay

11月の異名として一陽来復という言葉があります。この言葉は「悪いことが続いた後には、幸運に向かっていく」という意味があり、悪い「陰」から良い「陽」に気が回っていくことを表しています。

その一陽来復から「陽」の文字を取って使う2019年の令和時代においても人気になる11月生まれの赤ちゃんの名前の一つです。

「陽」という文字には「明るい」、「優しい」、「生き生きした」といったような良いイメージが連想されます。このイメージから陽という文字を名前には

・太陽のように明るい子になってほしい。

・周りを明るく照らすような、優しい子になってほしい。

・生き生きとした明るい人生を送ってほしい。

というような願いを11月生まれの赤ちゃんの名前に込める事ができるのです。

(14)陽    ・・・「あかり」 (15)陽梨・・・「あかり」 (16)陽莉・・・「あかり」

(17)陽    ・・・「あき」      (18)陽姫・・・「あき」      (19)陽恵・・・「あきえ」

(20)陽奈・・・「あきな」(21)陽音・・・「あきね」  (22)陽乃・・・「あきの」

(23)陽葉・・・「あきは」(24)陽歩・・・「あきほ」  (25)陽帆・・・「あきほ」

(26)陽代・・・「あきよ」(27)陽菜・・・「はな」       (28)陽     ・・・「はる」

(29)陽春・・・「はる」     (30)陽衣・・・「はるい」  (31)陽絵・・・「はるえ」

(32)陽加・・・「はるか」(33)陽佳・・・「はるか」(34)陽楓・・・「はるか」

(35)陽香・・・「はるか」(36)陽葵・・・「はるき」(37)陽姫・・・「はるき」

(38)陽子・・・「はるこ」(39)陽瀬・・・「はるせ」 (40)陽渚・・・「はるな」

(41)陽愛・・・「はるな」(42)陽凪・・・「はるな」 (43)陽奈・・・「はるな」

(44)陽音・・・「はるね」(45)陽音・・・「はるの」 (46)陽乃・・・「はるの」

(47)陽葉・・・「はるは」(48)陽柊・・・「はるひ」 (49)陽媛・・・「はるひ」

(50)陽帆・・・「はるほ」(51)陽歩・・・「はるほ」 (52)陽心・・・「はるみ」

(53)陽実・・・「はるみ」(54)陽美・・・「はるみ」 (55)陽葉・・・「はるよ」

(56)陽和・・・「はるわ」(57)陽彩・・・「ひあ」 (58)陽愛・・・「ひあ」

(59)陽唯・・・「ひい」(60)陽愛・・・「ひいな」(61)陽彩・・・「ひいろ」

(62)陽葵・・・「ひいろ」(63)陽衣・・・「ひえ」(64)陽緒・・・「ひお」

(65)陽音・・・「ひお」(66)陽緒奈・・・「ひおな」(67)陽央里・・・「ひおり」

(68)陽織・・・「ひおり」(69)陽音・・・「ひおん」(70)陽奏・・・「ひかな」

(71)陽・・・「ひかり」(72)陽凜・・・「ひかり」(73)陽香・・・「ひかり」

(74)陽華瑠・・・「ひかる」(75)陽琴・・・「ひこと」(76)陽彩・・・「ひさ」

(77)陽彩・・・「ひさえ」(78)陽咲・・・「ひさき」(79)陽岬・・・「ひさき」

(80)陽咲子・・・「ひさこ」(81)陽郷・・・「ひさと」(82)陽沙奈・・・「ひさな」

(83)陽咲乃・・・「ひさの」(84)陽咲世・・・「ひさよ」(85)陽翠・・・「ひすい」

(86)陽澄・・・「ひすみ」(87)陽空・・・「ひそら」(88)陽月・・・「ひつき」

(89)陽都・・・「ひと」(90)陽瀬・・・「ひせ」(91)陽都葉・・・「ひとは」

(92)陽登美・・・「ひとみ」(93)陽・・・「ひな」(94)陽那・・・「ひな」

(95)陽凪・・・「ひな」(96)陽愛・・・「ひな」(97)陽恵・・・「ひなえ」

(98)陽苗・・・「ひなえ」(99)陽凪・・・「ひなぎ」(100)陽子・・・「ひなこ」

(101)陽渚子・・・「ひなこ」(102)陽向葵・・・「ひなた」(103)陽詩・・・「ひなた」

(104)陽音・・・「ひなた」(105)陽奈津・・・「ひなつ」(106)陽捺・・・「ひなつ」

(107)陽七乃・・・「ひなの」(108)陽乃・・・「ひなの」(109)陽帆・・・「ひなほ」

(110)陽歩・・・「ひなほ」(111)陽南・・・「ひなみ」(112)陽奈理・・・「ひなり」

(113)陽莉・・・「ひなり」(114)陽寧・・・「ひね」(115)陽乃・・・「ひの」

(116)陽乃愛・・・「ひのあ」(117)陽乃香・・・「ひのか」(118)陽乃芽・・・「ひのめ」

(119)陽紀・・・「ひのり」(120)陽春・・・「ひはる」(121)陽尋・・・「ひひろ」

(122)陽乃希・・・「ひのき」(123)陽舞・・・「ひま」(124)陽麻・・・「ひま」

(125)陽愛・・・「ひまな」(126)陽・・・「ひまり」(127)陽凜・・・「ひまり」

(128)陽梨・・・「ひまり」(129)陽玲・・・「ひまれ」(130)陽望・・・「ひみ」

(131)陽美子・・・「ひみこ」(131)陽姫・・・「ひめ」(132)陽愛・・・「ひめ」

(133)陽乃・・・「ひめの」(134)陽由・・・「ひゆ」(135)陽結・・・「ひゆい」

(136)陽葉・・・「ひよ」(137)陽良音・・・「ひよね」(138)陽・・・「ひより」

(139)陽代莉・・・「ひより」(140)陽和・・・「ひより」(141)陽緑・・・「ひより」

(142)陽瑠奈・・・「ひるな」(143)陽乃・・・「ひるの」(144)陽瑠葉・・・「ひるは」

(145)陽呂・・・「ひろ」(146)陽乃・・・「ひろの」(147)陽未・・・「ひろみ」

(148)陽和・・・「ひわ」(149)陽和子・・・「ひわこ」(150)陽花・・・「ほのか」

(151)陽美・・・「みなみ」(152)陽瑚・・・「ようこ」(153)陽子・・・「ようこ」

(154)陽李・・・「ようり」(155)陽月葉・・・「よつは」(156)陽李子・・・「よりこ」

 

11月生まれの赤ちゃんの名前999選②【女の子編】

 

「隼」を使った女の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

隼は11月を表現する俳句の季語になります。

そんな隼の漢字は男の子向きな印象がありますが、その響きから女の子の名前にも使うことができるのです。11月生まれの赤ちゃんに俳句の季語から名前を取るのも趣があっていいかもしれません。

季語である隼の漢字の持つイメージには「縦横無尽に飛び回る」「スピーディー」「勇ましい」「爽やか」といったものがあり、このことから、

・フットワークが軽く、色々なことにチャレンジするような元気な子に育ってほしい。

・たくましく、強い子になってほしい。

・爽やかでカッコいい健やかな子になってほしい。

といったような願いを11月生まれの赤ちゃんの名前に込める事ができるのです。

(157)千隼・・・「ちはや」(158)智隼・・・「ちはや」(159)隼恵・・・「はやえ」

(160)隼枝・・・「はやえ」(161)隼花・・・「はやか」(162)隼歌・・・「はやか」

(163)隼佳・・・「はやか」(164)隼子・・・「はやこ」(165)隼那・・・「はやな」

(166)隼乃・・・「はやの」(167)隼穂・・・「はやほ」(168)隼帆・・・「はやほ」

(169)隼歩・・・「はやほ」(170)隼萌・・・「はやほ」(171)隼美・・・「はやみ」

(172)隼芽・・・「はやめ」(173)美隼・・・「みはや」

 

「菊」を使った女の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

続いて紹介する11月生まれの赤ちゃんに向けての名前は、菊の花の菊を使った女の子の名前です。菊という漢字はいかにも女の子っていう印象をもった女の子の赤ちゃん向けにぴったりの漢字です。

11月という月は菊の花がもっとも咲き乱れる見ごろの月で、菊の花は日本の秋を代表する季節の花として有名なので、多くの人から親しまれる花なのです。11月生まれの赤ちゃんに菊の名前と取り入れれば親しまれやすいのかもしれません。

菊という花は色とりどりに咲く花なので、美しさを表す花としても見られています。そして、その漢字を11月生まれの赤ちゃんの名前に用いる場合には

・凛とした美しさを持つ子になってほしい。

というような願いを11月生まれの赤ちゃんの名前に込められる事が出来るのです。

(174)菊・・・「あき」(175)菊子・・・「あきこ」(176)菊絵・・・「あきえ」

(177)菊音・・・「あきね」(178)菊・・・「きく」(179)菊絵・・・「きくえ」

(180)菊愛・・・「きくえ」(181)菊枝・・・「きくえ」(182)菊子・・・「きくこ」

(183)菊菜・・・「きくな」(184)菊音・・・「きくね」(185)菊乃・・・「きくの」

(186)菊奈・・・「きくな」(187)菊葉・・・「きくは」(188)菊芭・・・「きくは」

(189)菊帆・・・「きくほ」(190)菊美・・・「きくみ」(191)菊未・・・「きくみ」

(192)菊実・・・「きくみ」(193)菊代・・・「きくよ」(194)菊世・・・「きくよ」

(195)菊夜・・・「きくよ」(196)乃菊・・・「のぎく」(197)雛菊・・・「ひなぎく」

(198)菊姫・・・「ひめ」(199)菊依・・・「ひより」

 

11月生まれの赤ちゃんの名前999選③【女の子編】

 

「柊」を使った女の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

続いての11月生まれの赤ちゃんに向けての名前は「柊」を使った女の子の赤ちゃん向けの名前です。

柊の花の柊という漢字は隼と一緒で11月の季語として扱われます。季語である隼の文字はカッコいいイメージがあり、冬っぽさも感じられるので11月生まれの女の子の赤ちゃん向けにはぴったりな漢字だと思います。

季語である柊の花言葉は「用心深さ」「先見の明」であり、このことから

・先を見越して行動できる、着実な人生をおくてほしい。

・用心深く、人から騙されることのない堅実な人になってほしい。

といった願いを11月生まれの赤ちゃんの名前に込めれるのです。

(200)陽柊・・・「あきひ」(201)朝柊・・・「あさひ」(202)柊優・・・「しゅう」

(203)柊愛・・・「しゅうあ」(204)柊楓・・・「しゅうか」(205)柊華・・・「しゅうか」

(206)柊子・・・「しゅうこ」(207)柊羽湖・・・「しゅうこ」(208)柊那・・・「しゅうな」

(209)柊奈・・・「しゅうな」(210)柊乃・・・「しゅうの」(211)柊歩・・・「しゅうほ」

(210)柊穂・・・「しゅうほ」(211)柊未・・・「しゅうみ」(212)柊那・・・「しゅな」

(213)月柊・・・「つきひ」(214)柊空・・・「とあ」(215)柊華・・・「とうか」

(216)柊子・・・「とうか」(217)柊樹子・・・「ときこ」(218)柊樹恵・・・「ときえ」

(219)柊詩美・・・「ときみ」(220)柊乃佳・・・「とのか」(221)柊乃花・・・「とのは」

(222)柊真季・・・「とまり」(223)柊美恵・・・「とみえ」(224)七柊・・・「ななひ」

(225)成柊・・・「なるひ」(226)那美柊・・・「なみひ」(227)遥柊・・・「はるひ」

(228)春柊・・・「はるひ」(229)遙柊・・・「はるひ」(230)柊菜・・「ひいな」

(231)柊良・・・「ひいら」(232)柊彩・・・「ひいろ」(233)柊色・・・「ひいろ」

(234)柊咲・・・「ひえみ」(235)柊恵美・・・「ひえみ」(236)柊緒・・・「ひお」

(237)柊佳里・・・「ひかり」(238)柊果利・・・「ひかり」(239)柊香里・・・「ひかり」

(240)柊琴・・・「ひこと」(241)柊早・・・「ひはや」(242)柊咲・・・「ひさ」

(243)柊恵・・・「ひさえ」(244)柊咲永・・・「ひさえ」(245)柊紗江・・・「ひさえ」

(246)柊咲・・・「ひさき」(247)柊早乃・・・「ひさの」(248)柊紗乃・・・「ひさの」

(249)柊静・・・「ひしず」(250)柊月・・・「ひづき」(251)柊菜・・・「ひな」

(252)柊那・・・「ひな」(253)柊七・・・「ひな」(254)柊渚・・・「ひな」

(255)柊奈子・・・「ひなこ」(256)柊渚子・・・「ひなこ」(257)柊那乃・・・「ひなの」

(258)柊七乃・・・「ひなの」(259)柊奈乃・・・「ひなの」(260)柊南・・・「ひなみ」

(261)柊奈未・・・「ひなみ」(262)柊波・・・「ひなみ」(263)柊望・・・「ひの」

(264)柊紀・・・「ひのり」(265)柊音・・・「ひのん」(266)柊鞠・・・「ひまり」

(267)柊芽・・・「ひめ」(268)柊愛・・・「ひめ」(269)柊柚未・・・「ひゆみ」

(270)柊世・・・「ひよ」(271)柊依・・・「ひより」(272)柊呂・・・「ひろ」

(273)柊呂子・・・「ひろこ」(274)柊呂乃・・・「ひろの」(275)柊呂美・・・「ひろみ」

(276)茉柊・・・「まつひ」(277)美津柊・・・「みつひ」(278)柚柊・・・「ゆうひ」

(279)優柊・・・「ゆうひ」(280)友柊・・・「ゆうひ」(281)雪柊・・・「ゆきひ」

(282)夢柊・・・「ゆめひ」(283)李柊・・・「りと」

 

「縁」を使った女の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

続いての11月生まれの赤ちゃんの名前の候補になる漢字は「縁」です。縁は人と人を結びつける縁結びの意味を持つことから2019年の令和の時代においても人気の名前になります。

11月生まれがなぜ縁なのかというと、11月5日が「いいごえん」という語呂合わせから縁結びの日とされているからです。そんな11月生まれの赤ちゃんを授かるのも一つの縁ですよね。

縁の漢字は意味として「繋がる」「関係」「めぐり合わせ」という内容をもっていることから

・他人との縁を大切にする人との繋がりがたくさんある子になってほしい。

・良い仲間や良い物に巡り合うことができますように。

という願いを11月生まれの赤ちゃんの名前に込めることができるのです。

(284)李縁・・・「いより」(285)縁真・・・「えま」(286)縁美・・・「えみ」

(288)縁梨・・・「えり」(289)縁・・・「えん」(290)縁李・・・「えんり」

(291)花縁・・・「かえん」(292)花縁・・・「かより」(293)瑚縁・・・「こより」

(294)千縁・・・「ちより」(295)友縁・・・「ともえ」(296)紗縁・・・「さより」

(297)詩縁・・・「しより」(298)志縁・・・「しより」(299)菜縁・・・「なより」

(300)妃縁・・・「ひより」(301)陽縁・・・「ひより」(302)桧縁・・・「ひより」

(303)美縁・・・「みえ」(304)美縁・・・「みより」(305)実縁・・・「みえ」

(306)実縁・・・「みより」(307)芽縁・・・「めえ」(308)結縁・・・「ゆえ」

(309)由縁・・・「ゆかり」(310)縁・・・「ゆかり」(311)縁里・・・「ゆかり」

(312)縁莉・・・「ゆかり」(313)縁・・・「より」

 

11月生まれの赤ちゃんの名前999選④【女の子編】

 

「文」を使った女の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

続いての11月生まれの赤ちゃんに向けての名前は、文化の日の文の字を使った女の子の名前を紹介します。

11月3日の文化の日には多くの学校で文化際が行われる文化に特化した日を示しています。その意味は「知識、信仰、芸術、道徳、法律、習慣」など人々が築いてきた文化全体を意味しています。11月生まれの赤ちゃんには知的なイメージを与える字といえるのです。

この文化というイメージから知性や芸術ということが強く印象に残るのです。このことから

・文学に強い関心を持つ子になってほしい。

・知性、感性の高い子になってほしい。

という願いを11月生まれの赤ちゃんの名前に込めることができるのです。

(314)文衣実・・・「あいみ」(315)文紀・・・「あき」(316)文子・・・「あこ」

(317)浅文・・・「あさみ」(318)文美・・・「あみ」(319)亜文・・・「あみ」

(320)文・・・「あや」(321)文香・・・「あやか」(322)文佳・・・「あやか」

(323)文花・・・「あやか」(324)文希・・・「あやき」(325)文子・・・「あやこ」

(326)文彩・・・「あやさ」(327)文梛・・・「あやな」(328)文永・・・「あやな」

(329)文菜・・・「あやな」(330)文音・・・「あやね」(331)文寧・・・「あやね」

(332)文音・・・「あいの」(333)文乃・・・「あやの」(334)文葉・・・「あやは」

(335)文歩・・・「あやほ」(336)文穂・・・「あやほ」(337)文心・・・「あやみ」

(338)文美・・・「あやみ」(339)文姫・・・「あやめ」(340)文愛・・・「あやめ」

(341)文柚・・・「あゆ」(342)文・・・「いと」(343)文乃・・・「いとの」

(344)絵文・・・「えみ」(345)枝文・・・「えもん」(346)希文・・・「きふみ」

(347)彩文・・・「あやみ」(348)桜文・・・「さあや」(349)詩文・・・「しふみ」

(350)志文・・・「しふみ」(351)智文・・・「ちふみ」(352)友文・・・「ともみ」

(353)那文・・・「なみ」(354)妃文・・・「ひふみ」(355)文月・・・「ふづき」

(356)文・・・「ふみ」(357)文美・・・「ふみ」(358)文江・・・「ふみえ」

(359)文詠・・・「ふみえ」(360)文奏・・・「ふみか」(361)文禾・・・「ふみか」

(362)文佳・・・「ふみか」(363)文恋・・・「ふみこ」(364)文菜・・・「ふみな」

(365)文那・・・「ふみな」(366)文奈・・・「ふみな」(367)文愛・・・「ふみな」

(368)文音・・・「ふみね」(369)文埜・・・「ふみの」(370)文乃・・・「ふみの」

(371)文葉・・・「ふみは」(372)文羽・・・「ふみは」(373)文萌・・・「ふみほ」

(374)文葉・・・「ふみよ」(375)舞文・・・「まあや」(376)茉文・・・「まあや」

(377)茉文・・・「まふみ」(378)美文・・・「みあ」(379)文緒・・・「みお」

(380)文恋・・・「みこ」(381)文尊都・・・「みこと」(382)文砂子・・・「みさこ」

(383)文津紀・・・「みずき」(384)美文・・・「みふみ」(385)文保・・・「みほ」

(386)文釉・・・「みゆ」(387)恵文・・・「めぐみ」(388)文菜美・・・「もなみ」

(389)桃文恵・・・「ももえ」(390)夕文・・・「ゆうあ」(391)玲文・・・「れもん」

(392)恋文・・・「れもん」

「進」を使った女の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

続いての11月生まれの赤ちゃんに向いてる名前の漢字は「進」です。

この進という字が選ばれる理由は、11月24日がダーウィンの種の起源の出版記念日であり進化の日と定められた事に由来します。種の起源の中で進化論が唱えられた事を記念しているのです。11月生まれの赤ちゃんにこの進の字を使うことでダーウィンにあやかることが出来るかもしれません。

この進という漢字には「前に進む」「高いレベルにあがる」といった意味があります。この意味から

・向上心をっもって、人生を切り開いていけるような人になってほしい。

・一歩ずつ確実に前に進んでいけるように。

という願いを11月生まれの赤ちゃんの名前に込めることができるのです。

(393)進子・・・読み方は「しんこ」(394)咲進・・・読み方は「さゆき」(395)歩進・・・読み方は「ふゆき」

(396)美進・・・読み方は「みゆき」(397)進恵・・・読み方は「ゆきえ」(398)進那・・・読み方は「ゆきな」

(399)進野・・・読み方は「ゆきの」(400)進葉・・・読み方は「ゆきは」(401)進芽・・・読み方は「ゆきめ」

 

11月生まれの赤ちゃんの名前999選⑤【女の子編】

 

11月生まれの偉人、有名人女性の名前

引用: Pixabay

11月生まれの赤ちゃんに同じ月に生まれた有名人の名前にあやかって名前をつけることもあります。そこで11月生まれの有名人を紹介します。

(402)小倉優子・・・「おぐらゆうこ」

(403)福原愛・・・「ふくはらあい」

(404)深田恭子・・・「ふかだきょうこ」

(405)尾野真千子・・・「おのまちこ」

(406)片瀬那奈・・・「かたせなな」

(407)内山理名・・・「うちやまりな」

(408)石田えり・・・「いしだえり」

(409)東原亜希・・・「ひがしはらあき」

(410)田中れいな・・・「たなかれいな」

(411)由美かおる・・・「ゆみかおる」

(412)大原麗子・・・「おおはられいこ」

(413)峯岸みなみ・・・「みねぎしみなみ」

(414)西山茉希・・・「にしやままき」

(415)渡辺満里奈・・・「わたなべまりな」

(416)小池栄子・・・「こいけえいこ」

(417)池脇千鶴・・・「いけわきちずる」

(419)指原莉乃・・・「さしはらりの」

(420)小森純・・・「こもりじゅん」

(421)椎名林檎・・・「椎名林檎」

(422)杉田かおる・・・「すぎたかおる」

(423)安田成美・・・「やすだなるみ」

(424)松雪泰子・・・「まつゆきやすこ」

(425)宮崎あおい・・・「みやざきあおい」

(426)満島ひかり・・・「みつしまひかり」

 

「誕生石」にちなんだ女の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

11月生まれの誕生石であるトパーズやシトリンには、前向きで未来に向かっていけるような子になるようにという願いを込めた名前がつけやすいです。

(427)誠子・・・「せいこ」(428)誠那・・・「せいな」(429)成美・・・「なるみ」

(430)希子・・・「きこ」(431)遥・・・「はるか」(432)真琴・・・「まこと」

(433)友愛・・・「ゆあ」(434)麻友・・・「まゆ」(435)彩友美・・・「あゆみ」

(436)未佳・・・「みか」(437)知世・・・「とおよ」(438)美幸・・・「みゆき」

 

11月生まれの「古風」な女の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

11月生まれの女の 子の赤ちゃんの名前に日本古来からの古風な名前をつけてあげることも一つの選択肢です。

(439)秋絵・・・「あきえ」(440)満月・・・「みつき」(441)紫月・・・「しづき」

(442)弓月・・・「ゆづき」(443)月子・・・「つきこ」(444)美弦・・・「みつる」

(445)果穂子・・・「かほこ」(446)久美穂・・・「くみほ」(447)美紗枝・・・「みさえ」

(448)栄子・・・「えいこ」(449)澄子・・・「すみこ」(450)紅緒・・・「べにお」

(451)千歳・・・「ちとせ」(452)麻子・・・「あさこ」(453)里美・・・「さとみ」

(454)実和子・・・「みわこ」(455)穂積・・・「ほづみ」(456)澄乃・・・「すみの」

(457)美葉子・・・「みよこ」(458)灯子・・・「とうこ」(459)夕鶴・・・「ゆづる」

(460)和葉・・・「かずは」(461)豊美・・・「とよみ」(462)理恵子・・・「りえこ」

(463)小夜子・・・「さよこ」

 

11月生まれの「漢字一文字」の女の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

11月生まれの女の 子の赤ちゃんの名前に漢字一文字名前をつけてあげることも一つの選択肢です。

(464)秋・・・「あき」(465)夕・・・「ゆう」(466)澄・・・「すみ」(467)冴・・・「さえ」

(468)柚・・・「ゆず」(469)栞・・・「しおり」(470)ふみ・・・「ふみ、あや」

(471)知・・・「とも」(472)灯・・・「ともる」(473)凜・・・「りん」(474)紅・・・「くれな」

(475)楓・・・「かえで」(476)藍・・・「あい、らん」

 

11月生まれの「ひらがな」の女の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

11月生まれの女の 子の赤ちゃんの名前にひらがなだけの名前をつけてあげることも一つの選択肢です。

(477)あき(478)もみじ(479)あきほ(480)いろは(481)みのり(482)はづき(483)あかね

(484)あい(485)ゆず(486)ゆかり(487)さとこ(488)かぐや(489)みゆき

 

11月生まれの「誕生花」を使った女の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

11月生まれの女の 子の赤ちゃんの名前に誕生花にちなんだ名前をつけてあげることも一つの選択肢です。

11月の誕生花は「ガーベラ」です。その花言葉は「希望」「常に前進」です。これにちなんだ名前が挙げられます。

(490)希彩・・・「きさ」(491)望美・・・「のぞみ」(492)翼・・・「つばさ」

(493)優美・・・「ゆみ」(494)貴代子・・・「きよこ」(495)貴和・・・「きわ」

(496)愛乃・・・「あいの」(497)愛花・・・「あいか」(498)美純・・・「みすみ」

(499)清乃・・・「きよの」(500)歩夢・・・「あゆむ」

 

11月生まれの赤ちゃんの名前999選⑥【男の子編】

引用: Pixabay

つづいては11月生まれの赤ちゃんの男の子の赤ちゃん向けの名前について紹介していきます。

 

「霜」を使った男の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

11月生まれの男の子の赤ちゃん向けの名前は、まず霜を使った男の子の名前を紹介します。

11月の別名霜月、霜の降りる月から霜の字を取った形になります。霜のもつ「厳しい物」「思い切りが良い」という意味を11月生まれの赤ちゃんの名前に込めて願いをかけるのです。

(501)霜一・・・「そういち」(502)霜一朗・・・「そういちろう」(503)霜吉・・・「そうきち」

(504)霜咲・・・「そうさく」(505)霜助・・・「そうすけ」(506)霜輔・・・「そうすけ」

(507)霜成・・・「そうせい」(508)霜星・・・「そうせい」(509)霜太・・・「そうた」

(510)霜太郎・・・「そうたろう」(511)霜守・・・「そうま」(512)霜真・・・「そうま」

(513)霜馬・・・「そうま」(514)霜也・・・「そうや」(515)霜治・・・「そうや」

 

「陽」を使った男の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

続いて11月生まれの男の子の赤ちゃんにお勧めする漢字は、11月の異名一陽来復の陽の字を取った男の子の名前です。陽の字が持つ意味は「陰から陽に向かってよい気が回っていく」という意味をもっています。

11月生まれの男の子の赤ちゃんに対して陽の字は「明るい」「優しい」「溌剌とした」イメージをもつ名前がつけられるため、2019年令和時代においても定番となる人気の字のひとつです。いつの時代でも明るいイメージを持った陽の字は11月生まれの赤ちゃんの名前には良い感じの文字だといえます。

(516)陽・・・「あき」(517)陽臣・・・「あきおみ」(518)陽嵩・・・「あきたか」

(519)陽斗・・・「あきと」(520)陽翔・・・「あきと」(521)陽成・・・「あきなり」

(522)陽信・・・「あきのぶ」(523)秋陽・・・「あきはる」(524)陽英・・・「あきひで」

(525)陽智・・・「あきひと」(526)陽大・・・「あきひろ」(527)陽洋・・・「あきひろ」

(528)陽史・・・「あきふみ」(529)陽良・・・「あきよし」(530)陽・・・「あきら」

(531)旭陽・・・「あさひ」(532)陽・・・「あさひ」(533)陽・・・「あたる」

(534)陽瑠・・・「あたる」(535)厚陽・・・「あつはる」(536)一陽・・・「いちや」

(537)興陽・・・「おきはる」(538)乙陽・・・「おとや」(539)海陽・・・「かいや」

(540)海陽・・・「かいよう」(541)影陽・・・「かげはる」(542)和陽・・・「かずはる」

(543)一陽・・・「かずひ」(544)数陽・・・「かずひ」(545)兼陽・・・「かなはる」

(546)樹陽・・・「きはる」(547)陽土・・・「きよと」(548)清陽・・・「きよはる」

(549)郁陽・・・「くにはる」(550)紅陽・・・「くれは」(551)好陽・・・「こうや」

(552)凰陽・・・「こうよう」(553)康陽・・・「こうよう」(554)洸陽・・・「こうよう」

(555)煌陽・・・「こうよう」(556)小陽・・・「こはる」(557)虎陽・・・「こはる」

(558)咲陽・・・「さくや」(559)禎陽・・・「さだはる」(560)実陽・・・「さねはる」

(561)茂陽・・・「しげはる」(562)柊陽・・・「しゅうひ」(563)柊陽・・・「しゅうや」

(564)志陽・・・「しょう」(565)昇陽・・・「しょうひ」(566)翔陽・・・「しょうひ」

(567)澄陽・・・「すばる」(568)澄陽・・・「すみはる」(569)星陽・・・「せいや」

(570)聖陽・・・「せいよう」(571)颯陽・・・「そうや」(572)陽空翔・・・「そらと」

(573)大陽・・・「たいよう」(574)嵩陽・・・「たかあき」(575)陽俊・・・「たかとし」

(576)鷹陽・・・「たかはる」(577)陽大・・・「たかひろ」(578)拓陽・・・「たくや」

(579)丈陽・・・「たけはる」(580)雄陽・・・「たけひろ」(581)忠陽・・・「ただはる」

(582)智陽・・・「ちあき」(583)地陽・・・「ちはる」(584)月陽・・・「つきひ」

(585)哲陽・・・「てつはる」(586)照陽・・・「てるや」(587)登陽・・・「とうや」

(588)敏陽・・・「としはる」(589)刻陽・・・「ときはる」(590)俊陽・・・「としはる」

(591)朝陽・・・「ともはる」(592)友陽・・・「ともはる」(593)誠陽・・・「ともはる」

(594)智陽・・・「ともや」(595)直陽・・・「なおあき」(596)尚陽・・・「なおはる」

(597)治陽・・・「なおや」(598)信陽・・・「のぶはる」(599)春陽・・・「はる」

(600)陽瑠・・・「はる」(601)春陽・・・「はるあき」(602)陽明・・・「はるあき」

(603)陽瑛・・・「はるあき」(604)陽海・・・「はるうみ」(605)日陽・・・「はるお」

(606)陽臣・・・「はるおみ」(607)陽嘉・・・「はるか」(608)陽一・・・「はるかず」

(609)陽乙・・・「はるき」(610)陽希・・・「はるき」(611)陽煕・・・「はるき」

(612)陽成・・・「はるせ」(613)陽貴・・・「はるたか」(614)陽嵩・・・「はるたか」

(615)陽悠・・・「はるちか」(616)陽人・・・「はると」(617)陽仁・・・「はると」

(618)陽翔・・・「はると」(619)陽土・・・「はると」(620)陽都・・・「はると」

(621)陽太・・・「はると」(622)陽斗・・・「はると」(623)陽登・・・「はると」

(624)陽杜・・・「はると」(625)陽橙・・・「はると」(626)陽季・・・「はるとき」

(628)陽俊・・・「はるとし」(629)陽菜・・・「はるな」(630)陽成・・・「はるなり」

(631)陽伸・・・「はるのぶ」(632)陽範・・・「はるのり」(633)陽柊・・・「はるひ」

(634)日陽・・・「はるひ」(635)大陽・・・「はるひ」(636)陽玖・・・「はるひさ」

(637)陽久・・・「はるひさ」(638)陽秀・・・「はるひで」(639)陽史・・・「はるひと」

(640)陽仁・・・「はるひと」(641)陽平・・・「はるひら」(642)陽尋・・・「はるひろ」

(643)陽宏・・・「はるひろ」(644)陽広・・・「はるひろ」(645)陽浩・・・「はるひろ」

(646)陽洋・・・「はるひろ」(647)陽文・・・「はるふみ」(648)陽帆・・・「はるほ」

(649)陽磨・・・「はるま」(650)陽万・・・「はるま」(651)陽真・・・「はるま」

(652)陽茉・・・「はるま」(653)陽摩・・・「はるま」(654)陽優・・・「はるま」

(655)陽美・・・「はるみ」(656)陽実・・・「はるみ」(657)陽道・・・「はるみち」

(658)陽弥・・・「はるや」(659)陽哉・・・「はるや」(660)遥陽・・・「はるや」

(661)陽也・・・「はるや」(662)陽弥・・・「はるや」(663)陽耶・・・「はるや」

(664)陽康・・・「はるやす」(665)陽幸・・・「はるゆき」(666)陽之・・・「はるゆき」

(667)陽慶・・・「はるよし」(668)陽圭・・・「はるよし」(669)陽一・・・「ひいち」

(670)陽色・・・「ひいろ」(671)陽英・・・「ひえい」(672)陽・・・「ひかる」

(673)陽咲・・・「ひさき」(674)陽聖・・・「ひさと」(675)陽智・・・「ひさと」

(676)陽達・・・「ひたつ」(677)陽月・・・「ひつき」(678)秀陽・・・「ひではる」

(679)陽・・・「ひなた」(680)陽向・・・「ひなた」(681)陽仁・・・「ひなと」

(682)陽人・・・「ひなと」(683)陽奈斗・・・「ひなと」(684)陽斗・・・「ひなと」

(685)陽哉・・・「ひなり」(686)陽晴・・・「ひなる」(687)陽々希・・・「ひのき」

(688)陽人・・・「ひびと」(689)陽史・・・「ひふみ」(690)陽向・・・「ひゅうが」

(691)陽龍・・・「ひりゅう」(692)大陽・・・「ひろ」(693)弘陽・・・「ひろあき」

(694)陽杜・・・「ひろと」(695)祐陽・・・「ひろや」(696)冬陽・・・「ふゆひ」

(697)雅陽・・・「まさはる」(698)優陽・・・「まさはる」(699)昌陽・・・「まさや」

(700)幹陽・・・「みきはる」(701)光陽・・・「みつはる」(702)心陽・・・「みはる」

(703)望陽・・・「みはる」(704)元陽・・・「もとはる」(705)陽雲・・・「やくも」

(706)泰陽・・・「やすはる」(707)佑陽・・・「ゆうひ」(708)優陽・・・「ゆうひ」

(709)有陽・・・「ゆうひ」(710)柚陽・・・「ゆうひ」(711)勇陽・・・「ゆうひ」

(712)結陽・・・「ゆうひ」(713)友陽・・・「ゆうひ」(714)雪陽・・・「ゆきはる」

(715)幸陽・・・「ゆきや」(716)悠陽・・・「ゆたか」(717)陽壱・・・「よういち」

(718)陽作・・・「ようさく」(719)陽心・・・「ようしん」(720)陽志・・・「ようじ」

(721)陽治・・・「ようじ」(722)陽次郎・・・「ようじろう」(723)陽仁・・・「ようじん」

(724)陽哉・・・「ようすけ」(725)陽輔・・・「ようすけ」(726)陽佑・・・「ようすけ」

(727)陽星・・・「ようせい」(728)陽成・・・「ようせい」(729)陽聖・・・「ようせい」

(730)陽大・・・「ようた」(731)陽泰・・・「ようた」(732)陽大・・・「ようだい」

(733)陽平・・・「ようへい」(734)陽麻・・・「ようま」(735)陽舞・・・「ようま」

(736)陽弥・・・「ようや」(737)義陽・・・「よしはる」(738)龍陽・・・「りゅうひ」

 

11月生まれの赤ちゃんの名前999選⑦【男の子編】

 

季語「隼」を使った男の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

続いて11月生まれの男の子の赤ちゃん向けの名前に紹介するのは、11月の季語「隼」の漢字です。

隼は俳句での11月を表す季語の一つです。その意味は「縦横無尽に飛び回る」「スピーディー」「勇ましい」「爽やか」といった男の子むけにはぴったりの漢字といえる季語なのです。2019年の令和時代にも流行っている俳句の季語の漢字ということもポイントです。

11月生まれの男の子の赤ちゃんに授ける名前にはピッタリかもしれません。

(739)瑛隼・・・「えいと」(740)隼・・・「しゅん」(741)隼一・・・「しゅんいち」

(742)隼一郎・・・「しゅんいちろう」(743)隼芽・・・「しゅんが」(744)隼快・・・「しゅんかい」

(745)隼樹・・・「しゅんき」(746)隼午・・・「しゅんご」(747)隼吾・・・「しゅんご」

(748)隼作・・・「しゅんさく」(749)隼司・・・「しゅんじ」(750)隼志・・・「しゅんじ」

(751)隼介・・・「しゅんすけ」(752)隼亮・・・「しゅんすけ」(753)隼佑・・・「しゅんすけ」

(754)隼典・・・「しゅんすけ」(755)隼太・・・「しゅんた」(756)隼汰・・・「しゅんた」

(757)隼太郎・・・「しゅんたろう」(758)隼之助・・・「しゅんのすけ」(759)隼平・・・「しゅんぺい」

(760)隼磨・・・「しゅんま」(761)隼馬・・・「しゅんま」(762)隼哉・・・「しゅんや」

(763)隼冶・・・「しゅんや」(764)隼・・・「しゅん」(765)隼一・・・「じゅんいち」

(766)隼毅・・・「じゅんき」(767)隼世・・・「じゅんせ」(768)隼成・・・「じゅんせい」

(769)隼平・・・「じゅんぺい」(770)隼冶・・・「じゅんや」(771)隼也・・・「しゅんや」

(772)拓隼・・・「たくと」(773)知隼・・・「ちはや」(774)隼輝・・・「としき」

(775)隼貴・・・「としたか」(776)隼彦・・・「としひこ」(777)隼呂・・・「としまさ」

(778)隼哉・・・「としや」(779)隼雄・・・「としお」(780)隼成・・・「はやせ」

(781)隼多・・・「はやた」(782)隼汰・・・「はやた」(783)隼輝・・・「はやて」

(784)隼人・・・「はやと」(785)隼利・・・「はやと」(786)隼翔・・・「はやと」

(787)隼乙・・・「はやと」(788)隼士・・・「はやと」(789)隼斗・・・「はやと」

(790)隼杜・・・「はやと」(791)隼都・・・「はやと」(792)隼成・・・「はやなり」

(793)隼・・・「はやぶさ」(794)隼真・・・「はやま」(795)美隼・・・「みはや」

(796)夕隼・・・「ゆうと」

 

季語「柊」を使った男の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

続いての11月生まれの男の子の赤ちゃんの名前として紹介する漢字は柊です。

柊も隼と同じく11月を表す季語になります。季語である柊の花言葉は「用心深さ」「先見の明」を意味しており、11月生まれの赤ちゃんの名前に用いる事でこれらの意味を持たせることができるのです。季語である柊の字はカッコいいので男の子の名前にピッタリの感じです。

(797)柊・・・「しゅう」(798)柊一・・・「しゅういち」(799)柊一郎・・・「しゅういちろう」

(800)柊詠・・・「しゅうえい」(801)柊嘉・・・「しゅうか」(802)柊駕・・・「しゅうが」

(803)柊樹・・・「しゅうき」(804)柊悟・・・「しゅうご」(805)柊吾・・・「しゅうご」

(806)柊朔・・・「しゅうさく」(807)柊児・・・「しゅうじ」(808)柊地・・・「しゅうじ」

(809)柊治・・・「しゅうじ」(810)柊士郎・・・「しゅうじろう」(811)柊祐・・・「しゅうすけ」

(812)柊介・・・「しゅうすけ」(813)柊輔・・・「しゅうすけ」(814)柊成・・・「しゅうせい」

(815)柊星・・・「しゅうせい」(816)柊造・・・「しゅうぞう」(817)柊太・・・「しゅうた」

(818)柊汰・・・「しゅうた」(819)柊太郎・・・「しゅうたろう」(820)柊大・・・「しゅうだい」

(821)柊翔・・・「しゅうと」(822)柊斗・・・「しゅうと」(823)柊杜・・・「しゅうと」

(824)柊之助・・・「しゅうのすけ」(825)柊灯・・・「しゅうひ」(826)柊平・・・「しゅうへい」

(827)柊穂・・・「しゅうほ」(828)柊摩・・・「しゅうま」(829)柊茉・・・「しゅうま」

(830)柊馬・・・「しゅうま」(831)柊也・・・「しゅうや」(832)柊優・・・「しゅうや」

(833)柊耶・・・「しゅうや」(834)柊弥・・・「しゅうや」(835)柊哉・・・「しゅうや」

(836)柊李・・・「しゅうり」(837)柊李・・・「しゅり」(838)成柊・・・「せいしゅう」

(839)柊吾・・・「とうあ」(840)柊雅・・・「とうが」(841)柊吾・・・「とうご」

(842)柊真・・・「とうま」(843)柊馬・・・「とうま」(844)日柊・・・「はるひ」

(845)柊彩・・・「ひいろ」(846)柊隆・・・「ひだか」(847)柊月・・・「ひづき」

(848)柊則・・・「ひのり」(849)柊・・・「ひろ」(850)柊空・・・「ひろあき」

 

11月生まれの赤ちゃんの名前999選⑧【男の子編】

 

「菊」を使った男の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

続いて紹介する11月生まれの赤ちゃんの名前に向けた漢字は菊の字です。

11月は菊の花がもっとも咲き乱れる月です。日本を代表する花である菊は多くの人から愛されている花でもあるのです。そんな愛される菊の字を11月生まれの男の子の赤ちゃんの名前に付ければ、多くの人から愛される子になることでしょう。

(851)菊雄・・・「あきお」(852)菊広・・・「あきひろ」(853)菊貞・・・「あきさだ」

(854)菊忠・・・「あきただ」(855)菊敏・・・「あきとし」(856)菊智・・・「あきとも」

(857)菊成・・・「あきなり」(858)菊則・・・「あきのり」(859)菊規・・・「あきのり」

(860)菊広・・・「あきひろ」(861)菊雄・・・「きくお」(862)菊央・・・「きくお」

(863)菊臣・・・「きくおみ」(864)菊吾・・・「きくご」(865)菊悟朗・・・「きくごろう」

(866)菊治・・・「きくじ」(867)菊二・・・「きくじ」(868)菊士・・・「きくじ」

(869)菊治郎・・・「きくじろう」(870)菊士郎・・・「きくしろう」(871)菊助・・・「きくすけ」

(872)菊千代・・・「きくちよ」(873)菊登・・・「きくと」(874)菊仁・・・「きくひと」

(875)菊真・・・「きくま」

 

「文」を使った男の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

次に11月生まれの男の子の名前に使える漢字として紹介するのは文の字です。

11月には文化の日があり、「知識、信仰、芸術、道徳、法律、習慣」といった文化を象徴する月になっているのです。そんな文の漢字を11月生まれの赤ちゃんの名前に込める事で、知性や芸術方面に強い子に育ってほしいという願いを込める事ができます。

(876)文緒・・・「あきお」(877)文臣・・・「あきおみ」(878)文忠・・・「あきただ」

(879)文継・・・「あきつぐ」(880)文恒・・・「あきつね」(881)文照・・・「あきてる」

(882)文人・・・「あきと」(883)文敏・・・「あきとし」(884)秋文・・・「あきふみ」

(885)暁文・・・「あけふみ」(886)篤文・・・「あつふみ」(887)阿文・・・「あもん」

(888)文翔・・・「あやと」(889)文士・・・「あやと」(890)文斗・・・「あやと」

(891)文都・・・「あやと」(892)有文・・・「ありふみ」(893)勇文・・・「いさふみ」

(894)和文・・・「かずふみ」(895)勝文・・・「かつふみ」(896)聖文・・・「きよふみ」

(897)獅文・・・「しもん」(898)旬文・・・「しゅんや」(899)嵩文・・・「たかふみ」

(900)恒文・・・「つねふみ」

 

11月生まれの赤ちゃんの名前999選⑨【男の子編】

 

「縁」を使った男の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

続いての11月生まれを表現する男の子向けの名前の漢字は縁です。11月5日はいいごえんという語呂から縁結びの日とされています。そのことにちなんで縁の字を引用するのです。

縁というのは人や物との結びつけるという意味を持ちます。そんな縁を名前につければ人やものなどの多くの物との縁が結ばれるようにという願いをかけることができるのです。

(901)縁・・・「えん」(902)縁一・・・「えんいち」(903)縁士・・・「えんし」

(904)縁心・・・「えんしん」(905)縁樹・・・「えんじゅ」(906)縁汰・・・「えんた」

(907)縁之助・・・「えんのすけ」(908)縁臣・・・「むねおみ」(909)縁文・・・「むねふみ」

(910)縁昌・・・「むねまさ」(911)縁光・・・「むねみつ」(912)縁幸・・・「むねゆき」

(913)縁良・・・「むねよし」(914)縁・・・「ゆかり」(915)縁・・・「より」

(916)縁明・・・「よりあき」(917)縁定・・・「よりさだ」(918)縁重・・・「よりしげ」

(919)縁恒・・・「よりつね」(920)縁朋・・・「よりとも」(921)縁仁・・・「よりひと」

(922)縁政・・・「よりまさ」(923)縁宗・・・「よりむね」

 

「進」を使った男の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

次に紹介する11月生まれの赤ちゃんの名前は進の漢字です。

11月24日はダーウィンの種の起源の出版を記念して進化の日とされています。その進化の日から進の字を11月生まれの赤ちゃんの名前に使うのです。

進という字は、前に進む、良いレベルに引き上げという意味があるので、この漢字を11月生まれの赤ちゃんの名前に使うことで、向上心をもって前に向かって進むような子になってほしいという願いを込める事ができるのです。

(924)瑛進・・・「あきのぶ」(925)明進・・・「あけみち」(926)壱進・・・「いっしん」

(927)栄進・・・「えいしん」(928)華進・・・「かしん」(929)慶進・・・「けいしん」

(930)進一・・・「しんいち」(931)進玄・・・「しんげん」(932)進吾・・・「しんご」

(933)進咲・・・「しんさく」(934)進士・・・「しんじ」(935)進志・・・「しんじ」

(936)進治郎・・・「しんじろう」(937)進輔・・・「しんすけ」(938)進太郎・・・「しんたろう」

(939)進登・・・「しんと」(940)進人・・・「しんと」(941)進ノ助・・・「しんのすけ」

(942)進耶・・・「しんや」(943)進也・・・「しんや」(944)進・・・「すすむ」

(945)晴進・・・「せいしん」(946)進鷹・・・「のぶたか」(947)進実・・・「みちさね」

(948)進則・・・「みちのり」(949)進人・・・「ゆきひと」(950)進幸・・・「みちゆき」

 

11月生まれの有名人男性を紹介

引用: Pixabay

(951)武田信玄・・・「たけだしんげん」

(952)手塚治虫・・・「てづかおさむ」

(953)坂本龍馬・・・「さかもとりょうま」

(954)田中将大・・・「たなかまさひろ」

(955)名倉潤・・・「なぐらじゅん」

(956)長瀬智也・・・「ながせともや」

(957)中西圭三・・・「なかにしけいぞう」

(958)手越祐也・・・「てごしゆうや」

(959)木村拓哉・・・「きむらたくや」

(960)岡田准一・・・「おかだじゅんいち」

 

「誕生石」にちなんだ男の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

11月生まれの男の 子の赤ちゃんの名前に11月の誕生石にちなんだ名前をつけてあげることも一つの選択肢です。

(961)清太郎・・・「せいたろう」(962)誠道・・・「あきみち」(963)友希・・・「ゆうき」

(964)拓海・・・「たくみ」(965)開成・・・「かいせい」(966)探・・・「さぐる」

(967)一誠・・・「いっせい」(968)和成・・・「かずなり」

 

11月生まれの「古風」な男の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

11月生まれの男の 子の赤ちゃんの名前に日本古来からの古風な名前をつけてあげることも一つの選択肢です。

(969)秋風・・・「しゅうふう」(970)秋真・・・「あきざね」(971)実臣・・・「さねおみ」

(972)琢実・・・「たくみ」(973)静秋・・・「せいしゅう」(974)白秋・・・「はくしゅう」

(975)秋守・・・「あきもり」(976)知茂・・・「ともしげ」(977)穂秋・・・「ひであき」

 

11月生まれの「漢字一文字」の男の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

11月生まれの男の 子の赤ちゃんの名前に漢字一文字だけの名前をつけてあげることも一つの選択肢です。

(978)清・・・「きよし」(979)柊・・・「ひいらぎ」(980)樹・・・「いつき」(981)学・・・「まなぶ」

(982)智・・・「さとし」(983)満・・・「みつる」(984)雅・・・「まさし」

 

11月生まれの「ひらがな」の男の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

11月生まれの男の 子の赤ちゃんの名前にひらがなだけの名前をつけてあげることも一つの選択肢です。

(985)みのる(986)ひであき(987)ふみあき(988)あきら(989)はじめ(990)りん(991)ひろと

 

11月生まれの「誕生花」にちなんだ男の子の名前2019年令和最新版を紹介

引用: Pixabay

11月生まれの男の 子の赤ちゃんの名前に誕生花にちなんだ名前をつけてあげることも一つの選択肢です。

11月の誕生花は「ガーベラ」です。その花言葉は「希望」「常に前進」です。これにちなんだ名前が挙げられます。

(992)勇・・・「いさむ」(993)崇・・・「たかし」(994)潔・・・「きよし」

(995)秋純・・・「あきすみ」(996)忍・・・「しのぶ」(997)篤志・・・「あつし」

(998)豪介・・・「こうすけ」(999)来太・・・「らいた」

 

大切な赤ちゃんに大切な名前を贈ろう!

引用: Pixabay

11月生まれの赤ちゃんにつける名前の候補はみつかりましたでしょうか。11月生まれの赤ちゃんということで秋らしい言葉や秋の季語、記念日にちなんだ2019年令和最新版の漢字を紹介してきました。

生まれ月にちなんだ言葉は数々あります、今回はその中での11月生まれの赤ちゃんの名前に注目してきました。11月生まれの赤ちゃんに相応しい名前を考える上での参考にはなっていたら幸いです。

名前はその子自身を移す鏡となり、その赤ちゃんの成長過程で大いに影響を与える事にもなりうる大切なものです。季語や誕生石、誕生花などに込められた意味をきちんと考えた上で、両親の願いを込めた良い名前を赤ちゃんにつけてあげられたら最高の事だと思います。

2019年の令和という新しい時代になっても赤ちゃんの名前については永遠の命題なのです。赤ちゃんは少子高齢化の日本においては宝です。そんな大切な赤ちゃんには素敵な名前をプレゼントして上げらる助けになることができたらよかったです。

人気の記事