イラク日本人青年殺害事件の概要!香田証生への政府の対応&みんなの反応は?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

イラク日本人青年殺害事件の概要

引用: Pixabay

2003(平成15)年5月、イラク戦争が終結した後もイラクの国内情勢は混迷を極め、同年10月には外務省職員が銃撃死し、翌2004(平成16)年4月には、日本人人道活動家の高遠菜穂子さんら3人が一時人質状態になるなど、イラクは決して日本人にとって安全な地域とは言えませんでした。

背景にはアメリカの要請に応じ、時の小泉政権がイラク特別措置法を成立させ、史上初めて陸上自衛隊を治安維持を目的にイラク・サマワへ派遣した事に対する旧フセイン政権関係者やアルカイダらを中心とするイスラム原理主義過激派からの反発があったと言われています。

そして2004(平成16)年10月27日未明、中東カタールのテレビ局アルジャジーラが「イラクの聖戦アルカイダ組織」と名乗る組織が、日本人の香田証生さん(当時24歳)を人質に取ったと犯行声明を出したと報道しました。

同組織は、日本政府に対して「48時間以内に自衛隊をイラクから撤収させなければ、香田証生さんを殺害する」と宣言しましたが、時の小泉政権は「テロには屈しない」との姿勢から自衛隊撤退は拒否する一方、地元のイスラム聖職者を通じて解放交渉の仲介を依頼しました。

しかし10月31日未明、香田さんの遺体は首都バグダッド市内で遺体で見つかり、11月2日にはインターネット上で香田さんが殺害される様子が流されました。

これが「イラク日本人青年殺害事件」と呼ばれる事件の概要です。

 

香田証生の経歴【イラク日本人青年殺害事件】

 

福岡出身の若者【イラク日本人青年殺害事件】


イラク日本人青年殺害事件で犠牲になった香田証生さんは、1979年福岡県直方市で生まれました。

地元の東海大学第五高等学校を中退の後、通信制のNHK学園高等学校に編入し、高校卒業資格を取って修了されたそうです。

 

ニュージーランドへワーキングホリデーに向かった【イラク日本人青年殺害事件】


引用: Pixabay

NHK学園を終了した香田証生さんは、国内でフリーターとして働いた後、2004(平成16)年春頃、ワーキングホリデーの制度を利用しニュージーランドへ渡りました。

☆ことば・ワーキングホリデーとは☆

外国で働きながら滞在し、語学学校へ通ったり旅を楽しんだりすること。就労ビザが免除されるなど利点が多いが、自国と滞在を希望する国同士が「ワーキングホリデーに関する2国間協定」を結んでいる事が前提条件となる。

最近では企業採用の国際化を受け、ワーキングホリデーを試用期間として利用するケースが増えているという。

 

海外支援に興味があった?【イラク日本人青年殺害事件】

Array

引用: Pixabay

香田証生さんは、約4ヶ月間地元の農場で働きながら語学学校へ通われたそうです。

そこで出会った方に、香田証生さんは「海外支援に興味がある」と語ったそうです。もしかすると、ニュージーランドでの経験や語学学校で出会った方に影響を受けたのかも知れません。

 

イスラエル旅行を経て日本へ帰国予定だった【イラク日本人青年殺害事件】

引用: Pixabay

2004(平成16)年9月5日、香田証生さんはニュージーランドから香港経由でイスラエルに向かいました。

およそ一か月のイスラエル滞在予定で、10月末にニュージーランドへ帰国し、11月末に日本へ帰国する予定でした。

 

イラク入国を目指してヨルダンへ【イラク日本人青年殺害事件】

Array

引用: Pixabay

ところが香田証生さんは、10月18日イスラエルから陸路でヨルダンの首都アンマンへ入りました。

当時イラクへの入国ルートは、アンマンからバスか自動車を利用してバグダッドへ向かうコースが一番ポピュラーとされ、アンマンはイラク入国への経由地とされていました。

 

周囲からの反対を押し切りイラク渡航を強行【イラク日本人青年殺害事件】

引用: Pixabay

香田証生さんがアンマンで滞在したホテルには、偶然日本人映画監督の四ノ宮浩氏が滞在しており、香田証生さんはイラク行きに関して四ノ宮浩氏に現地でのホテルの紹介を含め相談しました。

答えは勿論NOでした。イラクへ入国のチャンスを伺っていた四ノ宮氏でさえ、イラク行きを断念してアンマンに滞在している身でした。

10月20日アンマンからバグダッドへ向かうバス亭で、四ノ宮氏は香田証生さんにイラク行きを断念するよう繰り返し説得しましたが、香田証生さんは振り切ってバスへと乗り込み、バグダッドへ向かいました。

 

香田証生はなぜイラクへ?【イラク日本人青年殺害事件】

 

海外でのイラク報道に影響されたか?【イラク日本人青年殺害事件】

引用: Pixabay

では、イラクに行く予定の無かった香田証生さんは、何故イスラエルからヨルダン経由でイラクへ向かったのでしょうか?。

香田証生さんが、ワーキングホリデー滞在先のニュージーランドで「海外支援に興味がある」と述べたのは前述済みです。ただ、それだけがイラク行を決意させるきっかけとなったのでしょうか?。

海外報道に詳しい元国内メディア関係者は、当時のイラクに関する報道について「日本のマスコミがオブラートを掛けて伝えるより、欧米を含め海外で伝えられたものは余りにもセンセーショナルだった。そういった報道に香田証生さんが影響を受けたのかもしれない。」と語りました。

 

同情心と正義感が強かった香田証生さん【イラク日本人青年殺害事件】

引用: Pixabay

香田証生さんがイラクで人質に囚われた後、直方市の香田証生さんの実家にはメディアが殺到しました。

集まるマイクの前で、香田証生さんの父親と母親は香田証生さんについて「小さな頃から同情心と正義感が人一倍強い子だった。イラクへ行ったのは、きっとイラクで起きている事に何かを感じて行かねばと思って行ったのでは。」と語ったそうです。

 

日本人は大丈夫と言う過信が引き金に【イラク日本人青年殺害事件】

引用: Pixabay

香田証生さんがイラク日本人青年殺害事件で犠牲になる半年前、日本人人道活動家の高遠菜穂子さんら3人がイラクで人質になり、その後解放される事件がありました。

高遠さんは後のメディアからのインタビューで「日本人は大丈夫と言う過信があった。そうした過信が今では通用しなくなった事は私への戒めだ。」と語ったそうです。

日本人とアラブ人は、先の大戦で共に非常に苦労した事に加え、日本が唯一核兵器の惨禍を受けたことに対するアラブ人からの同情もあり、欧米人と比べて丁重なあつかいを受けたとされます。

「そうしたアラブ世界との友好関係を壊したのは、いわゆるイラク特措法だった。私達は奇跡的に助かったが、香田証生さんが殺害されたのは必然だったのかもしれない。」後に高遠さんはそう語っていました。

 

日本政府&自衛隊の対応【イラク日本人青年殺害事件】

引用: Pixabay

香田証生さんがイラクで人質に囚われたことを受け、日本政府や自衛隊はどの様な対応を取ったのでしょうか?

 

政府は官邸とヨルダンに対策本部を設置【イラク日本人青年殺害事件】

引用: Pixabay

香田証生さんが人質に囚われた事態を受け、政府は27日6時過ぎ首相官邸内の危機管理センターに連絡室を開設すると共に、同日7時過ぎには在ヨルダン日本大使館内に、ヨルダン大使を本部長とする現地対策本部を設置しました。

 

小泉首相は「自衛隊を撤退させない」とブッシュ大統領に約束【イラク日本人青年殺害事件】

引用: Pixabay

当時の小泉首相は、台風23号による被災地視察のため豊岡へ向かっていた自衛隊機内から、アメリカのジョージ・W・ブッシュ大統領に電話を入れ「テロには屈しない。自衛隊は撤収させない。」と約束したそうです。

これを受け、当時のベーカー駐日大使は「日本政府の対応を支持し、敬意を表する。」とメディアに述べました。

 

外交ルートを通じイスラム聖職者からの説得を試みる【イラク日本人青年殺害事件】

引用: Pixabay

同年4月の高遠菜穂子さんら3人の人質事件に際し、開放へ力を尽くしたとされるイスラム聖職者に協力を求める為、イラン・サウジアラビヤ・シリアなどの関係者を通じてイスラム聖職者への協力を要請し「イラクの聖戦アルカイダ組織」と名乗る組織へのコンタクトを探ろうとしました。

 

サマワ駐留自衛隊を出動させようとの動きも【イラク日本人青年殺害事件】

引用: Pixabay

香田証生さん解放へのタイムリミットとされた48時間が迫る中、28日夕に当時の自民党幹事長だった亀井静香氏が官邸に小泉首相を訪ね「このままでは事態は動かない。密かにサマワ駐留の陸上自衛隊の部隊に命じて、救出作戦を行った方が良い。」と迫ったそうですが、小泉首相は憲法9条を盾に、この提案を退けたそうです。

 

最悪の結果に「民間人軽視」と批判が巻き起こる【イラク日本人青年殺害事件】

引用: Pixabay

結果として最悪の結果となったイラク日本人青年殺害事件に対し、当初自己責任論が沸き上がり香田証生さんを批判する声が多くを占めた一方で、多くの識者から「政府の対応は外交音痴に加え民間人軽視である」と、当時の小泉首相を厳しく批判する声も挙がりました。

元外務省外交官で現在フリージャーナリストの佐藤優氏は当時を振り返り「2003年に外務省職員が銃殺された時は、まるで国葬のような扱いをしたのに、イラク日本人青年殺害事件で犠牲になった香田証生さんの時は、日本への遺体搬送費を国が遺族に請求するなど血も涙もなかった。この国には何時しか『お上の死は美しく、下々の死は忌まわしい』等と言った考え方が根付いてしまった。」とある雑誌の対談で述べ、日本政府の対応を厳しく批判しました。

また2018(平成30)年10月にシリアの武装組織から解放されたフリージャーナリストの安田順平さんは、帰国後に香田証生さんの事件に触れ「民間人だからテキトーにやっておけばその内解放されるだろうと言った日本政府の対応は、世界に恥じるべき姿勢だ。」と述べたそうです。

 

みんなの反応は?【イラク日本人青年殺害事件】

 

当初は自己責任論による誹謗中傷が殆ど【イラク日本人青年殺害事件】

引用: Pixabay

事件が発生し、最終的に香田証生さんが殺害された事を巡っては、当時一般からの反応は自己責任論を盾に、非常に冷酷でした。

「行くなと言われているのに、言ったお前が悪いから死んで同然」「単なる物見遊山の果ての自爆行為」等と聞くに堪えない誹謗中傷が相次いだそうで、直方の香田証生さんの実家にも、脅迫まがいな電話や手紙が相次いだそうです。

 

バックパッカーなどを中心に香田証生さんを悼む声が次第に沸き起こる【イラク日本人青年殺害事件】

引用: Pixabay

しかし、イラク日本人青年殺害事件から一年以上経った頃から、いわゆるバックパッカーらを中心に、香田証生さんを悼むブログやツイートをする方が次第に増えて来たそうです。

「自分探し」と言う言葉が消えて久しい世の中ですが、2000年代初期の日本には自分探しをしながら一人で旅をし、その様子を公開するなどして人々に感動を味わって欲しいとするバックパッカー達が多数居り、世界を駆け巡っていました。

「香田証生さんもそんな自分探しの一人だったに違いない。それを権力や政府に迷惑を掛けたからと言って叩いて喜ぶのは、人間的にサイテーレベルの人がやる事だが、日本ではそれが当たり前になっていてオソロシイ。」とあるバックパッカーは記していました。

 

香田さんが泊まったホテルが「コーダホテル」と改名!【イラク日本人青年殺害事件】

引用: Pixabay

ところで、香田証生さんがバグダッドへ向かう前にヨルダンのアンマンで泊まった「マンスールホテル」が、今は「コーダホテル」と改名したのご存知でしょうか?。

初代オーナーで香田証生さんの世話をしたサーメルさんが、後に香田証生さんが殺害されたことを悼むと共に、彼の勇気を称えようと名前を改名したそうです。

小さく少々古いホテルだそうですが、このエピソードをきっかけに日本人滞在客が急増し、今も滞在客の半分以上が日本人だそうです。

 

イラク日本人青年殺害事件まとめ!

引用: Pixabay

今から15年以上前に起きたイラク日本人青年殺害事件についてお話してきましたが、如何だったでしょうか?。

ところで、このイラク日本人青年殺害事件の引き金を引いたとされるイラク特措法施行と自衛隊のアラブ諸国派遣を巡り、その後アラブ&アフリカ地域で日本人をターゲットにしたテロ事件が相次ぐようになります。

最も有名なのが、2013(平成25)年1月に日本人エンジニア10人が犠牲になった「アルジェリア日揮プラント人質事件」でした。

この時二度目の政権返り咲きを果たした安倍首相は、日本政府の対応として「テロリストとは交渉しない」とし、最終的にアルジェリア軍の強行突入を黙認しましたが、結果的に甚大な人的被害を生むことになり、今も遺族の中にはイラク日本人青年殺害事件を引き合いに出し、安倍首相や日本政府の対応に対する責任論を口にする人が少なくないと言います。

その他、アラブ・アフリカのイスラム圏諸国では、日本姿勢に反発して在留邦人ら出張ビジネスマンを狙った誘拐未遂事件が相次いでおり、外務省はアラブ・アフリカ地域の殆どで「注意喚起」又は「要・渡航是非検討」の警告を出しています。

20年以上前のアラブ・アフリカ地域では、パレスチナやソマリアと言った紛争地域以外では然程日本人が犯罪に巻き込まれる可能性は少なかったそうですが、今や「アラブ・アフリカ世界で日本人はターゲットと化した」と言っても過言ではない時代なのです。

香田証生さんを誘拐して殺害した組織とされる「イラクの聖戦アルカイダ組織」の実態は、今以て明らかになっていません。

あの9.11の実行部隊として名を馳せるアルカイダですが、アメリカの情報機関ですら末端に至るまでの実態が掴めておらず、最高指導者のウサマ・ビンラーディン殺害に成功後も、各地で指導者が現れてテロ事件を繰り返し行っています。

この事件に関しても、2年後に旧フセイン政権派のスンニ派墓相集団の男が逮捕され、後に香田証生さん殺害実行犯と断定されて処刑されましたが、結果としてその一人しかたどり着けなかったのが実情でした。

折しも、事件が起きた年の4月には、かつての日本赤軍対策として立ち上がった「警察庁警備局調査官室」が「警察庁警備局国際テロリズム対策課」に格上げされたばかりだっただけに、悔やまれる結果となってしまいました。

前章で紹介したフリージャーナリストの安田順平さんは「イラク日本人青年殺害事件を境に、日本人の海外からの発信力が失われるきっかけになった。」と語りました。

「かつてベトナム戦争や湾岸戦争の最前線には、ジャーナリストだけでなくド素人のカメラマンが数多く陣取って、特ダネを撮っては通信社に売り込んでいた。そうした経験を経て、プロの報道カメラマンやジャーナリストとして独り立ちするケースも少なくなかったです。

香田証生さんの様な冒険心旺盛な若者が、自分の発信で世論や社会を動かす面白さを得ながら成長して行った時代と比べ、出過ぎればすぐ叩かれ危険を冒して発信しようとする行為を『非国民』云々と叩いて喜ぶ姿にはゾッとします。

若者がスマートフォンなどを通じて見る世界のニュースの殆どが、イラク日本人青年殺害事件で犠牲になった香田証生さんの様な冒険心旺盛な若者が、命の危険を潜り抜けてゲットした特ダネから生まれたものです。

かつては日本人の若者も数多く居たのですが、イラク日本人青年殺害事件を境に姿を消しているのです。イラク日本人青年殺害事件があれだけ騒がれ、遺族がやり玉に挙げられたなら、香田証生さんの様に何でも見に行ってやろうと思わなくなりますよ。

イラク日本人青年殺害事件は、日本の若者から冒険心や発信力を奪いましたね。」安田さんは雑誌の対談で語りました。

また前章でご紹介した元外交官でフリージャーナリストの佐藤優さんは、

「イラク日本人青年殺害事件を盾に批判されようが何だろうが、人道的使命感を感じて行く事は悪い事ではない。それで人質として囚われた自国民を救い出すのが政府の使命ではないのでしょうか?。

『イラク日本人青年殺害事件みたいなアブナイことをすれば国も国民も助けない』等と欧米で、逆に『お前は非国民だ』とやり玉に挙げられますよ。

今はインターネットが発達して手軽に情報が得れるようになったのか、イラク日本人青年殺害事件の様な悲劇は聞かれなくなりましたが、その代わり『日本人の海外からの発信力』が失われた事を、私達はもっと深刻に受け止めるべきじゃないでしょうか。」と述べました。

確かにイラク日本人青年殺害事件で犠牲になった香田証生さんの行動は、当時の情勢からみて決して褒められる事ではありません。

その反面、イラク日本人青年殺害事件がきっかけで、今の日本人・・・特に香田証生さんの世代に数多くに見られる「内向き閉塞感」を加速させ、日本が世界の潮流から取り残されていく状況には、強い危機感を感じます。

イラク日本人青年殺害事件に見られるような「危険を冒しても事実に触れる」事に対して、当然自己責任なく向かう事には賛同しません。

しかし、イラク日本人青年殺害事件の様な危険を冒さねば、「世界で今何が起きているか」すら解らなくなる事を知っておくべきでしょう。

人気の記事