不倫を見抜く方法15選!男女別に浮気サインを解説!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

最近パートナーの行動がどうも怪しい

引用: Pixabay

ある日、ふとした時に気がついてしまったパートナーの異変。

しかし「自分のパートナーに限って・・」などと考えてしまい、結果として「自然放置」にするに至った夫婦やカップルが多かれ少なれいらっしゃった事も事実でした。

その事からパートナーは「不倫や浮気が表面化」していないを好都合として捉えドンドン好き勝手放題に。

「恋は盲目」といいますが結局のところ・・・

その恋の果てにあるものは「不貞行為に及んだ相手との別れ」と「自分を支えてきてくれたパートナーとの関係悪化」のふたつだけなのでした。

男女関係において一旦歪みが生じれば「舵取りする」のに困難な事は誰でもわかる事なのでしょう。

したがって、パートナーの行動に敏感になる事は「交際相手もしくは配偶者」である以上当然の義務でもあったわけなのです。

カップルや夫婦においてパートナーの「浮気を見抜いていく洞察力」は鍛えるに越した事はないのでしょう。

パートナーの異変をいち早く察知する事で「回避できる事」は山ほどあるのです。

また、不倫や浮気の種類については「独身×独身」「既婚者×独身」のツーパターンがございますが、いずれにせよ不倫や浮気の果てに「真の幸せ」などは存在しないという事を読者の皆様にご理解いただければなによりなのでしょう。

「最近パートナーの行動がどうも怪しい」とお感じになられている方がいらっしゃいましたら是非、この記事をお読みになり「不倫を見抜く方法」を習得していただけたら幸いでございます。

 

もしかして不倫かも


引用: Pixabay

皆様は「不倫」と「浮気」の違いをご存知でしょうか?

このふたつの言葉を我々は混合しがちですが、それぞれに意味があり「深刻な状況下」といえるのが前者の「不倫」でした。

また「浮気」についてですが、ひとそれぞれの価値観により受け取り方が違ってくるので断片的にしかご説明できないのが実情になります。

  • 異性との親密メールをする
  • 異性とふたりきりで会う
  • 異性に腕組や手繋ぎ
  • 異性とハグしあったりキスをする
  • 異性とお泊りデート
  • 異性と肉体関係を持つ

上記においては、男女の「浮気の定義・基準」に当てはまるのはいうまでもないのでしょう。

次に「法に則る中」で浮気の定義の概念に「より拍車」をかけたものが不倫になります。

夫婦間において明確ともいえる「貞操義務違反」になり、定義に付いてはほぼほぼ「浮気」と大差なかったわけでした。

ただ実際のところ、同じ行動をとっている「浮気」と「不倫」の線引きが非常に難しく・・・

  • 親密メール
  • ふたりきりで食事
  • 腕組して歩く
  • 抱擁しながらキス

といった事は「法律的な浮気の定義にあてはまらない」ため、非常に悩ましい問題でもあったわけなのです。

不倫や浮気を「決定打」させるには直接的な肉体関係を持ったという明確な証拠が必要となってくるわけなのですが、実際にはそれら証拠を取得するのは非常に困難な事でありました。

また、興信所などへの依頼が多いとされる「夫・妻・交際相手」の浮気調査。

しかし、実際には自主的に浮気や不倫を止めさせる事は容易ではない事から、一番手堅い方法としてはやはりパートナーの「不倫を見抜く」事に尽きるのだと思います。

深刻になれば、夫婦やカップルにおいても「離縁」は免れない状況になり、さらには「社会的制裁や慰謝料発生」などかなりのリクスを背負う事に。

夫婦であればお子さんがいるのでしょう。独身者なら親御さんがいらっしゃいます。

そのような大切な人たちを悲しませてまで、果たして「不貞行為」に価値があるのかという事を考えれば答えは容易にわかるのでしょう。

怪しいと思っても、まがいもなくあなた自身の大切なパートナー。被害を最小限に止めたいものであります。

この事に限っては、あなた自身の「洞察力」に全てがかかっていると言っても過言ではないのかもしれません。

 

不倫を見抜く方法を紹介!


引用: Pixabay

「不倫の見抜き方」には色々ありますが、そこは個人的な感情を抜きにして冷静沈着に見極めていく必要があるのでしょう。

「パートナーの日々の行動パターン」を把握しているのは、夫や彼であるあなた・もしくは妻や彼女であるあなただけなのです。

パートナーの事を知り尽くしているあなただからこそ「見抜く事のできる不倫や浮気」なのかもしれません。

ご自身の「研ぎ澄まされた直感」を信じながら、これからご紹介させていただきます「不倫を見抜く方法」を役立てていただければ幸いでございます。

 

不倫を見抜く方法5選【定番編】

引用: Pixabay

では、これから不倫を見抜く方法「定番編」をご紹介させていただきます。

「男女共に共通しているサインとは一体なんなのか?」

知って得する事ばかり!是非ご覧ください。

 

【1】やたらと時間を気にする

Array

引用: Pixabay

不倫を見抜く方法:定番編~その①「やたらと時間を気にする」

パートナーがこの頃、やたらと時間を気にするようになってはいませんか?

ある「一定の曜日や時刻の時間」を気にするようになってきた場合は「不倫のシグナル」として捉えて正解なのかもしれません。

理由は簡単です。

限られた時間の中でしか交流を図る事が出来ない「運命共同体」である不倫カップルにとって「スキマ時間は命」だったからでした。

僅かな時間の中で交流を図るのが不倫カップルのステイタス。

互いのパートナーの目をくぐり抜けながら「やり取りするスリル」がより危険な恋の炎を燃え上がらせる結果となってしまっているわけでした。

 

【2】パートナーのスケジュールを気にする

引用: Pixabay

不倫を見抜く方法:定番編~その②「パートナーのスケジュールを気にする」

理由は実に簡単です。

不倫相手とお出かけの最中などに、パートナーと鉢合わせしないために「パートナーのスケジュール」を確認するのは当たり前だったからです。

それまでパートナーのスケジュールに無頓着だった場合は、大いに「不倫のシグナル」として認識すべきなのでしょう。

執拗にスケジュールを尋ねてくるようであれば逆に「フェイント」を掛けて動向を窺うのも見抜くためのテクニックといえるのかもしれません。

 

【3】パートナーの前でPC・スマホをいじらない

Array

引用: Pixabay

不倫を見抜く方法:定番編~その③「パートナーの前でPC・スマホをいじらない」

これは不倫カップルにとって常識の常識といえるのでしょう。

見ている最中に「フリーズ」でもしたら目もあてられません。

特に「パートナーの留守中」に、PCに向き合っているようであれば間違いなく「悟られてはいけない」事をしているわけなので要注意なのでしょう。

わざわざロックをかけたりしているのであれば「不倫のシグナル」として受け取ってもいいのかもしれません。

勿論、不倫じゃなく「パートナーに内緒で副業」など行っている場合もあるのでしょう。

兎にも角にもまずは「何事も冷静に分析」する事から始まるのかもしれません。

 

【4】プライベートタイムに介入されることを異常に嫌う

引用: Pixabay

不倫を見抜く方法:定番編~その④「プライベートタイムに介入されることを異常に嫌う」

これについては「不倫しているしていない」は関係なく、誰しも嫌に感じるものなのでしょう。

しかし、あまりにも強く反発してきたり嫌悪感を丸出しにする仕草が見られるようなら「不倫のシグナル」と捉える事もありなのかもしれません。

そこには「他者には踏み入ってもらいたくはない領域」が存在しているのは間違いない事から、あえて水面下から観察するのも「見抜くために必要なテクニック」になるのでしょう。

 

【5】パートナーの急な突っ込みにうろたえる

引用: Pixabay

不倫を見抜く方法:定番編〜その⑤「パートナーの急な突っ込みにうろたえる」

例えば、自身の友人がパートナーを街中で目撃していたとしましょう。

しかも、いつもだと寄り付かないような場所にいたパートナーだとしたら当然「何してたの?」と問うのが相棒というものなのでしょう。

しかし、その問いかけにうろたえるどころか「目が泳ぐ」ようであれば「不倫のシグナル」として一応気にしていた方がいいのかもしれません。

人は心に「やましい事」がない状態であれば「必ず目を見て会話」をするのが普通だからです。

また、ケースバイケースといたしまして・・・

「女性の場合」は嘘があればあるほど相手の目を見て話をする傾向にある事から「一概には言えない」事なのかもしれません。

なので「不倫のシグナル」として判断するには「もともとの人間的資質から総合的にみる」必要があるといえるのでしょう。

 

不倫を見抜く方法5選【男性編】

引用: Pixabay

では、これから不倫を見抜く方法「男性編」をご紹介させていただきます。

「男性陣の行動パターン」をじっくり見ていきましょう!

 

【1】行動と言動が伴わない

引用: Pixabay

不倫を見抜く方法:男性編〜その①「行動と言動が伴わない」

嘘=意味不明・・・まさに、この事を表している「不倫のシグナル」といえるのではないでしょう。

言っている事と実際に行動している相違については「不倫」している当事者が一番わかっているからです。

しかし、嘘をつこうとするゆえに「言動や行動」にチグハグな点が増えてくる事も自然な事でした。

パートナーに以心伝心してしまう事も想定の範囲内にあったはず。

なのに、それでも夫婦間おいて「嘘をつき続ける」行動をとる夫であるとするならば・・・

夫に感染したであろう「婚外恋愛=不倫」という病気が「重症化の一途を辿りつつある」証であるのは間違いないのかもしれません。

 

【2】服装に気を使うようになった

引用: Pixabay

不倫を見抜く方法:男性編〜その②「服装に気を使うようになった」

今まで妻や彼女がいくらアドバイスしても見向きもしなかった「服装への気遣い」。

そのような夫や彼が急激にお洒落に目覚めたとしたらどうでしょうか?

以前までコーデなどに一切関心のなかった夫や彼が「やたらと気にするよう」ようになったら「不倫のシグナル」と捉えてもいいのかもしれません。

男性だって恋をすれば「艶のある表情」になっていくもの。

浮気を見抜く方法はいたってシンプルという事がおわかりになられたのでしょう。

 

【3】妻や彼女への対応が変わってきた

引用: Pixabay

不倫を見抜く方法:男性編〜その③「妻や彼女への対応が変わってきた」

不倫している夫にとって「妻や彼女」への気遣いは重要な事であります。

また、人間の心理において「不倫=浮気=究極の裏切り」という不貞行為から「罪悪感」が生れる事は当然の事でした。

なので「違和感を感じる」くらいに夫や彼が優しくなったのであればまず「浮気」を疑ってもいいのかもしれません。

ただ、浮気や不倫の見極めについては慎重に行う事をおすすめいたします。

理由は、パートナーが不倫や浮気をしていなかった場合「誤解からふたりの関係に歪」が生じる可能性があるからでした。

なので「万全を期すにこした事はない」のかもしれません。

 

【4】スマホを慎重に扱うようになった

引用: Pixabay

不倫を見抜く方法:男性編〜その④「スマホを慎重に扱うようになった」

元々、携帯やスマホの扱いに無頓着だった夫や彼がある日を境に「暗証番号の設定をしだしたりロック設定を行い出したりした」らどう思われますか?

実に不快ですよね。

それについては「不倫や浮気のシグナル」として注意深く観察しなくてはいけない事と捉えてもおかしくはないのでしょう。

いつも、どこでも置きっぱなしにしていたりと「とかくルーズ」だった夫や彼は、どこへいくのも「スマホや携帯」を手放さない状態になればまず怪しいといえるのかもしれません。

パートナーに悟られないように水面下からしっかりチェックなさってください。

露骨に「携帯やスマホを盗み見」するなどといった行為はいただけない事なので「やめておくのが賢明」なのでしょう。

 

【5】妻や彼女が自分のものにふれる事を嫌う

引用: Pixabay

不倫を見抜く方法:男性編〜その⑤「妻や彼女が自分のものにふれる事を嫌う」

妻や彼女によって発見されがちな「不要なレシート」。

夫が仕事から帰ってきて着用していたスーツやズボン、カッターシャツなど片付けてあげる事は本来、妻や彼女の仕事でもあるのでしょう。

なのに、ある日を境に「自分でやるから気にしなくていいよ」などと夫や彼氏がいい始めた場合には「不倫や浮気のシグナル」として捉えてもいいのかもしれません。

内ポケットやバック、財布の中に「2人分の食事のレシート」や「日頃利用しないパーキングの領収書」などあれば即アウト。

したがって、妻や彼女に身のまわりのお世話をしてもらわなければバレずにすむわけでした。

浮気や不倫を見抜く見抜かないは女性陣の「洞察力」にかかっている事から「焦らずゆっくり」見抜く方向で努めてまいりましょう。

 

不倫を見抜く方法5選【女性編】

引用: Pixabay

では、これから不倫を見抜く方法「女性編」をご紹介させていただきます。

女性陣の行動パターンをじっくり見ていきましょう!

 

【1】最近妙に艶っぽくなってきた

引用: Pixabay

不倫を見抜く方法:女性編〜その①「最近妙に艶っぽくなってきた」

今まで「モノグサだった妻や彼女」が、それまで関心のなかった「コスメ」や「ファッションアイテム」などに敏感にアンテナを立てるようになってきたら・・・?

やはり夫や彼はしっかり動向を見守るべきなのでしょう。

妻や彼女がちょっとしたしぐさの中に「色艶」オーラを醸しだすようになってきたら「不倫や浮気のシグナル」と捉えてもいいのかもしれません。

女性はいい恋をすると「女性ホルモン」の分泌が活性化されてきます。

恋愛ホルモンである・・・・

  • オキシトシン

セックスする事で女性が一番多く分泌する脳内ホルモンになり、ハグなどのスキンシップでも多く分泌されます。

  • フェニルエチルアミン

恋愛の初期の「ドキドキ感」を生むのがこのホルモン。ドキドキして気持ちが高揚しているときに多く分泌されます。

  • ドーパミン

脳内麻薬ともいわれているドーパミン。

恋愛初期に「相手の事をもっと知りたい!」「相手も新たなる一面をみて感動する」という精神状態に陥るのは全てこのドーパミンの作用だったのです。

  • セロトニン

「別名・幸せホルモン」といわれているセロトニン。

脳内に安らぎとリラックス感が生れる事で、脳内ホルモンをさらに安定に導く「接着剤的役割」を担っているホルモンなのでした。

  • エンドルフィン

ドーパミン同様に「快楽」を司る幸せホルモンのエンドルフィン。

「恋は盲目」される原理は、まさにこのエンドルフィンで形成されていたわけでした。

  • エストロゲン

「美肌・代謝アップ・自律神経の調整・美しい体型」などを叶える万能ホルモンであるエストロゲン。

不倫という危険な恋に身を捧げる事で、卵巣内で活発に生成される「美ホルモン」は不倫や浮気をしている女性陣の強力なサポートを担っていた超重要ホルモンであったわけなのです。

・・・上記の解説をお読みになり「ハッとさせられた」というのが男性陣の本音なのではないでしょうか?

妻や彼女が色っぽく艶やかになっていたとしたらまさにこの恋愛ホルモンが作用しているといても過言ではないのでしょう。

「不倫や浮気」という危険な恋が女性を美しくするのは事実なのですから。

 

【2】日中携帯へ電話かけても話し中なことが多い

引用: Pixabay

不倫を見抜く方法:女性編〜その②「日中携帯へ電話かけても話し中なことが多い」

これも妻や彼女の「不倫や浮気のシグナル」として夫や彼が目を光らせておかなければいけないポイントである事には間違いないのでした。

そもそも、それまでは直ぐに出られなかったとしても「折り返し電話をかけてくる」のが普通なのでしょう。

しかし妻や彼女が「不倫・浮気相手」と夢中に話し込んでいればおのずと疎かになってしまいます。

なので、夫や彼氏が「不倫や浮気を見抜くポイント」として「固定電話」がある家なら先ず先に固定電話にかけてみましょう。

その後、妻や彼女の携帯に電話すればザックリと「妻や彼女の日中の行動」が判断しやすくなるので是非お試しください。

勿論、同様に妻や彼女側が夫や彼の「不倫や浮気を見抜く」ために行ってもいいのでしょう。

 

【3】友人との約束が増えた

引用: Pixabay

不倫を見抜く方法:女性編〜その③「友人との約束が増えた」

これも夫や彼氏にとって、妻や彼女の「不倫・浮気を見抜く」大きなバロメーターでもあるといえるのでしょう。

男性の不倫や浮気のカモフラージュは「出張」「残業」「休日出勤」がステイタスである事は言うまでもありませんでした。

ただ、女性の場合だと一般的に「不倫や浮気のシグナル」としてみられるのが「友人とのお出かけ」や「習い事」などに特化されている場合が多いのでしょう。

なので、それまでは友人たちとの交流において控えめな妻や彼女であったならば・・・怪しい感じしますよね?

なので男性陣はその真相についてしっかりと見抜く必要があるのかもしれません。

決して「感情的」にならないようお願いします。

 

【4】下着の趣味が変わってきた

引用: Pixabay

不倫を見抜く方法:女性編〜その④「下着の趣味が変わってきた」

妻や彼女の下着は妙に派手になってきた・・・などといったら即「不倫や浮気のシグナル」として判断してもいいのかもしれません。

不倫相手の男性の影響が大いに考えられたのでした。

男性と違って女性は「心の浮気」に走ってしまうため「不倫相手や浮気相手に本気になってしまう」可能性が非常に高いとされております。

そんな男性に好かれるたいと思うのは女性心理というもの。おのずと派手な下着になってゆくのも致し方ない事だったのかもしれません。

また、その事から次第にパートナーとのセックスが生理的に「受け付けられない状態」になるのが特徴でもありました。

夫や彼氏からすれば「大変辛い現実問題」である事にはかわりはなかったのでしょう。

 

【5】家事が疎かになってきた

引用: Pixabay

不倫を見抜く方法:女性編〜その⑤「家事が疎かになってきた」

以前と比べて明らかに家事が疎かになってきた場合は「不倫や浮気のシグナル」として妻や彼女をロックオンしてもいいのかもしれません。

本来、料理好きだった妻や彼女が料理をしなくなり「スーパーの惣菜」が増えてきた場合は・・・

ズバリ、日中に「個別行動」をしている可能性があるのでしょう。

なので、夫や彼氏の対処法としては・・・

まずやんわりと妻や彼女に「この頃惣菜が増えたけどさ、たまには手料理作ってよ」などと催促してみるのも手なのかもしれません。

逆に「徐々に家事が以前のように几帳面になってきた」という場合は、妻や彼女の心が夫や彼のもとへ舞い戻って来た証として捉える事もできるのでした。

したがって、焦らずに動向を見守る事が「不倫や浮気を見抜く」要となる事を忘れないようにしていただけると幸いでございます。

 

浮気サインを見極めよう!

引用: Pixabay

兎にも角にも、夫や彼もしくは妻や彼女からすれば、パートナーの不倫や浮気は「信じたくない」事ではある事には間違いないのでしょう。

なので、まずは妻や彼女、もしくは夫や彼氏の不倫や浮気を疑う前に、冷静に「本当に不倫や浮気をしているのか?」という見抜きをしたいものです。

そうでなかった場合は「ふたりの関係」にヒビが入り、最悪な状態を辿る事になるのは必至だからでした。

また「パートナーの不倫や浮気」が本当であった場合ですが・・・

非常に辛い事なのでしょうけれど「パートナーに浮気に走られてしまった原因はなんだったのか?」と考える事ができるのであればそれに越した事はないのでしょう。

それは同時に、浮気や不倫された側が「現実を見抜いて冷静に自身を振り返る」事が求められてくるからでした。

結局、不倫や浮気において「幸せな結末」はほぼほぼ存在しないのです。

したがって、愛するパートナーを救うのも「不倫や浮気されてしまった側」の対応次第となるのでしょう。

なので、パートナーに不倫や浮気をされていた場合は落ち着いて行動されるようお願い申し上げます。

近年、夫婦間やカップル間において「男女間による殺人」が横行していて決して人ごとではないのでしょう。

読者の皆様においてはそのような事がないよう、くれぐれも感情的にならず冷静な判断のもとで行動していただければ幸いでございます。

人気の記事