挟射の意味とは?パイズリできる彼女がいたら試してみよう!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

狭射とは?

引用: Pixabay

「狭射(きょうしゃ)」は射精形態のうちの1つで、パイズリされながら男性器を女性の胸の谷間に挟んでおこなう射精です。

パイズリしていても、最後に男性器を離して射精をすることは胸射になり、狭射にはなりません。

狭射の基本は胸に挟まれた状態での射精ですが、「パイズリフェラ」の場合は口の中で射精します。射精する時に男性器が胸に挟まれていれば狭射の変形ともとれますが、挟まれていない時は口内射精という形になります。乳内射精と同じような意味で使われます。

また、「パイズリ」という言葉の語源はタレントの山田邦子さんだと言われています。男性がオナニーする時の別の言葉で「センズリ」という言葉があります。そのセンズリをおっぱいでしてあげることを合わせて「パイズリ」としたのかもしれません。

この記事では、「パイズリ」を男性がしたいと思う理由やパイズリをした時のデメリットは何かを紹介しています。

 

狭射の意味は?


引用: Pixabay

元々はマニアの間で生まれた造語と言われていて、手コキやフェラチオで射精するのではなく、パイズリの状態のまま射精したいマニアの考えを表す単語として使わるようになりました。

今では様々なアダルト作品に使われていて、狭射やパイズリのつく作品はR-18表記になっていることが多いです。AVなどでは、精液が胸の上部や中部にかかったり、顔や首にかかることが多いようです。

パイズリをしたことがある人、もしくは意味を知っている人の中には、「パイズリをする女性は胸の大きい人」というイメージはないですか?バストサイズで考えるとD以上は必要ではないかと言われています。

しかし、この考えがすべてに当てはまるとは限りません。確かにパイズリをするのに胸が大きいのはいいことかもしれませんが、バストサイズがAカップでもパイズリは可能です。決して胸が大きい人だけの特権ではありません。

性行為の中で男性が射精するタイミングは様々です。パイズリもその中の1つですが、必ずしもパイズリでフィニッシュしなければならないわけではありません。AVなどでは、パイズリで射精するシーンがあるようですが、それがすべてではありません。

そして、パイズリは、女性が主導でする性行為です。パイズリすることに関しては、特別なテクニックや技術は必要ありません。胸の大きさによって多少の感度の差はあるかもしれませんが、気持ち良さにあまり誤差はないでしょう。「自分のために頑張ってくれている。」ということが、男性にとっては大事なようです。

 

パイズリには、どんな種類がある?


引用: Pixabay

パイズリと一言に言っても実は色々な種類があります。パイズリと聞いて想像するのは、座るもしくは仰向けになっている男性に対して、女性が胸で男性器を挟んでおこなうことでしょう。

それもパイズリの1つですが、パイズリは様々なパターンで楽しむことができます。

1 パイズリフェラ。

ポピュラーなパイズリの1つで、パイズリしながらフェラチオをする複合プレイです。女性からすると慌ただしく感じるかもしれません。

胸が大きい女性であれば、男性はフェラチオをしてもらいながら胸でも刺激してもらうことになります。色々な創意工夫をしながら楽しみましょう。

2 男性が上に乗っかってするパイズリ。

仰向けに寝ている女性に対して、男性が上に乗り男性器を女性の胸元に当てます。また、女性が膝をついて身体を起こしている状態であれば、男性は直立したまま男性器を女性の胸元に当てます。

この場合のパイズリは、男性側が自分で動いてするものです。その時に、女性に体重を乗せすぎないように注意しましょう。

3 ブラをつけたままパイズリする。

「胸が小さくてパイズリが難しそう・・・。」と思っている女性におすすめの方法です。ブラジャーをつけたままの状態で男性器を挟んでパイズリするというものです。

このパイズリの場合、慣れてくると手を使わずにできるようになり、体力の面でも負担がかかりにくいので合理的かもしれません。この時、摩擦で肌が傷つくのを防ぐためにもローションなどを使うといいでしょう。

引用: Pixabay

4 亀頭責めのパイズリ。

これは、パイズリを望む男性の中で最も人気の高い方法です。

パイズリと亀頭への刺激で、男性は気持ちよく思うはずです。女性にとっても、首を曲げずにできるので負担が少なく済みます。

5 フィンガーパイズリ。

このフィンガーパイズリも、胸が小さいと思う女性におすすめの方法です。

男性器を女性の胸元にあてて、両方の胸で挟むように寄せながら、挟みきれない男性器の部分を両指で挟んでパイズリをする方法です。この時にもローションを使うのがおすすめです。

 

バストサイズで違う、パイズリ方法

Array

引用: Pixabay

そもそも「パイズリ」という行為は、遊女向けの実践方法として1750年ごろに作られたものだと言われています。

その時には、パイズリという名前ではなく、「紅葉合わせ」という呼び方だったそうです。昔の時代には胸の大きい女性はほとんどいなかったため、胸の小さい人が多かったと考えられています。

現代ではバストサイズの平均値も上がっていますが、中には胸の大きさで悩む女性もいます。

しかし、パイズリは江戸時代から実践されてきた方法です。何かしらの手法があったものと考えられます。パイズリは、どんなバストサイズの女性にもできるものなのです。

1 胸の小さい人に対して。

女性の胸が小さい場合、パイズリで男性器を挟むのは難しいでしょう。

しかし、女性の胸の谷間は大きさに関係なく肌触りがいいので、胸が小さいと感じる場合は、フィンガーパイズリがおすすめです。

また、片方の手で男性器を持ってもう片方の手で胸を寄せて男性器にこすり合わせることもパイズリと言えます。

2 胸の大きさが普通サイズの人に対して。

胸のふくらみがあると、男性器を挟むのが可能になります。

このような女性におすすめの方法は、「ブラをつけたままのパイズリ」か、「亀頭責めのパイズリ」です。場合によっては、すぐにフィニッシュさせることもできるかもしれません。

引用: Pixabay

3 胸が大きい人に対して。

胸が大きい(巨乳)と聞いて、どれくらいのサイズを思い浮かべるでしょうか。バストサイズがEまたはFだと考える人が多いかもしれません。

この場合、どんなタイプのパイズリも可能になります。男性が仰向けの状態でもできるし、シックスナインの状態でもできるでしょう。

4 爆乳サイズの人に対して。

バストサイズがGやHまでいくと、男性からパイズリを望まれることが多いかもしれません。

どんなタイプのパイズリもできるので、注意するべきところは特にありません。

 

パイズリしてもらう女性に対して

引用: Pixabay

女性のタイプによっては、気軽にパイズリを頼める時もあれば、そうでない時もあります。タイミングを間違えると、もう二度と出来なくなったり、男女の関係が終わることも想定できます。

女性が胸の大きさを気にしていて、悪気はなかったのにパイズリをお願いすると不満を抱えてしまう人もいるかもしれません。タイプの違う女性に対してのパイズリはどうすればいいのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

1 自分の彼女や妻。

一緒にいる時間が多くて慣れているとはいっても、理解している分伝えにくいこともあります。ですがパイズリは後ろめたいことではないので、してみたい時には思い切って聞いてみましょう。

相手が胸の大きさを気にしていても、パイズリに大きさは関係ないことをこの記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

2 その日に会った人(ナンパした女性など。)

初めて会った相手とパイズリをする時には、相手次第としか言い切れません。気軽に頼める雰囲気の女性もいれば、そうでない人など様々だと思います。

相手との距離をはかりながらタイミングを探りましょう。

引用: Pixabay

3 風俗店で働く女性に対して。

パイズリしてみたいけど、それが中々叶えられないと悩む男性は、風俗店に行くという方法もあります。相手は仕事としてやっているので、嫌がらずしてくれるでしょう。

4 セフレの女性。

セックスが目的で関係を持っている場合でも、女性によってはパイズリが嫌な人もいるかもしれません。こころよくOKしてくれる人なら問題ありませんが、相手にきちんと確認をとることが大切です。

5 同じ職場の女性に対して。

同じ職場で働いているといっても、いきなり性行為へ誘うのはよくありません。最悪の場合訴えられるかもしれません。

職場ではないところで会ったり食事に誘うなどをしてある程度仲良くなってから誘う方がいいでしょう。

 

男性が狭射したい理由は?

引用: Pixabay

男性が女性にパイズリしてもらいたいと思うのはなぜでしょうか。女性の柔らかい肌触りがいいのか。それとも本能的な体内回帰なのか。どんな理由があるのか詳しく見ていきましょう。

 

【1】気持ち的に満足感が得られる。

Array

引用: Pixabay

柔らかくて大きな胸に男性器を挟むパイズリは、刺激と興奮を体感できる性行為です。肉体面での体感のメリットに対して、精神的にも満たされる実情があります。

普段は包み隠されている胸で、男性器をこすっていることは非現実的な面もあり、興奮を覚えるのかもしれません。

 

【2】パイズリという行為自体が好き。(もしくはしたい。)

引用: Pixabay

パイズリには肉体的な気持ちよさもありますが、女性の胸に男性器を挟んで射精すること自体に興奮を感じることもあるのかもしれません。パイズリで射精をしたいと考えている男性は多いのでしょう。

 

【3】パイズリで射精して終わらせたい。

引用: Pixabay

性行為の時に、射精する直前まで挿入していたとしてもいざその時が来ると、フィニッシュのシチュエーションを考える男性が多いようです。

膣外に射精するのかパイズリにするのか顔射にするのか選びたいのでフィニッシュの1つの方法と言えます。

 

【4】見た目にエロさを感じる。

引用: Pixabay

「おっぱいには夢が詰まっている。」という言葉を知っていますか?

男性にとって女性のおっぱいは、永遠の夢と憧れでもあります。パイズリの「見た目のエロさ」が好きな男性もいます。柔らかい女性の胸に包まれる気持ちよさもありますが、それにプラスして視覚的なエロさや自分のために頑張ってくれているその姿に男性は魅力を感じるのでしょう。

 

【5】愛情表現の1つだから。

引用: Pixabay

お互いの愛情を確認するためにも、セックスは重要です。パイズリは、セックスの中の1部の行為ですが、女性にとっては、刺激が弱いかもしれません。

しかし、パイズリを求める男性に応えてあげることも愛情表現の1つと言えるでしょう。男性は「自分のために頑張ってくれている。」と思って、女性を愛おしく想うのです。

良い関係を続けるためにも、愛情表現はしっかり行いましょう。

 

狭射のデメリットは?

引用: Pixabay

パイズリは、独自の感触と肌触りが心地いい部分と、その行為を一生懸命にしてくれることで興奮が高まります。

なので、身体を傷つけるなどの心配はありませんが、パイズリをする前にどんな準備をしてどんな心構えをすればいいのか。

女性の取るべき対策や考え方を見ていきましょう。

 

【1】処理後に洗うのが大変?

引用: Pixabay

パイズリをした時、男性の精液は女性の首や顔につきます。場合によっては髪につくことあるかもしれません。

髪などについてしまうと、洗い流すのが大変です。シャワーができずにほおっておくとカピカピになる可能性もあります。

パートナーが狭射を求めてきた時には注意しましょう。

 

【2】フェラチオや挿入とくらべない。

引用: Pixabay

パイズリはフェラチオや挿入のようにスムーズな射精は見込めません。パイズリは、あくまでもフィニッシュするための性行為の1つだと考えましょう。

パイズリで射精することは、足コキで射精するくらい難しいものです。必ず射精できるとは思わない方がいいでしょう。オーラルセックスの1つだと考えてください。

 

【3】ローションを使う。

引用: Pixabay

水や人から出る汗でもパイズリはできますが、ローションを使うのがおすすめです。

ローションは無味無臭で人の身体に害を与えないので、安心して使うことができます。今ではコンビニや薬局でも手軽にローションは手に入れることができるので、準備しておくのがおすすめです。

 

パイズリ&狭射を試してみよう!

引用: Pixabay

パイズリは、セックスの中の1つの行為ですが、男性が女性に望むことが多いと言われています。

パイズリは、あくまでもフィニッシュするための行為なので、意気込んでパイズリで射精させることはあまり考えない方がいいでしょう。ローションなども使って、身体の負担を出来るだけ減らしてすることが大切です。

女性にとっては、洗うのが大変などの部分もありますが、その時にはセックスを楽しむために必要かどうかを判断して行いましょう。パイズリをするとなった時に、胸だけを使ってすることに固執する必要はありません。あくまでも、複合的な性行為の1種だと考えてください。

男性器を胸の谷間にあてて、両方の胸に挟むポーズのみでも充分でしょう!

人気の記事