シコリティの意味や由来とは?使い方や例文を総まとめ

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

シコリティとは?

引用: Pixabay

近年ネットやSNS上で使われるようになってきた「シコリティ」という言葉、読者の皆さんはご存知でしょうか?

きっと言葉を目にしたことがあるという方や耳にしたことがあるという方は多いかもしれませんね。またシコリティという名前の響きからしてなんとなくHな意味の言葉かなと想像がついている方もいらっしゃることでしょう。

でもやはりそのちゃんとした意味や使い方などについてはハッキリとは分からないという方もまだまだいるはず。こういうH用語というのはわざわざ意味などを調べるというのも少しためらってしまいますし、「大体こんな意味かな」と曖昧に済ませてしまうことが多くなってきてしまいますからね。

そこで今回はこの記事でそんなシコリティの意味や由来、さらに使い方や例文まで一気にご紹介していきたいと思います。

一体シコリティとは?その正しい意味や生まれるようになった由来とは?実際使われている例文とは?

ハッキリさせたいそういった様々なことをしっかりと解説していきたいます。

このシコリティ、最近はネットやSNS上だけでなく日常生活の中でもふざけて使う人が出てきたりと、耳にする機会も多くなってきているようですから。用語が用語なだけに、意味などをきちんと把握しておかないともしかしたら恥ずかしい思いをすることもあるかもしれませんからね。

この機会にぜひ皆さんもシコリティについて色々知ってみてくださいね。

 

シコリティの意味は?


引用: Pixabay

ではまず、シコリティの意味とは?Hな意味があるというのは察しが付きますが、具体的に一体どんな意味を持つ言葉になるのでしょうか?そこから見ていくことにしましょう。

シコリティとは近年ネットやSNS上、中でも特にニコニコ動画や2ちゃんねるなどで使われるようになってきた言葉なのですが、

男性の自慰行為(オナニー)を意味する「シコる」という言葉と、皆さんもよく知っている品質の高さを意味する「クオリティ」という言葉を足して作られた造語になります。

そのため意味は単純に直訳すると「オナニーしたくなるような品質・価値」という風になるわけなんですが、

もっと分かりやすく言うとこれは「オナニーしたくなるような魅力」というのを意味するようになってきて、基本的に人物に対して使うようになるわけです。

要するに人の性的な面での魅力、性的刺激を受けてしまうようなエロさ・可愛さというのを意味する言葉になってくるんですね。

ですので例えば男性がとてもセクシーな女性に会って性的な魅力を感じたりしたら、その女性はシコリティがあるということになるわけです。

そして実際会話として使う場合は、「あの女性はシコリティが高い」なんていう風に使うようになってくるんですね。

ちなみに使い方・例文については後程また詳しくご紹介をさせていただくのでそちらも参考にしていただければと思います。実際の使い方・例文を色々見ることでシコリティの意味もより理解できるようになってきます。

 

シコリティの由来は?


引用: Pixabay

では、そんな意味を持つシコリティの由来とは?シコリティという言葉が生まれ、使われるようになってきた経緯とは?一体どういうものなのでしょうか。

シコリティという言葉は最近特によく耳にするようになったので、本当にできたばかりの新しい言葉、というイメージを持つ人も多いかもしれませんが、その由来は思っているよりも古く、登場し始めたのは2011年末期だと言われています。

そしてその登場するようになった由来というのが、実はオタクが使うようになった「シコれる」という言葉。

「シコれる」というのも先程ご紹介したシコリティの意味と同じような意味を持つ言葉で、元々はオタクが自分の好きなアニメや漫画のキャラクターなどに対して性的刺激を受けた時に使っていたものなのです。

それが使われているうちに段々と進化してシコリティという言葉も生まれるようになった、これがシコリティの元々の由来だと言われています。

そしてオタクがそうしてネット上などでひっそりと使っていたシコリティという言葉は次第に多くの人の目に入り使う人も増えていくようになっていきました。

オタク以外の男性にも普通に使われるようになり、その対象もキャラクターから実在する女性へと移るように…

そうしてシコリティはどんどん普及していくようになり、現在のように多くの男性に使われるような言葉になってきた。こういう由来なわけなんですね。

確かにオタクというのはシコリティだけでなく他にもたくさんの言葉を作って発信してきていますし、そういった言葉というのはネットやSNSで流行することも多かったりしますからね。

このシコリティもそんなオタク由来から生まれた言葉の1つということなんですね。

 

シコリティの使い方は?

引用: Pixabay

シコリティの意味や由来については大体分かっていただけたと思いますが、もっとより理解いただけるようにここからはシコリティの実際の使い方についてもご紹介していきます。

果たしてシコリティを使う場面とは?実際に使う人とは?どんな会話の中で使うのか?そういった細かい様々なことをきちんと解説させていただきたいと思いますよ。

お話したように最近はこのシコリティという言葉を日常生活の中で普通に使う人なども出てきていますから、皆さんも突然誰に使われるか分かりませんからね。

ちゃんと正しい使い方などを知っておけばそういう時にも変に困ったりせず、とても役立つのではないでしょうか。

曖昧な知識のままでは使い方を間違えて恥ずかしい思いをすることもあるかもしれませんしね。そういう事態にならないためにも男性も女性もシコリティの意味・使い方についてここでしっかりと理解をしていってみてくださいね。

 

【01】女性に対して性的魅力を感じた時

Array

引用: Pixabay

先程シコリティの意味のところでも例えとしてお話させていただきましたが、やはりシコリティは男性が女性に対して性的魅力を感じた時に使うという使い方が特に多くなってきます。

例えば街中などでセクシーな女性を発見した時。あるいは身近な女性の仕草・服装などに興奮してしまった。といったような瞬間ですね。

そうした時にその女性達のことを「シコリティがある」「シコリティが高い」という風に表現してシコリティを使う男性が多くなってくるんですね。

ただしそういった男性達は女性達本人に直接そうした意見を伝えるなんてことはもちろんしません。あくまで男友達など男性同士の会話の中で使うというだけです。

「オナニーしたくなるような魅力がある」なんて意味の言葉、やはりどう考えても卑猥で失礼ですし、女性だってそんなこと言われても嬉しいはずがありませんから。怒られたり嫌われてしまう可能性の方が高いですからね。

ですからシコリティを使う場合は男性達が男性同士の会話の中でひっそりと使う。こういう使い方が暗黙のルールにもなっているんですね。

 

【02】女性の性的魅力度を判断する時に使うことも

引用: Pixabay

男性が女性に対してシコリティを使う場合、単純に性的魅力を感じた時に使うだけでなく、女性の性的魅力度を判断する時に使う、なんていう使い方もよく見られたりします。

例えば男性同士で話をすると「あの女の子はエロいよな」「あの子は可愛くて興奮する」なんていう風に、女性の性的魅力について語るなんて時もありますよね?

そういう時に「あの子のシコリティはどれくらいだ?」「シコリティは高いか低いか?」というように、女性のシコリティの度合いを判断するような使い方をするようにもなってきます。

ちなみに男性の中にはシコリティの度合いを1から100までの数字で表し(数字が低ければ性的魅力を感じない、100に近付くほど性的魅力を感じるようになってくるという意味)、

「あの子はシコリティ50%」「シコリティ85%」というように表現してシコリティを使うという人もいたりするんですよ。まぁこれも女性の性的魅力を勝手に数字で評価しているということで正直あまりいい使い方とは言えませんので。

男性の皆さんは先程同様、やはり女性の前で堂々と使うのは控えた方がいいかもしれませんね。

 

【03】女性が会話の中で使うことも

Array

引用: Pixabay

ここまで読んできて、シコリティはやはり男性的な意味を持つ言葉・男性が使う言葉なんだなというイメージがすっかり強まっている方も多いのではないでしょうか。しかし決してそういうわけでもないんです。

実は女性の中にもシコリティを使う人というのは意外と多かったりするものです。

やはり女性の中にもネットやSNSをやっている人はたくさんいらっしゃいますから。シコリティがそういった女性達の目にも入るようになり、そして男性同様興味を持った方々に使われるようになったというわけです。

ただし女性がシコリティを使う場合、男性の場合とは少し意味が違った使い方になってきます。

お話したように男性は女性に対して性的な魅力を感じた時にシコリティを使うようになるのですが、女性が使う場合は性的な意味は全くなく対象の人物に対して単純な魅力を感じた時に使うというのが特徴になってくるんです。

つまり分かりやすく言うと、男性は相手の魅力をエロい目で捉えるようになるからシコリティを使うわけですが、女性の場合は相手の魅力をエロい気持ちは無しにただ単純に素敵・羨ましいという意味で見るだけで、その気持ちを表現するのにシコリティを使う、ということです。

同じ言葉なのに男性と女性でこんな意味・使い方の違いが出てくるのは驚きですよね。

 

【04】もちろん実在の人物以外に使ってもいい

引用: Pixabay

近年はシコリティをそうして実在の人物、身近な人達に対して使うという人が圧倒的に多くなってきていますが、しかしシコリティの使い方はそれだけというわけではありません。

対象となる相手を人物以外にして、その相手に使うようにする。こんな使い方をしている人達もたくさんいたりするんですよ。

例えば先程も由来のところでお話したようにシコリティという言葉は元はオタクから生まれたもので、その対象も以前は人物ではなくオタクが好きなアニメ・漫画のキャラクターというのが定番になっていました。

ですから現在も同じようにアニメ・漫画のキャラクターに対して性的魅力を感じ、そしてシコリティを使うなんて人も多いわけです。

近年は腐女子と呼ばれるBLなどが好きなオタク女子も増えてきていますしね。女性の中にもキャラクターに対してシコリティを使っているという人がよく見られたりするんですよ。

また男性の場合ですとアダルト雑誌やアダルトビデオ、そういったものの中に映っている女性に性的刺激を受けシコリティを使う、なんていうパターンも多かったりするんですね。

まぁシコリティという言葉はとにかく性的魅力を感じた時に使える言葉なわけで、相手も限られているわけではありませんから。

使い方もそれだけ自由になってくるということなんですよね。

 

シコリティに関する例文を紹介!

引用: Pixabay

シコリティを使う場面・使う人物など正しい使い方が分かったところで、ここからは更にシコリティを使う際の例文についてもいくつかご紹介をしていきたいと思います。

いざ使う時の会話の中での言い方とは?みんなが実際に使っているシコリティの例文とは?やはりそこのところも気になってきますし、実際にどんな文章として使われているのかという例もきちんと見ておきたいところですからね。

中には先程シコリティの意味・使い方のところで出させていただいた例文もありますが、ここではその文章の意味などについてもしっかり解説をしていきますよ。

ですのでこちらもぜひ一読して参考にするようにしてみてくださいね。

 

【01】「あの子はシコリティが高いよな」

引用: Pixabay

こちらは先程シコリティの意味・使い方について説明をさせていただいた時にも出させていただいた例文になりますが、やはりシコリティを使用する際特に定番的で頻繁に使われるようになる言い方になってきます。

実際魅力的な相手を見て感想を言いたい時などもこの例文を使うようにするといいと思いますよ。

例えばシチュエーションとしては、男性達が友達同士で街を歩いていて目の前をすごくセクシーな女性が通り過ぎた時…その興奮度を表したいと思ったら「今の子はシコリティが高かったよな」という風に表現すればいいわけです。

あるいは学校などで男友達とクラスの女子について話していて、どの女子がどれだけ魅力的かというのを表現したかったら…「あの子はシコリティが高くて良いよな」「あの子はまぁまぁのシコリティさかな」なんていう風にシコリティを使って話していけばいいんですね。

もちろんこれは実在する女性だけでなく、魅力的な男性やアニメ・漫画のキャラクターなどどの対象に対しても臨機応変に使える言い方になります。

ですので相手に対して魅力を感じその気持ちを表したいと思ったらどなたでも遠慮なく使ってみるようにしましょう。

 

【02】「あの子のシコリティは大体〇%くらいだな」

引用: Pixabay

こちらも先程シコリティの使い方の中でお話させていただきましたが、男性の中には女性の性的魅力度を評価する時にシコリティを使う人も多く、その際どのくらいシコリティが高いかという度合いを数字で表したりするなんて人もいたりするんです。

これはその際に使われる例文になってくるわけなんですね。

例えば先程もお話した、男友達と学校でクラスの女子の魅力について語るなんて場面の時…クラスの女子を1人1人順番に見ていきながら「あの子のシコリティは大体70%くらいだな」「あの子はセクシーだからシコリティ90%」という風な使い方をするようになるわけです。

単純に高い低いという表現だけでなく、数字と組み合わせることでこういう使い方もできるようになるということですね。

ただこれももちろん男性が女性に使う場合だけでなく、逆に女性が男性に使ったり、またはキャラクターを対象として使ったりと、そういう時にも使える例文になってきますよ。

ですので例えば同じように女性が男性の魅力度を評価したり、オタクの方達がキャラクターの可愛さを数字で表したりと、そういったことをしたいという人はぜひこの例文も参考にして使ってみてはいかがでしょうか。

 

【03】「あの子の魅力はまじハイシコリティなレベルだよな」

引用: Pixabay

とても品質の良い物や最高レベルの物を見た時、よく人は「これはハイクオリティだ」なんて表現を使ったりしますよね。

このハイシコリティという言葉もそれと同じような意味。要は最高と呼べるくらいとても魅力的な相手を見つけた時に使う言葉ということ。

そしてそんな最高レベルの魅力的な相手を評価したり褒めたりしたい時はこの例文のような使い方ができるようになってくるんですね

例えば最高レベルというと…女優さんやモデルさん・アイドルの方などはやはり芸能人というだけあって綺麗な方も多く、最高に魅力的と思える人もたくさんいますよね。自分の好きな芸能人の方だったら尚更そう感じるでしょう。

そういう人達について語る時などに「あの子の魅力はまじハイシコリティだよ」という言い方が使えるようになってくるわけです。もちろん好きな男性の俳優さん・男性アイドルがいる女性も同様です。

またアニメ・漫画の中には容姿も性格も完璧な最高レベルのキャラクターも多かったりしますよね。オタクの方がそういうキャラクターを見つけ評価したい時も同じように「ハイシコリティだ」という使い方をすればいいわけなんですね。

とにかく通常のシコリティよりも表現が強くなり、対象の相手がどれだけ魅力的か・どれだけレベルが高いかというのもより伝わるようになるので、

そういう強い気持ちを表したい。友達や周りの人に最高というのをきちんと伝えたい。という時にこの例文のように活用してみるといいかもしれませんよ。これもぜひ参考にしてみてください。

 

シコリティを使いこなそう!

引用: Pixabay

今回はシコリティの意味・由来、そして実際の使い方や例文まで一気にご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?ご理解いただけたでしょうか?

こういうH用語というのはやはり意味が意味なのであまりやたらに使うことはできない言葉ですし、使うとしても使用する場面や場所がかなり限られてきてしまうものですが…だからこそ使い方を間違えないよう、こういう機会にしっかりと意味などを知っておくのも大事なことなんですよね。

実際このシコリティを使う人の中には間違った使い方をしてしまう人も多いものなんです。相手に魅力を感じる、という一見ポジティブな意味なので、調子に乗ってその相手自身や女性に対してつい「君はシコリティが高いよ」なんて褒めるような言い方をしてしまう人も多かったりします。

しかし本当の意味はやはり卑猥なものですから、結局引かれたり怒られたりしてしまう…というパターンがほとんどなわけなんです。

ですので皆さんもそんな恥ずかしい辛い思いをしないよう、シコリティについてきちんと理解をし、ちゃんと使いこなせるようにしていた方がいいと言えるんですね。

シコリティは近年本当に多くの人に使われるようになってきている言葉ですし、皆さんが目にしたり耳にしたりすることもこれからもっと増えてくるかもしれませんしね。言葉の意味・使い方などを知っておけば損をすることもないでしょう。

よろしければもう1度最初から最後までじっくりと読んで、シコリティのこと知識の1つとして覚えてみるようにしてみてくださいね。

人気の記事