玉の輿の意味・由来とは?年収の高い男性の捕まえ方も紹介!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

玉の輿とは?

引用: Pixabay

玉の輿に乗りたい女性は多いでしょう。玉の輿とは、誰もが知っているように年収の高い男性と結婚をして収入を得ることをいいます。

わかりやすくいえばシンデレラや美女と野獣、眠れる森の美女や白雪姫などのおとぎ話に見ることができます。逆玉でいえばアラジンが有名でしょう。

収入がない女性が年収が高く未来にお金の心配のいらない男性(王子様)と結婚することで、収入の心配がいらなくなります。

現代の日本には王子様はいないため、玉の輿を目指すのであれば自力で女性は年収の高い男性を見つけて結婚をせねばなりません。

しかし、王子様のように年収の高い男性はすぐにわかるわけではありません。

年収の高い男性たちが多くいる職業や学歴、家柄から玉の輿にのれそうな場所を推測して、年収が高い男性と恋愛をしてみましょう。

おとぎ話のような恋愛は意外にも現代で掴むことができるかもしれません。

 

玉の輿の意味とは?

引用: Pixabay

そもそも玉の輿の意味を正しく理解しているでしょうか?

自分が何に乗ろうとしているのかしっかりと玉の輿の意味を見直しておきましょう。

 

【1】結婚をしてお金持ちになる意味



引用: Pixabay

玉の輿とは、収入があまり多くない女性が、年収の高い男性と結婚をすることで、資産や自分が使えるお金を増やすことを意味します。

今までの生活水準が一気に上がることで、自分が玉の輿に乗ったのかどうかわかるでしょう。

 

【2】女性がお金持ちの男性と結婚する意味


引用: Pixabay

一般的に玉の輿は女性が乗ることが多く、年収の高い男性と籍をいれてお金持ちの生活にはいることから、結婚する女性は何も努力をしていないように見えることが特徴です。

 

【3】逆玉は男性がお金持ちの女性と結婚する意味

Array

引用: Pixabay

玉の輿に乗れるのは女性だけでなく、男性も乗ることができます。

例は多くありませんが、資産家の女性の家に婿入りをしたり、自分より年収が高い仕事を持つ女性と結婚をすることを逆玉といいます。

 

玉の輿の由来とは?

引用: Pixabay

玉の輿とはそもそも何からきた言葉なのでしょうか。玉の輿の由来も知っておきましょう。

 

【1】輿の由来とは?

引用: Pixabay

玉の輿の「輿」とは、ひと昔前に日本も含めたアジア地方で女性が結婚する相手の家へ向かうときに乗り物として使われた輿のことを意味します。

日本でいえば神様が乗っている神輿もあるのでよりわかりやすいでしょう。

 

【2】玉の由来とは?

Array

引用: Pixabay

玉の輿の「玉」とは宝石を意味します。

価値の高い石のことを日本では玉と呼んできました。そのため、「玉のような男の子」など玉は良い意味で使われることが多く、玉の輿の玉も位の高さをあらわすために由来として使われています。

 

【3】玉の輿の由来とは位の高い結婚のこと

引用: Pixabay

玉の輿の由来は、位の高い女性が乗る輿を由来とし、使われている意味も由来と変わりあえいません。

位の高い家に嫁入りするために使われる輿を玉の輿と呼び、そのままお金持ちとの結婚を意味する言葉として現代でも定着しています。

 

玉の輿男性のステータスまとめ!

引用: Pixabay

玉の輿に乗れるほど年収が高い男性はどこにいるか知っていますか?そもそも年収が高いとはいくらからのことをいうのでしょう。

実際に世間が玉の輿に乗ったと呼べるほど年収が高い男性のステータスをまとめました。

玉の輿に乗りたいのであれば、年収や職業、学歴や家柄や住んでいる場所を知っておきましょう。また年収の高い男性の外見も見分けるポイントを知っておくと玉の輿に乗りやすいですよ。

 

【1】玉の輿男性の年収とは?

引用: Pixabay

玉の輿のに乗れたといわれるほどの男性たちの年収とはいくらなのでしょうか。

それは3000万円です。

平気的な男性の年収が600万円程だとわかると、3000万円の年収の高さがわかるはずです。

実際に600万程の年収をもらえるのは公務員となるので、サラリーマンの平均は600万以下の場合もあります。

また、3000万円ほどの年収がなくとも1000万円程の年収を持つ中流階級でも玉の輿に乗ったと現代においてはいえるでしょう。

 

【2】玉の輿男性の職業とは?

引用: Pixabay

玉の輿に乗れるといわれているほど高い年収を誇る男性たちの職業とはなんでしょう?

実は、意外にも職業には広がりがあります。商社マンを始めIT関係は年収にバラつきはありますが、年収の高さをみると3000万円単位はいます。

また、医者、弁護士、パイロットにも年収3000万円単位の男性はいます。

年収3000万円が一定ではありませんが、ある程度の時期までであれば3000万円を越す年収を持つのがプロ野球選手を筆頭にしたスポーツ選手たちです。

ただし、彼らは年収の高さを時期によって誇りはしますが、終わる時期も早く、30代に突入すると年収は下がり傾向にあります。

また騎手もスポーツ選手よりかは長く活動が可能なため手堅い職業です。

その他にも投資家経営者、公認会計士、税理士など開業できる職業はその人個人の仕事のやり方で変わってくるため年収はを高く見積もることができます。

 

【3】玉の輿男性の学歴とは?

引用: Pixabay

玉の輿にのれるほど年収が高い男性たちは、その周りの男性たちも年収が高い人たちが多いです。

なぜなら彼らはすでに学生時代から、周りに年収の高い各家庭が揃う学び舎で共に過ごしているからです。

玉の輿に乗れそうな男性の周りには、また玉の輿に乗れそうな程高い年収を誇る男性たちがたくさん集まっています。

年収が高い男性たちは総じて学歴が良いこともステータスのひとつになっています。

また、学歴の高さだけでなく見ておきたいのが学費の高さです。

それだけの学費を出せる両親の資産や元々の家の資産で玉の輿に乗れるほど年収が高い男性は決まってきます。

誰もが知っている青山学院の幼稚園慶応義塾幼稚舎などは有名でしょう。

特に都内でも名が知られている玉の輿幼稚園は、若葉会幼稚園、愛育幼稚園、枝光会幼稚園の3つ。入園料だけで20万円かかります。

 

【4】玉の輿男性の家柄とは?

引用: Pixabay

玉の輿に乗れるほどの高い年収を持つ男性たちは、大抵実家自体がお金を持っていることが多いです。

代々続く資産家や、代々続く病院や代々続く弁護士事務所など、年収が高い男性たち家柄のポイントは代々続く何かを持っていることと、その多くは親の職業を彼らはついでいることです。

元々家がお金を持っていれば年収が高くなる可能性はあがります。しかも家の資産まであれば、彼の年収だけに頼る必要もないでしょう。

 

【5】玉の輿男性を狙うポイントとは?

引用: Pixabay

玉の輿に乗れるほど年収が高い男性たちは意外と多くいます。

その中でも手堅く玉の輿を狙うのであれば、医者や弁護士、公認会計士、税理士など開業ができる職業を持った玉の輿男性たちが狙い目です。

医者であれば歯医者や整形などが個人開業しやすく、また親が元々持っている場合もあります。

スポーツ選手や経営者はどうしても時代に左右されてしまうため、一時の収入が良くても安定がありません。また破産してしまう場合もあるので玉の輿目当てで結婚してしまうと、いざ年収が下がったときに後悔してしまうでしょう。

その点、開業ができる職種であれば、安定した手に職があるので働くのに困らず、上を目指すこともできます。また元々の収入が良いため、長く玉の輿に乗ることを考えると効率的に稼ことができるでしょう。

その点でいうと、開業医に比べて年収の限界はありますが、パイロットもおすすめです。

ある一定の年収を得ることができ、退職してからの手当てもしっかりしています。

 

【6】玉の輿男性の生息地はどこ?

引用: Pixabay

さて、実際に玉の輿に乗れるほど年収が高い男性たちはどこにいるのでしょうか。

実は玉の輿男性の多くは港区にいます。

そして本当にタワーマンションに住んでいます。実際に六本木ヒルズやミッドタウンの上に住むことができるのが年収が高い玉の輿男性なのです。

また、港区内に実家があることも玉の輿男性たちにとってはデフォルトです。

しかし、では港区に行ったからといって年収の高い玉の輿男性に会えるかというと、答えはNOです。なぜなら年収の高い玉の輿男性たちが行くお店は個室のお店が多く、移動はすべて車ですごしてしまいます。

地上にあるおしゃれなテラスでカフェを飲む玉の輿男性はいません。

彼らはテラスではなく会制のカフェで休憩をします。そのため外で玉の輿男性に偶然出会うことは皆無に近いのです。

ちなみに、港区のBARにも年収が高い玉の輿男性はいないので注意が必要です。

玉の輿の世界はすべて個室と会員制で縛られており、外の世界に降りてくることはないのです。

 

【7】玉の輿男性の外見

引用: Pixabay

年収が高い玉の輿男性たちは実際にどんな外見をしているのでしょうか?

実は、玉の輿男性たちの外見を見抜くことはかなり難しいです。なぜなら、年収が高い玉の輿男性たちは、パッと見は普通の小綺麗な男性たちとなんら変わりがないからです。

正直特に顔が良いわけでもなく、スタイルが良いわけではありません。ちなみに服装のセンスが良いわけでもないので、何か玉の輿のオーラがあるかと言われると無いのです。

ただ、一般の男性よりかや服装が小綺麗なために清潔感があり、良いとこのおぼっちゃんには見えます。けれどその外見は年収800万円でも、年収1000万円でも、年収2000万円でも、年収3000万円でえも違いはありません。

そのため、見た目だけでは年収を見抜くことは難しいのです。

 

玉の輿に乗るためには?

引用: Pixabay

実際に玉の輿に乗るにはどうすれば年収の高い玉の輿男性たちと出会うことができるのでしょうか。

いくら年収が高い玉の輿男性たちのステータスを知ったからといって、近づく方法がわからないと意味はないでしょう。

 

【1】同じ職業、もしくは関わりのある職業を選ぶ

引用: Pixabay

年収が高い玉の輿男性と出会いたいのであれば、実際に年収が高い玉の輿男性たちと同じ職業を選ぶことが一番効率の良い方法です。

年収が高い玉の輿男性だからといっても、いち男性です。恋愛もすれば女性に憧れもあります。そのため、そんな年収が高い玉の輿男性といざ付き合うには、まずは近付いて仲を深めることが先決です。

医者であれば、自分も医者に、弁護士であれば自分も弁護士になることが玉の輿に乗る方法ですが、同じ職業であればあなたもそれなりの年収をもらえるので玉の輿自体に乗る必要がなくなってしまいます。

なので、同じ職業だとしても少し仕事内容をずらすようにしましょう。

医者であれば看護師や医療事務、もっといえば病院内の売店でも良いのです。要は医者の先生と顔を合わす機会を持つことがポイントです。

弁護士でいえば流行りのパラリーガル、もしくは弁護士事務所と同じビルの中に入っている何か別の職種でも良いです。相手がパイロットであれば、同じ空港内であれば顔を合わすタイミングがあるはずなので近づきやすいでしょう。例え実際に顔を合わさなくても情報を得ることはできます。

 

【2】読モやタレント、グラビアアイドルを目指す

引用: Pixabay

年収の高い玉の輿男性たちは、無意識にすべてをお金で解決しようとするときがあります。

そのため、彼らが女性と知り合いたいと思ったときに、芸能人たちと簡単に知り合えてしまうことも年収が高い玉の輿男性たちには可能なのです。

年収が高い玉の輿男性に近づくために今をときめく女優やモデルになるのは、年収が高い玉の輿男性と結婚するよりも道が険しいため、すぐには叶いません。しかし、読モやタレント、グラビアアイドルを目指している女の子にはなることは可能でしょう。

どこか事務所に所属すれば、タレントの先輩から合コンのお誘いが回ってきます。もしくはコンパニオンとしてお願いされることもあるでしょう。

芸能人の合コンや飲み会には必ずどこかの社長が来ていることが絶対です。

少しでも年収の高い男性たちと知り合うことで、まるでわらしべ長者のようにより年収の高い玉の輿男性たちに近づくことができるでしょう。

自分に自信がなくても大丈夫。痩せていて肌が綺麗で売れる売れないにこだわらなければタレントや読モ、アイドルになることは可能です。自分の目的さえ間違えなければ、年収の高い経営者やスポーツ選手たちと出会うチャンスは巡ってきます。

 

【3】マッチングアプリでも知り合える

引用: Pixabay

今は数多くのマッチングアプリがありますが、そのマッチングアプリの種類にもお金持ち専用のマッチングアプリが存在します。

意外にも年収が高い玉の輿男性たちはマッチングアプリを活用し、日々女性とのデートや恋愛を楽しんでいます。特に若くして経営者になった男性や、元々親が開業医などの男性は余裕があるからか、活用率が高いです。

特にハイクラスの婚活マッチングアプリとして出てきた東カレデートは、ハイクラスなセレブ男性と本当に出会えるアプリとして有名です。

なぜなら、東カレデートには登録するために審査があるからです。

男性の審査対象となるのは年収。面にはいくら以上とはいわれていませんが、東カレデートが規定した最低限の年収を超えていないと登録ができません。

なので、安心して東カレデートのアプリであれば年収が高い玉の輿男性を探すことができるのです。ただし、女性の審査対象になるのは外見が重要視されるため、運営に送るプロフィール写真は良い出来の写真を送るように気をつけましょう。

 

高年収男性を捕まえよう!

引用: Pixabay

年収が高い玉の輿男性と出会うことは簡単ではありませんが、絶対に出会えないわけでもありません。

様々な男性がいるように、年収が高い玉の輿男性も職業や家柄によってもそれぞれです。また、職業の中でも年収にバラつきはあるので注意してくださいね。

自分が求める年収が高い玉の輿男性の特徴をよく見極め、自分に合った男性の玉の輿にのりましょう!

人気の記事